お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ALISの企業情報

243981

株式会社 ALIS

ICOで4億3000万円の資金を調達!時代の先頭を走るブロックチェーンベンチャー

ブロックチェーン技術を応用したソーシャルメディアサービスを、日本でいち早く開始

ブロックチェーン技術と暗号通貨を使ったソーシャルメディアプラットフォーム『ALIS』を開発し、2018年4月に運用をスタートさせた株式会社ALIS。日本でいち早くブロックチェーン技術を応用した金融分野以外のサービスを展開している企業として、大きな注目を集めている。同社が設立されたのは2017年5月。ブロックチェーン技術の持つ可能性に強烈な衝撃を受けた安昌浩氏(CEO)が、水澤貴氏(CMO)とフリーエンジニアの石井壮太氏(CTO)と共に立ち上げた。

『ALIS』が従来のSNSと違うのは、信頼性の高い良質な記事を書いて投稿した人と、その記事をいち早く良いと評価した人に報酬としてALISトークンが支払われる点だ。そうすることによって執筆者はさらに良い記事を書こうと思い、一方読者はいち早く良い記事を見つけ出そうとして、執筆者・読者両方のモチベーションがアップする。そのような投稿と評価のサイクルを繰り返していくうちに、プラットフォームには良質な記事が集まり、ユーザーは信頼性の高い記事をすばやく見つけることができるようになるわけだ。

このサービスが誕生した背景には、収入源を広告に依存する従来のWebメディアとは違った、信頼性の高いメディアを作り出したいという強い想いがあった。CEOの安氏は次のように語る。

「広告に依存するWebメディアでは、PVを追究するあまり質の低い記事が量産されたり、ユーザーが記事を閲覧する際に広告を目にせざるを得なかったりするケースがみられます。それに対して、私たちは信頼できる記事と人々にいち早く出会えるソーシャルメディアを生み出したいと思っていました。そんな時ブロックチェーン技術に出会い、この技術を使えば新しいサービスが作り出せると考えたのです」

その構想を実現するために、ALISは2017年9月にわが国で他に先駆けてICO(Initial Coin Offering)を実施する。ICOとは、サービスの提供を目指す企業や組織が独自の「トークン」を発行し、事業計画や理念に共感した人に暗号通貨で購入してもらうことによって、資金を調達する手法だ。実施にあたっては、CTOの石井氏が中心となり、ブロックチェーン上で契約の自動化や履行などをスムーズに行うスマートコントラクトを開発した。その結果、世界100ヶ国以上、4300人を超える人たちから当時の評価額で4億3000万円を調達することに成功。そして2018年4月に『ALIS』のクローズドベータ版を公開し、サービスの運用をスタートした。

244396※ロゴ画像
243376CEO 安 昌浩氏

京都大学卒業後、ビジネスSNSや名刺管理アプリなどの商品企画や新規事業開発に携わる。2017年に出会ったブロックチェーン技術を、世の中の進化を加速させる手段だと確信。自らの手で新時代を作り出すため、ALISを立ち上げる。
243949

教育カリキュラムも用意!実務経験のあるブロックチェーンエンジニアへと成長できる

『ALIS』の基幹技術となっているブロックチェーン技術について、CTOとして技術面を担う石井氏は次のように語る。

「ブロックチェーン技術は、かつてのインターネットに匹敵するぐらい、社会に与える影響が大きい技術だと感じています。しかも今はまだ普及し始めたかどうか、くらいの段階です。インターネット創世記と同じような熱気と混沌に包まれていて、技術者たちはこの新しい技術を使ってどうやって世界を変えていこうかと日々チャレンジを続けています。エンジニアにとって、これほど刺激的でエキサイティングな状況はありません」

そんなブロックチェーン技術に直に触れながらスキルを磨き、“実務経験のあるブロックチェーンエンジニア”へと成長できるのが同社の魅力だ。ここ数年、グローバル規模で盛り上がりを見せているブロックチェーン技術だが、まだ日本には実務経験を持つエンジニアがほとんどいない。しかも金融領域以外でブロックチェーン技術を用いたプロダクトをリリースしている企業はほとんどなく、実務経験を積みたくても積めない状況だ。

「当社ではすでにサービスを実運用しているので、実務を通じてブロックチェーン技術を習得できます。さらにブロックチェーンエンジニアになるための教育カリキュラムを用意しており、すでに社内で運用中です。新技術がどんどん出てくる世界なので常に最新テクノロジーをキャッチアップしていく必要はありますが、この教育カリキュラムに従って学んでいくことにより、最短2ヶ月で“実務経験のあるブロックチェーンエンジニアです”と名乗れるぐらいのスキルを身に付けることができます」。(石井氏)

もう一つ、海外の優秀なプレイヤーたちと切磋琢磨できる環境があるのも大きな魅力だ。同社はICOを成功させたことにより、多くのメディアから注目を集め、国内はもとより海外の人脈も一気に広がった。その中にはこの分野で名を知られたプレイヤーもいる。出資者、ユーザーとのコミュニケーションは、チャットツール「Discord」を使っており、コミュニティには世界100ヶ国以上の人が参加している。マーケティングと事業開発を中心に担当するCMOの水澤氏は次のように指摘する。

「ALISコミュニティでは世界中の参加者から、こうしたら『ALIS』がさらに魅力あるサービスになるといった建設的な意見が飛び交っていて、中には新機能を開発してくれる人もいます。私たちがチャレンジしているのはこれまでにない新しい領域。自分たちだけで完璧にやろうとしても限界があります。その点、海外の優秀なプレイヤーも含めたコミュニティのメンバーと会話しながら開発に携われるのは大きな魅力です」

243388教育カリキュラムも充実。実務経験のあるブロックチェーンエンジニアへと成長できる。
243391海外の優秀なプレイヤーも含めたコミュニティのメンバーと会話しながら開発に携われるのは大きな魅力だ。
243408

透明性の高い組織。求めるのは、未知のテクノロジーを喜々として楽しめるエンジニア

現在、同社のコアメンバーはCEOの安氏、CMOの水澤氏、CTOの石井氏をはじめ6名で、平均年齢は20代後半。そのうち3名のエンジニアが中心となって開発を進めており、状況に応じて協力メンバーが加わる体制だ。働き方は柔軟で、東京・渋谷にワークスペースがあるほか、リモート勤務も可能。家で用事がある場合は、自宅で仕事をすることもできるし、ブロックチェーン関連のエンジニアや起業家向けのコワーキングスペース「ニュートリノ」での勤務も認められている。

同社のカルチャーを語る際に、キーワードとなるのが「透明性」だ。「ICOによって調達した資金は出資者一人ひとりからいただいたもので、その方々に対して経営をできるだけ透明にすることが自分たちの義務」(安氏)との考えから、自分たちの活動をオープンにすることを大切にしている。そして、法人設立当初から、どのメンバーがどんなタスクに従事しているかをプロジェクト管理ツール「Trello」を通じて公開。全世界の誰もが同社のメンバーが何をしているかわかる仕組みだ。また技術面に関しても、基本的に全てのソースコードをソースコード共有サービス「GitHub」に公開している。これは開発の透明性を高めるためだが、エンジニアにとっては、自分の力量を世界にアピールできるメリットもある。

今後の展開としては、まず現在クローズドで進めているサービスを2018年中にオープン化し、より多くの人たちが使えるプラットフォームとしていく。

「現段階では暗号通貨やブロックチェーンに興味がある人たちをターゲットとした記事を増やし、この領域で信頼性のある記事を探すなら『ALIS』を見ろ、と言われる状況に持っていきます。その後、飲食、旅行、ヘルスケア、進学、結婚、住宅購入といった様々な口コミサイトの領域に拡大し、日本ナンバーワンのソーシャルメディアサービスを目指します」(安氏)。

そして国内で基盤を固めた後、海外展開も視野に入れているという。このビジョンを実現するために現在力を入れているのが、優秀なエンジニアの確保だ。同社が求めるのは、自ら考えて動く「自走できるエンジニア」だ。

「私たちが挑んでいるのは、前例のない未知のビジネス。そのため既存の領域の中でこれまでの経験やスキルを活かして既存のシステムをきっちりと作り上げるエンジニアよりも、経験は少なくても全く知らない領域に飛び込んで、未知のテクノロジーやビジネスを喜々として楽しめるエンジニアに来てほしいですね」。(石井氏)

外敵が潜む海に真っ先に飛び込むファースト・ペンギンのように、臆することなく未知のビジネスに果敢にチャレンジする同社。サービスを開始したばかりで、最新技術を使って世の中にないものを手探りで作り上げていこうとしている今は、エンジニアにとって最も面白いフェーズと言えるだろう。ブロックチェーン技術に興味があり、自らの手で新しい時代をリードするサービスやシステムをつくり出していきたいエンジニアには、この上なく魅力的な環境だ。

243370求めるのは、未知のテクノロジーを喜々として楽しめるエンジニア。
243991ブロックチェーン技術に興味があり、自らの手で新しい時代をリードするサービスやシステムをつくり出していきたいエンジニアには、この上なく魅力的な環境だ。
243994

株式会社 ALISに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ALISに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ALIS
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  その他マスコミ・エンターテイメント・メディア系
サービス系 >  その他サービス系
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
設立年月 2017年05月
代表者氏名 安 昌浩
事業内容 ■ ブロックチェーン技術と暗号通貨を使った
 ソーシャルメディアプラットフォーム『ALIS』の開発・運用

ALISは信頼性の高い情報・人に素早く出会えるソーシャルメディアプラットフォーム。
信頼できる記事を書いた人、それをいち早く見つけた人が報酬を獲得することで信頼できる情報を蓄積するプラットフォームの実現を目指します。
従来のメディアにありがちな広告のためのコンテンツ、ステルスマーケティング、信頼性の低い情報にうんざりしている人々を解放することがALISの目的です。
従業員数 12人
平均年齢 29.0歳
本社所在地 東京都渋谷区神南一丁目20番7号 川原ビル6階
243981

株式会社 ALIS資本金設立年月日2017年05月従業員数12人

ICOで4億3000万円の資金を調達!時代の先頭を走るブロックチェーンベンチャー

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる