お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 プラソルの企業情報

265614

株式会社 プラソル

全ての人がWebを活用できる社会と自由な働き方の実現を目指すWeb制作会社

クライアントと共にビジネス成果を出し続けるWebサイトを制作

株式会社プラソルは大阪市西区京町堀に拠点を構えるWeb制作会社。地元大阪市を中心とした関西圏の企業を主なクライアントとし、WebコンサルティングからWebサイトの企画・制作、保守運用、集客に至るまで、Web活用に関するトータルソリューションを提供している。

Web制作会社としての特徴は、クライアント企業の「パートナー」という立場をきちんと貫く姿勢である。企業がWebサイトを持つことが当たり前となり、スマートフォンやSNSの活用でマーケットとの対話が容易にできるようになった現在、Web戦略は経営戦略と切り離して考えることが出来ない重要な役割を担うようになった。
ところがWebを思った通りに活用することが出来ず、期待通りのビジネス成果を得られないという悩みを抱える企業は後を絶たない。同社への依頼のほとんどが、そういった悩みを抱えた企業からのものだ。

そのような企業に対し、同社は綿密な調査・分析を行った上でユーザー目線も取り入れながら、PDCAサイクルにまで落とし込んだWeb戦略を立案。そしてターゲットに伝えたい情報が的確に伝わり、ユーザーに使われ、ビジネス成果につながるWebサイトを企画・制作する。
また、運用サポートに関しては、単純に同社が更新作業を請け負うだけではなく、クライアント企業内でしっかりとPDCAサイクルを回して改善し続けられる体制作りにまで積極的に関与。それによって、一過性ではなく長期にわたって継続的に成果を出し続けるWebサイトへと導いていく。
実績の中には倒産寸前まで追い込まれた企業が、同社にWebサイト・リニューアルを依頼した結果、V字回復を果たし過去の最高益を更新したという事例もあるという。その手腕は大手経営コンサルティング会社にも認められており、協業パートナーとして、そのクライアントに対するWeb戦略の一切を任されているほどだ。

ビジネス成果は複合的な要素が絡むため同社の関与度を明確に可視化することは出来ないが、紹介による受注割合87.7%、保守契約率81.9%、3年以上継続率82.9%(5年以上でも63.8%)といった高い数値にクライアントの満足度が表れている。
その一方で「最後まで投げ出さずに丁寧に対応してくれる」「質問には最後まできちんと答えてくれる」といったクライアントの声も非常に多い。
参入障壁が低いがゆえ玉石混淆の状態が続くWeb制作業界において、クライアントに寄り添う姿勢がクライアントから高く評価されていることは同社の大きな強みだ。

2010年1月の設立以来、業績は右肩上がりで成長を続け、現在もクライアントからの紹介案件、経営コンサルティング会社との協業案件はともに増え続けている。
そこで同社は、拡大するニーズに応えるため、そして次の10年を見据えた新たな展開をスタートさせるため、社内体制の再整備に取り組み始めたところである。

265452大阪のWeb制作会社である同社。クライアントに親身に寄り添う姿勢が信頼を集め、拡大を続けている。
265699クライアントの御用聞きになるのではなく、きちんと調査・分析をした上で価値ある提案・企画をするのが同社の特徴。
265453

10年後を見据え“すべての人がWebを活用できる社会をつくる”

同社は、人材支援および人材教育事業を展開する有限会社ロココスペースからの分社化で誕生した会社だ。
エンジニアやオペレーターなどIT系の人材派遣を行っていたロココスペース社内にWeb制作部門が開設されたのが2005年1月。2名の立ち上げメンバーで着実に実績を積み重ね2010年1月の分社化へと至った。

代表取締役・時松朋儀氏は、ロココスペース社内にWeb部門を開設した当時から在籍するメンバーのうちの1人。
プラソル社設立に参画し、2012年の取締役就任を経て、2015年12月、現職に就任した。それと同時に会社運営の軸となる企業理念の構築に着手。クライアントにパートナーとして寄り添い続けていくために大切していることをまとめた「ありえへん10箇条」や、企業理念(ミッション)、そして行動指針(クレド)をまとめた。

設立以来売上や組織規模の拡大を求めて来なかったとはいえ、クライアントからの評価が高まるにつれて忙しくなり、それに伴う形で人数も増え続けていた。
その中で、これまで以上にクライアントと誠実に向き合い続けるためには、従業員全員でベクトルを一致させる必要がある。そのためにチームビルディングのコンサルタントを招き、コアメンバーで話し合いながら2016年に完成させた。

時松氏は親会社のWeb制作部門時代から現在(2018年10月)までを振り返りつつ、今後の展開について次のように語る。

「これまではとにかくお客様の求めることに対して誠実に丁寧に仕事をすることに一貫して取り組んできました。そこがお客様からご評価いただき、有り難いことにご紹介を多くいただいて、事業を続けることが出来ました。社員も我々が掲げる価値観を軸に集まって来たと考えています。しかし、今後は5年後・10年後を見据え、新機軸を打ち出していく必要があると考えています」(時松氏)

