お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 NearMeの企業情報

株式会社 NearMe

Uberとは違う、日本独自のタクシー相乗りアプリ「nearMe」を展開しているスタートアップ企業

“相乗り”で移動をもっと快適にし、地域の活性化につなげていく

株式会社NearMeは、リアルタイム位置情報を活用したサービスを通じて、地域活性化に貢献するプラットフォームづくりをおこなう会社だ。シェアリングエコノミーのMaaS(Mobility as a Service)領域において、快適な移動を創造する「タクシー相乗りアプリ」を展開している。会社設立は2017年7月で、東京・八重洲に本社を置く。

日本のタクシー実車率は平均40%と言われ、タクシーの乗車料金を割安にすることで、実車率を上げる効果が期待されている。日本では「白タク」は違法行為であり、相乗りアプリも規制されているが、NearMeは独自の手法でさまざまな課題を打破し、タクシー利用の効率化に取り組んでいる。

NearMeが開発・提供しているタクシー相乗りアプリ「nearMe(ニアミー)」は、2018年6月から東京エリアで先行リリースされた。
「終電や終バスを逃してしまったが、タクシーは料金が高い」
「早く移動したいが、急な事故や悪天候でタクシー待ちの行列をみると絶望する」
「イベントなどに行くためターミナル駅まで便利に移動したい」
そんな時に「お得に」「早く」タクシーに乗ることができるのだ。

NearMeが掲げるミッションは、社会のあらゆる非効率を、テクノロジーを活用したプラットフォームで解決すること。そして、サステイナブルで楽しい社会・地域を実現することだ。現在地からの移動マッチングはその第一弾で、今後は人々の興味をリアルタイムにつないだり、地域の良いモノ・コトを発見できるプラットフォームをつくっていく。

CEOを務める髙原幸一郎氏は、米シカゴ大学経営大学院の出身。SAPジャパンや楽天株式会社での勤務経験がある。楽天では物流事業の立ち上げや、海外M&A案件プロジェクトなどをリード。楽天グループではケンコーコム株式会社の執行役員や、米OverDriveの副社長/取締役、仏AquafadasのCEOなどを歴任したきた。海外の数々のCEOやFounderと仕事をしてきた経験から、彼ら/彼女らの事業に対するコミットメントやライフスタイルに刺激を受け、NearMeを起業したという。

ライドシェアとは異なる方法で、新しい移動方法の実現を目指す

「nearMe」の特徴は、
・1人でタクシーに乗るよりも金銭的にお得
・同じ方向の人をマッチングすることでタクシー待ちの行列を解消
・個人間のマッチングのため乗るタクシーを選ばない
・相乗り相手の写真や性別が事前にわかり安心
・クレジットカード決済で現金のやり取り不要
・タクシー側には特別な仕組みが必要なく、事実上すべてのタクシーで利用可能

面白いのは、nearMeではタクシードライバーを抱えていない。また、指定された場所にタクシーを配車することもない。nearMeがすることは、同じ方向に向かうユーザ同士をマッチングすることのみ。

利用方法は、
・まず行き先を入力する。近くに相乗り相手がいない場合でも、お気に入りの場所や位置情報を設定すると、相乗り候補を見つけて自動通知する。
・マッチングしたら、ルートと割り勘金額を自動計算で通知。
・メッセージや電話でやり取りし、待ち合わせ場所を決めて合流し、相乗り開始。
・支払いは、アプリ内のクレジットカードで決済。ライドメンバー(途中で降りる人)はライドリーダー(最後に降りる人)に自動計算の割り勘金額をアプリ上で支払い、ライドリーダーは通常通りタクシーに支払いをする。ライドリーダーが受け取った相乗り金額は、アプリからあらかじめ設定した銀行口座に振込まれる。

2019年7月時点の利用可能エリアは、乗車地が東京都内(の一部)のみだが、エリアは随時拡大していく予定だ。2019年7月からは、新潟県長岡市の一部でも実証事件がおこなわれている。新サービスとしては、都市部の住民とゴルフ場をつなぐ相乗りシャトルバスの実証実験を、2019年3月からスタートさせた。シャトルバスの定員は最大9名で、東京都渋谷区や東急沿線に住むゴルフ利用客をターゲットとしている。

NearMeは、2018年11月に開かれた「Plug and Play Japan」のアクセラレータープログラムに採択された。ゴルフ場シャトルバスは、その公式コーポレートパートナーである、東急不動産株式会社とのつながりによる。

新しい技術とアイディアで、優秀な仲間と新しい文化をつくっていく

2019年7月時点の従業員数は3名で、パートナーを含めると10名ほど。ビジネス、テクノロジー、デザイン、それぞれの分野で、国内外で豊富な経験を積んだメンバーが集まっている。外部パートナーも積極的にサービスづくりに関わっており、さまざまな知的刺激を受けることができる。肩書きを超え多様性を融合させ、発展させながら一緒に新しい事業をつくっている。

フロントエンドは、TypeScript、React Nativeを用いて、iOS/Android両方に対応するアプリを開発している。バックエンドはマイクロサービスを基盤に、TypeScript、Node.js、GraphQLを用いて開発している。インフラはAWSのいろいろなサービスを活用し、クラウドネイティブで構築している。その他、移動マッチングの最適化アルゴリズムの研究開発などもおこなっている。

「相乗り」は日本ではまだまだ文化として浸透していないため、新しい文化の醸成も含め、とても革新性の高い分野だ。技術的にも、リアルタイムかつ瞬間的に人々のニーズをマッチングさせる技術やアルゴリズムが求められる。デザインの面では、将来の海外展開も見据え、シンプルで使いやすい、グローバル基準でのUX/UIに取り組んでいる。

オフィスは、ニッセイ・キャピタル社内のシェアオフィス(X-Bridge Tokyo)だ。開放的でスペースが広く、快適に勤務することができる。アクセラレーションプログラムに参加しているスタートアップたちと情報交換する機会も多く、非常に学びの多い環境と言える。

今回の採用で求める人物像は、会社のミッションや価値観への共感をもち、難しい課題に対して前向きに戦略的に解決していける人材だ。また、技術が好きで、技術を体系的に理解しつつ、新しい技術を学ぼうとする意欲があること、コミュニケーションをとりながら自律的に行動できること、なども求められる。

オープンな環境でダイバーシティを大事にし、少数精鋭で最先端のテクノロジーを追求するNearMe。世界展開できるサービスづくりを目指し、そのコアメンバーの一人として活躍できる。

株式会社 NearMeに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 NearMeに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 NearMe
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 5400万円
設立年月 2017年07月
代表者氏名 髙原幸一郎
事業内容 タクシー相乗りアプリ「nearMe」の開発・運営
従業員数 3人
本社所在地 東京都中央区八重洲1丁目9-9
東京建物本社ビル5階 xBridge-Tokyo

株式会社 NearMe資本金5400万円設立年月日2017年07月従業員数3人

Uberとは違う、日本独自のタクシー相乗りアプリ「nearMe」を展開しているスタートアップ企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×