お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 グロウの企業情報

293694

株式会社 グロウ

上流から下流まで、アプリからインフラまで、幅広い領域のプロジェクトに30年以上携わり続ける株式会社グロウ

30年以上の実績に裏付けされた技術力とクライアントとの信頼関係の強さが武器

株式会社グロウが設立されたのは、1985年のこと。以来、30年以上にわたってSESとして大企業向け業務システムの設計から開発・保守まで幅広く手掛けてきた。この社歴の長さが、さまざまな強みを形づくっている。その一つが、多様な業界との取引実績である。

中でも金融系、通信系、官公庁系に強く、メガバンクや地方銀行、信託銀行、証券会社などで使われる口座振替システムやWebATMシステム、預金関連システム、通信キャリア向けの認証システム、物流・顧客・在庫といった管理システム、自治体向けの総合行政情報システムなど、SI、基盤構築ともに多くの実績を持っている。汎用系の時代からWeb系主流の現在まで大手企業のプロジェクトに携わってきたため、対応可能なOSや言語、データベースなどの技術領域が広いのも、グロウの大きな特徴の一つだ。

そして、最大の強みといえるのが、長年かけて培ったクライアントとの信頼関係の強さだろう。
「設立間もない頃は、開発会社の一つとしてプロジェクトの末席に名を連ねる状態でしたが、数々の困難からも逃げることなくプロジェクトを完遂してきた結果、いつのまにか“グロウさんなら任せられる”とプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーといった中心を担うポジションで依頼をいただけるようになりました」(取締役・小久保久生氏)

長年にわたって付き合いのある取引先が多く、グロウの技術力の高さを信頼して要件定義や設計といった上流工程から任されるプロジェクトが多数を占めるのも特徴だ。

「上流工程の中でも早期の段階からプロジェクトに参画して、プライムベンダーの一員のようなポジションで、システムを発注するお客様から直接要望を吸い上げたり、プロジェクトを統括したりすることが少なくありません。そのため、必然的にお客様とお付き合いする期間は長くなっているという側面もあります。だから、一つのプロジェクトに上流工程からじっくり携わりたいと思う人には、適した環境だと思いますよ」(小久保氏)

293721同社は、SESを主力事業として30年以上の社歴を持つ。
295011取締役 小久保 久生氏
295014

AWSの専門集団を組織。インフラ分野への進出に注力していく

社歴の長い会社の場合、仕事内容や業務フローなどが固定されていて自由度が低いのではないかと懸念するかもしれない。しかし同社は、社員のやる気や提案内容次第で新しいことへも積極的に挑戦する会社だ。自社サービスとして開発・提供している介護施設検索ASPサービス『けあたす』が、その一例に挙げられる。

そして、新規でインフラ部門を立ち上げ、今後注力していくというのも、同社の前向きな姿勢の現れといえるだろう。
「近年、『インフラもできるならお願いしたい』というお客様の要望が増えてきました。アプリからミドルウェア、インフラにまで関わる大規模なシステム開発が増えてきたことと、管理監督のしやすさやリスクヘッジの観点から開発の窓口を絞りたいという発注側の意向が相まって、このような傾向が強くなってきているように感じます。また、クラウドなどインフラそのものへのニーズも急速に高まっています。このような時代の流れに対応していくため、専門の部署を立ち上げ、ノウハウと実績を積んでいこうと考えたのです」

こう話すのは、グロウの新卒社員第1期生であり、アプリ開発からインフラエンジニアへ転向した橋本欣弘氏だ。彼自身がインフラへの注力を会社に働きかけ、インフラソリューション部設立を実現。自ら部長を務めることになったのだという。同社が得意としている金融業界ではFinTechの導入が盛んに行われており、インフラ開発案件がいくつも動いている。グロウにも要件定義段階から任せたいという引き合いがきているそうだ。

「現在、動いているプロジェクトは仮想基盤(VMware)がメインですが、AWSのニーズも着実に増えています。当社としてもAPNパートナー制度であるコンサルティングパートナー認定に向けて体制を強化。AWSのプロ集団も組織していく方針です」(橋本氏)

このような大胆な挑戦ができるのも、長年かけて培ったクライアントとの信頼関係と、それをベースに背伸びすることなく着実に築き上げてきた経営基盤の確かさがあるからだ。新しいことへ挑戦する前向きさと無謀さは違うことを心得た上で、現状維持に甘んじるのではなく一歩ずつ前へ進んでいく――それがグロウの経営スタイルなのだ。

293718インフラエンジニア 橋本 欣弘氏
293715お客様の要望に耳を傾け、新たな領域へのチャレンジも続けている。
293703

社員が好きなことを追求していくことが、会社の利益へとつながっていく、そんな組織をつくりたい

クライアントとの長い付き合いや堅実な経営スタイルは、人材育成の面においてもメリットがあると小久保氏は語る。
「長期のプロジェクトが多く、会社の経営も安定しているため、社員にとってはじっくりと技術を磨ける環境があります。上流から下流まで幅広い工程に携わっていますし、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーといったチームをまとめるポジションも経験できるので、いちプログラマーからPM、PL、フルスタックエンジニアなど、ワンステップ上にいきたいと考えている人には、良い経験のできる環境があると思います」(小久保氏)

現在、社員は80名ほどだが、それも100名を超えていきたいと続ける。
「もう少し開発人員に余裕をもたせることで、働き方の多様性を今以上に広げていきたいと思っているからです。今も育児をしながら働いている社員はいますが、社内に持ち帰って開発できる案件を増やせれば、子育てと仕事の両立もしやすくなりますし、人材育成の面でもプラスに働きます。社員それぞれがライフステージに合わせた働き方を選べるようになると思うのです」(小久保氏)

こういった社員を大切に想う社風は、求める人材像にも現れている。
「社員には、本当にやりたいことをやってほしいと思っています。社員がやりたいことを追求していくことが、結果的に部署や会社の利益につながっていく、そんな組織の在り方、仕組みをつくっていくのが、会社側の責任だと思うからです。だから、部や会社の意向を理解した上で、それにとらわれ過ぎず、好きなことを伸ばしていける人がいいですね」(橋本氏)

社員個々人の個性を大切にする分、社内にはさまざまな色の人材がいる。そのため、自分と違う考えや仕事のスタイルを受け入れられる度量も大切だと小久保氏はいう。

「社内の人間関係はフラットで意見を発信しやすい雰囲気があります。社員同士の仲も良いので、他人や自分と異なる考え方を否定するようでは、ウチでは厳しいと思います。チームでプロジェクトに取り組むことが多いので、自分の色を出しつつチームの一員として協力し合える人が活躍できる会社です」

293712社内の人間関係の良好で、フラットな関係性だ。社員同士の仲が良く、働きやすい環境であるのも魅力の一つ。
295021さらに組織としての柔軟性や働きやすさを追求するため、新たな仲間を求めている。興味がある人は話を聞きに行ってみるとよいだろう。
295017

企業情報

会社名 株式会社 グロウ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
資本金 4,830万円
売上(3年分)
2019年 3月 期 2018年 3月 期 2017年 3月 期
832906635 857642000 920289000
設立年月 1985年12月
代表者氏名 代表取締役社長 萩原 弘文
事業内容 コンピュータソフトウエアの開発
パッケージソフトの販売
従業員数 80人
平均年齢 34.6歳
本社所在地 東京都品川区西五反田2丁目14番2号 五反田YNビル5F
293694

株式会社 グロウ資本金4,830万円設立年月日1985年12月従業員数80人

上流から下流まで、アプリからインフラまで、幅広い領域のプロジェクトに30年以上携わり続ける株式会社グロウ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 6
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×