お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ビジネス・アーキテクツの企業情報

239266

株式会社 ビジネス・アーキテクツ

クライアントには有名企業の名がずらり!次世代のWeb業界を見据えて動く、老舗Web制作会社

有名企業の名が並ぶ実績一覧は、強い信頼の証し!大手企業相手のクリエイティブな仕事

1999年創業の株式会社ビジネス・アーキテクツは、企業とユーザーのコミュニケーションをデザインしてきた。Webサイトの制作をはじめ、デジタルマーケティング戦略策定、UI/UX設計、サイト実装、運用ルール策定など、事業領域は広い。

同社のミッションは、Webを通じて企業のメッセージをユーザーに届けること。Webサイト制作を請け負うだけに止まらず、より企業に寄り添ってクライアントと密なディスカッションを繰り返して、企業がユーザーとコミュニケーションするために必要なことを探り出し、それを具現化していく。

「Webサイトのコンセプトが、そもそもクライアント企業のビジネスや意向にマッチしているのかといった根源的な部分からディスカッションしていきます。忌憚のない意見を言うため、担当者に嫌われることもあるし、コストがかかるためコンペで負けることもあります。しかし、クライアントに言われるがまま、『サイトを制作して終わり』にはできません。それは企業カルチャーとして根付いています」(代表取締役社長・大日健)

同社が制作するサイトは、Webの黎明期から現在に至るまで、多くの企業に支持されてきた。これまでに同社がWebサイト制作やWeb戦略策定に関わったクライアントには、日本経済を支える大手企業がたくさん。ビジネス・アーキテクツの自社サイトに掲載されている「主要クライアント一覧」には、誰もが知っている有名企業の名がずらりと並ぶ。NTTドコモ、KDDI、電通、博報堂、伊藤忠商事、日本マイクロソフト、資生堂、花王、サッポロビール、ニコン、パナソニック、日本航空、ヤマハ、ユニクロ、リクルート……。経産省や文部省などの官庁の仕事も請け負うなど、業種や業態もさまざまで幅広い。これは同社がどのような業界にも存在するコミュニケーション上の課題を解決してきた証とも言える。

「創業以来、専門スキルを持ったメンバーが、クライアントの意向を満足いく形でコミュニケーションをデザインしてきた結果、国内外で多くのお客様にご満足いただき、日本を代表する企業と長く取引を続けられてきたのだと思います。ユーザー視点を無視してクリエイティブに偏ることもなく、企業とユーザーのコミュニケーションを最優先に考える姿勢が評価されたのではないでしょうか」(大日氏)

239272企業とユーザーのコミュニケーションをデザインする同社。
239274Webサイトのコンセプト設計から企画・制作をはじめ、デジタルマーケティング戦略策定、UI/UXの設計など、事業領域は広い。
239278

企業メッセージの伝達がミッション!Web業界で貫くビジネス・アーキテクツの流儀

Webの世界では、目的と手段がしばしば入れ替わってしまう。Webの目的は、ユーザーとのコミュニケーション、企業メッセージを伝えることにある。Webサイトはそのための手段に過ぎない。しかし、サイトを制作したら仕事は終わりと考えている制作会社もある。重要なのはその先、Webを通じて、企業とユーザーがコミュニケーションを取れているかにあるにもかかわらず。企業のメッセージを正しく伝えることで、クライアントのビジネスを理解して共に成長するパートナーであり続ける、これがビジネスアーキテクツの流儀だ。

「クライアントである企業の担当者のなかにも、上司から言われるままWebサイトの制作、リニューアルを依頼している人も少なからず存在します。そんな場合は、まず問題点を意識してもらうことからはじめます。Webを通じたコミュニケーションが機能不全に陥っているからといって、サイトのデザインを変えると解決するといった単純な問題ではありません。伝え方を勘違いしている場合も多く、そこを正すのもビジネス・アーキテクツの仕事です」(大日氏)

近年、Webの世界は複雑化し、作業量も格段に増えている。技術の進化にもキャッチアップしなければならず、UXを意識した立体的で奥行きのあるWebサイトを構築する必要がある。しかし、企業がWeb制作に割く予算は変わらないため、クライアントの要望をすべて聞いていると赤字になることもあるという。

「SI業界は要件定義が変わったら再見積をしますが、Web業界はSI業界に引けを取らないぐらい手間のかかる作業をしているにも関わらず、契約時に決めた金額でクライアントの追加注文に対応しています。Webの制作にどれぐらいの手間とコストがかかっているか、Webを制作する側がしっかりとクライアントに理解を促し、パートナーとしてやっていけるようにしないと、Web業界はダメになってしまいます。今後は、コストをかけずに簡単にシンプルなWebサイトを制作する会社と、クライアントのメッセージを的確にユーザーへ届けるために高いスキルを活用する制作会社に二極化していくのではないでしょうか」(大日氏)

Web業界の二極化に対応すべく、ビジネス・アーキテクツは、創業20年の節目となる2019年を第二創業期と考え、デザイン、ディレクション、エンジニアリングといったWeb制作の各領域を横断的に動ける人材の育成という次世代のWeb業界を見据えた戦略を展開しはじめた。

239273クライアントのメッセージを正しく伝えるため、ビジネスを理解して共に成長するパートナーであり続ける、これがビジネス・アーキテクツの流儀だ
239268創業20年の節目となる2019年を第二創業期に次世代のWeb業界を見据えた戦略を展開する
239279

市場価値が高いマルチスキル人材の育成!次世代のWeb業界で戦うための戦略

クリエイティブな会社であり続けるためには、コストの圧縮は避けて通れない課題。無駄なコストをカットして作業効率を上げるには、メンバー一人ひとりが専門的な知識を高めるだけでなく、隣の領域に関する知識も併せ持つことである。デザイナーとエンジニアとディレクターのコミュニケーションがスムーズになり、互いの視点を意識した作業ができるようになる。

「ビジネス・アーキテクツでは、デザイナーがステップアップするのは、アートディレクターと言われていました。けれども、アートディレクターとは何なのか、明確な定義はありません。キャリアパスとして、デザイン領域以外の何か、を持っている人のことを指していると認識しています。要は、自分自身の専門領域のほかに、いろんな方向に広がっていくことが重要だと考えます。デザインのスキルにエンジニアリングの能力を身に着け“デザインエンジニア”になる人がいても、反対に“エンジニアリングデザイナー”になる人がいてもいいと思います。大切なのは、メンバーがデュアルスキル、先にはマルチなスキルを身に付けて、Web制作チームの能力を足し算ではなく、掛け算で機能させる点にあります」(大日氏)

Web制作は、WebデザイナーとWebエンジニアの作業領域は、縦割り行政のように明確に分かれている場合が多い。けれども、Web構造が複雑になっている現在、Webデザイナーとエンジニアの能力は多種多様になっていて、チームで業務を行うにあたっては、その隙間を理解しないと、WebシステムやほかのWebページとの整合性を取るのに調整が必要となる。当然、その分のコストが余計にかかる。

「デザイナーがエンジニアの視点で考えてデザインし、エンジニアがデザインの観点を踏まえてシステムを設計する、といった具合に、それぞれが専門領域を持ちながら、ほかの領域にも精通していると、クライアントに提供するプロセスにおいても、成果物においても満足度、品質は格段に向上します。こうして高いクオリティを維持しながら、クライアントから指名をいただける、紹介してもらえる企業になる戦略です」(大日氏)

マルチにスキルを身に付けることで、メンバーの市場価値も上がり、個々の社員にとっても生き残り戦略となると大日氏は続ける。

「Web制作が複雑化しているため、エンジニアもデザイナーもマルチスキルを身に付けないと、業界の変化についていけない恐れがあります。当社のメンバーも第二創業期で更なる成長を求めています。新たに外部から入ってくる人材には、既存メンバーの刺激となるような新しい風を社内に吹かせてほしいですね」(大日氏)

Web業界でステップアップするため、新しいスキルを身に付けたいWebデザイナーやWebエンジニアやWebディレクターは、ビジネス・アーキテクツでマルチスキルを持った人材にチャレンジしてみてはどうだろうか。

あるいは、デザイン、エンジニアリング、ディレクションで高いスキルを有しているが、マルチスキルを活かせていないと感じている人も、ビジネス・アーキテクツで大手企業相手のフィールドで存分に力を発揮してほしい。

239276マルチキルを身に付け、メンバーの市場価値も上がる。個々の社員にとっても良い環境だ。
240008Web業界でステップアップしたい方はビジネス・アーキテクツで大手企業相手のフィールドで存分に力を発揮してほしい。

株式会社 ビジネス・アーキテクツに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ビジネス・アーキテクツに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ビジネス・アーキテクツ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 1億円
設立年月 1999年01月
代表者氏名 大日 健
事業内容 ・UI/UXコンサルティング、開発
・WEBサイト企画、制作
・WEBサイト運用、運営
・スマートフォンアプリ企画、開発
従業員数 35人
本社所在地 東京都港区芝5-13-18 いちご三田ビル6F
239266

株式会社 ビジネス・アーキテクツ資本金1億円設立年月日1999年01月従業員数35人

クライアントには有名企業の名がずらり!次世代のWeb業界を見据えて動く、老舗Web制作会社

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる