お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ランディックスの企業情報

328503

株式会社 ランディックス

東証マザーズに上場!不動産×ITでイノベーションを起こすリアルエステートTech企業

設立以来19期連続黒字経営!不動産テックプラットフォーム『sumuzu』を開発・運営

東京の城南エリア(世田谷区・目黒区・大田区・渋谷区・港区・品川区)を中心に、不動産デベロップメント事業、不動産マッチング・コンサルティング事業、オーダーメイド住宅マッチング・コンサルティング事業を展開している株式会社ランディックス。不動産に関する透明性の高い情報を発信し、オーダーメイド住宅を建てる際の土地探しから建築業者の選定、住宅の完成まで、全てのプロセスをITを駆使してワンストップで提供するリアルエステートTech企業だ。

同社は2001年2月に不動産仲介会社として設立された。2003年8月には不動産の仕入れ・開発・分譲を手がけるグループ会社・株式会社グランデを設立。グループで土地の仕入から開発、分譲、注文住宅の建築までワンストップでサポートできることを武器に、城南エリアで着実に実績を積み重ねていった。

同社の強みは、エリアの特性上、年収1000万円以上の富裕層の顧客が多いことだ。一度取引した後も買い替えを行ったり、収益用不動産購入、セカンドハウス購入などを目的として複数回の取引を行ったりする顧客が多いことから、リピートや紹介による成約率は全体の約半数にも上る。

設立以来業績は好調で、19期連続で黒字経営を続けている。ここ数年のグループ売上高を見ると、55億8000万円(2018年3月期)、64億4000万円(2019年3月期)と右肩上がりの成長を続けており、2019年12月には東証マザーズへの上場を果たした。

同社がリアルエステートTech事業に力を入れ始めたのは2017年頃から。そして2018年1月にオーダーメイド住宅の建築を土地探しから完成までワンストップでコーディネートするサービス『sumuzu(スムーズ)』を立ち上げた。不動産テック統括部部長の宇都宮孝志氏は次のように語る。

「『sumuzu』では流通している土地情報をデータとして分析・可視化することにより、ユーザーは相場や坪単価を知った上で透明性の高い情報を基に候補を絞り込んで土地を探すことができます。さらに、その候補となる土地に住宅を建てるにあたっては、複数の建築業者をインターネット上で比較検討できるサービスを提供しているため、お客様と不動産仲介会社、建築業者との間の情報非対称性を解消し透明性の高い取引ができるのが特徴です。ネットだけ強かったり、営業だけ強かったりする会社は数多くありますが、ネットもリアルも強い会社はほとんどありません。ネットとリアルの融合で、あらゆるチャネルでのマーケティング活動を行うことができるオムニチャネル戦略が当社の強みであると共に、不動産関係のマッチングサービスはマーケットプレイス型のサービスが殆どですが、当社のように実業を持ちつつ土地探しからワンストップでITを駆使してフルサポートできるサービスはほとんどないと思います」

328524同社は東京の城南エリアを中心に、不動産デベロップメント事業、不動産マッチング・コンサルティング事業、オーダーメイド住宅マッチング・コンサルティング事業を展開している。
328829同社がリアルエステートTech事業に力を入れ始めたのは2017年頃から。2018年1月にオーダーメイド住宅の建築を土地探しから完成までをコーディネートする不動産テックプラットフォーム『sumuzu(スムーズ)』を立ち上げた。
328826

幅広いスキルを磨き、フルスタックエンジニアへと成長できるのが魅力

開設以来『sumuzu』は次々と新機能を追加している。それに伴ってユーザーも増加しており、2019年1月から9月までの月間ユニークユーザー数の伸び率は約260%となった。そして2019年10月には、新サービス『sumuzu Matching』をリリースした。従来は利用者の要望を同社が建築業者に伝達して建築プラン提案の仲介を行っていたが、このサービスによって自分で建築業者を探すことなく、希望条件をエントリーするだけで建築業者がコンペに参加して建築プランのやりとりができようになったわけだ。しかも、利用者は無料で匿名性を保ったまま行えるため安心してサービスが利用できる。

現在、『sumuzu』の開発・推進に取り組んでいる不動産テック統括部は5名体制(2019年12月時点)。部長の宇都宮氏のほか、Web系のエンジニアとデザイナーが各1名、アプリケーション開発に携わるSEが1名、インサイドセールスが1名という内訳だ。

