お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 フィジオの企業情報

281504

株式会社 フィジオ

RPAソリューション全て兼ね備えた、唯一無二のRPAカンパニー

今後のRPA市場の中核を担う、最先端のRPAカンパニー

<これまでのフィジオ>
小学生のときに「社長になる」と宣言した野村が立ち上げた会社、それが株式会社フィジオだ。
1986年に創業。創業当時は、SIerからの請負を多くいただきビジネスを展開していたが、
今後のさらなる発展を見据えて、2002年〜2004年ごろから現在の常駐型支援のビジネスにシフトしていった。
開発の品質に信頼をいただき、徐々に下請け構造から脱却。多くのエンドユーザーから直接引き合いを受ける今のかたちが作られた。

主力ビジネスとなっているRPA(Robotic Process Automation)に目をつけたのは、2016年〜2017年にかけて。
欧米で導入されている面白いツールがあると紹介を受け、社内で調査・研究を始めたのがスタートのきっかけとなった。
団塊の世代が退職の時期を迎え、かつ少子化が進行している中で、RPAはオフィス業務の生産性向上を実現でき、
日本の労働力不足を補うことができる有力なツールだと感じるとともに、
エンドユーザーに入り込み開発することで培われた深い業務知識が大きな強みになるということもRPA市場参画の後押しとなった。

<いまのフィジオ> 
フィジオのクライアントには、「大手金融・通信・ブックメーカー」から「勢いのあるWeb系ベンチャー」まで幅広い業態・業種の企業が名を連ねている。
これこそが、RPAという新しい市場におけるフィジオに対する各企業からの期待値と言える。
昨年度の売り上げも10億円を突破し、さらなる成長が期待されている。

RPAの面白さは、業務の効率化はもちろんのこと、何と言っても顧客(エンドユーザー)の声を直接聞けて、その声を元に直接業務改善を行い、直接顧客が喜ぶ姿を体感できる点である。
ERPのようにパッケージを売って終わりではなく、中長期的な業務改善を提案でき、自分の仕事で顧客が喜ぶ姿を目の当たりにできるのである。

<これからのフィジオ>
今後のRPA市場を見据えたときに、代表の野村は「PCが出来たときくらいの衝撃がいま起きている」と熱弁する。
例えば、OSの主流は「Windows」と「Mac」であろう。
だが、RPA市場では主流と言われるツール(ロボット)が乱立しており、まだ「Windows」や「Mac」が決まっていない状態なのだ。
主流が決まっていないRPA市場において、一般のRPA企業であれば1つのツール(ロボット)に絞って開発を進めるのが通常だが、
フィジオは主流と言われるツール(ロボット)を"全て"駆使して開発を行なっている。
ここにフィジオの人材層の厚さと、野村の先見性が伺える。

また、RPA市場に注目が寄せられ、市場としては急激に立ち上がっているものの、
市場を牽引する各企業が保有しているRPAツール(ロボット)を、顧客が有効に活用出来ていないのが市場の課題だ。
フィジオはその課題を感じとり、RPA導入後の顧客の業務プロセスに適合させたRPAの利活用・技術サポートというビジネスへ戦略的にシフトし、導入・開発〜利活用提案まで幅広い知識・経験を持つ技術者がフィジオには多く存在している。

結果として、ある大手通信会社のRPAプロジェクトには真っ先にお声がけをいただき、
ある大手金融機関のRPAプロジェクトでは、実証実験から実用化までリードする立場でビジネスを展開できている。

「売って終わり」ではなく、「マーケットと直接関わり、マーケットニーズに応えるための技術者集団であること」がフィジオのあるべき姿だと考えている。
RPAエンジニアは、今後の日本経済の中核としてますます重要なポジションとなる。
良質なRPAソリューションによってこれからのRPA市場を牽引するのが、我々フィジオである。

281501チームリーダー平島さん、2018新卒 窪田さん
281502営業部の村上さん
281506

株式会社 フィジオに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 フィジオに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 フィジオ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
企業の特徴
  • シェアトップクラス
資本金 3000万円
売上(3年分)
2018年 9月 期
10億円
設立年月 1986年08月
代表者氏名 野村 玄吾
事業内容 ● RPAコンサルティング
● 業務分析
● Web開発
● システム運用
● インフラ・ミドルウェア構築運用
● 金融
● プロジェクト管理・PMO
● テクニカルサポート
主要取引先 ・KDDI
・ソフトバンク
・日立製作所
・みずほ情報総研
・富士フィルムICTソリューションズ
・リクルート
・ブックオフオンライン
従業員数 100人
平均年齢 40.0歳
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル5F
281504

株式会社 フィジオ資本金3000万円設立年月日1986年08月従業員数100人

RPAソリューション全て兼ね備えた、唯一無二のRPAカンパニー

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×