お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ベイシア 流通技術研究所 の企業情報

259727

株式会社 ベイシア 流通技術研究所

ベイシアグループの流通ビジネスをテクノロジーで支えるプロフェッショナル集団!

高効率な流通小売を支え、「グループ1兆円構想」を牽引するIT機関

ベイシアグループは、日本全国にチェーンストアを展開する総合流通企業だ。前身の「いせや」として1958年に創業し、傘下には株式会社カインズ、株式会社ワークマン、株式会社セーブオン、株式会社オートアールズ、株式会社ベイシア電器などがある。このベイシアグループをITで支える専門家集団が、『ベイシア流通技術研究所』だ。

流通技術研究所は、東京・群馬・埼玉に開発・運用拠点を持ち、ビジネス改革をITで推進する企画部門、基幹業務システムおよび最新デジタルサービスを設計構築する開発部門などが展開している。群馬県伊勢崎市には自社データセンターを構えシステムサービスの管理を行っている。東京・上野の東京情報センターは、社内外共同プロジェクトチームや、最新技術動向などのリサーチ拠点としての役割を担う。

2018年7月末現在、ベイシアグループは物販・サービス企業11社、流通サービス企業18社の29社体制で、1都1道2府40県に1876店舗を展開する。グループ売上高は約9000億円(2019年2月期)に上り、日本の小売グループとしてトップテンにランキングされている。流通技術研究所は、グループ各社が持てる力を余すことなく発揮できるようIT面からサポートする。ITで業務効率を改善するだけでなく、テクノロジーで業務そのものを抜本的にデジタルトランスフォーメーションにも挑戦する。

ベイシア流通技術研究所を一言で表すと、「流通小売に特化したIT機関」だ。業務効率化・生産性向上のためにグループ各社で利用されるシステムを自社でつくり上げ、さらに改修・改善を繰り返すことで、ローコストオペレーションを促進。この開発スタイルこそが、グループ成長の秘訣なのだ。ベイシアグループ各社のさまざまな事業を細部まで紐解き、ITを活用した“あるべき姿”に還元し、ユーザーからの声に対症療法ではなく原因療法を施し、あらゆる手順を再構築する。これを流通小売で実践するには、ITスキルに加え商売やチェーンストアの理論、業務知識が求められる。要求されるレベルは高いが、能動的にビジネスへ働きかけるIT機関として、唯一無二の楽しさを見出せる仕事に出あえるはずだ。

259733ベイシアグループの流通ビジネスをテクノロジー支えるプロフェッショナル集団が、ベイシア流通技術研究所だ。
259736ITで業務効率を改善するだけでなく、テクノロジーで業務そのものを抜本的に変えるデジタルトランスフォーメーションにも挑戦する。
259730

情報収集から開発運用まで幅広く取り組む、いわば“研究開発機関”

ベイシア流通技術研究所の使命は、グループ各社が本業に専念できるようサポートすることに加え、ITを用いてグループシナジーを追求することにある。言い換えれば、各社の業務や施策にシステムで横串を刺す、あるいは、グループ全体を俯瞰して本来あるべき姿を提示することだ。しかし、単に使いやすいシステムを構築しても、グループシナジーの最大化にはつながらない。課題を掘り下げ、データを基に仕組みの利用目的・運用フロー・役割分担を明確にし、アクションを起こす土台を固める。この実践の先にこそ、高効率な流通小売の実現がある。

プロジェクトの例としては、
・レジ混雑予測システム、需要予測/自動発注システム、倉庫管理システム、MDシステムなど商品・物流領域の業務支援システム
・人事・会計・総務などバックオフィス業務の支援システム
・AWSなどクラウド基盤の構築、ネットショッピングといったWeb関連業務の開発・運用
などがある。
これらの自社システムは開発して終わりではなく、導入・運用までトータルに携わる。グループ内だからこそユーザーとの距離が近く、生の声を開発に組み込めるほか、導入後のコスト削減や売上アップの成果を、間近に実感できる。こういった確かなやりがいが、エンジニアたちの活力になっていることもうなずける。