「開発に当たっては企画より実行を重視しています。スピードを重視するためにアジャイルによる開発を行い、カット&トライを繰り返しながら完成に近づけていくスタイルです。開発・設計は内部と外部でそれぞれ分担すると共に、ラボ型開発などで効率的な開発を進めています」(宇都宮氏)。

同社の魅力は、リアルエステートTechという成長性の期待できる市場で新サービスを開発し、イノベーションを起こすチャンスがあることだ。また、事業会社というメリットを生かして、幅広いスキルを身に付けてフルスタックエンジニアへと成長できるのも大きな魅力。

「Webのフロントエンド、バックエンド側の対応やインフラにも携わることができます。開発環境や商用環境含めインフラは全てクラウド上で構築するため、クラウドの知識やネットワークの知識も自然に身に付くので、これからの時代に必要とされるフルスタックエンジニアを目指している方には最適な環境です。また、エンドユーザーとの距離が近く、ユーザーの声を聞きながらサービスの開発にチャレンジできるのも当社の魅力の一つです。企画力が身に付き、自分が開発したサービスを通じて、お客様の喜びがダイレクトに伝わってくるのでやりがいを実感できます」(宇都宮氏)。

今後はさらに部門の体制を強化し、『sumuzu』の機能を拡張すると共に、新しいプラットフォームの開発も進めていきたい考えだ。

「まずは1年でメンバーを現在の倍の10名体制にするのが目標です。現在、ビッグデータ、AIを活用した新たなプラットフォーム開発にも取り組んでいます。今はまだPOC(概念実証)の段階ですが、開発を進めて商用化を目指します。そしてこのプラットフォームが多くの方に利用され、皆様から“土地を探して家を建てるなら『sumuzu』”と言われるようになりたいですね」(宇都宮氏)。

328522『sumuzu』の開発・推進に取り組んでいる不動産テック統括部
328527部長の宇都宮氏のほか、Web系のエンジニアとデザイナーが各1名、アプリケーション開発が1名、インサイドセールスが1名という内訳だ。
330317

イノベーションを起こすサービスやシステムを開発したい方には最適な環境

ランディックスは桜新町に本店を構え、自由が丘センター、恵比寿センターの3拠点を展開している。3拠点共に有名インテリアデザイナーが内装のデザインを手がけており、いずれも快適に仕事に取り組むことができる環境だ。

このうち不動産テック統括部がある恵比寿センターは、JR・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」から徒歩3分と、通勤などにも便利なロケーション。部門のメンバー増加などで将来的に拠点が変わる可能性もあるが、いずれも城南エリアなので転居する必要はない。社内の雰囲気について宇都宮氏は次のように語る。

「会社は20~30代の若手が多いので社内は活気がありますね。不動産テック統括部は20代が3名、40代が2名で、全員が転職組です。メンバー同士の仲は良いですが、ベッタリとした関係ではなく、お互いに適度な距離感を保ちながら仕事に取り組んでいます。営業部門のメンバーも同じフロアにて執務しているので連携もスムーズです」

技術力向上のために、社外開催のセミナーなどへの参加を支援する技術向上サポート制度があるほか、業務上で必要となる知識習得や自己啓発のための書籍費用を会社が負担する自己啓発サポート制度もある。また、仕事に支障がなければ有給休暇は遠慮なく取得することができ、夏季休暇・冬期休暇は共に9日間とメリハリをつけて働くことができる。

そんな同社が求めるのは、前向きで自ら考えて行動する人材だ。

「当社の場合、少数精鋭のためフルスタックエンジニアとしてプロジェクトを束ねて推進する役割が求められます。そのため、前向きで自ら考えて行動できる方に来ていただきたいですね。また、私たちが取り組んでいるのは新機能の開発はもちろんのこと、テクノロジーを通じた新しいビジネスの開発です。テクノロジーを通じて今までにない新たな価値やサービスを展開したいという意思のある方が望ましいと考えています。不動産に関する知識がない方でも仕事していくうちに自然に覚えていくことができ、プロセスへの理解や真の課題を深掘りできるのも事業会社ならではの魅力です」(宇都宮氏)。

“不動産を通じて喜び・感動を”という経営理念を掲げ、今後さらに市場拡大が見込まれているリアルエステートTechの領域で、新サービスの開発にチャレンジする同社。将来的には事業を通じて蓄積した顧客情報を活かした新ビジネスの展開も視野に入れているという。自らの手でイノベーションを起こすサービスやシステムを開発したい方、エンドユーザーに近い位置で自社サービスの開発に取り組みたい方には最適な環境ではないだろうか。

