お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

コミュニケーションデータシステム 株式会社の企業情報

319013

コミュニケーションデータシステム 株式会社

“マーケティング×システム”の領域で強みを発揮。データ分析が得意!

“マーケティング”と“システム”という、異なるカルチャーの双方を深く理解

マーケティング業務システムの受託開発や自社独自プロダクトを提供している、コミュニケーションデータシステム株式会社(CDS)。データ分析などのBI(Business Intelligence)業務を手がけるアイザック・マーケティング株式会社の関連会社である。

CDSが主に手がけている受託開発は、企業のマーケティングセクションなどが自社で利用する業務システム。マーケティング業務に付随する、手間のかかる集計やデータ分析などを効率化するツールだ。
例えば、自動車メーカーが販売促進を目的に行うキャッシュバックキャンペーン。所有車を下取りしての新車購入を「今ならキャッシュバックをプレゼント!」と仕向けるものだ。この場合、下取り金額や購入車種によってキャッシュバックの金額が変わる。こうした手間のかかる算出を自動的に行うツールが必要になる。

同社の強みは、“マーケティング”と“システム”という、異なるカルチャーの双方を深く理解し、マーケッターもエンジニアも等しくマネジメントを行えることで、どちらかに偏らない的確な提案やアウトプットを提供できるところ。「日本におけるこうした存在は、実は稀有ではないかと自負している」と代表取締役の畠山正己氏は胸を張る。

自社プロダクトとしては、CM評価システムの「CMパワーナビ」がある。モニターに、印象に残ったテレビCMの記憶をキーワードで記入してもらい、そのキーワードからCMの効果を分析するという全く新しい手法を独自開発した。
「CMを見た人が、必ずしも企業名や商品名を認知しているとは限らないところが発想の原点となりました」(畠山氏)

同社では、中国に析得思(上海)商务咨询有限公司:CDS China Inc.など3社の現地法人を設立し、日系企業に対してマーケティングや会計などの業務システムの構築を受託している。
「発展著しい中国市場に足場を築くことで、同市場に進出する日本企業の支援を通じて当社自身の発展可能性も広げておきたいとの考えがあります」と畠山氏は話す。

319022ベテラン同士も意見を出し合い、常に発想や業務内容をアップデートするスタイル
319028代表取締役 畠山正己氏
319019

データの加工・分析から派生し、自社サービスおよび受託開発へ発展

畠山氏は、大手広告代理店の大広で営業などに従事の後、日本アイ・ビー・エムの関連会社にスカウトされる。
「80年代の当時、企業のマーケティングにおける意思決定のためのデータ集計や分析などは、まだ手作業で行われていました。ところが、IBMに転じてみると様々な業務がシステム化されていて、マーケティングの手作業もシステム化により圧倒的に効率化できることがわかったのです。そこにビジネスチャンスを見出し、1989年に独立して統計オペレーショナルリサーチおよび意思決定支援システムの開発や運用を手がける株式会社ヒズコミュニケーションを設立しました」(畠山氏)

1997年には、ヒズコミュニケーションを母体として、クライアントからマーケティングに係るデータを預かって分析・加工するとともに、その結果に基づく施策の提案を手がけるアイザック・マーケティングを設立する。同社およびCDSの設立の経緯を、畠山氏は次のように説明する。
「アイザック・マーケティングは、当該業務の比重が増加し、ここに専門特化する目的で設立しました。この業務はどこまでいっても受託型であるので、自社でデータを持ち、プロダクトとして提供するビジネスも手がけたいと考えて2007年に設立したのが、CDSです」

独自プロダクトとしては、「CMパワーナビ」以外にもいくつかのサービスをリリースするも、現在は最もニーズの大きい「CMパワーナビ」にリソースを集約している形だ。

さらに、アイザック・マーケティングの業務を行う中、クライアントから「マーケティングのデータをもっと簡便に見られるようにしたい」「自社でもサクッと分析できるようにしたい」といったニーズを受け、マーケティング業務システムの受託開発へのシフトを進めているところである。

今後のビジョンについて、畠山氏は次のように話す。
「やはりAIに興味があります。といっても、RPA的な業務効率化の方向での活用ではなく、クライアントに対してマーケットの変数を多次元で見せるといったアウトプットの方法として活用したいと考えています。海外展開に関しては、中国の次に東南アジアへの進出を検討したいと思っています」

319031ほぼ独学で日本語をマスター。中国人の莫さんの貪欲に学ぶ姿勢は他の社員の刺激に
319039勤続年数2桁の粕谷氏。外資メーカーの業務を中心に活躍し、いなくてはならない存在。厳しさとやさしさを感じる人柄で若手の相談役も(たまには)
319015

“プロフェッショナル集団×人の和”による風土づくり

「マーケティングの仕事には、“正解”はありません。同じ結果でも、『30%もある』と言うか、『30%しかない』と言うか、言い方一つで受け取り方は全く異なります」と畠山氏は言う。どちらの言い方をすべきかは、クライアントにどういう問題意識を抱かせ、最終的にクライアントをどう正しく動かすかを見通して判断しなければならない。そのためには、クライアントに寄り添い、クライアントを熟知することが不可欠となる。

「結局のところ、正解はクライアントにしかわからないのです。我々としては、それがどこまで見えているのかが問われます。したがって、当社のメンバーにはクライアントに入り込むことを求めています」

そのために、各メンバーに対して、コミュニケーションスキルのベースの上に、システムやデータ分析といった専門性を付加することを求めている。人事考課においても、クライアントの評価や関係性を最重視しているという。

畠山氏が同社の風土づくりの軸に置いているのは、次の2つの方向。1つは、外資系企業のように個人を重んじ、社員が自らを磨き上げるプロフェッショナル集団とすること。しかし、その方向を強めると社員間に隙間が生じがちになる。そこで、もう1つの軸として、和を重んじるカルチャーを重視する。
「1人ではできないことでも、2人、3人と集まることでできるようになります。また、その集団の中でお互いに高め合う関係性をつくることが重要であると考えています」(畠山氏)

マネジメントの基軸としては、若手とベテランとでマンツーマンのペア制を導入し、OJTを手厚くしている。それとともに、日報も導入。今週やったことや来週やるべきことを上司とメンバーの間で確認し、タスクの確認や心構えなどのアドバイスを通じて成長を図っている。

“和の重視”の面では、歓迎会や花見、忘年会などのイベントのほか、毎年、海外への社員旅行を実施。オーストラリアやグアム、東南アジアなどに全額会社負担で出かけ、社員間の親睦を図っている。

同社の求める人材像について、畠山氏は次のように話す。
「明るく、バカになれる人です。20代の若い頃は、どれだけバカになれるかが30代を決めると思っています。相手に対してこういうボールを投げたらこういうボールが返ってくるということをどれだけ経験するかで、30代、40代がガラッと変わるからです。しかし、『こんなことを言ったら相手から馬鹿にされるのではないか』と恐れてやれないという人が多いのが実情。そこを破ることで、30代に大きくジャンプしてほしいと思っています」

“マーケティング×システム”で、クライアントにベネフィットを提供している同社。同社のユニークなポジションの可能性は注目すべきだろう。

319021会社の入口には親会社の“ISAAC”のロゴ。今年、社内は改装したばかり。
320441経理の永田さんは中途入社。営業補佐もしてくれる頼れる存在。
319018

コミュニケーションデータシステム 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、コミュニケーションデータシステム 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 コミュニケーションデータシステム 株式会社
業界 コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 1000万円
設立年月 2007年03月
代表者氏名 代表取締役 畠山 正己
事業内容 ■市場調査の企画・設計・実施
■各種データの作成、収集および情報付加
■顧客情報/データの収集・分析
■テレマーケティングの企画
■マーケティング情報/データの収集・分析
■イベント/SPキャンペーンなどによるデータ作成
■各種マーケティング情報/データの集計・分析
■分析をベースとした戦略立案および支援
■ターゲットマーケティングの企画
■ブランド戦略の企画
■広告宣伝/販売促進戦略の企画 など
従業員数 20人
平均年齢 35.0歳
本社所在地 東京都港区三田1-3-33 三田ネクサスビル7F
319013

コミュニケーションデータシステム 株式会社資本金1000万円設立年月日2007年03月従業員数20人

“マーケティング×システム”の領域で強みを発揮。データ分析が得意!

この企業が募集している求人

319037
【WEBシステム開発エンジニア】マーケティング会社のエンジニアとして新しいステージへ これまでの業界経験にマーケティングをプラス。魅力的な人財へ昇華できます!
WEBシステム開発エンジニア

【概要】 受託ならびに社内コンテンツのWEBシステムの開発・改善・保守をお任せします。将来的には、クライアントとの交渉やスケジュールの作成、開発から検証までのすべての工程を担当していただきます。 【具体的な仕事内容】 ■システム的なソリューションや新機能の提案・要件定義 ■WEBシステムの設計・開発・機能追加・保守 ■サーバーの死活監視 【開発環境】 案件により環境が異...

319030
【データベースアナリスト】マーケティング会社のエンジニアとして新しいステージへ!これまでの業界経験にマーケティングをプラス。魅力的な人財へ昇華できます!
データベースアナリスト

【概要】 SQLを使ってDBに格納されているマーケティングデータの分析・集計や、各種レポートの作成ならびにその自動作成化の業務に携わっていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■SQL文を使った集計作業 ■集計レポートの作成および自動化 ■テーブル、ビューの設計・作成 【開発環境】 対象DBMS ■AmazonRedshift ■Micros SQL Server ...

319024
【マーケティングスタッフ】未経験でも可 エンジニアの経験を活かし次のステージへ!マーケッターとしてキャリアアップできます!
マーケティングスタッフ

【概要】 まずは、取引のあるクライアントに対して定期的に実施している「定型化された帳票」の運用から始めていただき、集計ツールや数値の扱いに慣れていただきます。 上記を経て、アドホック的な分析対応や、様々な課題に対する分析設計提案まで、スキルの幅を広げていくことができます。 分析業務は、各種集計・分析ツールを使い正しい数値を導き出し、ExcelやPowerPointで報告書を作成、クライ...

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×