お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 レンガの企業情報

313825

株式会社 レンガ

「暮らし」の評価でマンション選びを変える!日本最大級の住まいの口コミサイト「マンションノート」

月間100万人以上が利用する、口コミ数No.1を誇る日本最大級の住まいの口コミサイト「マンションノート」

株式会社レンガが運営するWebサイト「マンションノート」は、マンション・アパートなど集合型住宅に特化した住まいの口コミサイトだ。現在マンションに住んでいる人をはじめ、元住人や周辺の住人、専門家、不動産会社、物件オーナーなど、あらゆる立場の人が匿名ながら自分の立場を明らかにした上で、マンションに対する意見・評価を投稿する。

「マンションノート」は、実質口コミ数でNo.1を誇る日本最大級の不動産口コミサイトだ。数多くの大手IT企業・不動産ポータル企業と業務提携を結んでおり、「マンションノート」に集まる口コミは、リクルートの不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」など、他社の不動産・住宅情報サイトにも提供されている。

「他社が運営する不動産情報サイトにも、当社が集めた口コミが活用されています。逆に、『マンションノート』内で『スーモ』や『LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)』の新築・中古・賃貸3領域の物件情報を掲載して、ユーザーの利便性を高めています」(代表取締役社長・藤井真人氏)

社員数10名にも満たない会社が運営する「マンションノート」が、数多くの大手企業と業務提携を結ぶことができている背景には、口コミのクオリティに対する同社の徹底的なこだわりがある。

「掲載口コミ数を『100万件以上』と謳っていますが、2013年3月にサービスをリリースして、2014年1月には口コミ100万件突破を達成しています。その後も、口コミは順調に伸びていますが特に数は公表していません。やみくもに口コミ件数を増やすのではなく、常に情報の信頼性を意識した戦略を採用しています。社内では全員が「ユーザーにとって価値ある施策は何か」「どうなることがユーザーにとって嬉しいことか」を大切な判断基準として考えています」(藤井氏)

高いクオリティの口コミを集めるために、「マンションノート」では数々の工夫をして多大な労力を費やしている。例えば、1つのマンションに対して「良い点」と「悪い点」を記載しないと投稿できない仕組みになっている。

「良い点と悪い点を必ず両方書いてもらうようにするだけで、宣伝目的の投稿やマンション関係者のライバル物件への悪口を阻止できます。不動産を検討している人に必要なのは、宣伝文句ではなくそこに住む人のリアルな“生の声”です」(藤井氏)

314852同社が運営している日本最大級の不動産口コミサイト「マンションノート」
313847代表取締役社長 藤井 真人氏
313827

「暮らし」の価値を追求!徹底したチェックで口コミの高いクオリティを維持

口コミのクオリティを維持するため、「マンションノート」では、すべての投稿を目視でチェックしている。200項目の審査項目に照らし合わせてチェックを行う。たとえマンション検討者に有益な情報を含んでいても、一部でも審査項目に引っかかれば掲載を控える。

「投稿の審査には、目視でのチェックだけでなく、システムの力も活用しています。人間の目と機械の目、両方で見ています。機械の目としては、東京大学大学院との共同研究をきっかけに、投稿者のキータイピングのデータを収集し審査に活用しています。1打鍵1打鍵ごとのシーケンシャルな速度データやタイピング位置等の全データを収集し、投稿者の質や行動を予測しています」(藤井氏)

一番簡単な例としては、キータイピングの時間が2秒しかないのに、1000文字書いてあり、コピーした痕跡はないがペーストした記録が残っていれば、どこかの文章を盗用しているか、別のテキストエディタで推敲を重ねたかだと予測できる。目視でチェックする審査画面にリアルタイムで警告サインを出せば、審査する人間は注意してチェック作業を進められるといったイメージだ。

「サイトが育ったおかげで、今では投稿者が他の口コミをチェックして、事実誤認があれば訂正依頼や反対意見を投稿するなど、CGM(消費者生成メディア)が持つ本来の姿が機能しはじめています」(藤井氏)

「マンションノート」では、マンション検討者に有益な情報を提供するために、東大の大学院や北海道大学と共同研究も行っている。その一つが、スコアのアルゴリズムの研究だ。大半の口コミサイトには総合評価にあたる「スコア」があるが、多くのケースではユーザーの評価をベースに単純平均を取ったり、信頼のおけるユーザーのウエイトを高くしたりするなどしてスコアを設定している。しかし、「マンションノート」では、主観的なデータであるユーザー評価だけでなく、建物の基本情報や周辺環境、街の情報などのデータを加味してスコアを算出している。その客観データのこだわりとしては、大気汚染データ等も入れていることからも窺い知れる。

「大学と連携してスコア算出のためのアルゴリズムを共同研究しています。私たちは口コミを集めて、マンションの評価をしたいわけではありません。住まいに住んだときの『暮らし』の評価をしたいのです。そのマンションで新たな暮らしをはじめた人が後悔しないために、必要なデータはすべて集める心構えです。もしかしますとデベロッパーや不動産会社が『マンションノート』の評価を見たとき、違和感を抱くこともあるかもしれません。それはマンションの価値ではなく、暮らしの価値を追求しているからです」(藤井氏)

313834口コミのクオリティを意識し、良質な口コミを多く集めることに徹底的にこだわる。
313840大手企業とも業務提携をするなど、同社の注目度は大きく高まっているという。
313830

「究極の一物件」を提案!不動産選びの新基準を創造する

マンションに関する情報は、不動産業界と検討者個人では圧倒的な情報量の格差があり、個人が不利な状況に立たされていることも多い、と藤井氏は指摘する。暮らす人の目線の情報で暮らす場所を選べるようにしたい、それが「マンションノート」の願いであり目的なのだ。「マンションノート」のトップページには、そんな同社の思いを伝えるために、次のようなステートメントを掲載している。

=======
マンション選びに助け合いの輪を

住んでみて初めてわかることが、住む前に少しでもわかっていたら…
マンションノートは、そんな想いをかたちにした口コミサイトです。

「住民にファミリー層が多く、子供達の元気な挨拶が気持ちいい」
「近所の飲食店が明け方までうるさく、酔っ払いが多くてこわい」
「入居前は音漏れを心配していたが、実際は全く気にならない」

そんなささやかな口コミが、これからマンションを選ぶ人には
とても役に立つ素敵な情報に変わります。
あなたの小さな“生の声”が、誰かの背中を押す大きな力になる。
マンションノートにぜひ、あなたの声を。
=======

「不動産は情報変数が非常に多いと言われています。飲食店を選ぶときには、料理のジャンルや価格帯、店の場所など、10個前後の情報を組み合わせて選ぶだけですが、住まいを決める際は、駅からの距離、周辺環境などの立地をはじめ、間取りや広さ、方角、設備など変数が非常に多いのが特徴です。マンション購入となると一生を左右する決断を強いられるわけですから、多くの情報を活用したいところです」(藤井氏)

「マンションノート」では、「共用部分」「住人の雰囲気」「管理・お手入れ」「買い物・飲食」「子育て・病院」「治安・安全」など複数の評価項目があり、ユーザー1人1人がそれぞれのウエイトを任意で変えられるようにしている。」

「検討しているマンションの総合評価が3.2であっても、子育てを考えている人にとっては、近くに学校や公園があって3.7かもしれませんし、1人暮らしを考えている人にとっては、学校が近くても買い物・飲食が不便なら、2.8かもしれません。自分が重視する項目のウエイトを指定すれば、評価が再計算されて、それぞれの人に取って最適なスコアを算出します」(藤井氏)

同社が目指す先は"データカンパニー"なのだ。マンションノートも口コミデータを集めるための手段でしかない。最終的には、さまざまなデータを解析して、それぞれの人に「究極の一物件」を提案するのが同社のミッションなのだ。

ただのマンションの口コミサイトで終わらない大きな目的をもっているレンガ。個人の考え方や思いがわかるような定性データと、マンションやエリアに関するあらゆる定量データを積極的に収集し、マンションに住む人々の「暮らし」の評価を通じて、不動産選びの新基準を創造しようとしている。

313841最終的にはさまざまなデータを解析して、それぞれの人に「究極の一物件」を提案するのが同社のミッションだ。
314857定期的に合宿も実施。ミッションの実現にむけて、同社は着実に成長を続けている。
314867

エニグモ創設者が立ち上げた不動産Techカンパニー

2012年に創業した同社。2013年3月に「マンションノート」の運営をスタートし、順調にサービスを拡大させている。代表取締役社長の藤井氏をはじめ、創業メンバー3名は、海外ファッション通販No1サイト「BUYMA(バイマ)」を運営する株式会社エニグモの出身。藤井氏はエニグモの共同創業者であり元取締役COOである。

「私は新卒で博報堂へ入社し、マーケティング戦略の立案・提案を経験した後、仲間とともにエニグモを立ち上げ、6年間取締役COOを務めました。当社の副社長も、エニグモでゼネラルマネージャーとして複数事業の責任者を歴任し、エニグモのIPOに貢献した人材です。当社のCTOにあたる取締役開発担当は、エニグモで最も優秀なエンジニアと社内で囁かれていた人物です」(藤井氏)

エニグモが運営する「BUYMA」は、日本未入荷のファッションアイテムをCtoCで売買する、買い物代行サイトのようなサービス。つまり、レンガの経営陣は、CtoC領域で成功体験を持ち、ユーザーに投稿してもらうためのノウハウがある。

「サービスの立ち上げに際して、私たちがこだわったのは、口コミを買い集めないこと。口コミサイトを立ち上げる際、短期間で一定数の口コミ数を確保するために、口コミを買い集めるケースが少なくありませんが、それでは良質の口コミが集まりません。時間をかけてでも良質の口コミを集めることで、その後の口コミのクオリティが決定されるのです」(藤井氏)

割れた窓を放置すれば町が荒れるという「ブロークンウインドウ理論」ではないが、質の悪い口コミが多ければ、質の悪い口コミが集まり、良質の口コミを集めれば、自然と良質の口コミが集まるという。良質な口コミを集めたいというのは、創業から変わらない同社の基本的な思いなのだ。

経営基盤も安定しており、一度も増資せずにここまでサービスを成長させてきた。ベンチャーキャピタルからの誘いも多い状態だという。

「エニグモでの付き合いもあり、ベンチャーキャピタルからも多数お声掛けいただいています。タイミングが来れば増資も考えていますが、現在のキャッシュフローは安泰です。社員同士仲がいいのも自慢で、先日も仕事が終わってから会社の大きなモニターを使って映画の上映会をしたところです。不動産Tech領域で活躍したいエンジニアと楽しく働けたらいいなと思っています」(藤井氏)

314854社員同士の仲の良さも同社の特徴だ。創業から7年、退職者ゼロだという。
314856不動産tech領域に興味がある人はぜひ一度同社に足を運んでみてはいかがだろうか。
314869

株式会社 レンガに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 レンガに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 レンガ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 1990万円
設立年月 2012年12月
代表者氏名 代表取締役社長 藤井 真人
事業内容 日本最大級の住まいの口コミサイト「マンションノート」の開発・運営
主要株主 経営陣
従業員数 8人
本社所在地 東京都港区西新橋2-19-2 西新橋YSビル3F
313825

株式会社 レンガ資本金1990万円設立年月日2012年12月従業員数8人

「暮らし」の評価でマンション選びを変える!日本最大級の住まいの口コミサイト「マンションノート」

この企業が募集している求人

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×