お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 だんきちの企業情報

281102

株式会社 だんきち

テクノロジーでスポーツの個人レッスンに革命を起こすスタートアップ企業

スポーツのオンラインプライベートレッスンの進化形『スポとも』

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2021年の関西ワールドマスターズゲームズと、日本では3年連続で世界規模のスポーツイベントが開催される。これらのトピックが話題となるのと並行して、社会全体のスポーツへの関心は年々高まっている。そうした中、“スポーツレッスン”の仕組みに着目し、テクノロジーを活用したサービスで注目を浴びるベンチャー企業がある。ディー・エヌ・エー、NTTドコモ・ベンチャーズ、朝日放送グループ、さらにエイベックス、東京ドームなどのVCから資金調達を受け、事業を拡大中の株式会社だんきちである。

同社の中核サービスは、自社開発のスマートフォンアプリ『スポとも』を活用したオンラインによるスポーツの個別レッスンだ。生徒は自分が希望する種目で、プロとして活躍した経験を持つか、同等の技術レベルを有した指導者のレッスンを受けながら技術を伸ばしていく。指導者と生徒のマッチングはだんきち社が仲介して行っている。2018年12月にリリースした『スポともダンス』を始め、ダンス以外に野球、ゴルフ、テニス、陸上などの種目でのリリース準備を進めている。

『スポともダンス』では生徒が自分のフォームを動画で撮影して指導者に送ると、チャットや動画などで添削結果やアドバイスが送られてくる。従来のオンラインによるスポーツ種目の個別レッスンは、このような一問一答型のスタイルを基本としてきた。ただ、それだけでは生徒が自身の技術向上を実感することは難しい。そこで『スポともダンス』では新たな機能が付加されることとなった。実際のレッスンが始まる前に、指導者と生徒がオンラインで面談を行い、技術レベルや目標に応じた個別のカリキュラムを作成し、それに沿ったレッスンを進めていく。レッスンに入ってからも、チャットや動画を使った非同期型コミュニケーションだけではなく、一ヶ月ごとにオンライン面談を差し挟み、進捗状況の確認やカリキュラムの見直し、リアルタイムでの指導などを行う。そしてビフォー・アフターの比較画面や指導者からの通信簿によって生徒はレッスンの成果を実感し、次のレッスンに移っていくという流れとなっている。

この仕組みは株主であるエイベックス社が運営するダンススクールでのトライアルを通じ、ユーザーの声を聞きながら構築したものだ。約1年間のトライアル期間で、のべ200名の生徒がレッスンを受けた。直近で行った上達実感率の調査では、92%の生徒が「うまくなった」と回答する結果となっている。さらに、生徒が指導者を評価する仕組みも取り入れることによって『スポともダンス』は競合サービスとは全く異なるサービスとなった。

2019年春からはプロモーションも積極展開していく。また、夏以降に順次再リリースする他種目のアプリにも、これらの新機能を実装すべく開発が進んでいる。

280853スポーツのオンラインプライベートレッスン『スポとも』を運営している株式会社だんきち
281101オンラインでダンスのレッスンをうけることができる、すぽともダンス。チャットや動画を楽しんだり、カリキュラムに関する相談もできる。
280834

プロスポーツ選手のスキルを良質な指導を求める地方の少年達へ

与島氏は小学生時代から野球に取り組み高校時代はプロ野球選手を多数輩出している強豪校に進学した。そういった背景からプロに進んだものの長年日の目を見ずに引退し、その後のセカンドキャリアで悩むというスポーツ選手の話は嫌というほど見聞きしてきた。プロにまでなったスキルを生かして指導者として生計を立てるにしても、一軍でそれなりの成績を挙げた選手でもなければそう簡単ではない。

一方、地方では圧倒的に指導者が不足している。全国津々浦々に野球少年はあまた存在するが、そういった子供達の多くは良質な指導を受けることが出来ず、技術の向上もないままにやめてしまう。そこに、仕方なく野球界から去る元プロ選手のスキルを活かせるヒントがあると感じた。何とか両者をつなぐ方法はないか。そう考えたことが『スポとも』を開発するきっかけとなったのである。

「ちょうどスマートフォンが普及し始め、動画もシームレスに共有できるようになり、語学などではオンラインレッスンが成り立っていました。スポーツは身体の動きで伝える点が語学とは異なりますが、いずれは技術で解決できるようになると思い、動画を使ったオンラインレッスンで起業することにしました」(与島氏)

2013年2月、小学生時代からの幼なじみでもあるエンジニア・古田寛氏と共に会社を設立。同年8月には『スポとも』をリリースした。与島氏自身にとって身近な野球からスタートし、設立翌年にはNTTドコモ・ベンチャーズやディー・エヌ・エーなどの目に止まり、資金調達を行い、対象を広げていった。

だが全てが順風満帆だったわけではない。株主を得たことで指導者との契約は比較的スムーズに進められたが、生徒の継続率がネックとなり収益性が維持できなかった。その頃はまだ一問一答式のサービスであり、生徒側からの投げかけがあって初めてレッスンが始まる。そのためには生徒自身が自分で課題を見つけて質問する必要があるが、小学生や中学生にとっては至難の業だ。そのため満足いくレッスンには至らず離脱してしまうケースが圧倒的に多くなっていたのである。転機となったのが兼ねてからダンススクールを運営し、オンラインレッスンにも興味を持っていたエイベックスとの提携だった。エイベックスとの連携を進める中で、ダンス講師にも元プロ野球選手と似通った事情があることを実感した。

「ダンスの生徒は小中学生が中心ですが、子供達がレッスンに参加できる時間は夕方の数時間に限られています。その時間にレッスンが集中するためスタジオの確保も難しい。そのため講師たちは週7日働いても、それだけで生活できる収入を得ることが出来ません。しかしオンラインレッスンなら時間にも場所にも制限されず、収益を上げることが可能です。『スポともダンス』はリリースしたばかりですが、すでにアルバイト生活から脱却した講師も存在します」(与島氏)

280852だんきちは、AIを活用したオンラインレッスン3.0を構想する、少人数制チームだ。
2808472019年春からはプロモーションも積極展開していく。また、夏以降に順次再リリースする他種目のアプリにも、これらの新機能を実装すべく開発が進んでいる状況だ。
280837

オンラインレッスン3.0構想を実現する少数精鋭の開発チーム

『スポともダンス』をきっかけとして成長軌道に乗り始めている同社だが、ここから先はその成長スピードが一気に加速していくこととなりそうだ。2020年にはAIを使ったレッスンの仕組みを導入する計画もある。生徒のデータを収集して集計することで、年齢や身長、体重、ポジションなどの条件に合わせた練習方法を提示することが出来る。同時にそのデータはけがの防止にも応用することが出来る。

一問一答式のレッスンが1.0なら、『スポともダンス』に取り入れた機能が2.0で、さらにAIを使った仕組みは3.0となる。与島氏はこの進化を「オンラインレッスン3.0構想」と名付け、その実現に向けた体制作りを着々と進める。将来的には、レッスンだけではなく、食事管理や肉体管理、メンタルトレーニングに至るまで総合的にサポートするサービスへと発展させたい考えだ。

「ただし人間が不要になるわけではありません。AIが示すメニューを相手の思考に会わせて正しく伝えることが出来るのは人間だけです。指導者の方々にはそのようなコミュニケーションスキルをつけていただき、本当に生徒が成長するために必要なサポーターになってもらいたい。私たちはそのための仕組みを作っています」(与島氏)

与島氏の構想をプロダクトとして形にしていくのは社内の開発チームだ。現在はデザイナーを含めた6名により完全内製で開発を進める。率いるのは2015年夏にジョインした最高技術責任者CTO・樋口哲朗氏だ。シンガポールでの起業やシリコンバレーのスタートアップにジョインしていた経験を持つ樋口氏は、同社に参画してすぐ現在のポジションに就き、与島氏の理念をいち早く実現するための開発基盤と体制を整備してきた。自律したプロフェッショナルが集まる少数精鋭のチームで、開発手法にはスクラムを採用。毎日のデイリーミーティングで問題を共有し、スプリントの最後にコードレビューを行うことでアジリティを維持している。

「私たちが最も大切にしていることはソースコードを綺麗に作ることです。ソースコードの品質そのものがビジネスを早く実現するための土台となります。そしてその土台があるからこそ、チャレンジングなテクノロジーを載せていくことが出来るのです。またUIデザインにもこだわっています。近年ビジネスにおけるデザインの重要性はかなり認識されてきたものの、より良いUIを実現する方法論は確立されていません。結局、ABテストを繰り返しながら改善し続けていくしかありません。そういう意味でも綺麗なソースコードを作ることは重要です」(樋口氏)

樋口氏曰くまだまだ道半ばではあるもののある程度の体制は整ってきた。今後は新規プロダクトの開発を急ぐとともにデザインワークの標準化にも力を入れる。そのための人員も確保する計画である。

280839開発チームは6人で構成されている。今後は新規プロダクトの開発を急ぐとともにデザインワークの標準化にも力を入れる。そのための人員も確保する計画だ。
280844自律したプロフェッショナルが集まる少数精鋭のチームだが、チーム内のコミュニケーション量は多い。
280838

苦労を成長痛として乗り越えるための“仕事を楽しめる組織作り”

だんきち社のメンバーは現在、与島氏や樋口氏を含む9名だ。創業メンバーの1人である古田氏を始め、与島氏のビジョンや樋口氏の開発思想を共有しながら一体感を持って事業を進めている。

「私とチーフ陣を交えて複数回に渡って面接を行い、お互いに一緒に仕事をすることがハッピーになるかどうかを確認した上で入社してもらっています。特に大事にしているのがユーザーファースト、チームワーク、プロフェッショナルの3つです」(与島氏)

同社は全員フルリモートワークで働いている。同社のサービス同様に時間と空間の制約を取り除くインターネットの本質に根ざした働き方だ。そのような体制のもとで、理念やビジョンを維持していくために、同社は人に対する投資は大事にする。例えば、毎月の定例会。居住地域は地元である大阪府の他に、京都、東京とバラバラだが、毎月第1金曜日は全員が大阪に集合しミーティングと締め会を行い、コミュニケーションを図る。また、セミナーへの参加など個人のスキルアップにつながることには交通費を含めて全額負担している。バーベキューやフットサル、24時間マラソンや自転車耐久レースなどへの参加など、イベントも盛りだくさんだ。

「創業以来、サークルのような雰囲気で会社を運営したいと思ってきました。もちろん苦労はつきものですが、それを苦痛ではなく成長痛として乗り越えるには、楽しみがないと出来ません。仕事が好きで、会社がやっていることに意義を見いだして、ユーザーが着実に増えることに楽しみや価値を感じ、それを自分の生きがいとして動いてくれる。そんな組織にしていきたいです」(与島氏)

このような与島氏の考えを前提としつつ、各部門のマネジメントは各チーフに一任する。開発チームでは、お互いがプロフェッショナルとしてリスペクトし合いながら、各自がモノづくりに対する厳しい水準を持って仕事に取り組むことを大事にしている。
「しっかりとしたモノづくりがしたくても出来ずに悶々としているエンジニアやデザイナーは沢山いますが、弊社はそれを会社レベルでサポートされています。技術的なチャレンジをしながらしっかりとしたモノづくりがしたいと考えている方にこそ胸を張っておすすめできるチームです」(樋口氏)

与島氏から転職者へのメッセージは次の通り。
「スポーツのオンラインレッスンが正しく評価されるにはまだ少し時間がかかると思っています。しかし私自身はそれが5年や10年もの期間だとは考えていません。遅くとも3年ぐらいで私たちの構想を具現化していきたい。そういった意味でも弊社は今、成長期を迎えています。このタイミングで入社する方は非常に刺激的で楽しい仕事ができるでしょう。特に2019年の前半は面白い展開となりますので、このタイミングでぜひ同じ船に乗っていただきたいです」(与島氏)

280849同社は全員フルリモートワークで働いている。同社のサービス同様に時間と空間の制約を取り除くインターネットの本質に根ざした働き方だ。
280843バーベキューやフットサル、24時間マラソンや自転車耐久レースなどへの参加など、イベントも盛りだくさんだ。
280836

株式会社 だんきちに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 だんきちに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 だんきち
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 198,600,000円
設立年月 2013年02月
代表者氏名 与島 大樹
事業内容 ■ 上達実感率92%のマンツーマンダンスレッスンアプリ『スポとも』の開発・運営
■ いつでも、どこでも、プロのレッスンが受けられる『Lesson Note』の開発・運営
■ 自社メディア「スポともGC通信」
主要株主 株式会社東京ドーム
エイベックス株式会社
株式会社ディー・エヌ・エー【DeNA】
朝日放送テレビ
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
株式会社iSGSインベストメントワークス
従業員数 9人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 大阪府摂津市正雀本町1-38-10 ISAKU1-202
281102

株式会社 だんきち資本金198,600,000円設立年月日2013年02月従業員数9人

テクノロジーでスポーツの個人レッスンに革命を起こすスタートアップ企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 7
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×