お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

RERAISE 株式会社の企業情報

285503

RERAISE 株式会社

TikTokを使ったマーケティング!人気クリエイターが所属するインフルエンサープロダクション

TikTokフォロワー300万人!人気のクリエイターが所属するインフルエンサープロダクション

RERAISE株式会社は、TikTokやYouTubeなどで活躍する人気のクリエイターが所属する“インフルエンサープロダクション”を運営している。多数のフォロワーを持つ人気ティクトッカーが所属し、TikTokを活用したマーケティングを得意としている。

TikTokは、音楽に合わせて15秒程度の動画を撮影し、それを自ら加工してハッシュタグなどを付けて投稿する。若年層に人気が高く、10代をターゲットにしたい企業やブランドから注目されている。

「クリエイター同士の紹介や、SNSでのスカウトによって人気クリエイターを集めています。口コミで『あそこの事務所がいいよ』という話を聞いて連絡をくれるクリエイターもいます。事務所に所属して頑張って活動していれば、クライアントからの案件が入りますし、一人で活動していてはなかなか出られない、規模の大きなイベントにも事務所のコネクションで出られます」(代表取締役・又吉教太)

RERAISEに所属するクリエイターのフォロワーを合計すると、TikTokだけでも300万人を越える。「テレビを見ない」といわれている現代の若年層にリーチする方法として、企業もTikTokに注目しており、RERAISEには、大手企業を中心に数多くのプロモーションの依頼が入っているという。

「若者の間でバズらせるのが、注目されているポイントだと感じています。当社に所属するトップクリエイターは、50万人以上のTikTokフォロワーがいます。その子に企業の商品やサービスを扱った動画の投稿を依頼すれば、最低でも数十万人が見てくれます。しかも、そのクリエイターの動画を真似た動画が万単位でアップされ、それを見たユーザーも含めると再生回数は数千万回から多くなると1億回を超えます。それだけ、サービスや商品の認知を広げられます」(又吉氏)

数あるインフルエンサープロダクションのなかでもTikTokに強いRERAISEだが、設立時にそれをメインに据えたのは、TikTokに将来性を感じたからだと又吉氏は語る。

「動画投稿サービスはたくさんありますが、母体が安定せず資金面で継続できない物が多いのが実情です。そんな中、TikTokを運営しているByteDanceは、評価額がUberを抜いて世界最大となったユニコーン企業。AIの会社で技術力が高く、社員の半分がエンジニアだといいます。圧倒的な技術力を有しているため、後発企業が真似しようとしても簡単にはできない。だからこそ、と考えています」(又吉氏)

285511TikTokやYouTubeなどで活躍する人気のクリエイターが所属する“インフルエンサープロダクション”を運営している。
285510多数のフォロワーを持つ人気ティクトッカーが所属し、TikTokを活用したマーケティングを得意としている。
285507

目指す2つの道。「インフルエンサーのインハウス化」と「クリエイターのセカンドキャリア」

インフルエンサープロダクションを運営しているが、RERAISEが設立された背景には「クリエイターの未来を創る」を作るというミッションがある。クリエイターのセカンドキャリアまで考え、社員全員がクリエイターに愛情をもって、彼らの活動をサポートしている。

「社員の大半がクリエイター出身。クリエイティブの制作ノウハウも持っています。所属するクリエイターにそのノウハウを提供しています。人気のティクトッカーといっても、ティーンエイジャーですから、知らないことわからないことがたくさんあります。動画編集の技術や海外のトレンドなど、情報共有を通じてクリエイターを育成しています」(又吉氏)

ユーチューバーやティクトッカーなどインフルエンサーを仕事にしたいと思っても、90%以上が淘汰されてしまう厳しい世界。成功するのはほんの一握り。若い人たちが人生を賭けて飛び込むにはリスクが高い。RERAISEでは、クリエイターが活動を終えた後、自分の経験がスキルとして残り、それを活用して新たな道を歩めるように事業を展開する計画を立てている。

「クリエイターに撮影・編集の技術を教えるスクール事業や企業にインフルエンサーを紹介する人材紹介ビジネスも展開する予定です。インフルエンサーのインハウス化と呼んでいるのですが、インフルエンサーを社内で抱え、機動力のあるマーケティングが必要とされる時代が到来すると考えています。そのとき、RERAISEが人材の供給元になれればと思っています」(又吉氏)

企業からすればインフルエンサーのインハウス化につながり、クリエイター側としてもセカンドキャリアが開ける。今後、5Gが普及してデジタルサイネージがもっと増えれば、企業も動画の編集者やSNSの担当者の採用を増やすであろう。RERAISEが見据えているのは、動画を作るのは企業にとって、ごく当たり前のマーケティング活動になるという未来なのだ。

「セカンドキャリアがないと、クリエイターにチャレンジしようという若者が増えないと考えています。先の不安を少しでも軽減して、クリエイティブに集中した方が、クオリティも上がります。『インフルエンサーのインハウス化』と『クリエイターのセカンドキャリア』こそRERAISEがビジネスにしたいと思っている領域なんです」(又吉氏)

285522同社が設立された背景には「クリエイターの未来を創る」クリエイターのセカンドキャリアまで考え、社員全員がクリエイターに愛情をもって、彼らの活動をサポートしている。
285517社員の大半がクリエイター出身。クリエイティブの制作ノウハウも持っています。所属するクリエイターにそのノウハウを提供している。
285505

ついに沖縄支社の立上げへ!地方創生といった「社会正義」にもつながる有意義な仕事

「インフルエンサーのインハウス化」と「クリエイターのセカンドキャリア」という大きな目的をもって事業を展開しているRERAISE。2019年2月には、東証1部上場の大手芸能プロダクションで、テレビ番組や映画製作も手掛ける株式会社アミューズと業務提携。資金調達に成功すると共に、アミューズの持つ芸能のノウハウをインフルエンサーマーケティングに生かしていく。

「アミューズとの提携で『芸能活動をしたい』『音楽活動をしたい』というクリエイターに夢を叶える道を提供することも可能となります。一方で、魅力的なコンテンツを生み出せる芸能人もインターネットに活躍の場を求めていますが、彼らにはそのノウハウがありません。当社ならSNSをはじめインターネットを活用する術を提供できます」(又吉氏)

アミューズと一緒にデジタルエンターテイメントの新しい時代を作る仕事は、刺激的でやりがいのあるものとなるだろう。ベンチャー企業だから意思決定が早く、アイデアを具現化できるスピードも速い。平均年齢も若く、TikTokという若者に人気のツールを扱っていることもあり、社内にはエネルギーが満ちている。活気のある社風になじめると、毎日楽しく働けるだろう。

「早い段階での上場を目指しているので、当社で働けば成長できる環境に身を置けます。上場した暁には、自分の市場価値も高められます。2019年4月1日にはアミューズ本社が入居する渋谷インフォスタワーにオフィスを移転しました。近くにクリエイティブオフィスも借りてそこで編集や撮影を行なっていきます。所属するクリエイターもそこで撮影や編集ができるように開放する計画。若いインフルエンサーや芸能人と交流できる機会も増えると思います」(又吉氏)

さらに、2019年2月にRERAISEでは沖縄支社を設立。地方ならではの特産品の紹介やイベントにインフルエンサーが関わり、全国的に発信することで、地域活性化をサポートしていく。

「沖縄ではスカウトもしています。人口分布的に見ると、沖縄は日本全体とは異なって、若年層がしっかり形成されています。観光予算が豊富でクライアントになってもらえるところが多いため、新規顧客の獲得も期待できます。中国にも東南アジアに近く、インバウンドやアウトバウンドにつなげられます」(又吉氏)

大手企業だけでなく、地方にもクライアントとしてインフルエンサーへのニーズはあるという。地方でも自分たちのオリジナルのインフルエンサーを作って、地元を紹介するなど、インフルエンサーの使い方はまだまだたくさんあるのだとか。さらに、安室奈美恵の登場以降、沖縄はクリエイターの宝庫でもある。

「まずはティクトッカーのプロダクションで日本一になる。その後は、海外進出。日本のクリエイターを海外に進出させたいと考えています。現在も特定のクリエイターには中国からの問い合わせがあります。当社でも『bilibili動画』『weibo』のアカウントを試験的に運用するなど、海外で日本のクリエイターが活躍できるようにリサーチをはじめています。Twitterなどとは違いTikTokの場合、話をする必要がなく言語の壁を越えられます。日本のクリエイターをアジアのスターにしたいですね」(又吉氏)

2855232019年2月には、東証1部上場の大手芸能プロダクションで、テレビ番組や映画製作も手掛ける株式会社アミューズと資本業務提携。
285512資金調達に成功すると共に、アミューズの持つ芸能のノウハウをインフルエンサーマーケティングに生かしていく。
285506

RERAISE 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、RERAISE 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 RERAISE 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
資本金 135,499,994円(資本準備金含む)
設立年月 2018年03月
代表者氏名 又吉教太
事業内容 RERAISE株式会社は、「クリエイターの未来を創る」を作るというミッションを実現するために
TikTokやYouTubeなどで活躍する人気のクリエイターが所属する“インフルエンサープロダクション”を運営しています!
多数のフォロワーを持つ人気ティクトッカーが所属し、TikTokを活用したマーケティングを得意としています。
従業員数 7人
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォスタワー5階
285503

RERAISE 株式会社資本金135,499,994円(資本準備金含む)設立年月日2018年03月従業員数7人

TikTokを使ったマーケティング!人気クリエイターが所属するインフルエンサープロダクション

Bnr sp354 9
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×