お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

フリックワイヤー 株式会社の企業情報

290627

フリックワイヤー 株式会社

設計・デザイン・実装までワンストップで対応 制作に特化したWebのスペシャリスト集団

こだわるのは“顧客が喜ぶモノづくり” Web制作のプロフェッショナルとしての気概

フリックワイヤー株式会社は、「クライアントが満足するクオリティのアウトプット」をミッションとするWeb制作会社だ。

丸投げのような状態で外注へ出すことを前提に、受注量や売上を重視するのではなく、あくまでも自分たちで丁寧に、実直に、一つひとつの案件に取り組み、クライアントのビジネスへ貢献することを目指している。
メンバーが技術的・時間的な制約の中、十二分な対応をクライアントやその要件に対して行えるかどうかが、受注の判断基準。やみくもに利益だけを追求して自らが疲弊し、アウトプットの質が落ちては本末転倒だと考えている。
それゆえ、きちんと対応できる無理のない量を受注し、業務時間内で質の高い仕事をしっかりと行い、オフの時間も充実させようというのが同社のスタイルなのだ。

創業者でありCEOを務める松田健太郎氏は大学卒業後、新卒で入社した専門商社で営業職として勤務。しかし、自分が本当にやりたいことは違う分野だと気づき3年目に退社し、ウェブの専門学校で学び直した経歴を持つ人物だ。専門学校卒業後は大手Webインテグレーション企業に入社して、モノづくりと真摯に向き合いキャリアを重ねていった。次のステップとして独立を考え、「当たり前のことをしっかり丁寧に進めるWebの『町工場』になりたい」と、2011年に同社を設立した。同社らしさを貫きクライアントからの信頼を地道に積み上げ、新たな成長フェーズに突入しようという同社は、次世代の中核となる新たな人材を求めている。

町工場という表現から、制作に特化したスペシャリスト集団として技術を発揮し、顧客が喜ぶモノづくりをしたいという気概が伝わってくる。そんな実直なビジネススタイルが信頼につながり、近年ではどんどん案件の引き合いが増えている。しかし前述の通り、キャパシティーオーバーによるアウトプットの質低下を避けるため、泣く泣く案件を断っているのが実情なのだ。そのため新たな人材には、主要な戦力として活躍してもらいたいと期待を寄せている。

290675フリックワイヤー株式会社は、「クライアントが満足するクオリティのアウトプット」をミッションとするWeb制作会社だ。
2906732011年9月の設立以来、同社らしさを貫きクライアントからの信頼を地道に積み上げてきた。新たな成長フェーズに突入しようという同社は、次世代の中核となる新たな人材を求めている。
290630

安定した環境下で設計・デザイン・実装という“モノづくり”の工程に注力

同社は設立以来、取引が継続する複数の大手Webインテグレーション企業からの受託案件が主体で、常時8~10案件に対応している。発注元と外注業者という主従関係ではなく、ビジネスパートナーとして互いに信頼を寄せる良好な関係性だ。

CEOの松田氏は業務の概要について「案件規模は、LP1ページ、運用更新からWebサイト全体のリニューアルまで大小さまざま。要件定義や戦略策定といったコンサルテーションは代理店側で行われているので、当社は設計・デザイン・実装という“モノづくり”の工程に注力しています」と話す。設立当初は実装部分だけを行っていたが、クリエイティブディレクター兼アートディレクターの日野氏が2017年に参画したことにより、設計・デザイン部分を含めたワンストップ対応が可能となった。

日野氏は、「デザイナーの立場だと代理店案件はクリエイティブ提案ができないのでは?と思われがちですが、そんなことはありません。要件定義や戦略策定のフェーズが終わっていて、Web制作における施策部分までは決まっているものの、クリエイティブ方針などはむしろ決まっていないことが多い。少なくとも、私たちに声をかけてくださる代理店は戦略部分に強みを持った企業さんばかりなので、そういったケースがほとんど。そこで私たちの出番。要件や戦略、施策を理解しながら、そのゴールへと導く具体的なクリエイティブの提案を行っていきます。デザインやアートディレクションに関しては、クライアントからの直案件と変わりありません。実際、クリエイティブの提案は代理店同席のもと、直接クライアントへ行うことが多いんです。」と、同社のデザイン業務における特徴を説明した。

同社は大手企業のコーポレートサイトやブランドサイト、ECサイト、Webアプリケーションといった数多くの実績を持つ。ある大手会計監査法人の社内ツールのプロジェクトでは、画面設計やデザインルールなどの整理と最適化を行い、大幅なUIの改修を行った。ユーザーの様々な利用シーンを想定した上で画面内要素の優先順位や配置などを検討して「使い易さ」を設計し、UIデザインへと落とし込んでいったのだ。同時に「クライアント企業らしさと洗練されたイメージ」というオーダーへも対応。ロゴを含めた全体のデザイン刷新も行った。丁寧なヒアリングと細やかな作業が持ち味の同社らしさを存分に発揮した事例のひとつだ。

