お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アジアピクチャーズエンタテインメントの中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

株式会社 アジアピクチャーズエンタテインメント

創業以来、6期連続で増益中の急成長クリエイティブベンチャーであなたも急成長しませんか。自由でアットホームで合理的な職場です。

Webデザイナー

入社祝金20万円【Webデザイナー】/目指せ年収1000万円以上/6期連続増益(売上70億円)/出社義務無しフルフレックス/結果重視の裁量大きな仕事

募集している求人

330179
Web制作ディレクター
attach_money360万円〜1000万円location_on東京都、全国・フルリモート
入社祝金20万円【Web制作ディレクター】/目指せ年収1000万円以上/6期連続増益(売上70億円)/出社義務無しフルフレックス/結果重視の裁量大きな仕事
336889
UI / UX Webデザイナー
attach_money360万円〜1000万円location_on東京都、全国・フルリモート
入社祝金20万円【WebのUI/UX/デザイナー】/目指せ年収1000万円以上/6期連続増益(売上70億円)/出社義務無しフルフレックス/結果重視の裁量大きな仕事
330179
Webコーダー・フロントエンドエンジニア
attach_money360万円〜1000万円location_on東京都、全国・フルリモート
入社祝金20万円【Webコーダー・フロントエンドエンジニア】フルリモートワーク/出社義務無しフルフレックス/結果重視の裁量大きな仕事
もっと見るexpand_more

企業について

有名作品を次々成功させる映画制作/法人向け動画制作ビジネスを展開

300475
代表取締役CEO・上野由洋氏
「上野由洋」で検索してみてください。
仕事内容やTBSの出演番組等が出てきます。
306810
東京国際映画祭など世界各国に招待を受ける。
307212

累計発行部数3500万部の
超人気少女漫画「イタズラなKiss」の初映画化。

2004年、興行成績日本一の
映画「世界の中心で、愛をさけぶ」を
中国でリメイクに成功。

東野圭吾氏の人気作品
「容疑者Xの献身」を
中国側でプロデュース。

日本の興行収入で
トップ10にランクインした
人気アニメ映画「聲の形」を
中国で大規模公開。
続いて、
「君の膵臓をたべたい」
「旅猫リポート」
なども中国大規模公開に成功。

人気タレントのコロッケが
初主演の映画「ゆずりは」を製作し
2018年の年間代表シナリオに
演出される。

東京国際映画祭をはじめとして、
各国の映画祭にも多数の招待を受ける。

不可能を可能にしてきた
新進気鋭の映像ベンチャー企業だ。

これまで映画製作20本以上。
総製作費40億円以上。

次に狙うのは、
高速インターネット5G時代が
まもなく幕開けとなることを背景に
企業や個人の映像制作事業だ。

ライバル企業がたくさんいる市場に
後発組として参入して勝ち目はあるのか。

「うちでしかできない映像制作を行います。
きっと大きなシェアをとれると確信しています。
まだまだ動画制作市場は
未完成です。
私と弊社のチームがそれを完成させます。」(CEO上野氏)

この上野氏の自信の秘密は、
実は上野氏の経歴に隠されていた。

上野氏は元・テレビ局報道記者で、“Give & Give”精神の持ち主である強み

300846
法人向け動画制作事業は、同社にしかできない、報道と映画の制作ノウハウを合体させる手法で差別化を図っているという。
300474
エンタテインメントの持つ可能性を信じ、アジアにビジネスのフィールドを広げている。
300854

上野氏は大学卒業後、
TBS系列テレビ局に入社(インタビュータブ参照)。

報道局に配属され、
記者として警察などを担当。
東日本大震災の際は、
南三陸町を1年間密着取材して
ドキュメンタリー映画を製作し、
高く評価された。

その後、営業局に異動し
「情熱大陸」などの
番組営業に携わる。

この経験から、
映像ビジネスにおいて、
他社よりもノウハウが
蓄積されていたのだ。

「今ある動画制作は、CM制作、PV制作から
派生したものが多い。
しかし、それはテレビマンからすると
宣伝色のとても強い映像です。
私はそのような映像は作りません。
時代は口コミの時代です。
客観性が求められています。
テレビの制作ノウハウを
一般企業に開放すべき時が来ました。
今まで大企業しか出来なかった
テレビのような映像制作を
低価格で一般企業に提供します。
映画のノウハウとテレビのノウハウ、
この2つを持つ会社は
日本でも弊社だけです。」(CEO上野氏)


また、上野氏の人脈も驚きの1つだ。
フィリピンのドゥテルテ大統領と
安倍総理大臣との首相公邸での
晩餐会に出席をしていたり、
各テレビ局、各映画会社の社長や取締役などとも
親交がある。
そもそも、
この株式会社アジアピクチャーズエンタテインメントが
誕生したキッカケも
あの著名映画評論家である
故・水野晴郎さんの
映画チームから引き継いで誕生した会社だという。

若くしてこれだけの
人脈はどのように築かれたのか。

「私は飲み会も行かないし、
ゴルフもしません。
お付き合いというものをしない。
しかし、
目の前の人のどんな役に立てるかだけを
考えます。
安倍総理にも聞きます。
何に困っていますか、と。
大統領にも聞きます。
自分が何かをしてもらうと
思ったことは一度もありません。
世間にはGIVE & TAKEという言葉がありますが
私の頭にはありません。
あるのは”GIVE&GIVE”だけです。
これが私の行動規範です。」(CEO上野氏)

この精神がこの会社の
急成長の秘密だった。

「社員を幸せにすることが私の仕事です」という上野氏

300469
同社は「フルフレックス・フルリモート」での勤務を可能に。さらに、社員のパフォーマンスを高めるために使用する機器は自ら選べるという。
300838
仕事を生き生きと出来る人、楽しみながら成長したい人にとっては、同社は非常に魅力的な環境となるだろう。
300850

組織風土づくりの基本スタンスは、
「社員がやりたいことを
やりたいようにやってもらう」
に徹すること。

その根底には、
「『好きこそものの上手なれ』というが、
夢中になってやる
仕事は最高のパフォーマンスをもたらす」
という上野氏の考えがある。

まず、働き方。
同社では、
個々の社員が
最高のパフォーマンスを
発揮することを前提として、
“フルフレックス、
フルリモート勤務OK”だ。

業務内容が
自分の志向に合わなければ、
即座に配置転換に対応する。

「配置転換して、
別人のように
活躍し始めた社員は何人もいる」と上野氏。

その上で、
結果を出した社員には
処遇で応える。

同社の給与体系は、
当月末締め・当月末払い。

その月に成果を挙げれば、
その月のうちに
昇給するという極めてユニークな制度。

さらに、
特別な成果を上げた際は
その時点で臨時賞与を支給する。

「普通の会社の昇給は年1~2回、
ボーナスは6月と12月ですが、
そんなに待っていられないと思うのです。
結果を出したその時に
きちんと評価してほしいと
思うのではないでしょうか。
当社には、
半年間で3回も昇給した人がいるほどです」(上野氏)

そして、毎年4月、
全員は必ず1%以上昇給する。
「去年よりも今年、
今年よりも来年、
成長していくことが
この会社で働く希望の源泉であり、
ここにいる意味だからです。
これは経営者としての約束です。」(上野氏)

一方、
結果を出せなかった場合にも
降給は一切行わない。
その理由を上野氏は次のように説明する。

「社員が結果を出せないのは、
私の責任だからです。
結果を出せると
判断して採用した人が
結果を出せないのは、
結果を出せるような
環境を提供できなかったから。
ですから、
その場合は私が
マンツーマンで指導するなどして
必死にリカバーします」(上野氏)

そういった社員に同行し、
適材“非”適所となっていることに気づき、
配置転換して急激に
結果を出すようになった例もあるという。
「自分の責任であったことが明白だった」と上野氏。

社員が活躍するためなら、
出資して会社を設立させ、
経営を任せるケースもある。

だからこそ、
全員が経営者の意識を持ち、
自ら率先して動く集団となっているという。

「社員にはどんなことでも
話してもらい、
心の中に不満をためる必然性を
排除する。
それが経営者の仕事だと
思っています」(上野氏)

そんな同社が求める人材像について、
上野氏は次のように話す。
「まず、笑顔になれる
いい人であること。
どれだけ優秀でも
いい人でなければ採用しません。
そして、仕事が好きな人ですね」

ここまで社員の主体性を
尊重している企業も
そうはないだろう。

同社の募集は見逃せないはずだ。

もっと見るexpand_more

PR

Give & Give”の精神の会社です。

300855
取締役 山岡 優樹氏

入社以前は、フリーランスのWebデザイナーとして当社から仕事を受託していました。仕事ぶりを評価されてか、代表の上野から入社を誘われ、合意した次第です。以前から映画製作に関わるというキラキラした世界が面白く感じていたので、この会社に専属的に関わるのもいいかなと思えたことが動機となりました。入社後、取締役となり、当社およびグループ会社のWebチームビルディング/マネジメントをはじめ、グループ全体...

インタビュー

300856
代表取締役CEO 上野 由洋氏

まずはご略歴からお教えください。

神戸大学経営学部を卒業後、関西圏の準キー局である毎日放送に入社しました。当時は臆病で起業なんてする勇気はありませんでした。テレビ局では志望どおり報道局に配属となり、記者として望みどおり社会に影響力を発揮する仕事に就くことができました。

自分の手がけた報道で法律や制度を変えたり、人の人生を左右することもできましたね。例えば、東日本大震災の際、宮城県の南三陸町で取材を続けたのですが、その結...

社員の声

今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい
Icon women3
20代前半
営業系
前職では、お菓子の販売員だったので自分自身でお客様を開拓していくということがなかったのですが今は交流会などに行き初めてお会いした方へサージスの良さを伝え契約してもらうということができるのがやりがいです。
あえて、今の自社の課題をあげるとすれば何ですか?
Icon women3
20代前半
営業系
自社の課題は、私がいる部署がスタートアップなことで実績がないのでなかなか信用を取るのが難しいといところです。
自社で活躍している人から、自社に合っている人はどんな人だと思いますか?
Icon women3
20代前半
営業系
自社にあっていると思うのは、新規の方にお会いしたりお話するのが得意な方が良いと思います。指示がなくても自主的に動ける方も良いと思います。
これまで退職した人などから、自社に合っていない人はどんな人だと思いますか?
Icon women3
20代前半
営業系
自社に合っていない人は、コミュニケーションを取ることが苦手な人や協調性がない人は向いていないと思います。

企業情報

会社名 株式会社 アジアピクチャーズエンタテインメント
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  放送(テレビ/ラジオ)・音楽・芸能
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 4820万円
売上(3年分)
2018年 月 期
70億
設立年月 2013年10月
代表者氏名 代表取締役 上野 由洋
事業内容 ■映画製作&配給宣伝事業
■コンテンツの輸出と輸入
■企業向け動画制作事業
■俳優スクール事業
■映画祭・映画賞などのイベント企画・実施
従業員数 60人
本社所在地 東京都港区芝浦2-14-13 加瀬ビル161 4F
応募フォームへ
×
×