お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 バックスラッシュの企業情報

273784

株式会社 バックスラッシュ

クリエイティブ・プロダクションとして、CM音楽とWEBの2つの領域でプロデュースを行う企業

CM音楽制作とWEB制作の2つに携わるクリエイティブ・プロダクション

株式会社バックスラッシュは、CM音楽制作事業、WEBプロモーション事業、出版・編集事業を行う会社だ。1998年3月に設立され、東京・西麻布にオフィスを置く。

スタッフは制作というよりもディレクションやプロデュースに携わる。CM音楽部門には作曲や楽器演奏のスキルを持つスタッフもいるが、ほとんど内製は行っていない。例えば、映像にあわせた最適の音楽をつくるため、外部の優秀なアーティストを組みあわせ、全体を仕上げていく、といったスタイルだ。WEB制作もすべてを内製するのではなく、デザイナー、プログラマー、エンジニアなど、外部スタッフの協力でつくり上げていく。

そのため、単にオーダーをこなすのではなく、マーケティングのプロとしてどう伝わるかを考え、提案していくかがバックスラッシュの重要な業務だ。バックスラッシュの価値の源泉となるものは、プロジェクト全体をコーディネイトできる人間力、最適な表現を考える企画力、そして、常に一つ上の作品を目指していくクリエイティブ力、この3つといえるだろう。

創業者で代表取締役の別所克也氏は、雑誌「Hanako」や「an・an」などの広告、プロモーションを手がける株式会社マガジンハウスの広告制作会社の出身。富士通株式会社に転職すると、1995年に富士通がインタ-ネットマガジンを創刊にする際に、マーケティング全般を担当した。その後は株式会社電通、株式会社博報堂といった大手広告代理店とともに、インターネット広告の枠組みづくりに取り組み、それまでの時代にない新しい広告モデルを追求。富士通を退職後は、以前の仲間とともにバックスラッシュの設立に関わった。富士通との関係は現在も維持されている。

クライアントは、広告代理店や企業のマーケティング部門が多数を占める。製品紹介よりもキャンペーンやコンテンツ系が多いのも、バックスラッシュの特徴の一つだ。それは、どんな仕事においても「マーケティング視点で新しいことを考え、提案する」姿勢が評価されていることの表れだろう。

271711同社はCM音楽制作事業、WEBプロモーション事業、出版・編集事業を行う会社だ。
271574広告代理店や企業のマーケティング部門が多数を占め、キャンペーンやコンテンツ系が多いのも、同社の特徴の一つだ。

マーケティング視点に基づく、コンテンツ×ITシステム×広告の可能性

バックスラッシュのCM音楽部門は、オリジナルCM音楽の制作をはじめ、原盤許諾、CD出版リリース、タイアップ/コーディネイト、国内外の特許申請、楽曲出版管理、サウンドロゴ制作、海外レコーディングアレンジなどを行っている。毎年150~200本程度の作品制作は業界トップクラスで、おなじみのドリンクや化粧品、自動車など毎日目にするCMも多い。さらに、2025年国際博覧会(大阪万博)のプレゼンテーション、京都観光の春夏秋冬シリーズも、バックスラッシュの手によるものだ。

WEB制作部門は、企業ブランドサイトやキャンペーンサイトを中心とするWEBサイト企画・制作、運営管理を担当している。提案書づくりから関わり、集客から広がりまでWEBプロモーション全般を担当。「新しいアイデアや驚きに、どうメッセージを込めるか」。そんな姿勢でマーケティングを重視し、実現させるための企画に力を入れている。また、iPhone、iPad、Androidのアプリ開発や、Facebook、Twitterのアプリ開発、さらに展示用コンテンツとして、センサーやデバイスなどを用いたインタラクティブコンテンツの開発も手がけている。