設立時から参画する取締役の浅賀氏は、「ありがたいことに、ここ2~3年で案件もクライアントも増えています。しかし、基本理念は変わらず、お客様に満足してもらえるモノづくりをすること。事業拡大を目指すというよりは、顧客満足のために人員を増強し、われわれの働く環境を整えるというスタンスです。」と、方向性について話した。

「顧客満足と働く環境のバランス」は、同社らしさを語る上で欠かせないキーワードだ。

290654案件規模は、LP1ページ、運用更新からサイト全体のリニューアルまで大小さまざま。
290671要件定義や戦略策定といったコンサルテーションは代理店で実施。同社は設計・デザイン・実装という“モノづくり”の工程に注力している。
290635

役員自らが和やかな雰囲気づくりをリード 円滑なコミュニケーションで効率よく業務を進める

根底にあるのは野心的な事業拡大ではなく、一つひとつの案件を丁寧に、しっかりと責任を持って納品したいという思い。モノづくりが何よりも好きで、良いアウトプットにこだわりたいメンバーが集っているだけに、ビジョンにブレがない。

取締役 浅賀氏は「大きな金額の引き合いがあっても飛びつくことはせず、まず社内のリソースや他案件との兼ね合いなどを先に考えます。例えば1,000万円という案件の話があったとしても、アウトプットの質が低下するリスクを感じたならば、そのうちの200万円分だけお引き受けするといったこともあります。」と話す。

CEO松田氏は「社内の現場スタッフが徹夜をして大量の業務を無理やりさばいていくような、”ガンガン・イケイケ”の風土とは真逆。そこまでして売上を伸ばすことに、まったく意味を見出せません。良い仕事をしていく上で、しっかりとオンとオフを切り替えられる意識や体制、環境づくりに配慮した経営を行っています。」ときっぱり言い切る。
クリエイティブディレクターの日野氏は「ワークライフバランスへの意識が高い会社だというのも、当社に参画したひとつの理由です。Web業界では22時23時まで仕事するのが当たり前という風潮がまだ根強く残っている会社が多い中、当社は平均して20時前には全員帰っています。私はほぼ毎日スポーツジムに通い、気分転換をしながらオフの時間も充実させています」と笑顔を見せた。

ひとりに業務が偏らないようにマネジメント層が目を配り、もしキャパシティーオーバーに陥っているメンバーがいたならば、躊躇なく手を貸すことが当たり前というチームだ。Web業界でのキャリアが長い日野氏は、「私が大事にしたいのは、とにかく仕事の質です。クライアントからの要望に対し、期待値以上となるようなアウトプットを生み出していくことが最重要ですが、その継続性を支える社内環境や人間関係も同じくらい重要です。ストレスなく仕事に集中できる当社の環境は、とても魅力的です」と話した。

実際オフィス内の様子を見ていても、メンバー間でざっくばらんな会話が交わされ、自然と笑いが起こる和やかな雰囲気だ。
フラットな関係性だけに、雑談だけでなく仕事上でもその場その場で相談や意見交換を行い、意思決定していく。無駄な会議は極力排除して、効率よく業務を進めるスタンスだ。妙な気遣いやしがらみをなくし、言いたいことを率直に言える風土をつくることは自分たちの仕事だと、経営層の3名は口を揃える。経営層が明確な意識を持って労働環境の整備に取り組んでいることは、安心できる要素ではないだろうか。

松田氏はGreenの読者に向けて「働く環境は実際に見て、肌で感じないとわからないし、人間関係も直接話さないとわからないと思います。ウマが合うかな?仲良くなれそうかな?と、互いに判断しあうためにも、ぜひ気軽に会社見学に来てください」と呼びかけた。

ワークライフバランスもしっかり考えながら、Web制作という仕事と真剣に向き合いたい。そう考えるならば、同社は最適な環境だろう。

290640実際オフィス内の様子を見ていても、メンバー間でざっくばらんな会話が交わされ、自然と笑いが起こる和やかな雰囲気だ。
290677家族合同社員飲み会の様子。妙な気遣いやしがらみをなくし、言いたいことを率直に言える風土だそう。
290638

フリックワイヤー 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、フリックワイヤー 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 フリックワイヤー 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 ¥3,000,000
設立年月 2011年09月
代表者氏名 松田 健太郎
事業内容 「クライアントが満足するクオリティのアウトプット」をミッションとするウェブ制作会社です。

ウェブサイト制作/ランディングページ・各種バナー制作/各種ASP導入支援/ウェブマーケティング支援/サイト運用支援/アクセス解析支援など、デザイン部分を含めたワンストップ対応が可能。
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 6人
本社所在地 東京都台東区秋葉原5-8 秋葉原富士ビル8F
290627

フリックワイヤー 株式会社資本金¥3,000,000設立年月日2011年09月従業員数6人

設計・デザイン・実装までワンストップで対応 制作に特化したWebのスペシャリスト集団

この企業が募集している求人

Bnr sp354 7
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×