お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ヤマセホールディングス 株式会社の企業情報

318698

ヤマセホールディングス 株式会社

Exponential Technologyによるスタートアップに、ファウンダーとして関わる

自ら事業を企画し、資金と人を集め、スタートアップを“創造”する

ヤマセホールディングス株式会社は、さまざまな事業のスタートアップを手掛けている。スタートアップ支援というとほとんどの場合、エンジェル投資家やベンチャーキャピタル企業などが手掛けるような投資が中心。クライアントが持ってきたスタートプランに投資するかどうかを決め、純投資と関連事業を少し支援するところまでで留まっている。

しかし同社は、自ら事業を企画し、投資や資金調達を行い、さらに事業を命がけで育てるコアチームのビルドまで行う。この独自のスタイルで、スタートアップの“創造”を行っている。具体的には、新しい事業企画は同社の内部でつくられる。シーズのコンセプトもしかりだ。それをもとに、社内外からファウンダーを集めている。資本も外部からの調達が前提。一般的なスタートアップ支援とは、何から何まで逆のアプローチになっている。

ただ、2013年の設立当初から同社がこのようなスタイルだったわけではない。最初は一般的なIT系スタートアップへの純投資会社だった。そのため、起業を目指す社長が新しいビジネスモデルを考えて提案に来ていたという。しかし、代表取締役社長の山瀬明宏氏は「こうしたほうがもっといいのではないか」と思うことが多々あった。「起業において、正解/不正解はチャレンジしてみないとわからない。しかし、GOサインが黄色か、緑か、といった判断はつく」と山瀬氏。実際、自分の考えていない方向で進められた事業は、成功の事例がなかったという。そこで、逆に同社がアイデアを出し、起業にチャレンジしてもらうという、今のスタイルになった。現在、多方面の領域でスタートアップ企業を設立している。

最初に手掛けた株式会社ナレッジソサエティは、サービスオフィス事業を展開。シェアオフィスやバーチャルオフィスをフリーランスや起業家をターゲットに提供している(現在、同社からはイグジットされている)。その後、株式会社ピースボイスエンターテイメントを設立し、エンターテインメント業界に進出。こちらは、音楽コンテンツ制作からアーティストマネジメント、タレント養成まで幅広い音楽事業を手掛けている。競争の激しい飲食業界にチャレンジしたのが、株式会社オデオクリエーション。飲食店経営及び飲食コンサルティングを軸として運営している。

近年では、ブロックチェーンを使ったトークンエコノミー関連プロジェクトの構築支援を行なっているICOVO AGをスイスに設立、ブロックチェーンやDApps、新しいビジネスモデルの成長をより活性化させるため、情報発信と先端テクノロジー共有の場を創造するメディアを運用している株式会社ブロックチェーンインサイトを設立している。

これらのスタートアップのアイデアは、山瀬氏自身が提案から深く関わっている。そもそも社名が、「ヤマセホールディングス」。自分の名前を入れているのだから、自分がアイデアを出すほうがしっくりくると、山瀬氏は感じている。

318709同社はスタートアップ支援企業として、クライアントが持ってきたスタートプランに投資するかどうかを決め、純投資と関連事業を少し支援するところまで手掛ける。
318717代表取締役社長 山瀬 明宏氏
318699

テクノロジーの本質を抑えた知見を生かし、社会にインパクトを与えていく

同社はこれまで多方面にわたるスタートアップを手掛けてきたが、今後は、Exponential Technologyを使ったイノベーティブなプロジェクトにフォーカスしていく。ブロックチェーンやAIなど、最先端のIT技術を活用し、エッジの尖った期待のサービスを目指す。

テクノロジーにこだわるのは、もともと代表の山瀬氏がその最先端を走ってきたためだ。いわゆる原点回帰である。たとえば、ホスティング事業(現在のKDDIウェブコミュニケーションズ)の起業時は、インターネット黎明期。当時、「インターネットなど、どうなるんだ」という斜めな見方もあった。しかし、今や社会のインフラとして欠かすことができないものになっている。そのように社会にインパクトを与えるテクノロジーの可能性に、改めておもしろさを見出しているという。

テクノロジーにコミットしていくことで、得てきた知見も武器になる。テクノロジーの本質を知った上でサービスをつくるのは、ただ機能的に取り入れるのとはわけが違う。その代表例が、2019年5月にスタートアップしたICOVO社である。こちらでは、トークンエコノミープラットフォームを提供している。

トークンエコノミーというと、仮想通貨が頭に浮かぶが、ICOVO社が参画する第一弾のプロジェクトは「Gene A.I.dols」(ジーンアイドル)。オルツ株式会社と株式会社データグリッドの3社共同で、人工遺伝子を組み合わせて自分だけのアイドルを作るゲームである。人工遺伝子同士を交配させることで、二対の遺伝子の中間の遺伝子を持つ新しい容姿と声を持つアイドルを生成できる。

人工遺伝子からのアイドルの容姿の生成には、GAN(敵対的生成ネットワーク)を用いたAI技術が活用されている。「この技術によって、この世の中にはない顔を無数に生成できる」と山瀬氏。GANについての知見がなければ、発想できない仕様である。また、この人工遺伝子の所有権をブロックチェーンで担保するという。ブロックチェーンの「所有権を移転できる」「データを改ざんされない」といった本質を理解しているからこそ、生み出せたゲームだと言えよう。

ゲームキャラクターの所有権をユーザが持てるようになると、さらなる展開が起こると山瀬氏は考える。所有権を持つアイドルにCMの仕事をさせるなど、ゲームの枠を超え、投資や事業の様相も呈していくからだ。「ただ、享受するだけではない、まったく新しい形のエンターテインメントが生まれるはず」と山瀬氏。同社はこのようなスタートアップを、今後も続々と生み出していく予定だ。

318708今後は、Exponential Technologyを使ったイノベーティブなプロジェクトにフォーカスしていく。ブロックチェーンやAIなど、最先端のIT技術を活用し、エッジの尖った期待のサービスを目指す。
3187132019年5月にスタートアップしたICOVO社はトークンエコノミープラットフォームを提供。人工遺伝子を組み合わせて自分だけのアイドルを作るゲームに挑戦中だ。
319150

子会社化のファウンダーになり、株も所有。ギラギラした夢を持てる環境

同社が特徴的なのは、スタートアップ事業ごとに子会社を設立していることである。そのぶん、会社としての管理コストがかかるため、一見、効率的とは言えない。しかし、あえて別会社にするのは意味がある。

というのも、山瀬氏は企業内での新規事業のチャレンジをいくつも見てきた。しかし、その多くがなかなかうまくいかなかったという。その理由を考え続けてたどり着いた結論が、社員にファウンダーとしての意識がないことだった。それは当然とも言えた。仮に新規事業の担当となって、それが大成功を収めたとしても、その担当者は会社の報酬以上の大金が入るわけではない。モチベーションを高めるにも限界があるからだ。

だが、ファウンダーとしてスタートアップに関われば、話は違ってくる。特に、同社では子会社のエクイティ(株主資本)を独占せず、ファウンダーにも株を持ってもらうという。起ち上げた企業の時価総額が100倍になれば、本人にも大金が入るという夢がある。「子会社の成長を、みんなで喜べる。一生懸命働くことが、おもしろいと感じられる。そんなギラギラした感じもスタートアップには必要です」と山瀬氏は語る。

実際、同社でスタートアップに関わっているメンバーのほとんどが、まるで“捨て身”のように挑んでいる。企業内の事業と違って、大本の企業のブランドイメージやガバナンスの問題など、ある種、守るべき重荷を背負う必要がないからだ。まさに、突き動かしているのは、「挑戦してみたい」という気持ちだけである。

もちろん、スタートアップは360度、乗り越えなければならない壁ばかりである。誰も手を付けていない領域は、リーガル面の整備も追いついていない。特に、テクロノジーの分野は省庁などに専門家がいないため遅れがちだ。そのなかで、正しい道を切り開き、パイオニアとなることも求められる。同社で得られる経験は、社員たちのキャリアに大きな足跡を残している。

319152同社の特徴として、スタートアップ事業ごとに子会社を設立していることが挙げられる。
319156あえて別会社にするメリットとして、社員にファウンダーとしての意識を強く持てることが挙げられる。同社で得られる経験は、社員たちのキャリアに大きな足跡を残している。
318701

ヤマセホールディングス 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ヤマセホールディングス 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ヤマセホールディングス 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
金融・保険系 >  プライベートエクイティ・ベンチャーキャピタル(VC)
資本金 9,000万円
代表者氏名 山瀬 明宏
事業内容 ヤマセホールディングス株式会社は、さまざまな事業のスタートアップを手掛けています。
特徴は投資が中心ではなく、自ら事業を企画し、投資や資金調達、さらにコアチームのビルドまで行っています。現在までに、サービスオフィス事業から、音楽事業、飲食事業、トークンエコノミーメディア事業など、多方面の領域でスタートアップ企業を設立しています。
従業員数 2人
本社所在地 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー3F

318698

ヤマセホールディングス 株式会社資本金9,000万円従業員数2人

Exponential Technologyによるスタートアップに、ファウンダーとして関わる

この企業が募集している求人

318715
つくるだけじゃない。市場調査、サービス設計、UX設計の最上流の企画からジョインして頂きます。社会にインパクトを与えるプロダクトを一緒につくりましょう。
【募集フロントエンドエンジニア】AI、ブロックチェーンのエッジエンジニアがいる環境でワクワクするプロダクトをゼロから

何が実現できて、何ができないのかといった、技術的な視点でプロダクトの市場調査、サービス設計、UX設計などの最上流から参加していただき、ゼロから一緒にプロダクトをつくって頂きます。 もちろん、設計が終わったら、開発チームの中心として、持ち合わせているスキルセットに応じた開発を担当していただきます。

319149
【プロダクトリーダー】将来の社長候補 商品企画リーダーとして活躍!
プロダクトリーダー

【概要】 企画コンセプトに沿ったサービスの立ち上げおよびスケールさせるための運用全般のプレイヤー兼マネジメントをしていただきます。具体的には、戦略構築、設計、マネジメントで、プロモーション、広報広告戦略構築まで0→1でプロダクト立上げに必要となる業務全般です。 【具体的な仕事内容】 アイデアや発想力が必要な創造的な業務です。 将来起業や社長職を検討している人に最適なポジションです...

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×