お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 博報堂マーケティングシステムズの企業情報

270545

株式会社 博報堂マーケティングシステムズ

デジタルでココロを動かす体験と仕組みを創る

クライアントの課題解決のために敢えて特定の領域に特化しない

博報堂グループの新会社として2017年10月に設立されたのが、株式会社博報堂マーケティングシステムズ。コンサルティング会社とデジタル制作会社のメリットを兼ね備えた、次世代のマーケティング・プロデュースを得意としている。

近年、“デジタル”と“マーケティング”の垣根が曖昧となってきている。そこで、マーケティングのスペシャリストである博報堂グループがデジタル領域により注力をし、新たなマーケティングの仕組みを生み出すために立ち上げたのが同社なのだ。

「当社のミッションは『ココロを動かす体験と仕組みを作る』です。主にデジタル上のコミュニケーションで、人々の心を動かす体験とその仕組をつくり、日々の改善を通じて、クライアントの成果達成とコスト効率化を実現することを目指しています」(同社取締役・秋月誠氏)

WEBを中心に、マーケティング活動におけるデジタル活用戦略の策定から、コミュニケーションのシナリオ企画、コンテンツ企画、デジタルメディアの制作、マーケティングツールの選定・導入の設計、定量定性の調査分析まで、デジタルに関わるあらゆる領域を担う同社。博報堂グループという強力なバックボーンを持つが、あえて、特定の領域に特化することはしないという。これはどういうことだろうか。

「まず、クライアントの目的達成や課題解決を優先して考えています。何が一番効果的で適切な手段かを、プロジェクトごとにオーダーメイドで提供できるのが当社の強みだと考えています。つまり、当社が持っていない技術や、未経験の領域であっても、ミッションクリアのために必要であれば、それを取り入れてプロジェクト全体をプロデュースできることが強みです」(秋月氏)

同社としては「やったことがないからできない」という選択をすることはないという。マーケティング、クリエイティブ、テクノロジーという3つの領域をそれぞれの視点に立って的確に組み合わせ、次世代のプロジェクト推進チームとして「こうすればできる」という解を見出していく。そのため、意図的に“色をつけない”選択をしたのだろう。

270607博報堂グループの新会社として2017年10月に設立されたベンチャー企業だ。拡大に向け、新しい仲間を募集している。
270574スッキリし、オシャレな雰囲気。無駄が無く洗練されたオフィス空間でクリエイティビティ高く働ける環境だ。
270600

コンサルティング会社とデジタル制作会社という“二つの顔”を併せ持つ魅力とは

始動して1年ほどたった博報堂マーケティングシステムズ。出だしは順調だ。クライアントは、大手メーカーや金融関係などメジャーな企業が多い。また、1つ1つのプロジェクトの規模が大きいのが同社案件の特徴でもある。

すでに、大手メーカーのデジタルマーケティング全般を担っているという実績も。サイトのリニューアルから、コンテンツ制作、ビジュアル開発、KPI達成の為のPDCAサイクルの管理も含めた、継続的なコンサルティングなどに幅広く取り組みながら、MA(マーケティング・オートメーション)やECなどのシステムの導入支援も行っているという。“顧客体験の向上”という視点から、デジタル全般の領域に踏み込んだ、プロデュースが好調。他にも金融サービスのデジタルシフト支援やメーカーのグローバルECサイト構築運用支援など、手がけるジャンルも多様だ。

同社が重視しているのはプランニングとアウトプットの両立。“コンサルティング”のみを行うというのとは違い、リスクを勘案した上で、具体的に実行できるプランを策定しているのが同社の特長のひとつだ。

「プランニングをするときは、具体的な実施フェーズまで落としこんでいます。きちんと実行できるということが重要だと考えているからです。実際にプランを立てた上で運用まで担当するとなれば、当然成果も求められますし、責任も大きくなります。必然的にクライアントの成果向上へのコミットが強くなりますし、プランニングへの意識も高まります」(秋月氏)

クライアントの課題や目的に対して、プロジェクト全体をデザインし、総合プロデュースをしていく同社。同社の強みは、リアルに“手を動かす”ことにある。実際にプランにある設計、実行というフェーズを日々、改善を繰り返しながら実践し、KPIの達成とROIの改善を狙っていくのだ。コンサルティング会社とデジタル制作会社という二つの顔を持つ同社だからこそ実現できたサービスなのだ。

デジタルマーケティングに関わるプロジェクトを、あらゆる手法を駆使して成功に導くことに何より重きを置いている、それが同社のスタイルだ。

270562戦略立案から実際に手を動かす運用フェーズまで責任を持って支援するのが同社のスタイル。
270568一つ一つの案件は大きいものが多く、1つのプロジェクトには複数人がアサインされるという。刺激にあふれた環境である。
270595

人材育成にも積極的。長期的にスキルアップしたいという希望に応える体制

博報堂マーケティングシステムズの陣容は、2018年11月時点で28名。20代、30代中心で活気がある。博報堂グループ内において、デジタルコミュニケーションの企画制作を担う中核として期待されており、3年後には100名規模への成長を目論んでいる。社内の雰囲気などについて、秋月氏に伺った。

「上司部下、先輩後輩の関係性はフラットです。案件においては1つのクライアント、プロジェクトに対してチームを作っています。メンバーそれぞれが強みを持っていて、プロジェクトごとに必要な人がアサインされます。各メンバーの個性を活かし、チームワークを大切にしながら価値を生み出しています」(秋月氏)

実際に人事評価制度の項目に「人材育成」というミッションがあり、チーム力の強化を計っている。同社の場合、扱うプロジェクトの規模が大きいだけに、全体像を俯瞰して見ることが求められる。同社ではそういったスキルを伸ばす用意もあるとのこと。

「規模が大きいので、全体像が見えづらいことがあります。そこで育成の一環として、若手がプロジェクトを主体的に回して、全体が見えるようになれる案件を作りたいと思っています」(秋月氏)

同社では、中長期的にスキルアップしたいという思いにも応える構えだ。

「いろいろな経験を積んで頂き、しっかりと基礎から学んでほしいと考えています。長期的なイメージや、やってみたい業務など、キャリアプランを一緒に考えていきたいですね」(秋月氏)

最後に、求める人物像について伺った。

「変化していくことが、デジタルマーケティング業界ではとても重要です。時代の変化を受けとめて力に変え、この業界をリードしていきたいと考えています。そのため、常に新しいことに興味関心を持って、アクションを起こせる方は間違いなく活躍できると思います」(秋月氏)

既存のデジタルマーケティング業界の枠組みにこだわらず、次世代の新しい枠組みとソリューションを創造したいと考えている方は、ぜひ同社の門を叩いてみてほしい。

270553社員同士の仲は良く、風通しのよいフラットな関係性。年齢や性別、役職などは関係なく、誰にでもチャンスは平等にある。
270555プロジェクトの全体像を意識し、俯瞰的な視点を持ちながらも、それぞれの個性や強みを活かせるのが同社の特徴だ。
270593

株式会社 博報堂マーケティングシステムズに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 博報堂マーケティングシステムズに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 博報堂マーケティングシステムズ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 1億円
設立年月 2017年10月
代表者氏名 代表取締役CEO 山之口 援
事業内容 企業のマーケティング活動の基盤となる情報システムの設計、開発および活用支援
従業員数 28人
本社所在地 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館16階
270545

株式会社 博報堂マーケティングシステムズ資本金1億円設立年月日2017年10月従業員数28人

デジタルでココロを動かす体験と仕組みを創る

After covid19 bottom
×