お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

Genial Technology, Inc.の企業情報

251606

Genial Technology, Inc.

シリコンバレーに本拠を置く、AI監査ソフトウェアを開発するITスタートアップ

会計士の負担を軽減する、AI監査ソフトウェア「GenialAI」

Genial Technologyが開発するクラウドAI監査ソフトウェア「GenialAI」は、監査法人や企業の内部監査での活用が期待されている。不正会計の防止や財務情報の透明性を確保するため、監査法人、会計士が取引を正確に記録しているかチェックする「会計監査」。会計士は、その際に相当量の単純作業を行わねばならないのだという。

「会計監査では、請求書、注文書、出荷指示書などの文書と、総勘定元帳や売り上げ明細のデータと照らし合わせて、記帳に不備がないか、あるいは不正がないかを調べるのですが、膨大な数のデータとなるため、作業には時間とコストがかかります。その単純作業をAIに任せるのが当社で開発するGenialAIです」(阿部川明優・Founder and CEO)

GenialAIは、紙の文書をOCRで取り込んで、ERPデータベースのデータと照らし合わせる。1社の会計監査の売上テストにつき、なんと200時間もの時間が削減できるだけでなく、AI監査なら「100%テスト」も可能となる。通常は、数千万ある取引のうち一部をサンプルとして抽出し「検算」を行っているが、AIならすべてのデータをチェックすることができるからだ。

ここまでは、AIというよりもロボティクスを活用したオートメーション化といえるだろう。これだけではなく、GenialAIは、AI監査ソフトウェアとして、その先を見据えて開発されている。例えば、過去に人間が行った判断をベースに、リスクの高い取引を検知したり、契約書を読み込んで、どの会計ルールを適応するか自動で判断したりと、会計士の仕事をアシストしてくれるといった形だ。

「会計士の負担を軽減するのがGenialAIの役割。単純作業はAIに任せ、会計士は本来の業務に集中できます。高度な専門職である会計士の単価は高く、会計士の負担軽減は監査法人や企業のコスト削減につながります。それ以前に、会計士の数は世界的に足りないといわれており、日本でも公認会計士の長時間労働は問題視されています。AIで負担軽減をしなければなりません」(阿部川氏)

監査法人だけでなく、GenialAIは一般企業でも活用できると阿部川氏は続ける。

「メインクライアントは監査法人を想定していますが、一般企業でも活用できます。2018年5月にシリコンバレーで開催された世界最大級のFintechのイベント「Finovate」でデモを交えたピッチをしたところ、非常に反響が大きく、監査法人だけでなく一般企業からも多数の問い合わせをいただきました」(阿部川氏)

Genial Technologyは、ERPやSaaSの大手企業SAPとも業務提携し、SAPのソフトウェアから自動的にデータをダウンロードできる仕組みを開発。SAPを使用している企業への導入も期待できる。

251672会計監査のコストを劇的に削減するクラウドAI監査ソフト「GenialAI」。2019年の初旬リリースを目指している。
251633Founder and CEO 阿部川 明優氏
日本とアメリカを行き来している凄腕経営者だ。
251665

北米マーケットは日本の10倍!Genial Technologyがアメリカで勝負する理由

Genial Technologyは、カリフォルニア州サンノゼに本社がある。日本の監査法人PwCあらたで公認会計士をしていた阿部川氏が、アメリカで起業したのには理由がある。

まず、英語に比べると、日本語でのOCRエンジンの開発が難しく、アメリカの監査法人や企業のほうが導入への障壁が低いことが挙げられる。また、日本では99%の精度を求められるが、アメリカなら8割の精度でも「試す価値あり」と判断してくれる。実績がないスタートアップとしては、より戦いやすい環境といえる。

そしてなんといっても、日米ではマーケットサイズが格段に違う。中小も含めた監査法人の北米マーケットは200億ドル(22兆円)。日本のマーケットの10倍だという。アメリカで成功させブランド力を付ければ、日本でも導入する会計監査法人や企業が増えると予測している。

そもそも、阿部川氏がGenialAIの着想を得たのは、アメリカへの留学がきっかけだった。

「昔から起業したいと思っていたため、PwCあらたを辞めてカーネギーメロン大学にMBA留学しました。コンピューターサイエンスを学ぶ中で、日本で会計士をしていたころの悩みの種だった単純作業を、AIでなら解決可能だとひらめきました。最初は、文書によって表記が異なる会社名を、ひとまとめで抽出できるデータクレンジングのツールを開発する予定でした。インド人の前CTOとのブレストの中で、データクレンジングでは市場が小さいため、データクレンジングを技術のキーにしながらも、OCRとAIによる検出を組み合わせてAI監査ソフトを開発することにしました」(阿部川氏)

今後、日本語を含め他言語への対応も予定しているが、現在開発中のGenialAIは英語版。しかし、製品化へ向けたパイロットテストは、日本の監査法人と共同で行っているという。

「テスト開発を進めるためには、個人情報や営業に関するデータを提供してもらう必要があります。ところが、アメリカはその辺りのルールが厳格で、開発のスピードが落ちてしまいます。だから、データベースの使用に関する規制がアメリカよりも少ない日本で、英語のデータを提供してもらい開発を進めています」(阿部川氏)

アメリカで開発が進めず日本で開発を進められていることは、アメリカの他のスタートアップに対するアドバンテージにもなる。実際、GenialAIに似たソフトウェアはあるものの、AI監査ソフトウェアとしては他社に先行している。

「認識精度が高いと評判のOCRエンジンを採用し、会計帳票用にカスタマイズ中です。OCRエンジンのカスタマイズが完成すれば、製品化に向けて大きく前進します。2019年の初旬のローンチを予定しています」(阿部川氏)

251640現在はアメリカに本社を構え、アメリカ市場を最初のターゲットに見据えているという。カラフルで明るい印象のオフィスだ。
251624現在はインターンと協力会社のメンバーでチームが構成されているという。これから入社する人は同社の中心メンバーになる。
251656

日本オフィスで率いるCTOを募集。英語、簿記、開発経験など求める条件

カーネギーメロン大学でコンピューターサイエンスを学び、コーディングにも自信を見せる阿部川氏。会計士とエンジニアの二刀流といえよう。前CTOが抜けて以来、CEOとCTOを兼務しているというから大変だ。製品化と事業拡大に向けて、CTOを任せられる人材を探しているといえる。

「現在は、アメリカでインターンを2名雇用し、日本の開発会社に一部開発を依頼しています。今回採用を予定している人材には、インターンに任せているOCRの研究開発を引き継いでほしいと思っています。今後の当社の経営にも積極的に関わってもらいたいですね」(阿部川氏)

同社では、今期中に日本オフィスの開設を予定しており、2020年には5名体制での開発を目指している。日本オフィスのリーダーとして、アメリカと日本を行き来する阿部川氏を支える人材を求めている。最初はアメリカで製品化するため、CTOとなる人材には英語力が求められるほか、会計の基礎知識も必要だ。加えて、アジャイル開発の経験があれば尚可。Pythonで読み書きができて、システムの開発経験が5年程度ほしい。会計ソフトの開発やERPの導入に携わっていた経験があれば適任だ。

「英語力はビジネス英語までは必要ないと思います。日常会話ができる程度でOKです。TOEICでいえば600点ぐらいですかね。会計の知識も簿記3級程度で大丈夫です。会計知識がなくても開発は進められますが、会計の基礎知識があればコミュニケーションがスムーズになります」(阿部川氏)

Genial Technologyで働く醍醐味は、やはり日本にいながら並み居るシリコンバレーのスタートアップと競える環境だろう。「TensorFlow」「scikit-learn」「theano」といった機械学習フレームワークを使ってAIを開発するチャンスがあるため、技術的にも先進的。

「研究開発に近い仕事ですから、最先端技術に触れたいエンジニアには最適な仕事だと思います。AWSでの開発環境は、クラウドコンピューティングのスキルも身に付きます。そして、何よりも、GenialAIは会計監査の世界を大きく変える可能性を秘めたソフトウェア。一緒に未知の世界に分け入る仲間がほしいですね」(阿部川氏)

シリコンバレーの企業で自らの力を存分に発揮したいと考えているエンジニアには、ぜひ一度「Genial TechnologyのCTO」という選択肢を検討してほしい!

251612シリコンバレーにあるため、周りの会社の勢いやエネルギーを感じられる環境におけるのも同社の魅力の1つだろう。
251637一緒に会計監査の世界を変えるようなプロダクトを創る仲間を求めている。新たな世界へと挑戦したい人にはもってこいの環境だ。
251648

Genial Technology, Inc.に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、Genial Technology, Inc.に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 Genial Technology, Inc.
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
企業の特徴
  • グローバルに活動
設立年月 2017年03月
代表者氏名 阿部川 明優
事業内容 AI監査ソフトウェア「GenialAI」の企画・開発・運営
従業員数 3人
本社所在地 690 Saratoga Ave., Ste. 100, San Jose, CA 95129
251606

Genial Technology, Inc.資本金設立年月日2017年03月従業員数3人

シリコンバレーに本拠を置く、AI監査ソフトウェアを開発するITスタートアップ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる