お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

日本事務処理サービス 株式会社の企業情報

261740

日本事務処理サービス 株式会社

業務系Webシステム開発と基幹システム運用に集中・特化、得意分野を極める名古屋の企業

フルラインナップのITサービスではなく、得意分野に特化した戦略

日本事務処理サービス株式会社は、業務系Webシステム開発と基幹システム運用の2事業を展開する会社だ。会社設立は1988年7月で、名古屋市中区に本社オフィスを置く。多様な業務がひしめき合うIT業界の中、事業領域を絞込み、企業や地方自治体向け業務管理用Webシステムを開発している。創業以来培ってきた信用をベースに、東海エリアの地元企業グループのIT部門を中心に、実績が多い。

主な開発実績は、地方自治体の財務や防犯関連業務のシステム、さらに、製造業の生産管理システムや、通信会社の販売管理に関するシステムなどもある。また、顧客先に常駐し、24時間365日体制でシステムの運用・監視、保守なども行う。企業向けの「基幹システム運用」と、ここ10年ほどの「業務系Webシステム開発」の2つの業務に集中特化することで、ソフトフェア・情報処理サービスの業界内で、常に必要とされ続ける存在を目指している。

代表取締役を務める江間有記氏は、大学卒業後、業務系Webシステム開発の現場で、エンジニアとして活躍してきた。もともと文系で入社時はゼロからのスタートだったため、文系でも未経験でも、一人前のエンジニアになるためのノウハウが蓄積されている。もちろん、経験者や理系出身者も実力を発揮できる職場だ。

日本事務処理サービスでは、長期的視野で顧客へアプローチをすることで、信用・信頼を獲得していくことに注力している。そのため、取引先をむやみに拡大することは優先されない。地元のユーザ企業や大手システム開発会社と長い取引関係が築かれ、案件も継続的に受注できている。また、業務遂行に不可欠なコミュニケーションなどを円滑するため、顧客プロジェクトにはエンジニア単独で参画することはなく、必ず複数人でのチーム体制による提案を行っている。

今後の展開予定としては、これまで同様、業務の幅や取引先をむやみに広げることを第一には狙わず、業務品質の向上と体制強化を目指していく。そして、既存顧客を中心に、より多くのニーズに応えていくことを成長政略の柱としていく。

261682日本事務処理サービス株式会社は、1988年7月設立で、名古屋市中区に本社オフィスを置く。
261678主な開発実績は、地方自治体の財務や防犯関連業務のシステム、さらに、製造業の生産管理システムや、通信会社の販売管理に関するシステムなどもある。
261676

長年の実績を支えてきた確かな技術力を強みに、BtoCの分野へも進出

ここでは、業務系Webシステム開発と基幹システム運用、それぞれについて概略を見ていこう。

■Webシステム開発事業では、インターネット技術をベースとした、企業および自治体向けの業務用Webシステムのソフトウェア開発を行っている。経験豊富なWebエンジニアが、既存インフラを活用することで導入コストを低く抑え、かつメンテナンス性の高いWeb系ネットワークシステムのオリジナルソフトウェアを構築している。

■基幹システム運用事業では、汎用機・サーバ機などのコンピュータオペレータ派遣、および運用業務請負を展開している。プロのオペレータが客先のコンピュータルームで、24時間365日体制の運用・監視などを行う。

【サービス内容】
オンライン監視、JOBの実行・監視、データ管理、プリンタ操作・帳票出力および仕分、障害対応、データバックアップおよび媒体管理、ユーザーヘルプデスク、業務改善提案など

【運用実績】
鉄道輸送業各種システム(汎用機、サーバ機)、流通業システム(汎用機)、金融業(銀行系)システム(汎用機)

また、新しい事業としてインターネットサービス事業がある。現在、テストマーケティング段階ながら、バンドマン向けフライヤー型HP自動作成システム「eFlyer」と、銀行振込用データフォーマット自動作成ツール「必札!振込人」という、2つの有償コンテンツを公開している。

今後は、業務系Webシステム開発で蓄積した技術をベースに、一般ユーザーをターゲットとした「BtoCビジネス」を積極的に仕掛けていく方針だ。それを支えるのが、若手の発想力や行動力となる。

261688Webシステム開発事業では、インターネット技術をベースとした、企業および自治体向けの業務用Webシステムのソフトウェア開発を行っている。
261685今後は、業務系Webシステム開発で蓄積した技術をベースに、一般ユーザーをターゲットとした「BtoCビジネス」を積極的に仕掛けていく方針だ。
261677

チームで互いに助け合う風土のもと、バランスよく能力を磨ける職場

2018年4月時点の正社員数は32名(男性29名、女性3名)で、平均年齢は36歳。新卒・中途の割合は、新卒25名:中途7名となっている。定着率が極めて高く、入社3年以内の離職率は0%を達成。その理由の一つとして、月の平均残業時間=5.3時間(2017年度実績)という働きやすさが挙げられる。社内では経験の浅い20代の若手も多く(特に業務系Webシステム開発)、互いに助け合いながら仕事を進めている。もちろん、先輩からの手厚いフォローも受けることができる。

休みは土日祝休みの完全週休2日制(※)で、年末年始などを含めると年間休日は121日。そのほか、特別休暇や有給休暇もしっかり取得できる。主な福利厚生は、各種社会保険完備のほか、退職金制度、資格取得支援制度などがある。外部セミナーの受講といったスキルアップのバックアップ体制も整っている。主な社内行事は新入社員歓迎会や忘年会などがあり、ほぼ全員が参加している。
※運用部門は土日などを含めたシフト制の職場あり

日本事務処理サービスでは、技術偏重におちいることなく「顧客志向」を第一に、“人間力の向上”に努めることを大切にしている。総合的な知見を備えたバランスのとれた人物となるよう資質や才能を磨き、それを大きな付加価値としたITサービスを展開する。そのため、社内のカルチャーは「競争」より「協調」を大切にする風土が根付き、結果として穏やかな社員が多く、温和な雰囲気に満ちている。

今回の採用で求められる人物像は、システムの構築に関して知的好奇心が旺盛であること、エンジニアとしてのバランス感覚があること、そして、協調性があることだ。変化の激しいIT業界で、特定の業務領域に特化する一方、バランスよく魅力を磨きたいと考えている人にフィットする職場だ。

261679定着率が極めて高く、入社3年以内の離職率は0%を達成。その理由の一つとして、月の平均残業時間=5.3時間(2017年度実績)という働きやすさが挙げられる。
261683今回の採用で求められる人物像は、システムの構築に関して知的好奇心が旺盛であること、エンジニアとしてのバランス感覚があること、そして、協調性があることだ。
261675

日本事務処理サービス 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、日本事務処理サービス 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 日本事務処理サービス 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 1,000万円
設立年月 1988年07月
代表者氏名 代表取締役 江間有記
事業内容 Webシステム開発事業
基幹システム運用事業
主要取引先 【主要取引先】
瀬戸信用金庫、ジェイアール東海情報システム株式会社、株式会社クレステック、NDSインフォス株式会社、アビームシステムズ株式会社、日本システム開発株式会社、遠鉄システムサービス株式会社、株式会社第一コンピュータリソース、ほか多数
従業員数 32人
平均年齢 36.0歳
本社所在地 愛知県名古屋市中区錦一丁目19番25号 名古屋第一ビル・アネックス6F
261740

日本事務処理サービス 株式会社資本金1,000万円設立年月日1988年07月従業員数32人

業務系Webシステム開発と基幹システム運用に集中・特化、得意分野を極める名古屋の企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×