今後同社が目指のは“すべての人がWebを活用できる社会をつくる”ことだ。
これまでにも“バリアフリー”や“ユニバーサルデザイン”といったキーワードがブームになることはあった。Webサイトにも、音声読み上げや文字サイズや配色を変更することで見やすくデザインを調整できる機能を採用するケースもある。しかしそれはあくまでも“付加機能”の一部であり、社会全体のスタンダードとして定着するにはほど遠い状況である。

「インターネットはすでに電話と同じようにインフラとして定着しています。しかしWebサイトはまだそこまでになっていません。本当の意味で、使う人の目線に立ったWebサイトは少数派です。特に高齢者、日本に住んでいる外国人、あるいは色覚、聴覚、肢体などの障害を持った方の使いやすさを実現しているWebサイトはほとんどありません。そこで弊社が主体的に情報を発信し、そこに共感していただける企業様からの受託を受けて本当の意味でのユニバーサルデザインを採用したWebサイトを作り、社会に貢献していきたいと考えています」(時松氏)

265442代表取締役 時松 朋儀氏
「仏の時松」と呼ばれるほど温厚な性格で、社員からも絶大な信頼を集める。
265443今後はどんな人でも見やすい/使いやすい「ユニバーサルデザイン」を採用したWebサイトを作ることを目指す。
265440

リモートワークを初め自由な働き方を実現する制度作りと環境整備

同社は現在、社内環境の再整備にも着手し始めている。
Web制作業界の常として残業は多い会社だったが、様々なツールを導入し仕組み化を図ったことで、ほぼ定時に帰れるようになったという。
営業部門がなく全員が制作スタッフであるため、無理なスケジュールやノルマに追われることなく落ち着いた雰囲気で仕事が出来る環境でもある。今後はさらに各従業員の"ワークアズライフ"が実現できるよう、環境整備、体制作りを進めて行く考えだ。

「弊社は従業員の男女比率が半々で、今後出産や子育てを迎える社員が少なくありません。そうなった時も働いてもらいたいので、多様な働き方が出来る制度、環境を整えているところです。最近は自然災害で出勤できないような事態が特別ではなくなっていることもあり、全員にノートパソコンを支給し自宅で作業ができるようにしました。今後、半年から1年かけて、リモートワークやフレックスタイム、フリー代休などの制度を確立し、各従業員が自由な働き方をできるよう環境を整備していく計画です」(時松氏)

そこで直面する課題の1つが社内リソース不足である。
これまでは時松氏や取締役もディレクションや制作などに携わって来たが、体制作りや環境整備を進めるには、経営に注力する必要がある。
現在、制作現場で時松氏らが持っていた権限の委譲を進めているところだが、案件が増え続ける中で時松氏らが現場を離れれば、リソース不足は免れない。
そこでその不足を埋めるだけではなく、クライアントへのサービスをさらにレベルアップさせられる力を持った人材を募集しているところである。

求めているのは主体性を持ち、積極的に意見を出し、能動的に行動できる人材だ。
現在、在籍する社員のタイプはどちらかというとおとなしいタイプが多い。だからこそクライアントに寄り添い成果を出していくことが出来ているのだが、今後は社内にないタイプの人材を迎え、多様性のある組織作りにより活性化を図りたい考えなのだという。

「まずは我々の仕事を引き継ぎ、さらにそれを改善することに注力していただきますが、体制が整ってきたら副業する人が出てきても良い。むしろ弊社内では経験できないことを通して得たものを本業に還元して、より良いものができるならそれで良いと考えています」(時松氏)

会社全体が変革期を迎えていることが、まさに現在の同社に参画する魅力である。
事業そのものや社内環境を変えようとする中で、社員の意見は柔軟に取り入れ、様々なチャレンジをしてく考えである。
社員の発想力を育むため、各自の自己研鑽も支援する。時松氏は社員から「仏の時松」と呼ばれるぐらい温厚な人柄で、もともとトップダウン型とは正反対の意志決定をしてきた会社でもある。積極的に前に出ることをいとわないタイプの人材ならリーダーシップを発揮できる絶好のチャンスだ。

265445社員の働きやすさにはこだわり、現在大幅に制度を改革中とのこと。社員がいきいきと働ける環境を整えている。
265446自らの頭で考え、意見を発信し、能動的に行動できる人材を求める。リーダーシップを発揮しやすい環境だろう。
265447

株式会社 プラソルに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 プラソルに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 プラソル
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 200万円
設立年月 2010年01月
代表者氏名 代表取締役 時松 朋儀
事業内容 Webサイトの企画・制作
Webサイトの運営・サポート
自社サイトの運営
従業員数 8人
本社所在地 大阪府大阪市西区京町堀1-3-3 肥後橋パークビル6F
265614

株式会社 プラソル資本金200万円設立年月日2010年01月従業員数8人

全ての人がWebを活用できる社会と自由な働き方の実現を目指すWeb制作会社

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる