お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

Nature 株式会社の企業情報

361766

Nature 株式会社

スマートリモコンを起点に、クリーンで分散化したエネルギーの普及を目指すベンチャー

エアコン他、家電とインターネットをつなぐIoTデバイス「Nature Remo」シリーズ

Nature Japan株式会社は、スマートリモコン「Nature Remo」「Nature Remo mini」(以下Remoと表記)を開発・販売しているベンチャー企業だ。Remoは、家庭のエアコンや照明、テレビ、その他既存の家電製品をインターネットとつなぎ、スマートフォンや、今流行中のスマートスピーカーからコントロールできるようにするIoTデバイスだ。スマホやスマートスピーカーとはWi-Fiで接続され、家電製品は通常のリモコン同様赤外線通信でコントロールする。Remoでは、あらかじめ多数の家電製品が登録されており、製品を選ぶだけで使える。加えて、学習機能もあるので、データベースにない機器のコントロールも可能だ。

Remoを使うと、家電製品がインターネットに繋がる。これによって、外出先からスマホを使ってエアコンを操作することが簡単にできる。さらなる特徴として、Remo自身に温度や湿度、明るさを判別するセンサーのほか、人がいるかどうかを検知する人感センサーをも搭載しているという点が挙げられる。

これによって、スマホアプリから自室の温度・湿度をチェックすることもできるし、これらのセンサーと連動した家電の操作もできる。温度が何度を下回ったら暖房を入れるとか、暗くなったら照明をつける、といったことも可能に。さらに、AIを活用してのコントロールにも、各種センサーは有用だ。

この手のスマートリモコンには、他にもいくつか類似製品があるが、インテリアに溶け込むデザイン性、アプリを含めた操作性、そして搭載センサーの豊富さなどで「Remo」がリードしている。

「Remo、そしてRemo miniは、機能面はもとより、インテリアにとけこんで主張しないデザイン、使いやすさ、そして操作性にこだわって作りました。このプロダクトを作る前には“何を理想にするか”を徹底的に考え抜きました。この手のスマートリモコンは、部屋の家電と赤外線通信をする以上、リビングの見える場所にないといけません。でも、インテリアとの調和から考えて、目立ってはいけない。そこで『白』というボディカラーにもこだわりました。色もそうですが、随所に私たちの思いが詰まっている製品です」(代表取締役社長 塩出晴海氏)

現在、数万のRemoが実際に使われており、アーリーアダプターと呼ばれる最先端のデバイス好きな層はもちろんのこと、次第に幅広いユーザー層に広まりつつある。

277974同社は、スマートリモコン「Nature Remo」を開発・販売しているIoTのスタートアップだ。
276377Remoは、家電製品をインターネットとつなぎ、スマートフォンなどからコントロールできるようにする革新的なIoTデバイス。
361761

Remoを通じて「クリーンで分散化したエネルギーの普及」を目指す!

「Remo」を開発・販売するNature。実は、単にスマートリモコンを作って稼ごう、というビジネスをしているのではない。その背景には、非常に大きなテーマがあるのだ。

「私たちNatureが目指すのは、クリーンで分散化したエネルギーの普及です。近年、太陽光発電をはじめとする自然エネルギー、再生可能なエネルギーの活用が叫ばれていますが、私たちはその中でも家庭の家電製品、特にエアコンのIoT化を進め、家庭におけるエネルギー需要の最適化を図るところからはじめようと考えました」(塩出氏)

塩出氏によれば、日本における電力の7割は、企業・工場など「産業」分野で消費されていて、残りの3割が家庭で使われている。さらに、家庭需要の半分以上がエアコンによるものなのだという。

「クリーンなエネルギーを作って供給するのも大切ですが、そちらにいきなり参入するのは、ベンチャーにとってハードルが高い。これからは、太陽光や電気自動車の普及で、消費する側が純粋な消費者ではなく生産者としての顔を持ちます。つまり、遠くにある大規模発電所から電力を買うという世界から、地域で電力を融通し合う世界に変わって行きます。その世界を、Remoならびに開発中の新製品によって実現していきます」(塩出氏)

これまで、電力の需給調整は、主に供給側(発電側)で行われてきた。例えば、真夏の暑い時期には発電所をフル稼働させて、多くの需要に対応するといった具合である。しかし最近では「Virtual Power Plant」という仕組みに注目が集まっている。ざっくりといえば「需要側で電力の使用を抑制することで、電力需給のバランスを調整する」こと。Natureは、Remoの普及を通じて、この「Virutal Power Plant」を実現させようというのだ。

「Virtual Power Plantを実現し、その中でビジネスチャンスをつかむには、多くの電力需要をコントロールできる立場にならなくてはいけません。たくさんのユーザーにRemoを普及させて、電力の仕組みを根本的に分散型に変えたいのです。そのため、音声で簡単に操作できるスマートスピーカーと連携できるようにしたり、一般家庭にあって違和感の無いようなデザインにしたりと、工夫を続けてきました」(塩出氏)

Natureは、エアコンをはじめ、いずれは家庭全体で消費されるエネルギーを最適化したいと考えている。そしてその先には、クリーンな分散化電源の普及が見えている。エネルギーの生産、そして消費のありかたを根本的に変えたい。同社が力を入れている「Remo」の普及は、あくまでその第一歩なのだ。

361768代表取締役社長 塩出 晴海氏
幼少期を過ごした島での生活や3ヶ月間ヨットの上で生活した経験から、「自然」というテーマに興味を持ったという。
361770スマートリモコンを普及させた先に、エネルギー問題という大きな社会課題を解決するという大きな夢を掲げている。
361764

今がジョインするチャンス! 働く場としての「Nature」の魅力とは?

ここまで、Natureのメインプロダクトであるスマートリモコン「Remo」シリーズから同社が見据える未来像について語ってきたが、このGreenは転職希望の皆さんのためのもの。当然「働く場」としてのNatureについても触れねばなるまい。

Natureは、塩出氏が会社を辞め、米・ハーバード大学ビジネススクールに在学していた2014年にアメリカでスタートした。同年秋頃からRemoの開発に着手、2016年5月にクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で初期プロダクトへの出資を募り、2017年5月からデリバリー開始。同年10月に「Nature Remo」発売、2018年7月「mini」発売と、日々新たな挑戦が続く新進気鋭のスタートアップ企業だ。

「現在メインのメンバーは私含めて7人。ユーザーも増え、さらなる新プロダクトの開発も進めるためには人手が必要です。当社の場合、営業をガシガシやって売っていくというよりも『プロダクトドリブン』でないとダメ。良い物をつくって、顧客をつかまないといけないのです。その意味では、作り手を優先していきたいと考えています。とはいえ、私自身が行っている事業開発やマーケティングの部分でも、人材はほしいですね」(塩出氏)

現在は、メンバーはみな何らかのつながりがある人物。そのため社内は非常にフラットで、仲も良い。少人数ならではの和気あいあいとした雰囲気がある。塩出氏に、ベンチャーである同社へ今ジョインすることのメリットを聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「Natureのビジネスにおいては、今のフェーズが一番面白いタイミングだと思います。人数もまだ少ないですし、といって全くのゼロからスタートする段階でもない。大きな部分を受け持つことができて、ビジネスのいろいろな面が見える。非常に大きな経験が積める時期です。組織が大きくなるに従って、コミュニケーションコストは増大し、個人がやれる部分は小さくなりますが、今の私たちはその逆の状態。とてもやりがいがあると思いますよ。日本市場での活動はもちろんのこと、これから海外にも展開しますし、チャレンジしがいのある環境です」(塩出氏)

日本、そして世界に「クリーンで分散化したエネルギー」を普及させるという、大きな夢。同社が目指す方向には、今、ものすごい追い風が吹いている。官民挙げて、クリーン&分散化エネルギーへの後押しがされているのだ。社会的な「風」も受けながら、IoTデバイスの普及をスタートに、夢を実現するため全速力で走り続けるNature。あなたの熱意とスキルをぶつける最良の舞台が、ここにある。

277925社内は非常にフラットで、社員同士の仲も良い。少人数ならではの和気あいあいとした雰囲気があるのも同社の特徴だ。
277931現在急成長を遂げているNatureにコアメンバーとして関われるのは大きな魅力ではないだろうか?興味がある人はぜひ足を運んでみてほしい。
277957

Nature 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、Nature 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 Nature 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
設立年月 2014年12月
代表者氏名 塩出晴海
事業内容 スマートリモコン「Nature Remo」を開発・製造・販売をしているスタートアップです。「Nature Remo」はエアコンやテレビ、照明などの既存の家電をインターネットに接続させて、スマホやスマートスピーカーから操作できるようにするIoTプロダクトです。

【Nature Remoの特徴】
(1)外出先から自宅の家電操作が可能
帰宅前に室内の温度を確認してエアコンをONにする、外出時に消し忘れた家電の電源を戸外からOFFにする、などの操作が可能になります。Remoアプリからエアコンの設定温度の変更も可能です。

(2)スマートスピーカーから声で家電を操作
Google HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカーと連携が可能です。
Nature Remoの発売とほぼ同じタイミングで、大手企業からスマートスピーカーが発売されました。しかし、スマートスピーカー単体では対応した製品以外の家電の操作ができません。そこで、Nature Remoを使えば、大半の家庭にある赤外線リモコン付きの家電の操作が可能になります
連携をすることにより、テレビのチャンネルを変えたいなら「TBSに変えて」と言うとチャンネルが変わりますし、「寒い」と言うとエアコンの温度をあげることが出来るようになります。

(3)ライフスタイルに合わせて自動制御
GPSを使って、家に近づいたらエアコンを自動で起動したり、不在時にエアコンを自動で停止したりすることができます。さらにNature Remoは、温度センサー、湿度センサー、照度センサー、人感センサーを搭載しており、室内に人やペットの動体検知がないと、無駄に電気を消費しないようエアコンを止めることができます。
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 24人
本社所在地 東京都渋谷区宇田川町14-13宇田川町ビルディング4F
361766

Nature 株式会社資本金設立年月日2014年12月従業員数24人

スマートリモコンを起点に、クリーンで分散化したエネルギーの普及を目指すベンチャー

この企業が募集している求人

Dxsmall
×