お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ストライプデパートメントの企業情報

292685

株式会社 ストライプデパートメント

デジタルの力で接客力を追求!ファッションEC『STRIPE DEPARTMENT』などを運営

AIによるチャットボットでコーディネートを提案する「パーソナルスタイリング」

ファッションECサイト『STRIPE DEPARTMENT』と、ママのための通販サイト/アプリ『smarby』を運営している、株式会社ストライプデパートメント。“ライフスタイル×テクノロジー”を事業領域としてファッションSPAなどを手がける株式会社ストライプインターナショナルと、ソフトバンク株式会社のジョイントベンチャー(JV)である同社は、デジタルの力でリアルの百貨店以上に接客力を高めることをテーマに取り組むIT企業でもある。

2018年2月にローンチした『STRIPE DEPARTMENT』は、主にF2層を対象として、ハイブランドを中心に444ブランド・約10万アイテムを揃えるEC。2019年5月現在、約10万人の会員を擁している。

その大きな特色は、デジタルによる接客力向上への取り組み。代表的な機能として、「パーソナルスタイリング」が挙げられる。サイトユーザーにとってショッピングは楽しみではあるものの、ファッションアイテムは検索が難しいこともあり、膨大な商品群の中から最適な商品を探すことに苦痛を伴うケースは少なくない。「パーソナルスタイリング」は、ユーザーが回答したアンケートをもとに、プロのスタイリストがチャットでユーザーのニーズを絞り込み、最適な商品をレコメンドするというサービス。現在は人力主体でデータを蓄積している段階にあるが、蓄積したデータをもとにAIによるチャットボット化を図っているところだ。

さらに、今後「オンラインクローゼット」機能にも発展させる。ユーザーのクローゼットの写真を登録してもらい、画像解析したデータをもとにAIが手持ちの服に合わせたコーディネートを提案するというものだ。
「お客様のニーズと商品提案のマッチング精度を、テクノロジーの力でいかに高めるか、最適化するかにチャレンジしていきます。これによってCVRを高めるとともに、デジタルマーケティングも強化し、ローンチから10年後の2028年に流通総額1,000億円達成を目標に置いています」と専務取締役COOの佐藤満氏は言う。

『smarby』は、“ママの毎日に特別な瞬間を”をコンセプトに、ベビー服/子供服やママのための服、インテリア雑貨まで、“ママ目線”でセレクトしたアイテムを揃える。商品ページだけでなく、育児や家事に役立つコンテンツも満載で、“ママのハッピー”を応援。スマートフォンアプリも充実しており、2019年5月現在、約40万人が登録している。

291896ママのための通販サイト/アプリ『smarby』は、スマートフォンアプリも充実しており、2019年5月現在、約40万人が登録。
2918922018年2月にローンチした『STRIPE DEPARTMENT』は、主にF2層を対象として、ハイブランドを中心に444ブランド・約10万アイテムを揃えるEC。2019年5月現在、約10万人の会員を擁している。
291898

“ライフスタイル×テクノロジー”軸を拡大し、グループとして発展を続ける

同社は、『earth music & ecology』を主力ブランドとするSPAとして知られているストライプインターナショナルのグループ企業。ストライプインターナショナルは、有限会社クロスカンパニーとして1995年に設立され(2002年に株式会社に組織変更、2016年に現社名へ変更)、その後ブランドを増やしながら成長を続けてきた。そして、成長性に限界のあるアパレルの世界に閉じ籠ることなく、さらなる発展を続けるため、2015年に“ライフスタイル×テクノロジー”企業への転進を目指し、事業ドメインを変更。それとともに、日常着のレンタルサービス『mechakari』(メチャカリ)をスタートさせ、SPA初のサービスとして話題を呼んだ。

“ライフスタイル×テクノロジー”軸の拡大策として、自社以外のブランドも扱うECサイトの構築を検討する中、ソフトバンクとの出合いがあって、2018年2月、ストライプインターナショナルをメジャーとする合弁会社を設立する運びとなった。
「雇用体系や風土づくりも既存組織とは異なるIT色の濃いJVとして、ストライプデパートメントは設立されました」と佐藤氏。設立とともに、ストライプインターナショナルがM&Aして子会社化していた株式会社スマービーをストライプデパートメントが吸収し、同じECの『smarby』も運営してシナジーの発揮を目指すことになった。

こうした経緯で誕生したストライプデパートメントは、ストライプインターナショナルとともに、特にテクノロジーの面でグループ発展の片翼を担う存在となる。その使命について、佐藤氏は次のように話す。
「ECには、商品を直接確かめられないとか、試着できないといった負の要因があります。『パーソナルスタイリング』や『オンラインクローゼット』、『mechakari』は、こうした負の要因を、テクノロジーを活用してプラスに転換する一つの解決策。当社は、このテクノロジーを磨いて、お客様のUXの向上に徹底して取り組み続け、結果としてグループの発展にも貢献していきたいと思っています」

292698代表取締役 COO 佐藤 満氏
292702ストライプデパートメントは、特にテクノロジーの面でグループ発展の片翼を担うことをミッションとしている。
291895

オープンコミュニケーション/データドリブン/時間や場所に縛られない価値観

「そもそも当社は新しいことに取り組むために誕生した会社。各自が主体性を持ち、自ら考えてチャレンジしていける風土をつくりたい」と佐藤氏はマネジメント・ポリシーを語る。その軸として、同社では次の価値観を共有している。