バックスラッシュでは、CM音楽制作とWEB制作という、まったく異なる2つの部門が同じフロアに席を並べ、時には一緒に仕事をする。そのため、WEBに音楽をつける、音楽の仕事にインタラクティブ性を加えてみるなど、コラポレーションの機会も多い。デジタル技術の垣根が低くなる中で、何か新しいことはできないか、その可能性は大きく広がっている。

CM音楽制作とWEB制作、両社に共通する点は「広告」だ。バックスラッシュは「広告制作会社」の顔もあわせ持ち、製品やサービス、企業の情報、メッセージがユーザーにどう届くのかを、常に考え続ける。別所氏はこう語る。「インターネットの力はマーケティングにあると思います。広告媒体が多様化、拡大化する中で、コンテンツ、ITシステム、広告の3つを知る立場と優位性を活かし、CM音楽制作とWEB制作が一緒になることでできる可能性を追求していきたいですね」

274766音楽の話にはついアツくなる
274763別フロアの音楽録音スタジオ。最新の機材がそろう

楽しく仕事するにはどうしたらいいか、いつも考えている人を歓迎

2018年12月時点の従業員数は、CM音楽部門に7名、WEB制作部門に5名となっている。西麻布の事業所からは、六本木ヒルズけやき坂通りを飾るイルミネーションを見下ろすことができる。社内には音楽CDが数万枚も山積みされ、スタジオも併設されているため、一流アーティストが録音に訪れることもある。働き方は個々の裁量に任されている部分が多く、残業の有無も進捗や個人次第。段取り次第で、プライベートに多くの時間を割くことも可能だ。

創業以来、売上的にはCM音楽部門が多くの部分を担ってきたが、ここ数年はWEB制作部門が大きな伸びをみせている。WEB制作部門では、WEBやITに関する経験よりも、広告や企画、マーケティングへの興味・関心を歓迎する。なぜなら、大手企業の製品やキャンペーンのWEBに携わる際、他メディアとの連動を考えなければいけないシーンも多いからだ。そのため、「つくって終わり」という制作はなく、多くの人と関わるコミュニケーション力がより求められる。

今回バックススラッシュが採用したい人物像は、「広告やCMに興味があり、音楽やWEBへのセンス・こだわりがある人」、そして、「好きなジャンルだけでなく広く“CM”全体に興味を持ち、幅広く広告をとらえる力がある人」だ。音楽やWEBを使って広告を活かすことが最大の任務のため、単楽しく仕事するにはどうしたらいいか、いつも考えている人を歓迎なる「音楽好き」「ネット好き」ではもの足りない。逆に、上記の要件を満たす人であれば、未経験者もエントリーすることができる。また、自身で制作やプロデュースをしたい人も歓迎している。

別所氏はこう語る。「広告制作に“正解”はありません。ハマった時は本当に面白いです。ですから、目の前の仕事を淡々とこなしていくよりも、一つ上の仕事にするために、楽しみながら工夫できる人がいいですね」。CM音楽制作とWEB制作という“異業種”が化学反応を起こし、どんな“おもしろいこと”を引き起こしていくか。バックスラッシュでしか体験することのできない面白さがあるに違いない。

271570

株式会社 バックスラッシュに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 バックスラッシュに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 バックスラッシュ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  出版・新聞・雑誌
資本金 3,021万円
設立年月 1998年03月
代表者氏名 別所 克也
事業内容 ■ CM音楽制作:CM音楽オリジナル曲制作、タイアップ曲コーディネイト、版権管理
テレビCMを中心に年間200本以上のCM音楽を制作しています。

■ WEBプロモーション:WEBサイト企画・制作、インターネット広告関連
企業ブランドサイト・キャンペーンサイトを中心に制作しています。
企画・提案書づくりからお手伝いいたします。

■ 出版・編集
従業員数 12人
本社所在地 東京都港区西麻布 3-2-12 ソニックビル4F
273784

株式会社 バックスラッシュ資本金3,021万円設立年月日1998年03月従業員数12人

クリエイティブ・プロダクションとして、CM音楽とWEBの2つの領域でプロデュースを行う企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 2
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×