お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 手原産業倉庫の企業情報

228827

株式会社 手原産業倉庫

“日本の辻”滋賀でロジスティクスの未来を創る!常に進化を続ける物流センター

“日本の辻”滋賀でロジスティクスの未来を創る!常に進化を続ける物流センター

株式会社手原産業倉庫は、大阪市の「大正センター」や北九州市の「新門司センター」など、全国6か所で倉庫、物流センターを運営している。1970年の創業後、全農(当時)の肥料や農薬を手掛けたのを機に、倉庫業を積極的に開拓。JAやその他の会社へと取引を広げ、倉庫業を営む傍ら運送業にも進出。輸送効率を上げるため、荷物を載せたパレットと呼ばれる板をトラックからフォークリフトで降ろし、そのまま保管し依頼に合わせてパレット単位で出荷する方式で荷物を管理し、自社のトラックで輸配送も請け負うことで物流の効率化を徹底してきた。

そんな手原産業倉庫に転機が訪れる。食料品の卸会社から物流センターの運営を任されたのだ。

「単に荷物を預かる倉庫業と、商品の入出庫を請け負うセンター業は、ノウハウがまったく違いました。京都で食料品のセンターを運営するまでは、パレット単位で荷物を預かって出庫するだけ。しかし、食料品センターでは、ケース単位やピース単位での出庫に対応しなければなりません。1年ほど試行錯誤を続けて、センター業務を軌道に乗せました」(企画室長・今井あかり氏)

物流センター業への進出で、荷主の物流業務を受託するサード・パーティー・ロジスティクスへと業務形態が進化。「脱・保管業」の道を歩み出した。

さらに時は流れ、2001年には、大阪市に約6000坪の「大正センター」を開設。独自の物流センター管理システムを開発し、リアルタイムでの在庫情報管理を可能にするなど、ロジスティクスのシステム化へ踏み出した。

「2000年ごろ、物流業界でIT革命が起こりました。ウェアハウスマネジメント(WMS)の登場です。大正センターでは、独自に開発したWMSを導入しましたが、当時日本でWMSを導入していたのはわずか4社。しかも、マテハン(※フォークリフトやコンベヤなど機械による運搬や荷役作業)とWMSを連動させていたセンターは、ほとんどありませんでした。大正センターは、EC関連の大手企業や世界的なスーパーマーケットチェーンも視察に訪れました。日本各地から見学者が後を絶たない状態でしたね」(今井氏)

こうして、創業時、しょうゆ工場の倉庫を借りてスタートした手原産業倉庫の事業は、最先端のロジスティクスへと成長していった。

228838同社は大阪市の「大正センター」や北九州市の「新門司センター」など、全国6か所で倉庫、物流センターを運営している。
228857独自の物流センター管理システムを開発し、リアルタイムでの在庫情報管理を可能にするなど、ロジスティクスのシステム化へ。
228878

BtoBからBtoCへ!消費者とメーカーの懸け橋となりEC市場を開拓

2015年には、創業の地である滋賀県の手原に、鉄筋コンクリート3階建て、施設面積は6500坪を誇る「栗東センター」をオープン。1日に最大5万個の出荷に対応し、最大保管数は60万ケースに上る。もちろん、大正センターと同じく、パレット自動倉庫やケース自動倉庫、自動仕分け、自動補充など倉庫内のシステム化を徹底。ハイスピード化とローコスト化をさらに追及している。

「栗東センターでは、国内2例目となる、自動梱包システム『ジェミニ』を導入しました。商品をフィルムで覆うシュリンクと呼ばれる過程と、梱包過程をオートメーション化した機械。1時間当たり1200梱包をこなす効率もさることながら、送り先のラベルまで自動で張り付けてくれます。ピッキングした商品をジェミニにセットするだけで、出庫が可能となります。ここまでできるのは、ジェミニだけです」(今井氏)

ジェミニ導入の背景には、BtoBからBtoCへの進出という目的があった。卸会社の物流センター運営は小売店への出庫だが、国内EC市場の拡大に合わせて、メーカーをクライアントにエンドユーザーへ商品を届ける狙いがある。

「物販系のEC市場規模が10兆円に迫ろうとしている現在、中間マージンをカットするために、卸売を通さずにメーカーが小売店あるいは消費者に直接販売するビジネスモデルが広まっています。しかし、ロジスティクスを考えたとき、卸売業が持っている在庫管理のノウハウは、今後も重要です。物流センターがその役割を担い、メーカーと消費者をつなぐのが、当社の目指している先です。卸売会社のセンター運営を手掛けた経験から、当社にはロジスティクスの豊富な知見があります」(今井氏)

同社では「VMI(ベンダー主導型在庫管理)構想」を掲げているが、メーカーが同社のセンターを物流拠点として活用すれば、エンドユーザーにとって、より安く早く商品が手元に届く。栗東センターでは、従来のクライアントである卸売会社だけでなく、メーカーとの契約を進めている。

228850鉄筋コンクリート3階建て、施設面積は6500坪を誇る「栗東センター」をオープン。
227160倉庫内のシステム化を徹底し、ハイスピード化とローコスト化をさらに追及。
228867

物流センターと輸配送のシナジー効果で、物流の効率化を推進

倉庫から物流センターへと進化を遂げてきた手原産業倉庫の事業だが、もう一つの柱であるデリバリー事業でも新しい試みを次々に手掛けてきた。例えば「電子受領」。配送ドライバーが携帯する端末で受領の手続きができるシステムだが、郵便や大手の物流会社でも導入が進んでいるこのシステムを、同社では他社に先駆けて開発、導入してきた。

さらに、配送完了をリアルタイムで把握できるシステムも開発している。輸配送を依頼した荷主は、荷物が届くまで心配で気が抜けないもの。同社のシステムを使えば、リアルタイムで配送完了の情報が共有される。

「今や大手の宅配会社ならどこでも配送完了をインターネット上で確認できるシステムを導入していますが、配送員の端末が配送センターに戻ってきた時点で情報が更新されるものが主流です。つまり、厳密にいえばリアルタイムではありません。当社の配送完了システムは、配送先で受領した瞬間に情報がアップされます」(今井氏)

物流業の世界には、小さな運送会社がたくさんある。100台以上のトラックを所有している運送会社は全体の3%ほどだという。小さな運送会社の人たちは、IT化が進む物流業界で対応していくのが難しい。配送完了を共有するシステムの導入は不可欠なのだが、資金不足で導入できない会社も少なくない。そこで同社では、全国の中小運送会社向けに、配送完了システムをレンタルしている。

「当社の配送完了システムを使うことで、全国の運送会社とつながることができます。大手の物流企業に対抗するため、パートナーとなってくれる運送会社の協力で、全国に物流網を張り巡らせるのが目標です。そうすれば、当社の荷物を空いているトラックに積み込んで、効率のよい輸配送が可能となります。物流センターもより効率よく稼働します」(今井氏)

ロジスティクス企業として、常に進化を遂げてきた手原産業倉庫。物流センター運営と輸配送、2つの事業がシナジー効果を生んで、物流の効率化を推進してきた。今後も積極的にビジネスの幅を広げ、メーカーへの進出や決済システムの開発・提供など、物流の枠にとらわれない進化を目指すという。

ロジスティクスの世界は、amazonやウーバ―など、海外の巨大プレイヤーが発端となって、大きな変革の渦潮にある。Googleの自動運転技術、AIやロボティクスなど、最先端のテクノロジーでロジスティクスの未来を創るワクワクできる仕事が、手原産業倉庫で待っている。

228851メーカーへの進出や決済システムの開発・提供など、物流の枠にとらわれない進化を目指す。
228842ロジスティクスの世界は、amazonやウーバ―など、海外の巨大プレイヤーが発端となって、大きな変革の渦潮だ。
228866

株式会社 手原産業倉庫に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 手原産業倉庫に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 手原産業倉庫
業界 商社(卸売)・流通・小売り系 >  物流・運送・倉庫・梱包
資本金 5,000万円
設立年月 1972年07月
代表者氏名 代表取締役 今井 潤一
事業内容 ▼センター業務
荷主様の在庫圧縮及び庫内作業工数の圧縮によるトータル的な物流管理コスト削減のご提案を致します。
庫内作業の品質を含む物流品質を向上させトータル物流コストを削減いたします。 商品単位の回転率から入荷ロットの見直しを行い最適な在庫管理を実現しております。 常にクイックレスポンスを意識し多種多様化された環境にも速やかに対応してまいりました。
当社では、独自の観点からシステムを構築し実績データを蓄積して自社独自の判断基準から現場の作業改善を行っております。
最先端の技術からマニュアル操作までを完全デジタル化し日夜、分析を行っております。 常に新しい発想と新しいチャレンジに、ノウハウが蓄積されております。

