お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

日本住宅ローン 株式会社の企業情報

349472

日本住宅ローン 株式会社

地銀トップ5に匹敵する住宅ローン取扱い実績を誇る住宅ローン会社

「1番」が1番好きな会社

日本住宅ローンは、日本を代表するハウスメーカー「積水ハウス」「大和ハウス工業」「住友林業」「セキスイハイム(積水化学工業)」と、大手金融機関「日立キャピタル」の共同出資によって設立された住宅ローン専門の金融機関です。
主力商品は「フラット35」と呼ばれる、住宅金融支援機構と提携している全期間固定金利の住宅ローンになります。また、当社はこの「フラット35」の取扱い第1号でもあります。

ここからは、なぜ当社が金融業界のリーディングカンパニーとして、走り続けているのか。その理由を、過去の実績をもとに紐解いていきます。

1. 日本で初めて実現されたサービス
それは、住宅ローン契約の電子署名化です。
具体的には、住宅ローン契約を実印なしにウェブ上で締結できるシステムを導入し、お客様は自宅のパソコンやスマートフォンを使って、「いつでも、どこでも、簡単に」住宅ローンの契約手続きを行うことができる仕組みです。

従来の住宅ローン契約は、主債務者・連帯債務者・担保提供者といったローン当事者全員が、紙の住宅ローン契約書に実印を押印することが必要でしたが、お客様によっては、一堂に会することが難しかったり、契約書への誤記入による書類不備が発生するケースもありました。
そこで、本サービスを実現することで、お客様の利便性向上、ハウスメーカー担当者様の負担軽減、社内事務の効率化に貢献しました。

このサービスの実現には、もう1つの意義があります。
従来まで当たり前だった、紙の契約書に実印を押すといった、商習慣さえも変えてしまったのです。
実際に現在では、金融業界内でも電子契約が浸透し、一般的になってきています。
このように、当社は常識に縛られないユニークな発想を持つことで、業界を牽引しています。

2. ユニークな商品ラインナップ
主力商品である「フラット35」は、マイホームの購入が多い30~40代の利用が中心です。しかし、当社は世代を問わず、幅広い世代のお客様のニーズに応えるため、シニア層向けの商品や、若年層向けの商品を開発しています。
その一例として、2つの住宅ローン商品をご紹介しましょう。

「MCJご自宅活用ローン“家の恩返し”」は、シニア層に向けた、自宅を担保に資金を提供するリバースモーゲージ型の住宅ローンです。特徴は、毎月の負担が金利のみなので、50歳以上の方でも、大きな負担がなく利用できることです。住宅金融支援機構の【リ・バース60】という仕組みを使用した商品であり、近年取扱い金融機関が増加しています。その中でも、当社は住宅金融支援機構全体の申込件数の約70%を誇り、シェアNo1を維持しています。(2019年12月時点)

「フラット50」は、長期優良住宅を購入される、年収の低い若年層をターゲットとした
住宅ローンです。特徴は、最大借入期間が50年であり、従来の「フラット35」より長期の借入が可能となるため、毎月の返済額を低く抑えることができます。こちらも、住宅金融支援機構全体の申込件数の約74%を誇っています。(2019年12月時点)

このように、お客様の選択肢を広げる独自のローン商品を提供することで、他の金融機関と差別化を図り、取扱い実績でも業界を牽引しています。

「サービス展開」と「商品開発」。
どちらにも共通しているのは、他社に先駆けて、自由な発想で取り組んでいることです。それが当社の成功の秘訣であり、経営層から社員まで共通に浸透しているマインドです。

347755
347756
348333

「フラット35」×スマートフォン

日本住宅ローンは、お客様の「夢」を支えられる存在でありたいと考えております。

家を建てる、リフォームをする。これらは、お客様にとって、人生の大きな節目となります。
また、人生100年時代とも言われる今、長く安心して暮らせる安全な家が求められます。
そんな「いい家」を実現するために「いいローン」を提供したい。

だからこそ、私たちは、お客様の思いに応えるため、これまでの常識に捉われない、斬新な商品・サービスを生み出すことに挑戦し続けています。
そのため、当社では、最先端の金融技術を活用しつつ、「世界で一つしかない会社をめざそう」を合言葉に、日々切磋琢磨しています。

このような企業理念は、経営の随所に散りばめられています。

■ビジネスモデル
全国の住宅展示場・支店を結ぶ独自のシステムを構築し、東京本社の1拠点でありながら「家」と「資金」の手続きを1つの窓口で進められる「ワン・ストップ・サービス」を実現。窓口となる株主ハウスメーカーの住宅展示場と支店の数は、全国約2,100ヶ所にも及びます。
融資残高については2兆円、累計融資金額は3兆7000億円を超える規模となっています。(2020年3月時点)

■リスクを取らない経営
主力商品の「フラット35」は、証券化という高度な金融技術が活用されており、住宅金融支援機構への債権譲渡や、住宅ローン債権の発行などを通じて、証券市場から資金調達を行っています。そのため、信用リスクや金利リスク等、リスクを取らない経営を実現しています。

外部機関からも、経営基盤やビジネスモデル、収益性は評価されています。
(株)日本格付研究所(JCR)から長期発行体格付「A」を取得しており、2020年3月には、格付けの見通しが「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げられました。新型コロナウイルスの影響が出始めた2020年1月以降、日本の金融機関で格付の見通しが引き上げられたのは、当社のみです。(2020年4月時点)
また、住宅ローン専門の金融機関としては初めてとなる、国内公募社債の発行も実現しています。

当社は、2003年の設立から、新しいビジネスモデルと安定性を武器に発展してきました。
しかし、社会は日々変化しています。
IT技術の更なる加速、少子高齢化による住宅市場の環境変化等…
この社会の変化に、私たちはどのように立ち向かっていくか。
今後目指す取り組みについて、一部ご紹介しましょう。

1. 住宅ローン手続きの完全ペーパーレス化
スマートフォンのアプリで、簡易審査と申込手続きが完了することを目指しています。
簡易審査では、スマートフォンでの運転免許証撮影と数項目の入力だけで、最短30秒で審査回答を行います。ハウスメーカー担当者様は、商談中に簡易審査の結果が分かるので、受注支援のためのツールとして大いに役立ちます。
また、申込手続き時は、申込関連書類への署名捺印を不要とし、スマートフォン上で手続きを完了させます。
すでに導入済みの電子署名サービスと併せ、完全ペーパーレス化を推進することで、更なるお客様の利便性向上に貢献します。

2. ライフイベントをサポートするローン開発
従来の新築住宅向けの商品に加え、融資対象分野の拡大が鍵となります。
具体的には、「フラット35」をお借入れのお客様に対して、「リフォームローン」「インテリアローン」「フリーローン」「オートローン」といった各種ローンを提供します。
こちらも、スマートフォンのアプリで、様々なライフイベントを「簡単・迅速・低利」にサポートすることを目指します。

私たちは、次のステージとして、身近にあるスマートフォンを使って、お客様の人生に寄り添っていくことを考えております。

347757
347758
348715

160人で50本のプロジェクト

当社には、プロパー社員が約160名います。
平均年齢は30代後半、男女比は5:5です。
銀行をはじめとした金融機関出身者が中心で、外資系企業、不動産、住宅メーカーなど様々な業界出身者が活躍しています。
2010年度からは、毎年5~10名ほどの新入社員が入社しており、若手の占める割合も増えています。

この少数精鋭で、どのようにして新商品の開発や、新サービスが生まれているのか。
それは、当社運営の根幹であり、新たな施策を推進する上での重要な仕組みが関係しています。

「プロジェクト活動」
プロジェクトと聞くと、皆さんは何を想像するでしょうか。
特定部署やメンバーで取り組む仕事?

日本住宅ローンでは違います。
当社では、さまざまな課題解決に挑戦するため、幅広い部署から役職や年齢に関係なくメンバーが構成され、プロジェクトチームが発足します。
プロジェクトの内容は、新商品の開発や新サービスの検討以外にも、業務改善やCSRの企画まで多岐にわたります。そのため、約50本のプロジェクトが常に進行しています。

例えば、最近できたユニークなプロジェクトとして、「RPA1000個プロジェクト」があります。全社的にRPA化したい業務をリストアップするもの。結果として、目標を大幅に超える2500個のRPA化したい業務が集まりました。
現在、このプロジェクトはさらに派生し、各部室で任命されたRPA専任担当がリストアップした業務をもとにWinActorを使って、RPA化の推進に励んでいます。

また、2019年1月からは、「プロジェクトタイム」を導入しました。
毎営業日、午前午後の30分間をプロジェクト活動専用の時間帯として設定。その時間帯は、通常業務を行わず、プロジェクト活動に専念しています。

社員全員がいずれかのプロジェクトに参加しており、一人ひとりが自ら考え、発言し、行動する主体性とともに、チームワーク、一体感を大切にしています、
若手社員がリーダーを務めるプロジェクトや、新入社員の発案でプロジェクトが発足されたケースも多数あります。

このような企業文化が根付いていることもあり、当社の社風は非常に風通しがよいものとなっております。
金融機関では珍しく、役職・立場に関係なく「さん」付けで呼び合う環境です。
また、フロア内にパーテーションはなく、部署の垣根を超えたコミュニケーションが活発に行われています。
この自由に意見交換できる環境こそが、ユニークな商品やサービスを生み出す原動力となっています。

チームワークや一体感をさらに高めるために、社内イベントも大切にしています。
春は新入社員を歓迎するお花見、夏はボウリング大会、秋はバーベキュー、冬は忘年会を行います。イベントきっかけで仲良くなり、仕事が円滑に進むケースはよくあります。

社内表彰制度もあり、毎月決められたテーマに対して、最もふさわしいと思う人を社員全員で投票します。表彰式も行われ、1位の方は社長より表彰を受けます。
日頃から社員間の距離が近い当社だからこそできる制度です。

最後に、当社は2020年2月下旬に、新宿へ本社を移転し、オフィスが1.5倍に拡大しました。今後は、最新のIT技術を駆使し、幅広い顧客層に向けたサービス展開も考えており、
まさに転換期を迎えています。

「いい家」を実現するために「いいローン」を提供する。
この思いを胸に、日本住宅ローンはこれからも走り続けていきます。

347759
351783
347760

日本住宅ローン 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、日本住宅ローン 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 日本住宅ローン 株式会社
業界 金融・保険系 >  その他金融・保険系
金融・保険系 >  銀行・信用金庫・組合
資本金 10億円
設立年月 2003年05月
代表者氏名 代表執行役社長 安藤 直広
事業内容 (1) 独立行政法人住宅金融支援機構の業務受託
(2) 住宅ローンなどの貸し付け、管理回収業務

▼認可等
・機構証券化支援事業取扱店
・貸金業登録番号(東京都知事(6)第27770号)
・日本貸金業協会会員 第003413号
・個別信用購入あっせん業者 登録番号(関東(個)第73号-3)
・包括信用購入あっせん業者 登録番号(関東(包)第115号)
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 積水ハウス株式会社
大和ハウス工業株式会社
住友林業株式会社
積水化学工業株式会社
日立キャピタル株式会社
従業員数 163人
本社所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目1-1 新宿マインズタワー9階
349472

日本住宅ローン 株式会社資本金10億円設立年月日2003年05月従業員数163人

地銀トップ5に匹敵する住宅ローン取扱い実績を誇る住宅ローン会社

この企業が募集している求人

353575
「ユーザーに寄り添う社内SE」
【社内SE】ビジネスアナリスト

【業務内容】 ・社内ユーザー部門からの要望受付 ・業務効率化の提案・設計 ・社内ユーザーとシステム部門の仲介 ・社内ユーザーと共に要件定義書作成 ・社内ユーザーと共に総合テスト計画・実施 【プロジェクト概要】 ・新型ローン商品の開発プロジェクト ・社内業務の効率化対応 ・事務ミス改善対応 【システム開発の流れ】 ・ユーザーと直接会話 ・要件定義ドキュメント作成...

353575
「金融システムの情報セキュリティは私に任せろ」
【社内SE】情報セキュリティスペシャリスト

【業務内容】 ・経営陣と共に情報セキュリティを考える ・情報セキュリティ戦略の提案 ・情報セキュリティの整備、構築 ・会社全体の情報システム評価 ・サイバーセキュリティ対策 ・社内のセキュリティ啓蒙活動 ・外部監査対応 【プロジェクト概要】 ・情報セキュリティ見直し・戦略立案 ・高いセキュリティ水準を維持する仕組み作り 【業務の流れ】 ・社内セキュリティ状況の...

353575
「誰もが使いたくなるモバイルアプリの設計・開発を担当。キラーコンテンツの立案」
【社内SE】モバイルアプリエンジニア

【業務内容】 ・モバイルアプリの要件定義、基本設計  (例:エンドユーザー向けスマホアプリ) ・社内ユーザー部門との協業 ・ベンダー管理・コントロール ・モバイルアプリ技術のキャッチアップ 【プロジェクト概要】 ・新型ローン商品の開発プロジェクト  ―電子署名を活用し、顧客手続きはスマホで完結(完全ペーパーレス) ・スマホ/タブレットで住宅ローン手続きをペーパーレス化...

353575
「新商品、新サービス、業務効率化を実現するWebシステム開発を担当」
【社内SE】Web/オープン系エンジニア

【業務内容】 ・Web/オープン系の要件定義、基本設計 (例:提携ハウスメーカー社員向けWebシステム) ・クラウド(AWS)上でのシステム構築 ・社内ユーザー部門との協業 ・ベンダー管理・コントロール ・オープン系技術のキャッチアップ 【プロジェクト概要】 ・新型ローン商品の開発プロジェクト  ―顧客利便性を高めるためコンビニATMと連携 ・基幹システムのクラウ...

353575
「金融システムのインフラ構築エキスパート」
【社内SE】インフラエンジニア

【業務内容】 ・ネットワーク/サーバー設計・構築 ・AWSによるネットワーク/サーバー設計・構築 ・オフィス内インフラ設計・構築 ・サイバーセキュリティ対策 ・ベンダー選定・コントロール 【プロジェクト概要】 ・基幹システムのクラウド(AWS)化 ・各種プロジェクトで必要となるインフラ構築 【システム開発の流れ】 ・業務システム部門と共に要件検討 ・当社環境に適...

残り2求人をみる
×