328520同社は幅広いスキルを身に付けてフルスタックエンジニアへと成長できるのも大きな魅力となっている。
328517自らの手でイノベーションを起こすサービスやシステムを開発したい方には最適な環境だ。
330318

株式会社 ランディックスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ランディックスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ランディックス
業界 不動産・建設系 >  不動産賃貸・仲介・管理
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
資本金 4億7472万2080円
売上(3年分)
2020年 3月 期 2019年 3月 期 2018年 3月 期
80億8600万 64億4,100万円 55億8,100万円
設立年月 2001年02月
代表者氏名 代表取締役社長 岡田 和也
事業内容 ■オーダーメイド住宅マッチング・コンサルティング事業
オーダーメイド住宅の土地探し~住宅完成までのワンストップサービス。不動産テックプラットフォーム「sumuzu(スムーズ)」の開発・運営

■不動産デベロップメント事業
不動産の仕入れ、開発、分譲事業。城南エリアの低層住宅地を中心としたオーダーメイド住宅用の土地仕入れ、開発・分譲

■不動産マッチング・コンサルティング事業
不動産の売買・仲介。桜新町・自由が丘・恵比寿の城南エリア3拠点で富裕層顧客を中心とした不動産の売買・仲介
株式公開(証券取引所) 東証マザーズ
従業員数 58人
平均年齢 34.0歳
本社所在地 東京都世田谷区新町3-22-2
328503

株式会社 ランディックス資本金4億7472万2080円設立年月日2001年02月従業員数58人

東証マザーズに上場!不動産×ITでイノベーションを起こすリアルエステートTech企業

この企業が募集している求人

330324
【システムエンジニア】マッチングプラットフォーム運営で住宅領域でのDXを目指す。自社サービス「sumuzu(スムーズ)」の成長を支える開発エンジニア募集。
システムエンジニア

【概要】 新サービスのアプリケーション開発全般業務。システム企画、要件定義、設計、テストに至る開発全般に渡ってエンジニアリング業務に携わっていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■新サービスの要求定義、設計、テスト ■既存サービスの機能改善 ■システム運用管理 【開発環境】 ラボ型開発による開発を中心として、開発手法はアジャイルにて行います。チャット、プロジェクト管理ツ...

330324
【不動産×IT】マッチングプラットフォーム運営で住宅領域でのDXを目指す。自社サービス「sumuzu(スムーズ)」を牽引するテックリード募集!
テックリード

【概要】 新サービスの企画、要件定義、設計、テストに至る開発全般に渡って、リードエンジニアとして開発管理、プロジェクト管理などを行っていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■開発プロジェクトの管理 ■開発チームの管理 ■要求定義、設計、テストなどのエンジニアリング業務 【開発環境】 ラボ型開発による開発を中心として、開発手法はアジャイルにて行います。チャット、プロジェク...

330323
【社内SE】マッチングプラットフォーム運営で住宅領域でのDXを目指す。上場企業で社内IT戦略~運用まで幅広い裁量で事業成長を支える情報システムメンバー募集
社内SE

【概要】 ITを活用した業務プロセス改善や効率化の推進、セキュリティマネージメントなど、経営課題をITを活用して解決すべく、社内IT基盤の企画・導入・運用業務、ならびに自社サービスのクラウド上でのインフラ構築・運用に携わっていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■社内情報システムの企画・導入・運用 ■ITを活用した経営課題の解決と業務効率向上推進 ■クラウド(AWS)でのインフ...

328521
【データサイエンティスト】マッチングプラットフォーム運営で住宅領域でのDXを目指す。不動産情報を分析した新サービス立ち上げメンバー募集
データサイエンティスト

【概要】 不動産情報他、ビッグデータを収集・分析すると共に、AIを活用したPOC、新規サービス立ち上げに向けた業務を担当していただきます。 【具体的な仕事内容】 ■データ収集・分析 ■AIを用いたサービス企画 ■MLaaS、ライブラリを用いたPOC、開発 【開発環境】 POCで検証後にサービス化を検討します。MLaaSを用いて効率的なPOCを行います。 MLaaSやフ...

残り1求人をみる
After covid19 bottom
×