▼デリバリー業務
幹線便を中心に関東地域、中部地域、中国地域、九州地域の運送を行っております。
当社ではメーカーや各企業に密着しローコスト、ハイパフォーマンスを常に意識しております。 共同配送など複数車両の合理化を実現し最もローコストな配送ネットワークを構築しております。
ドライバーの教育や付加価値サービスに力を注ぎ、ユーザー様の満足度を120%になるよう心がけています。
自社車両には全車にGPSを搭載し、トラックの現在地やリアルタイムに管理しています。 最短ルートの検索や遅配防止のツールとして活用して安全にお客様へ荷物がお届けします。

▼物流コンサルタント
当社では、常にお客様、荷主様の立場で経営をサポートしてまいりました。 一般消費者までの動向までを考えた、トータル流通システムをご提案いたします。 また、自社倉庫をお持ちの荷主様には、商品の回転率を意識した倉庫レイアウト変更のご提案、マテハン機器のご提案、 作業効率を考えたピッキングシステムのご提案、倉庫作業改善など、無駄な費用を改善する為のご提案などのコンサルタント業務を行っております。
倉庫をお探しの荷主様には、物流コストとパフォーマンスを考え販売ルートに最適の倉庫をお探しします。 新しい販売ルートの確保や新規ユーザーを確保する為のツール作りなどにも力を注いでおり、荷主様の売り上げにも貢献 出来ると確信しております。
主要取引先 旭食品株式会社
小野田化学工業株式会社
セントラル合同肥料株式会社
全農物流株式会社
中国塗料株式会社
プラス株式会社ジョインテックスカンパニー
プラスロジスティクス株式会社
本荘ケミカル株式会社
株式会社山星屋
おうみ冨士農業協同組合
甲賀農業協同組合
今津農業協同組合
レーク伊吹農業協同組合

従業員数 500人
本社所在地 滋賀県野洲市野洲1548番地
228827

株式会社 手原産業倉庫資本金5,000万円設立年月日1972年07月従業員数500人

“日本の辻”滋賀でロジスティクスの未来を創る!常に進化を続ける物流センター

この企業が募集している求人

227160
滋賀県に風を起こせ!【物流管理者】新物流センターで活躍してみませんか!
物流管理者

部門をお任せし、運営管理と部下の指導があなたの役割です。 【具体的には】 ■部門の運営をお任せします。  ①スタッフの人員配置を計画する。  ②スタッフの出勤を計画する。  ③作業ミスを集計し作業品質をを分析する。  ④作業しやすい環境を作る。  ⑤現場のリーダーに指示をして下さい。 【仕事の魅力】 ■これから物流が大きく変わっていく中で、実際に体感して頂けます。 ...

227160
【配送管理】お客様の笑顔がみえる仕事です!配送の企画・設計・運営を一緒にしてみませんか。
配送管理

配送管理 【具体的には】 ■運送会社に車の手配をして頂きます。 ■荷主と運送ルールの協議をして頂きます。 ■お客様に荷物が届いているか管理をして頂きます。 ■荷物を届ける協力パートナー(運送業者)と情報の共有をして頂きます。 【仕事の魅力】 ■お客様が欲しい時に届けると喜ばれる。 ■輸送効率を考えた配車が出来るとコスト削減に繋がり  利益の貢献が出来る。    ...

227160
【社内SE】ゼロから仕組みを構築できるチャンスがあります。一緒にやりませんか?
システムエンジニア

新しい顧客向けに弊社システムの変更をしたり、今後を想定して攻めの仕組み作りをします。 【具体的には】 ■運用システムの企画・設計・開発 ■顧客との打ち合わせ,交渉 ■外注との打ち合わせ,交渉 ■ネットワークの再構築 ■プロジェクト管理 【開発環境】 ゼロから作る仕組みもあるので 既存の環境に捉われず、新たなテクノロジーやプラットフォームを取り入れていきます。 ...

227159
【オペレーター】物流の分析など物流事務を経験できる!
オペレーター

事務職 【具体的には】 ■電話対応 ■物流品質の分析など ■PC操作 【仕事の魅力】 ■これから物流が大きく変わっていく中で、実際に中心でみることができます。 【社内の雰囲気】 若手が多いセンターで皆、人が良い。 多少のことは思い切りの良さと持ち前のバイタリティで助け合う環境です。 自由な風土があり、やりたいことがあればまずやらせてくれます。

残り1求人をみる
Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる