お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

Creww 株式会社の企業情報

228548

Creww 株式会社

もっと挑戦できる社会を実現し、日本が世界をリードするイノベーション大国へ!

日本のスタートアップ企業をとりまく環境を整備したい!

国内最大級のスタートアップコミュニテイの運営を手掛けるCreww(クルー)株式会社。2012年8月に設立され、東京都目黒区青葉台に本社オフィスを置く。これまで日本にはなかった“コミュニティビジネス”の先駆者として、スタートアップ企業の成長に必要な「ヒト、カネ、チャンス」をオンラインとオフラインで提供。crewwコミュニティに登録するスタートアップ企業と大手企業、双方の成長に貢献している。

Crewwが提供するオンラインプログラム「crewwコラボ」は、スタートアップ企業と大手企業がオープンイノベーションによる新規事業の共創を目指すプログラム。スタートアップ企業は大手企業の経営資源を活用することで自社の成長速度を加速させることができ、大手企業側としてはリスクやコストを軽減しつつ、短期間で新規事業創出の足がかりを得ることができる。スタートアップ企業と大手企業は6カ月のプログラムを組み、まずはオンラインで新商品、新サービスの案をカタチにしていく。オンラインを採用することでスピード感をもって事業を前進することができるため、大手企業が自社開発するより早く事業化できる。この「時間も買える」仕組みが強みだと、代表取締役CEOの伊地知 天(いじちそらと)氏は語る。

伊地知氏は16歳で単身渡米し、カリフォルニア州立大学在学中の2005年、に自身初の起業を果たす。(のちに売却)。また、フィリピンでも事業の立ち上げから売却までを経験。シリアルアントレプレナー(連続起業家)として、これまで国内外で4社の起業に関わってきた。現在はCrewwの経営に専念する。また、2016年からは一般社団法人新経済連盟に加盟し、最年少幹事を務めている。

創業のきっかけは、2011年の東日本大震災だ。日本の復興のために自分も何かできないかと考えた伊地知氏は、「挑戦したい全ての人が、もっと輝く社会をつくりたい」と思い立ち、Crewwを設立。また、また、挑戦することに対して欧米のようにリスクを取る姿勢が少なく、日本は先進国の中で起業率が最低レベルといわれていることも創業を強く後押しした。多くの起業家や投資家がプラットフォームを通じて成功し、その結果として少子高齢化時代を迎える日本が持続的に経済成長を果たし、世界をリードするイノベーション大国に返り咲くことを目指す。

228555Creww(クルー)株式会社は、2012年8月に設立。東京都目黒区青葉台に本社オフィスを置く。
228562日本におけるスタートアップコミュニティの先駆者として、多くのスタートアップ企業を支援してきた。
228550

これまで培ったノウハウをベースに新たなサービスを着々と展開中

メインサービスである「crewwコラボ」は、これまで100社以上の⼤⼿企業と開催。
スタートアップからの総提案数4000件のうち、400件以上が協業または協業に向けた協議まで繋がっているサービス。
業種・業界問わず多くの大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを実現させてきたが、実用化された事例としては以下のようなものがある。

1つ目は、株式会社ケイ・オプティコム(関西電力株式会社の子会社)、Facepeer株式会社、株式会社うるるBPOの3社がコラボし、訪日外国人向けクラウド通訳サービスを実現させた例。ビデオチャットプラットフォーム「FaceHub」の技術を応用し、専門スマートフォンアプリを経由したビデオチャットによる同時通訳サービスを開発した。このサービスは実証実験を経て、2017年から有料トライアルの提供を開始している。

2つ目は、株式会社セブン銀行のアクセラレータプログラムから誕生した、ドレミング株式会社との「即払い給与サービス」だ。当日働いた分の給与を即日支払うことができる画期的なサービスで、金融におけるイノベーションとして大きな話題になった。このサービスにより、将来的には世界20億人といわれる金融難民を救済するというグローバルな課題にもチャレンジしていく。

今後の展望としては、スタートアップ企業の成長に必要な「ヒト、カネ、チャンス」のリソースを包括的に提供できるプラットフォームの実現を目指す。ヒトの支援の部分では、イノベーター向け人材紹介の新サービス「Starboard」をローンチ。未だ市場に出ていない“潜在的な求人“を紹介するほか、コミュニティに登録する約3300社のスタートアップ企業に対して求職者が効率的にアプローチできる。

また、crewwコラボで培ったノウハウやネットワークを活用したオープンイノベーションスタイルの共有型オフィススペース「docks」を、森トラストと共同で東京・神谷町にて運営。
多様な業種・領域の法人・個人・グループが、オフィスを共有化し、相互に連携やコミュニケーションを図る事で、新規事業や業務提携などのコラボレーションがオフラインの場でも実現できる。

228554事業創出やオープンイノベーションを目的としたスタートアップ、大手企業向けの共有型オフィススペース「docks」
228560大手企業とスタートアップの協業による事業創出プログラム「crewwコラボ」。過去100社以上の大手企業と開催し、400件以上の協業を実現しているサービス
228551

やりたいことに際限なくチャレンジできる、自由度の高い環境

2018年10月時点の従業員数は42名で、平均年齢は35.7歳。男女比は男性:女性=7:3の比率で、女性管理職が1名、産休中の社員が1名在籍している。全員が中途入社だという。

残業時間は、実績ベースでほとんどなし。評価は半期ごとに行われ、昇給のチャンスも年2回ある。福利厚生としてはストックオプションがあり、貢献度に応じた付与が行われる。社内行事としては四半期ごとの全社ディナーや、ゴルフ、フットサルなどのレクリエーションが行われている(自由参加)。

crewwが組織として大事にしているバリューは、以下の4つ。
■オープン…多様性を大事にできる組織体であること
■民主的…メンバー全員が平等に主張する権利を持っていること
■分散的…個を尊重しながらも個人主義ではない組織であること
■自律的…主体性と責任を持ったプロフェッショナル集団であること

バリューが示す通り、働き方を含め個々に委ねられている裁量が非常に大きい組織。部署やポジションに縛られることなく、必要であれば年次に関係なく当然のように発言・実行し、当たり前とされる前提やルールを疑って物事のあるべき姿について考えていく姿勢は、crewwのメンバーの特徴だ。

以上のことから、採用にあたりcrewwが求める人物像として挙げられることは、セルフマネジメントを前提とした働き方が好き/できる、変化を楽しめる、などのワードが該当するだろう。これまでに採用されて活躍している人のキャリアとしては、大手企業出身者とベンチャー企業出身者が半々くらいで、職種によってさまざまだ。性別や学歴を問わず採用を行っており、「我こそは」と思う人はチャレンジする価値が大いにある。

228558同社が運営する共有型オフィススペース「docks」は社員も利用可能。シックにまとまったインテリアで、落ち着いて仕事ができる環境。
228557新規サービスの企画から関わることができるため、非常に自由度が高い環境だ。
228549

Creww 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、Creww 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 Creww 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
金融・保険系 >  プライベートエクイティ・ベンチャーキャピタル(VC)
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 4億6,455万円(資本準備金含む)
設立年月 2012年08月
代表者氏名 代表取締役 伊地知 天
事業内容 スタートアップ企業向けサービスの展開・運営
主要株主 経営陣
IncubateFund
日本テレビ放送網株式会社
オリックス株式会社
EastVentures
Mistletoe株式会社
株式会社 環境エネルギー投資
従業員数 42人
平均年齢 35.7歳
本社所在地 東京都目黒区青葉台1-18-14 3F
228548

Creww 株式会社資本金4億6,455万円(資本準備金含む)設立年月日2012年08月従業員数42人

もっと挑戦できる社会を実現し、日本が世界をリードするイノベーション大国へ!

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる