お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Puzz Labの企業情報

243234

株式会社 Puzz Lab

投資関連の自社開発サービスで、7億売り上げたPuzz Labが新規事業に挑む

リリースから半年で約7億円を売り上げた投資関連システムを自社開発

株式会社Puzz Lab(パズラボ)は、ウェブサービス開発やアプリ開発を主力事業とし、「ネットワークを通じてクライアント・利用者に情報や交流の場としてのコミュニティを提供する」ことを使命とするスタートアップだ。現在は、投資関係のシステムを自社開発しており、リリースからわずか半年あまりで約7億円を売り上げている。

「このシステムの開発や販促にあたって、投資家として成功している人からさまざまな助言をいただいています。だからこそ、使いやすさや機能性という点で多くの利用者から支持いただけているだけでなく、順調に利用者数も伸びているのだと思います」(代表取締役社長 伊東 進一氏)

伊東氏が語る通り、すでにサービスの利用者は1500~2000人規模にまで膨らんでいる。しかし、伊東氏はただ単に投資する人を増やしたいわけではない。「ネガティブなイメージが先行しがちな投資の世界を変えていく一助になれれば」と考えているのだという。

「日本において、株式や仮想通貨など投資の世界は、それほど理解が進んでいる分野とはいえません。むしろ、どこかにいかがわしいイメージを抱いている人が少なくないと思います。株価が上がっているとか、仮想通貨で大きなお金を手にした人がいるなどと耳にして、正しい情報を入手しないまま何となく手を出して失敗してしまう。その体験から投資した本人は怖いと思い手を引いてしまうだけでなく、お金を損したという事実だけが独り歩きして周囲に伝播し、投資に対するネガティブなイメージだけが広がってしまう。そんな悪循環が繰り返されているように思うのです。投資ですから失敗することもあります。しかし、正しい情報を入手すれば、投資に詳しい人たちと情報交換できる場があれば、失敗の危険性は下げることができます。だから、投資家同士が交流できるチャットアプリやマッチングサイトをつくっていきたい。そして、資産運用を考えたとき、金融商品への投資がその選択肢の一つとして当たり前のように浮かぶ、健全なイメージの醸成に貢献していければと思っています」(伊東氏)

242970同社の投資関連システムはリリース半年で7億円の売上を叩き出すなど、急成長を遂げている。
243240代表取締役社長 伊東進一氏
マイクロソフト社やシステム開発会社での経験を活かし、2018年に同社を立ち上げた後、急成長へと導く。
243260

資金もノウハウもある同社で新規事業の立ち上げに挑戦できる

社名である『Puzz Lab』には、次のような想いが込められている。
「プログラムにもパズルのピースのようにさまざまなカタチがある。それらを一から組み合わせて『素敵だな』と思ってもらえるものを生み出していく会社、遊び心のある、多くの人が手に取りやすいシステムをつくるLaboratoryでありたい」

この社名にも、使命として掲げているビジョンにも、「投資」という言葉は含まれていない。その理由は、『Puzz Lab』が取り組んでいく領域を限定していないからだと伊東氏はいう。

「私は欲張りなので、何でもやってみたいのです(笑)。投資関連は現在当社の基盤を支える重要な事業であり、投資の世界を変えていきたいという想いもあるので、これからも大切に事業を深化させていきます。しかし、そこだけにとらわれる気はありません。実は、今まさに新規事業を模索しているところです。興味をそそられるもので、マネタイズができ、将来性を感じられるのであれば、積極的にチャレンジしたいと思っています」(伊東氏)

投資関連のサービスで培った集客やリピーター獲得のノウハウは、他のサービスにも活かせる。短期間で7億円という売り上げを立て、投資関連のサービス分野で優位なポジションを確立した経験も新規事業を立ち上げ、拡大していく過程でプラスになるだろう。
「ノウハウだけでなく、投資関連サービスで売り上げた資金もあります。私たちは、このタイミングをチャンスだととらえているのです。だから、新規事業のアイデアを持っているという人であれば、当社でそのアイデアを開花させる機会を得られるかもしれません」(伊東氏)

ただし、ゼロイチで事業を立ち上げるところから、収益を生み出すところまで一貫して任せるからには、指示待ちではなく、自分の考えを持ち、自分の力で道を切り開いていこうとする芯の強さが欠かせないと伊東氏は続ける。
「自分の中に芯を持っている人がいいですね。成し遂げたい未来像と言い換えてもいいと思います。そういう人間は、自らさまざまなことを吸収しようとするし、すべきことを自分から探しにいくことができますから。私としても、そういう人と意見を出し合いながらモノをつくっていくほうが楽しいし、一緒に働いていて面白いですからね」(伊東氏)

243250同社には各訪問のプロフェッショナルが集まり、資金の面でも人材の面でも大きく成長できる準備が整ってきたと言える。
243254新規事業に積極的に挑戦していく同社。自ら能動的に行動できる人であればチャンスは十分にあるという。
243265

自社開発だからこそ自らの手で開発している実感が味わえる

株式会社Puzz Labは2018年5月9日に設立されたばかりだ。リリースしている投資関連のサービスは、起業前に伊東氏が中心となって開発したものであり、その成功が起業のきっかけにもなっている。つまり、法人としての体裁を整えていくのはこれからであり、事業だけでなく、一緒に会社を形作っていく楽しさも味わえるわけだ。

「同じ会社で働く仲間なので、最初のうちは同じ場所で仕事をし、互いに関係性を築いていく必要があると思いますが、元々働く場所を制限したくはないという考えなので、ゆくゆくはリモートを導入してもいいと思っています。また、社員の成長機会は積極的に提供したいので、外部セミナーへの参加費用などは会社が負担しますし、有益な研修プログラムなどあるなら投資していきたいとも思っています。ただ、これは私の考えであり、違う意見があるならどんどん発言してほしい。こういったところから一緒に会社の形を整えていくことを楽しめる人を待っています。それに、今のタイミングで当社に加わるということは創業メンバーの一人として会社と事業を育てていく醍醐味を体験できるということ。それは、簡単に経験できることではありませんし、将来的に役職などそれなりのポジションに就くこともできます」(伊東氏)

新規事業についても、自社で開発していくので、クライアントからくる仕様書の通りにつくる場合と違い、自らの意見を盛り込む余地が大きい分、「自分が手掛けたサービスだ」という思い入れを強く持てる。利用者の反応もダイレクトに実感でき、その声を改善に活かすことも容易にできる。

「サービス全体に関われるので、当事者意識を持ちやすいと思います。当然、そこには大きな責任が伴いますが、その状況を楽しみながら世の中にインパクトを与えるサービスを創りたいという意欲的な人にとっては、やりがいを実感できる環境を提供できると思います。我こそは!と思った人は、当社の門を叩いてください。新たな事業、これからのPuzz Labについて、大いに語りあいましょう」(伊東氏)

243247社内はゲームで白熱する一面も。プライベートと仕事の垣根なく、共に仲の良い関係性が伺える。
243238当事者意識を持って同社を共に成長させていく仲間を募集している。自分でビジネスを進めるやりがいを感じたいという人にはピッタリだ。
243258

株式会社 Puzz Labに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Puzz Labに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Puzz Lab
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
資本金 5,000,000円
設立年月 2018年05月
代表者氏名 代表取締役 伊東 進一
事業内容 ウェブサービス開発事業(企画/デザイン/システム開発)
アプリ開発事業(企画/デザイン/アプリ開発)
従業員数 4人
本社所在地 東京都荒川区西日暮里2-27-4 シティ日暮里 4F
243234

株式会社 Puzz Lab資本金5,000,000円設立年月日2018年05月従業員数4人

投資関連の自社開発サービスで、7億売り上げたPuzz Labが新規事業に挑む

この企業が募集している求人

Bnr sp354 10
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる