お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

RESTAR 株式会社の企業情報

302689

RESTAR 株式会社

アナログな不動産情報をデジタル化!法人向けツールを開発するスタートアップ

不動産投融資を行う法人向けの情報検索・分析プラットフォーム「REMETIS」

RESTAR株式会社が提供している「REMETIS」は、不動産投融資を行う法人向けの情報検索・分析プラットフォーム。自社で関わった物件の情報をデータベース化して、検索や分析を可能にするBtoBソフトウェアだ。

「不動産Tech」という言葉が巷を駆け巡り、不動産の世界は遅ればせながらようやくIT化がスタートしたところだ。一部の不動産会社や金融機関では自社が関係した過去の物件をデータベースに収めているところもあるようだが、Excel管理の域を越えないケースも多く、紙の書類でのやり取りがまだまだ一般的な業界。「REMETIS」はそんなアナログな不動産業界の情報をデジタル化する。

「外資系投資ファンドで不動産投資業務に従事しているとき、日本の不動産取引が紙の資料中心で経験や勘がものをいうアナログな世界なのを痛感しました。いろんな情報がオープンにはなっていても、それがまとまっていない状態で、定量分析をするどころか、情報のデジタル化さえ未着手。自社が持つ物件と公開されている情報を、デジタル化してデータにするだけで業務効率が飛躍的にアップすると考え、REMETISを開発しました」(CEO 公認会計士・右納響)

REMETISの使い方は簡単。Excelでまとめた自社の物件データ読み込む、あるいは物件情報をPDFファイルでドラッグ&ドロップするだけでデータベースにしてくれる。データは位置情報に紐付けられ、一般公開されている情報と一緒に、社内の不動産の投融資の分析に有用な情報として一元化され、一箇所で検索可能となる。

「PDF/書類、Webサイトなど、あちこちに分散していた情報が一箇所に集まり、情報の検索・収集を効率化するだけでも、不動産投融資の分析には有用です。不動産の世界は、情報は持っていてもデータになっていません。いわば本棚に紙が雑然と詰まっている状態。それをきれいにして探しやすくするだけで作業が捗ります」(右納氏)

取締役CTOの横田匡史氏も不動産業界のIT化の遅れを指摘する。そして、そこにブルーオーシャンが広がっていると語る。
「不動産業界の技術トレンドは大きく遅れています。未だにファックスでコミュニケーションしている世界です。不動産情報の管理・分析ツールを作ろうと思っても、技術的なノウハウをもつ会社は少なく、IT企業もコンシューマー向けの不動産Techサービスは作っても、不動産業界のBtoBサービスを手掛けるところはまだ少ない状態です。当社のREMETISは、金融機関や投資ファンド、不動産会社などで働くプロの投資家向けのサービス。何十億円という高額の不動産を売買する人たちがターゲットです」(横田氏)

302049自社で関わった物件の情報をデータベース化して、検索や分析を可能にする業務効率化ツール「REMETIS」を開発している同社。
302688CEO 公認会計士・右納 響氏
自社が持つ物件と公開されている情報を、デジタル化してデータにするだけで業務効率が飛躍的にアップすると考え、REMETISを開発した。
302083

担当者が持つ物件データを会社で共有し、ビジネスチャンスを掘り起こす!

RESTARが提供するサービスは、不動産投融資をする会社の不動産情報のデータベース化を推し進め、作業効率のアップを実現するだけでなく、ビジネスチャンスも創出することができる。不動産取引は属人性が高いといわれており、担当者同士のつながりから取引が生まれる。紹介された物件の中から自社の条件に合ったものを選び出し売買が成立する。1件の不動産取引が成立するまでには、10件程度の物件を詳細に調査して吟味する。10件の物件は500件以上の紹介物件の中から選ばれるのだが、ほとんど精査されることなく直感でふるい落としているという。

「不動産売買に従事する人は、物件のある地域や物件の種類など、みんな自分の得意領域を持っているもので、そこに当てはまらない物件は、どれだけ優良でもふるい落とされてしまいます。担当者が検討しなかった物件は、各担当者のローカルファイルに保存されるのが関の山で、その多くは打ち捨てられている状態。ある担当者に採用されなかった物件の情報をREMETISで会社のデータにすれば、別の担当者が興味を示すかもしれません。そこに、これまで見逃されてきたビジネスチャンスがあります」(右納氏)

「名刺管理ソフトが人脈を会社で共有するように、RESTARを使って担当者が紹介された物件を会社の共有資産にできます。セキュリティの観点から部署や職階によってアクセス制限を設けることもできます。各担当者のローカルファイルになってしまうと、その人材が辞めると会社には情報が残りません」(右納氏)

もちろんREMETISで情報収集の手間を省けば、従来は精査しなかった物件に割く時間ができる。そうすれば、担当者レベルでもビジネスチャンスを逃さず、ものにできる。さらに、分析するために多くの情報を集められれば、投資判断にも好影響が考えられる。

「住所というのは意外にあいまいな情報です。新宿と渋谷では町のイメージがずいぶん異なりますが、新宿駅の南口から少し南下すれば、そこは渋谷区です。住所では渋谷に分類されても、生活圏や人の流れで区切るならば『新宿』。通り一本違うだけで物件の価格が違う不動産の世界では、マップ表示している意味はとても大きいです」(横田氏)

REMETISは物件データを地図データと紐付けているため、データベース上の物件データがどんな立地にあるか、マップ表示され即座にわかる。そのほか、地価や町の雰囲気などの公開情報も連動し、投資判断の助けとなる。データの加工や分析も容易で、資料作成の手間も大幅に軽減し、生産性の高い業務を実現できる。

302050RESTARが提供するサービスは、不動産投融資をする会社の不動産情報のデータベース化を推し進め、作業効率のアップを実現するだけでなく、ビジネスチャンスも創出することができる。
302045REMETISは物件データを地図データと紐付けているため、データベース上の物件データがどんな立地にあるか、マップ表示され即座にわかる。
302033

デジタル化されていない膨大な不動産情報を、データサイエンスに活用する

不動産投融資、あるいは不動産売買の世界は、アナログな情報を扱い勘と経験がものをいう世界である。そこに更なる課題が存在する。情報格差と人材育成の問題だ。不動産の売買を進める際、判断材料に使われる情報の中には、公開されているものも多い。しかし、情報収集力がないと必要な情報に触れられず、ある情報を知っている人と、知らない人が取り引きした場合、知らない人は不利になることもある。

「公開されている情報でも、使えている場合と使えていない場合がいます。なぜなら公開されている情報を集めるだけでも、かなりのマンパワーが必要だからです。REMETISのように必要な情報が一箇所に集まれば、みんなが公平に情報を判断材料に使うことができ、健全な取引が促進されます」(横田氏)

情報格差の改善は、属人性の解消にもつながる。勘と経験の材料となる情報をデジタル化することで、定量分析が可能となる。
「勘と経験を『見える化』することで、経験が浅くてもベテランと同じ判断ができるようになります。10年かかっていた人材育成が2・3年で済むようになるかもしれません。データが蓄積されれば、物件の割安感・割高感や、高値で取引してくれそうな顧客を探すなど、AIで分析を強化できます。現在は、データベースを作っている段階で、当社が目指す世界からすればまだまだステップゼロのフェーズ。データベースが出来上がった段階で、AIでデータ分析するステップ1に進むことができます」(横田氏)

「REMETISの現段階を料理に例えるなら、材料集めを人間以外に任せている状態。下ごしらえから調理までは、すべて人間が行なっています。次のステップでは『下ごしらえ』をAIに任せ、人間は『調理』という重要な部分だけ担うことになります」(右納氏)
不動産の世界にあるデジタル化されていない膨大なデータ。同社はそれをデータベース化する作業に挑んでいる。もちろんその先には、データドリブンで新たな価値を創出するデータサイエンスの世界が待っている。

「エンジニア視点でいえば、不動産業界のデータサイエンスに携われる絶好のチャンスです。AI技術はもちろん、その他の技術に関しても最新のものにキャッチアップしていきます。整備されていないアナログのビッグデータが目の前にある、それだけでエンジニア魂をくすぐられませんか?」(横田氏)

不動産データを使ってデータサイエンスをするという、未踏の地を切り開く喜びがRESTAR株式会社の仕事では待っている。

302051不動産投融資、あるいは不動産売買の世界は、アナログな情報を扱い勘と経験がものをいう世界である。そこに更なる課題が存在する。情報格差と人材育成の問題だ。
302043不動産データを使ってデータサイエンスをするという、未踏の地を切り開く喜びがRESTAR株式会社の仕事では待っている。
302030

RESTAR 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、RESTAR 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 RESTAR 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
不動産・建設系 >  その他不動産・建設系
金融・保険系 >  その他金融・保険系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 5,100万円
設立年月 2016年10月
代表者氏名 右納 響
事業内容 ■不動産投融資を行う法人向け情報検索・分析プラットフォーム『REMETIS』の開発・運用

1, 大量の不動産・地理情報にワンクリックでアクセス
2, 社内の全ての情報を地図に紐づけて自動データベース化
3, 容易な分析・レポート作成

ができるため、自社で関わった物件の情報をデータベース化して、検索や分析を可能にする業務効率化ツールです。不動産の世界にあるデジタル化されていない膨大なデータをデータベース化し、データサイエンスをすることができます!
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 DNX Ventures
従業員数 10人
平均年齢 29.0歳
本社所在地 東京都千代田区鍛冶町1-10-6
302689

RESTAR 株式会社資本金5,100万円設立年月日2016年10月従業員数10人

アナログな不動産情報をデジタル化!法人向けツールを開発するスタートアップ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 10
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×