流通技術研究所では、商品・物流、バックオフィス、Webなどあらゆる面の自社システムを自社内で開発・導入しているが、システム改修と新規開発の割合は、約7:3だ。近年では、人材管理システムをイチから開発・リリースしたほか、今後はeCシステムなどのデジタルサービスも進める予定。開発すべきシステムは潜在的にたくさんあるため、新規立ち上げのチャンスも多い。

エンジニアたちは、上層部から言われた通りの開発をただ黙々と進めている訳ではない。グループ内のユーザーが抱える課題を根本から解決するため、自社システムの企画からトータルで手掛け、原因究明から開発、テスト、導入に至るまでエンジニア同士が意見をぶつけあう。これまではベンダーと協力しながら開発するケースもあったが、今後は自社内だけで完結させる「内製化」を進めていくため、エンジニアの活躍フィールドはさらに広がっていく。

259732課題を掘り下げ、データを基に仕組みの利用目的・運用フロー・役割分担を明確にし、アクションを起こす土台を固める。この実践の先にこそ、高効率な流通小売の実現がある。
259164自社システムは開発して終わりではなく、導入・運用までトータルに携わる。グループ内だからこそビジネスとの距離が近く、生の声を開発に組み込めるほか、導入後のコスト削減や売上アップの成果を、間近に実感できる。
259824

安定基盤のもとで大きなやりがいを感じ、エンジニアライフも充実

2018年2月末現在、ベイシアグループには4969名の正社員のほか専任・パート社員・アルバイトが1万8790名(8時間換算)在籍している。そのうち、ベイシア流通技術研究所には約200名のエンジニアが所属する。平均年齢は30代後半で、ベイシアグループ各社で情報システムを担ってきたメンバーに加え、中途入社組も数多く活躍。残業時間は月平均で20時間以内と、効率的な業務遂行をモットーとしている。

福利厚生でもワークライフバランスを考慮し、プライベートの充実と個人の能力を存分に発揮できる環境づくりを行っている。例えば勤務地の近くに独身寮と社宅が完備され、生活の安心を支えている(入寮基準は通勤に1時間30分以上かかる場合)。また、満30歳になると転居をともなう異動のない働き方 (エリア社員) を選択できる制度もある。

子育て支援としては、産前・産後・育児休暇(育児休暇取得率は100%)、短時間勤務制度(小学3年生まで取得可)、時間外労働の制限、残業の免除、子ども看護休暇(5日間/年、規定あり)などがある。これら従業員の子育て支援に対し、2014年7月には厚生労働省の「くるみん」マークの認定を受けている。

また、異動で遠方に勤務することになった社員の支援のため、赴任手当(家族帯同20万円、単身赴任12万円、独身者5万円 ※初赴任時)、帰省旅費(2カ月に1回、実費支給)、引越費用補助、独身生活補助、単身赴任手当といった制度も完備されている。

人材育成の面では、ユーザー業務を経験しながら業務知識と基礎スキルを養い、個人の特性に応じた専門スキルとマネジメントスキルを育んでいく。小売業独特のシステムや作業オペレーション、店舗OA機器の使用法などを覚える店舗研修では、現場の現状や流通小売業そのものへの理解も深めることができる。スキルアップの場として外部セミナーや研修に参加することも可能で、資格取得を奨励する制度もある。

社内では意見やアイデアを積極的に発信できる風土が根付き、意見交換の機会も豊富にある。安定した経営基盤や待遇、福利厚生のもと、自由度高く自分の力を発揮できるのは、大きな魅力となるだろう。

259822福利厚生でもワークライフバランスを考慮し、プライベートの充実と個人の能力を存分に発揮できる環境づくりを行っている。
259804社内では意見やアイデアを積極的に発信できる風土が根付き、意見交換の機会も豊富にある。
259729

株式会社 ベイシア 流通技術研究所 に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ベイシア 流通技術研究所 に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ベイシア 流通技術研究所
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
商社(卸売)・流通・小売り系 >  その他商社・流通・小売系
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 30億9950万円
設立年月 1996年11月
代表者氏名 代表取締役社長 橋本 浩英
事業内容 日本全国に各種チェーンストアを展開する総合流通業ベイシアグループのIT関連業務のすべてを担っています。

ベイシアグループは物販・サービス企業11社、流通サービス企業18社の29社体制で、1都1道2府40県に1876店舗を展開しています。
グループ売上高は約9000億円(2019年2月期)に上り、IT面からサポートすることで事業の拡大・発展に貢献します!

【具体的には】 
■ ITを活用したビジネス改革の企画と提案
■ 基幹・業務システムの開発とサービス管理
■ デジタルサービスの企画と開発、デジタル技術を使った全く新しい顧客体験の開拓
■ クラウド基盤、基幹ネットワーク、データセンター等のITインフラの構築と運用

株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 200人
本社所在地 群馬県伊勢崎市富塚町219-4
259727

株式会社 ベイシア 流通技術研究所 資本金30億9950万円設立年月日1996年11月従業員数200人

ベイシアグループの流通ビジネスをテクノロジーで支えるプロフェッショナル集団!

この企業が募集している求人

259734
【デジタルサービス・スマホアプリ開発】ベイシアグループのデジタルサービス・スマホアプリ開発者を募集します!!
システム開発(デジタルサービス・スマホアプリ開発 社内SE)

ベイシア流通技術研究所は、ベイシアグループ各社(ベイシア、カインズ、ワークマン など)の基幹業務システムとデジタルサービスの開発・運用を担うIT組織です。 本求人で募集するポジションでは、スマホアプリによるお客様とのインターフェースの開発をご担当いただきます。スマホからのネットオーダーシステム、キャシュレスペイメントやポイントムログラムと連動したCRM、それに基づくプッシュ型の情報発信...

259734
【社内SE】ベイシアグループをITでリードするシステムエンジニアを募集します!!
システム開発(流通システム 社内SE・群馬勤務)

【概要】 「ベイシアグループ」内で使用される基幹・業務システムの開発・運用・保守を行っています。グループ全体でコンプライアンスを順守し、働き方改革を推進することによって、無理な納期設定のないゆとりを持った開発工程を設定しています。 ■システム開発または運用を担う部署に配属。自社システムの開発・運用・保守をお任せします。  ■要件定義、基本設計などの上流工程から詳細設計・プログラミング・...

259734
【eCommerceシステム開発】ベイシアグループのeCommerceシステム開発者を募集します!!
システム開発(eCommerceシステム 社内SE)

ベイシア流通技術研究所は、ベイシアグループ各社(ベイシア、カインズ、ワークマン など)の基幹業務システムとデジタルサービスの開発・運用を担うIT組織です。 本本求人で募集するポジションでは、ベイシアグループのデジタルサービスの一環として、eCommerceシステムの構築と運用をご担当いただきます。eCommerceの中核部分に加え、基幹システムとの連携はもちろん、各種デジタル企画と連動...

259734
【ネットワーク・サーバエンジニア】流通ビジネスに於けるデジタルサービスを支えるITインフラストラクチャーに関する業務です!!
ネットワーク・サーバエンジニア、ITサービス管理者

ベイシア流通技術研究所は、ベイシアグループ各社(ベイシア、カインズ、ワークマン など)の基幹業務システムとデジタルサービスの開発・運用を担うIT組織です。 本求人で募集するポジションでは、ベイシアグループのシステムを支えるITインフラストラクチャーの構築と運用をご担当いただきます。具体的には、下記のいずれかを想定しています。 ・基幹ネットワーク および 店舗/物流センター のネットワ...

259734
【流通システム開発】ベイシアグループをITでリードするシステムエンジニアを募集します!!
システム開発(流通システム 社内SE・東京勤務)

【概要】 「ベイシアグループ」内で使用される基幹・業務システムの開発です。そのため無理な納期設定がなく、ゆとりを持った開発工程が組めます。さらに、導入したシステムの効果がフィードバックされて次の開発に活かせるため、実効性のある開発が可能です。 ■システム開発または運用を担う部署に配属。自社システムの開発・運用・保守をお任せします。 ■要件定義、基本設計などの上流工程から詳細設計・...

残り2求人をみる
Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×