●オープンなコミュニケーション
同社のメンバーは、アパレル業界とIT業界の出身者が占める。業界のカルチャーが異なるだけに、融和を図るべくオフィスのフリーアドレス化やSlackなどのコミュニケーション基盤を整備し、全社の情報を共有。行動指針の1つに“Work Smart”があり、稟議や勤怠管理といったワークフローの電子化も推進。また、毎月、オフィスでピザパーティーを開催して、組織を超えてのコミュニケーションを促進している。

●データドリブン
ファッションという感性がモノをいう領域にあって、経験による予測や憶測といった定性評価だけでなく、様々な収集・蓄積データを分析して導き出す定量評価も重視。CVRなどコアのKPIを“社内共通言語/指標”として位置づけ、異なる職種同士が協力して1つのサービス改善や新サービス開発に取り組めるようにしている。「とはいえ、デジタルなデータだけでは見えてこないインサイトもあるので、ユーザーヒアリングなどのアナログな取り組みも疎かにはしていない」と佐藤氏。

●時間や場所に縛られない
同社は女性向けのECを手がけていることもあり、商品やカスタマーサポート部門を中心に女性メンバーが半数を占める。『smarby』のスタッフには、ママ社員も多い。そこで、プライべートの都合で柔軟に働けるよう、フレックスタイム制(コアタイムあり)やリモートワーク制度を導入している。地方で生活しリモートワークで働くエンジニアも少なくない。

新しいテーマにチャレンジするに当たり、勉強は不可欠。同社は月1万円の手当を補助し、書籍購入やセミナー参加などを促進している。また、エンジニアには業務時間の20%をそんなチャレンジに使える“20%ルール”も導入している。

そんな同社の求める人材像について、佐藤氏は次のように呼びかける。
「テクノロジー重視といっても、そのままユーザーに見せつけるようでは逆効果。いかに親しまれるUIにするか、快適に使えるUXを実現させるかが重要です。そんなUI/UXをつくるためには、関わる異職種同士が互いにリスペクトする気持ちを持って協調していく必要があります。技術力と協調性を兼ね備えた方に、ぜひ来ていただきたいと願っています」

“テクノロジーによる最強の接客力”をつくっていく仕事。ECの最先端をゆく、やりがいのある仕事に違いない。

292708ストライプデパートメントは、各自が主体性を持ち、自ら考えてチャレンジしていける風土だ。
292689“テクノロジーによる最強の接客力”をつくっていく仕事。ECの最先端をゆく、やりがいのある仕事に違いない。
292686

株式会社 ストライプデパートメントに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ストライプデパートメントに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ストライプデパートメント
業界 製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
資本金 4億6600万円
代表者氏名 石川 康晴
事業内容 ファッションECサイト『STRIPE DEPARTMENT』と、ママのための通販サイト/アプリ『smarby』を運営し、また、デジタルの力でリアルの百貨店以上に接客力を高めることをテーマに取り組むITベンチャー企業です。

<STRIPE DEPARTMENT>
2018年2月にローンチした『STRIPE DEPARTMENT』は、主にF2層を対象として、ハイブランドを中心に444ブランド・約10万アイテムを揃えるEC。2019年5月現在、会員は約10万人まで達する。

<smarby>
『smarby』は、“ママの毎日に特別な瞬間を”をコンセプトに、ベビー服/子供服やママのための服、インテリア雑貨まで、“ママ目線”でセレクトしたアイテムを揃える通販サイト/アプリ。2019年5月現在、約40万人が登録している。
従業員数 78人
本社所在地 東京都中央区八丁堀4-2-2 ヒューリック京橋イーストビル 5階
292685

株式会社 ストライプデパートメント資本金4億6600万円従業員数78人

デジタルの力で接客力を追求!ファッションEC『STRIPE DEPARTMENT』などを運営

この企業が募集している求人

292700
【Webエンジニア】今までにないデパートメント体験を作り出す!
Webエンジニア

【概要】 テクノロジーを活用し、今まで世の中に無い新しいデパートメント体験作り上げていきます。 デパートメント体験とは「お客様ご自身が認知していないニーズを提案すること」と我々は考えています。 「データ」x「人」の力を使って、お客様一人ひとりの認知していないニーズをどうすれば検知できるか?を徹底的に考え、サービス提供していきます。 お客様に「あっ、私これが欲しかったんだ!」と思っ...

292689
【アナリスト・データエンジニア】今までにないデパートメント体験を作り出す!
アナリスト・データエンジニア

【概要】 テクノロジーを活用し、今まで世の中に無い新しいデパートメント体験作り上げていきます。 デパートメント体験とは「お客様ご自身が認知していないニーズを提案すること」と我々は考えています。 「データ」x「人」の力を使って、お客様一人ひとりの認知していないニーズをどうすれば検知できるか?を徹底的に考え、サービス提供していきます。 お客様に「あっ、私これが欲しかったんだ!」と思っ...

292702
【プロダクトマネージャー】今までにないデパートメント体験を作り出す!
プロダクトマネージャー

【概要】 テクノロジーを活用し、今まで世の中に無い新しいデパートメント体験作り上げていきます。 デパートメント体験とは「お客様ご自身が認知していないニーズを提案すること」と我々は考えています。 「データ」x「人」の力を使って、お客様一人ひとりの認知していないニーズをどうすれば検知できるか?を徹底的に考え、サービス提供していきます。 お客様に「あっ、私これが欲しかったんだ!」と思っ...

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×