お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 xenodata lab.の企業情報

239596

株式会社 xenodata lab.

高度な自然言語処理技術をはじめとしたテクノロジーによって金融業界の変革に挑むxenodata lab.

独自のアルゴリズムと自然言語処理技術により、決算情報の分析&レポート作成を自動化

株式会社xenodata lab.が現在提供しているサービスは2つある。自動決算分析レポート『xenoFlash(ゼノ・フラッシュ)』と証券アナリストレポート自動執筆サービス『xenoStory(ゼノ・ストーリー)』だ。『xenoFlash』は、有価証券報告書や決算短信、決算説明会資料などの決算情報を収集し、数値データや文書データを分かりやすくビジュアル化したレポートとしてアウトプットしてくれる。しかも、上場企業約3600社について決算発表後わずか数分でレポートがまとめられるため、個人投資家への情報提供の質を高めたい証券会社をはじめ、金融機関で採用企業が広がっているのだ。

「従来、証券会社では大手数百社をピックアップして決算分析レポートをまとめていましたが、『xenoFlash』であれば、中小型株まで含めた幅広い銘柄について、投資家の投資判断に有用な決算情報を提供できます。一方、『xenoStory』は決算発表後のショートコメントや決算サマリー文章を自動で作成するサービスです。ある大手証券会社ではセールス部門で活用していて、アナリストがカバーできない銘柄の決算状況を説明する際の業務負荷軽減に役立っています」(代表取締役社長・関 洋二郎氏)

とはいえ、単に決算情報を要約するだけのサービスであれば、他にもいくつか存在している。それらと同社のサービスの何が決定的に違うのかといえば、「独自のアルゴリズムと自然言語処理技術」だといえる。

「数値や単語だけでなく自然言語まで理解するAIを開発したことで、個人投資家が本当に必要としている業績変化の理由まで解説することに成功しています。たとえば、セグメント情報をピックアップして、『なぜ減益したのか』といったセグメント業績の背景を伝えることで数字の変化だけではわからない企業の現状を投資家に伝えることができるわけです。自然言語処理の技術については、特許も取得しています。また、これを行うためには、各社が発表する決算資料の中に含まれるPDFを処理しなければならず、PDFから表データや文章を抽出する技術も併せて開発しています」(取締役 Co-CTO・進藤寿雄氏)

239703高度な自然言語処理技術をはじめとしたテクノロジーによって金融業界の変革に挑む同社。
239616他社との決定的な違いは、独自のアルゴリズムと自然言語処理技術力にある。
239600

自然言語処理技術を応用して、企業の未来価値をAIが予測する新サービスを開発中

FinTechをはじめテクノロジーの力で業務効率化や革新的サービスの開発を進展させようとしている金融業界にとって、株式会社xenodata lab.が有する技術とサービスは非常に魅力的なのだろう。その期待感は、MUFG FinTechアクセラレータ第1期でグランプリを受賞したことや設立1年あまりで複数の大手証券会社が同社のサービスを採用していること、2017年11月にDBJキャピタル、三菱UFJ銀行、帝国データバンクなどから総額2億5000万円の資金調達に成功していることなどからもうかがえる。

「新たな資金を得たことで、『xenoFlash』『xenoStory』のさらなる精度向上、機能追加を図るだけでなく、新サービスの開発にも注力していきます。それが、企業の未来予測です」(関氏)

『xenoFlash』と『xenoStory』によって、過去の企業分析レポートが簡単に把握できるようになった。現状では、その情報をもとに個人投資家は企業の将来の業績を予測して重要な投資判断を行っている。これは裏を返せば、投資家が本当に欲している情報とは、過去のデータではなく、そこから判断できる未来の企業価値なのだといえる。

「私たちはAIによって、ある企業の業績が今後どうなるのか、という問いに応えていきたいと考えています。将来の企業業績をAIが予測するわけです。詳細を明かすことはできませんが、自然言語処理や様々なテクノロジーを応用することで、業績影響予測の方法はある程度見えており、その一部を2018年中のリリースを目指しているところです」(取締役 Co-CTO・高橋明生氏)

そのようなサービスが提供されるようになれば、業界内で急速に普及することは間違いないだろう。投資の世界が大きく変わるかもしれない。

「私たちが目指しているのは、テクノロジーの力で、金融業界の5年後の当たり前を提案する会社になることです。自然言語も理解して決算分析を自動で行うこともこれまでにないもので、じきに業界のスタンダードになっていくと思ってますし、企業の将来予測についても、財務や株価数値分析のみで処理する既存のやり方とは全く異なる方法で5年後の当たり前を作りにいっております。また、今後の10年で、世界中の金融業界はテクノロジーを大きなトリガーとして一変する可能性が出てきてます。私たちは、この金融大変革時代にテクノロジーサイドの中心的存在として、この世界感の実現を共に目指してくれる仲間を求めています」(関氏)

239619MUFG FinTechアクセラレータ第1期でグランプリを受賞経験あり。金融業界からも注目を浴びている。
2396212017年11月には総額2億5000万円の資金調達に成功している。
239603

金融業界にパラダイムシフトを起こす仲間を求む

関氏にxenodata lab.の強みを聞いた際、真っ先にあげたのが、優秀な人材だった。自然言語処理という先端技術をB2Bビジネスとして成立するレベルにまで磨きあげているのだから、同社の技術レベルが高いのは間違いない。しかし、関氏が強調したのは、メンバーの技術力だけではなくその胆力だった。

「スタートアップですから、しんどい場面というものは多々あります。そこで立ち止まらずに前へ進んでいけるマインドが大切だと感じています。また、当社はチームで動いているので、自分本位ではなく周りを見て互いに助け合いながらゴールを目指せる人がいいですね」

同社にこれほど優秀な人材が集まってくるのには理由がある。それは、社員が働きやすい環境づくりに注力しているからだ。本社は恵比寿と広尾の中ほどに位置する一軒家で、オフィス内には和気あいあいとした雰囲気が漂う。基本リモートで働いており、エンジニアは本社ほか3カ所にあるサテライトオフィスやコワーキングスペースなどに週1回程度集まって打ち合わせや情報交換をするのだという。

「チームが最高のパフォーマンスを発揮するためには、チーム自身が考えて環境を作っていくことが基本です。僕は資金的に無茶な事ではない限り、環境面についてほとんど口を出すことはないです。僕はエンジニア出身ではないので、エンジニアが快適な環境というのは真には理解できないですし、僕自身も良くわかってない人から押し付けられるのは好きではないので。結果として、スタートアップだから安く働いて、、、ではなく、プライドを持てる給料をエンジニアの総意で決めてますし、副業も禁止していませんし、いわゆる福利厚生も各メンバーの家族の事情なども考慮して必要なものをほぼメンバーで決めています。」(関氏)

何よりも「誰もつくっていない新しいサービスをつくる」醍醐味を味わえると進藤氏は続ける。

「企業の将来を予測するサービスなど本当にできるのか、と思うかもしれません。確かに、かなりハードルの高いものであることは間違いないでしょう。でも、私たちは本気でそこに挑戦しています。完成した暁には、金融業界にパラダイムシフトを起こすほどのインパクトを与えるかもしれません」

「私たちが取り組んでいるのは、イノベーションを起こせる、価値ある挑戦なのです。そこに働く価値を感じる方は、ぜひ一度話をしましょう。お待ちしています」(高橋氏)

239622社員が働きやすい環境づくりに力を入れる組織文化も、優秀な人材が集まってくる一つの理由だ。
239598同社の今のフェーズなら「誰もつくっていない新しいサービスをつくる」醍醐味を味わえる。
239601

株式会社 xenodata lab.に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 xenodata lab.に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 xenodata lab.
業界 金融・保険系 >  その他金融・保険系
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 3億2000万円
設立年月 2016年02月
代表者氏名 関 洋二郎
事業内容 【自然言語処理技術を活用したFintech×AI領域における自社開発サービスの運営】
有価証券報告書や決算短信、決算説明会資料などの決算情報から得られた財務データと、自然言語処理によって得られた業績変動要因データを活用したサービスの提供。

■ 自動決算分析レポート『xenoFlash(ゼノ・フラッシュ)』
決算発表後瞬時に決算発表内容の定性情報を含めた要点をまとめ、インフォグラフィックスにより見た目に理解しやすい形で提供する自動決算分析レポートサービス。

■ 証券アナリストレポート自動執筆サービス『xenoStory(ゼノ・ストーリー)』
決算発表後瞬時に決算発表内容の定性情報を含めた要点をまとめ、証券アナリストが書くようなコメントを提供可能なサービス。

■ニュース分析による企業の将来予測『xenoBrain(ゼノ・ブレイン)』
決算情報から得て蓄積した財務・業績変動要因データの蓄積と新たなデータソース、そして新たな研究開発成果によって、企業の将来の業績=未来価値を予測することに繋がる新規サービス。
2018年11月にサービスを開始し、第1弾としてニュースに含まれる自然言語を解析し、あるニュースが発生した後にどのような事象が起こり、それによって企業の業績がどのような影響を受けるかを分析・予測する機能を提供。
世界各国のニュースが、どの企業の、どの会計科目にどのようなインパクトがあるかを示唆する。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 DBJ キャピタル
三菱東京UFJ銀行
カブドットコム証券
帝国データバンク
東海東京フィナンシャル・ホールディングス
岡三証券
みずほキャピタル
SMBC ベンチャーキャピタル
従業員数 29人
本社所在地 東京都渋谷区松濤1-29-1 渋谷クロスロードビル 5F
239596

株式会社 xenodata lab.資本金3億2000万円設立年月日2016年02月従業員数29人

高度な自然言語処理技術をはじめとしたテクノロジーによって金融業界の変革に挑むxenodata lab.

この企業が募集している求人

239616
【研究開発/自社サービス】金融業界の変革に挑戦するFinTechプロダクトを支える自然言語処理技術のR&Dエンジニアを募集!
自然言語処理を中心として企業の未来価値をB2B製品レベルで予測する技術を開発する研究開発エンジニア

弊社には自動決算分析レポートxenoFlash、証券アナリストレポート自動執筆サービスxenoStory、企業業績予測サービスxenoBrainの3つのサービスがあります。 現状3チームに分かれて事業開発・プロダクト開発を推進しています。 特に企業業績予測サービスxenoBrainの開発において、R&Dを担うチームで研究開発、これに必要な前処理、研究成果を組み込んだエンジンの開発...

239620
【Web系フルスタックエンジニア/自社サービス】自然言語処理技術を活用したFinTechプロダクトで金融業界の変革に挑戦するエンジニアを募集!
【Ruby on Rails/Rust/Kubernetes】開発から運用まで。DevOpsを実践するWeb系フルスタックエンジニア

弊社には自動決算分析レポートxenoFlash、証券アナリスト文章自動執筆サービスxenoStory、企業業績予測サービスxenoBrainの3つのサービスがあり、現状3チームに分かれて事業開発・プロダクト開発・運用を推進しています。 biz系もtech系も合わせてチームを組んで業務にあたります。 チームでアウトプットを出すことを重視しています。仕様から働き方まで全てをチームで考え決...

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる