お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

南海マネジメントサービス 株式会社の企業情報

262718

南海マネジメントサービス 株式会社

安定感抜群の企業でスキルアップ!南海電鉄グループの情報システム部門

交通インフラを支えているというやりがい。南海電鉄の駅務システムの開発・運用

南海マネジメントサービスは、南海電鉄100%資本の子会社。南海電鉄グループの経理業務シェアードサービスセンターとして、グループ内子会社の経理事務の代行を請け負っている。

南海マネジメントサービスには、もう一つの顔がある。南海電鉄の情報システム部を前身とする、情報サービス部だ。南海電鉄で初めて給与計算を電子計算化した1960年代に発足し、その後、会計・経理業務のシステム化、鉄道業務をサポートする駅務システムの構築などを手掛けてきた。

「南海電鉄は、古くから有料特急を走らせている鉄道会社です。駅窓口で特急の座席指定をするシステムの開発が当社の源流。昔は、電話でセンターに連絡して座席を取っていたのを、駅窓口の端末から座席指定ができるようになりました」(取締役・総務部長兼情報サービス部長・花﨑敏雄氏)

2002年に南海電鉄の情報システム部が、南海マネジメントサービスに分社・移管し、現在も、南海電鉄の日々の運営に関係したシステムの開発・運用を一手に引き受けている。南海電鉄の各種乗車券の発売や特急の座席指定の各種システム、スルッとKANSAIのICカードPiTaPaとの連携システム、運賃収入の管理システムなど、列車運行に関するシステムを除く、鉄道営業にまつわるシステムを開発・運用している。

「今や鉄道事業に各種のITシステムは欠かせません。2010年3月より5代目の駅務システムが稼動していますが、鉄道を快適に利用していただくため、当社では、南海電鉄本社と連携して、日々の運用・保守から新規システムの開発まで幅広く提供しています。どうすれば安心して快適に利用いただけるかを常に考え、新しいサービス、システムの提案も行っています」(花﨑氏)

公共交通機関のシステム運用には、大きな責任が伴う。システムダウンを起こせば、何十万、何百万人に影響を及ぼす。私たちが社会の交通インフラを支えている、そんな気概や責任感を持って、同社の社員は日夜システムの開発・運用に努めている。

234737南海電鉄の情報システム部が前身で、南海電鉄の駅務システムの開発を担当している同社。
234738大阪市浪速区に本社ビルを構える、南海電鉄の100%子会社だ。
235458

「会計システム」「人事給与システム」の導入支援と、グループ各社のWebサイト制作

南海マネジメントサービスの情報サービス部では、駅務システム以外に、グループ内の企業向けに「会計システム」「人事給与システム」の導入・運用も行っている。南海電鉄の情報システム部時代には、メインフレームで稼働する自社システムとして運用していたものを、株式会社ワークスアプリケーションズ製パッケージソフト『COMPANY®』へ移行。その後、グループ内の各社にも『COMPANY®』を導入し、日々の運用をサポートしている。

「当社がグループ各社に導入している『COMPANY®』は、1000人以上の大企業向けに製造・販売されているソフト。当社では、比較的規模の小さい企業でも導入時の金銭的・労力的負担が重荷にならないようなシステム構築手法を取り入れました。その結果、『COMPANY®』の導入支援に関するノウハウが社内に蓄積し、今はグループ外の会社からも導入支援の依頼を受けています」(花﨑氏)

開発ベンダーではなく、ユーザーとして導入してきた経験が『COMPANY®』の導入支援で活きているという。ユーザー目線だからこそ、痒いところに手が届くサポートが可能で、システムの導入・運用に不慣れな企業にしてみれば、非常に頼もしい存在になるのだ。

南海電鉄グループのWebサイト制作も情報サービス部の仕事。1996年に南海電鉄のオフィシャルサイトを立ち上げ、サイトリニューアルはもちろん、日常的な更新も全面的に受託している。

「南海グループには、本業の運輸をはじめ、不動産、流通、レジャー・サービス、建設、その他の6セグメントに分かれた、40社以上の企業があります。南海電鉄のオフィシャルサイトをはじめ、みさき公園や道頓堀沿いの遊歩道『とんぼりリバーウォーク』のサイトなど、当社で制作しているWebサイトはバラエティ豊かです」(花﨑氏)

グループ内のいろんな会社のシステム開発やWebサイトの制作に携われるのも情報サービス部で働く魅力。適宜ジョブローテーションを実施しているため、さまざまな業界の仕事に関係できるのも魅力である。

234753駅務システム以外にも、様々な業務システムの開発・運用を行っている。
235457オフィスは広々とした清潔感溢れる空間で、緑も多く、働きやすい空間。
234769

ジョブローテーションで経験値アップ!上流工程へステップアップも目指せる環境

今度は、エンジニア目線で南海マネジメントサービスでの仕事を見てみよう。前述したジョブローテーションにより、いろんな業界の仕事に携わることで、多方面の業界知識を習得でき、知識と経験に幅を付けられそうだ。加えて、仕事のメインは要件定義などの上流工程。実際の開発は協力会社に依頼するケースが多いため、受注側というよりも発注側に近いポジションでの要件定義となる。

「南海グループ各社の情報システム部だとイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。南海グループ各社の担当者からヒアリングした内容をもとに、協力会社に開発を発注する仕事です。ITの知識を生かして、南海グループ各社の声をシステム開発に反映させます。当社での仕事を通じて、グループ全般の業務に精通できます」(情報サービス部課長・足立純一氏)

駅務システムを中心に、運用・保守業務も手掛けているので、上流工程へのステップアップを目指しているエンジニアにとっても最適な環境といえる。

「当社の仕事は、クライアントと協力会社の間に入ることが多いです。そのため、どちらの会社とも信頼関係を構築しなければなりません。クライアントの意見を協力会社に正確に伝えるだけでなく、時には協力会社の視点でクライアントにアドバイスすることもあります」(足立氏)

100名弱の会社で、新卒で入社したプロパー社員は約2割。中途入社した人材もすぐに打ち解けられる社風が特徴だ。加えて、女性社員の割合は約5割。女性管理職も複数名在籍している。

「南海電鉄の情報システム部だったころから、キーパンチャーなどで女性が活躍していた会社。女性が働く土台があったからか、現在でも女性SEがたくさん活躍しています。産休・育休・時短勤務で子育てしながら働く女性が増えています」(花﨑氏)

自社システムの開発、自社Webサイトの制作は、上流工程を中心とした仕事で、鉄道からレジャーまで、携わる業務範囲も広い。大手電鉄会社の100%子会社という安定感を武器に、自由闊達な社風の中で活躍したいエンジニアにおすすめしたい会社である。

234746ガラス張りのオフィスは日差しが良く差し込み、明るい環境だ。
234751女性でも安心して働ける環境があるのが特徴。様々な案件にチャレンジしスキルアップを目指せる。
262714

南海マネジメントサービス 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、南海マネジメントサービス 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 南海マネジメントサービス 株式会社
業界 サービス系 >  その他サービス系
サービス系 >  その他サービス系
サービス系 >  その他サービス系
資本金 4,000万円
売上(3年分)
2016年 3月 期 2015年 3月 期
1,589百万円 1,653百万円
設立年月 2000年06月
代表者氏名 取締役社長 関西 節美
事業内容 経理事務の代行
法務関連業務の代行
福利厚生関連業務の代行
従業員研修の支援
情報システム開発・運用・保守
インターネット関連の情報サービス、運用・保守
その他関連する一切の業務
従業員数 93人
平均年齢 33.8歳
本社所在地 大阪府大阪市浪速区敷津東二丁目1番41号
南海なんば第1ビル5F
262718

南海マネジメントサービス 株式会社資本金4,000万円設立年月日2000年06月従業員数93人

安定感抜群の企業でスキルアップ!南海電鉄グループの情報システム部門

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×