お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ホビージャパンの企業情報

332999

株式会社 ホビージャパン

目指すは強力なIP創出!模型・フィギュア・ノベル・コミック・カードゲーム~ホビーの総合プロデュース企業

『月刊ホビージャパン』は創刊50周年!出版事業を主軸にホビー領域で多角展開

株式会社ホビージャパンは、熱量の高いファン層をターゲットにホビービジネスを展開する総合ホビープロデュース企業だ。会社設立した1969年に、『月刊ホビージャパン』を創刊。ミニカー情報を皮切りに、プラモデルやフィギュア等へテーマを拡大しながら、現在も日本を代表する趣味情報の雑誌として人気を集める。

事業の主軸である出版事業の他、オリジナルミニカーやフィギュアの製造販売、ボードゲームやカードゲームといったアナログゲームの輸入・開発・販売等、手掛ける事業は多岐にわたる。創業以来変わらないのは、「ホビー」という揺るがない核だ。世界中の人々にホビーを楽しんでもらいたいという強い想いがあるからこそ、ツールや対象が変わっても、会社として進む方向に迷うことがない。今後はデジタル面を強化して、さらなる成長を図る。50年以上という歴史を誇りながらも、常に前進を続けているのだ。

同社は、創業者である先代の代表が、高価な輸入玩具を取り扱う業者としてスタートしたのが始まり。それまでは玩具といえば子ども向けだったが、大人の趣味人に向けて展開するという、当時他にはない斬新な発想だった。そうしてミニカーの小売事業を開始し、そのミニカー関連の情報を紹介するために創刊したのが『月刊ホビージャパン』だったのだ。

先代の代表から経営のバトンを受け継ぎ、2010年より代表取締役社長を務める松下大介氏に、同社の変遷や事業展開について聞いた。

「『月刊ホビージャパン』の創刊時のテーマはミニカーでしたが、次はプラモデルをメインに扱う雑誌となりました。今はキャラクタープラモデル関連が主要になっています。ニーズに合わせて柔軟にテーマ設定を行うスタイルは今も変わりません。他にも、サバイバルゲームやミリタリー関連の『アームズマガジン』や拳銃・軍用銃等の情報を扱う『Gun Professionals』といった月刊誌、特撮作品や自動車模型のムック、ライトノベルの文庫等、マニア心をくすぐる情報誌や書籍を発行しています」(松下氏)

このように出版事業は主力なのだが、あくまでも「ホビー」を核とするだけに、出版以外の事業にも注力しているのが同社の特徴だ。

「ライトノベルの『HJ文庫』やコミック、Webメディア等をプラットフォームにしたキャラクタービジネスも当社の基幹事業となっています。文庫コミック事業から生まれた作品をテレビアニメ化・フィギュア化してのメディアミックスも多数行っています。出版だけに留まらない多方面への展開が可能な点は、総合ホビービジネスのパイオニアである当社ならではの強みです」と松下氏は自信を覗かせた。

3330391969年設立で、50周年を迎えた同社。ホビービジネスで日本を代表する会社だ。
333022出版やホビーグッズの製造、ゲームの輸入・開発・販売など、様々な領域の事業を手掛けている。
333004

IP創出のプラットフォームとなるWeb小説投稿サイト開設 投稿作品は既に10,000件超え

同社の新たな取り組みのひとつに、Web小説の投稿サイト『ノベルアップ+(プラス)』の開設がある。

『ノベルアップ+』は、誰もが小説作品を投稿することができ、自由に読むことができるサイト。キーワードやジャンル、作品の長さや執筆状況等、様々な角度から読みたい作品を探し出せ、文字サイズ・色・フォント等を好みの表示形式に変えることができる。読みやすさに配慮した検索性や機能性を大事にしつつ、今後もアップデートを重ねていく計画だ。

さらに、無料登録の会員となることで、気に入った作品を応援し育てていけるサービスが利用できるのも特徴的だ。気に入った作品への応援スタンプには、「ノベラポイント」や「応援ポイント」を付与でき、そのポイントがランキングに関わってくる。応援の成果が目に見えて分かるシステムなのだ。

作品を投稿する作者側にとっては、ランキングや応援コメントが執筆のモチベーションになる上に、書籍化やアニメ化、商品化等、多くの可能性が広がっている点も魅力だ。投稿者の多くがその点を認識しているため、主催した第一回ノベルアップ+小説大賞は、たった40日間という短い応募期間だったにも関わらず、1,400件近くもの作品がエントリーされたという。

2019年7月に正式オープンし、半年を待たずして公開作品が10,000件を突破した盛り上がりの背景には、このような同社の優位性が活きているのだ。

『ノベルアップ+』の運営に関わる取締役の河原正信氏は新規事業の位置付けについて次のように話す。

「当社は紙の出版に関して、長年蓄積してきた情報収集力と発信力が強みです。しかし、今後も出版領域を広げていくためには紙だけに固執してはいけません。その危機感から『ノベルアップ+』を開設しました。同時に、クリエイターを育成し強力なIPを生み出したいという思いも強く持っています。『ノベルアップ+』は、その期待を担うプラットフォームなのです」(河原氏)

河原氏が言うように、新たな人気IPを育てていくことは全社的な目標である。その最前線を担うノベルアップ+に寄せる期待は大きく、携わる人材は自負を持って挑戦に挑めるだろう。

333007これまでの事業を拡大するだけでなく、テクノロジーを駆使した新たなチャレンジも進めていく。
333006同社が運営している、Web小説の投稿サイト『ノベルアップ+』
333002

趣味の延長に仕事があり、ビジネスライクとは無縁の環境

取材を通して、"ホビー"という他社にはない強みを持ったスペシャリスト集団という印象を受けたが、実際の社風はどのようなものなのだろうか?

代表の松下氏は、「イメージ通りだと思いますよ。社員はそれぞれの趣味に精通したマニアックな面を持っています。ホビーという共通項があるので相互理解があり仲も良いのですが、ワーッとお祭り騒ぎのように盛り上がる雰囲気ではないですね」と話す。

確かに自社ビルである本社オフィスの各フロアを見学させてもらうと、各々が静かに仕事に没頭している様子だった。PCに向かう姿と共に、カードゲームをしたりプラモデルを組み立てたりする姿が見られるのは、同社ならでは。プラモデルの組み立て専用部屋や、写真撮影スタジオ・配信動画の撮影スタジオまで備えているのはさすがだ。フィギュアやプラモデル、ライトノベル文庫本、アニメDVD等がそこかしこに積まれていて、好きな人にとっては宝の山に囲まれるような環境だろう。

「我々は、社員であると同時にユーザーの立場でもあります。好きなことを仕事にして、それがウケれば嬉しいという感覚です。ビジネスライクな空気は皆無ですし、そうじゃないタイプの方がいいですね」(松下氏)

「好きといっても、作るのが好きな人・好きなIPに関わりたい人等、色々いると思いますが、当社はどちらもできます。仕事でありながら、趣味の延長線上なのです」(河原氏)

両氏が口を揃える通り、「趣味が好き」という気持ちが核であり原動力となる。同社には、そんな価値観が当たり前に根付いているのだ。

代表の趣味は?と水を向けると、松下氏は、はにかむような笑みを浮かべながら、「一番の趣味は写真です」と、一冊の雑誌を見せてくれた。それは同社が発行したカメラ専門情報誌で、松下氏自らが事業化を提案して計画を進めたもの。好評で第二弾も発行したという。個人的な趣味が一つの事業になった実例だ。

「私が社長という立場だから実現したわけではありません。事業化の提案は誰もが自由に行えますし、上司も役員もそれを自然に受け止める風土です。もちろん、事業として成り立つかどうかという視点が入りますが、決して無下に却下することはなく、こうすればいいというアドバイスをしながらブラッシュアップしていきます」と松下氏。

河原氏は求める人物像について、「ホビーに対する情熱とアイディアがある人には良い環境でしょう。また、どちらかと言うとWebサービスは当社の弱い部分なので、その領域の知見・経験を持つ人ならば、すぐにリーダー的な立場で活躍できます!」と力を込めた。ホビーは自由であり、可能性は無限だと松下氏は言う。

「お持ちの知見と経験を、ホビーというジャンルを無限に伸ばすチャンスに活かせます。やりたいという気持ちを汲み取る会社ですし、そうありたいと常に思っています。ご応募をお待ちしています!」と松下氏は、Greenユーザーへ向けて力強いメッセージを寄せてくれた。

ホビーに対する思いを仕事の場で表現したいならば、是非同社に問い合わせて欲しい。

333023「趣味の延長線上に仕事がある」というのが同社の最大の特徴。遊びながら働ける環境だ。
333012こたつを囲みながらボードゲームをする一面も。ゲーム好きな社員が多いようだ。
333003

株式会社 ホビージャパンに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ホビージャパンに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ホビージャパン
業界 サービス系 >  飲食・旅行・レジャー・アミューズメント
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  出版・新聞・雑誌
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 2000万円
設立年月 1969年09月
代表者氏名 代表取締役社長 松下 大介
事業内容 ■ホビー専門誌・ライトノベル・コミック・ホビー関連書籍の出版事業
■キャラクター開発・版権事業
■ホビー商品の企画・販売事業
■各種ゲームの開発・関連書籍の出版
■国外のホビー商品、ゲームなどの輸入・販売事業
■ホビー商品の小売事業(ポストホビー)
従業員数 120人
本社所在地 東京都渋谷区代々木2丁目15番8号 新宿Hobbyビル
332999

株式会社 ホビージャパン資本金2000万円設立年月日1969年09月従業員数120人

目指すは強力なIP創出!模型・フィギュア・ノベル・コミック・カードゲーム~ホビーの総合プロデュース企業

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×