お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ライナフの企業情報

226371

株式会社 ライナフ

IoTプロダクトとWebサービスの双方を持つ不動産テックベンチャー!

『サービスが入ってくる家』をオープン、新しいライフスタイルを提案!

株式会社ライナフは、IoTプロダクトとWebサービスの双方を持つ不動産テックベンチャー。不動産領域では、いずれかの事業を手がける企業は少なくないが、同社は双方を手掛けることによる高い競争力を備えている。不動産業界大手の三菱地所や住友商事などが出資、建材・住設機器最大手のLIXILが提携・共同研究開発に応じていることは、同社の可能性や信頼性の何よりの証左といえる。

同社のIoTプロダクトは、各居室のサムターン式の鍵の上に取り付けることで、スマートフォンで開施錠できるようにするスマートロックの『NinjaLock』と、マンションなどのエントランスのオートロックを遠隔で開施錠できるスマートエントランスシステムの『NinjaEntrance』がある。『NinjaEntrance』は東京、大阪、名古屋を中心に約150棟(約2万世帯)に導入されている。
これらのプロダクトは、鴻海精密工業に次ぐ世界第2位のEMSであるFlextronicsなどに製造を委託。単品でも販売するが、これらを活用したSaaS型の自社Webサービスを主要な収益源としている。Webサービスは、2つの領域に大別できる。

1つめは「不動産事業者の業務効率化・自動化ソリューション」。物件の内覧希望者に電子キーを発行しインターネット上で受け渡すことで、物理的な鍵で発生していた紛失リスクおよび内覧予約や内覧付き添い業務の手間を一掃する『スマート内覧』と、物件確認電話を24時間365日、人の代わりに自動応答する『スマート物確』がある。

2つめの「空室の収益化ソリューション」には、貸し会議室に『スマート内覧』のしくみを応用し、会議室を30分単位で貸し出せるようにする『スマート会議室』がある。

さらに同社は、2018年2月末に『サービスが入ってくる家』の第1号物件を東京都大田区にオープンさせ、新しいライフスタイルを提案する。これは、『NinjaLock』や『NinjaEntrance』を用いて、生鮮食品やクリーニングなどの宅配や家事代行などのサービスを家主が不在時でも受けられるようにするマンション。『NinjaLock』と『NinjaEntrance』の開閉権限を同社が持ち、宅配サービスなどが同社コールセンターに電話を入れると、サービスの予約状況や宅配スタッフの本人確認を行った上で鍵を遠隔操作するというものだ。

「エアコンをリモートで入れるといったハードの進化による“スマートハウス”は、もう行き着くところまで行っているように思います。単身世帯や共働き世帯が増える一方のこれからは、帰宅したら家の中にモノが届けられているといった“スマートドア”のサービスが求められるでしょう。この考え方に、パルシステム東京さんなど5社のサービスプロバイダが賛同し、第1号物件をスタートさせることができました」。と代表取締役の滝沢 潔氏は説明する。

一方、すでに海外展開へのアプローチを始めており、13カ国で展示会への出展や商談が進行中。1か国につき1社の総販売代理店を開拓しているプロセスにある。

226380同社は、IoTプロダクトとWebサービスの双方を持つ不動産テックベンチャー。
226377『NinjaLock』や『NinjaEntrance』を用いて、家主が不在時でも「サービスが受けられる家」の実現を目指している。
226373

日本一の不動産企業を目指し、日本中の空室情報を集めて貸し出す“大家”へ

大学を卒業する時に、「30歳までに起業しよう。どうせなら大きなビジネスで」と考えた滝沢氏は、20代で数千万円という資金をつくるために不動産投資を学ぼうと不動産会社に就職する。そして、24歳でいざ不動産オーナーとなると、「所有物件が我が子のように可愛くなった」と述懐する。その後、信託銀行に転じて引き続き不動産投資に関わる業務に就き、自身も計4棟のビルやマンションのオーナーとなった。そこで、愛する不動産に“空室”が出ることが残念に思えてならず、オーナーにとってのリスクとなると再認識。このことが、「空室の収益化ソリューション」を手掛ける契機となる。

「不動産業界で起業するからには、日本一の会社になろう」と考えた滝沢氏。当時の時価総額No.1は、約3兆円の三菱地所であった。同社は終戦直後に丸の内の土地を買い集めて現在の地域を確たるものにしたが、滝沢氏に同様のことは不可能であった。一方、世界を見渡すと、Appleは70兆円、Googleは60兆円、そしてAirbnbでも4兆円あった。

「つまり、三菱地所に勝つには、ITを活用して世界に出るしかない。不動産を“所有”することが無理なら、不動産を“使う”ことをビジネスにすればいいと気付いたのです。日本中の空室情報を集めて、簡単に時間単位で貸し出す“大家”になれば、三菱地所を越えられるはずだ、と」。(滝沢氏)

Airbnbのようなマッチングサービスが出始めていたが、あくまでもマッチングだけであり、運用が無人化されなければ活用は進まないと考えた。その無人化を進める上で真っ先に突き当たったのが、鍵だったのだ。そこでまず手掛けたのが、『NinjaLock』の開発・生産である。その上で、『スマート内覧』や『スマート会議室』をローンチさせた。

IoTプロダクトの開発・生産には、莫大な資金を要する。2014年に設立されたばかりの同社であるが、三菱地所や住友商事などから7.5億円の出資を得、借り入れを含めて9億円の資金を調達できたことが、大きなキーポイントだ。

「私が大手信託銀行の出身で、グランドデザインのもとマイルストーンを決め、一つひとつ実証実験を重ね、そのプロセスや結果を基に大手企業ときちんと契約交渉を進めるという、地に足の着いた取引ができるところが強みとなっていると自負しています」と滝沢氏。

月極駐車場しかなかったところに、タイムズ24が駐車機器などのハードやシステムを開発したことで駅前などの隙間の土地に時間貸し駐車場を実現させ、土地オーナーにも車のドライバーにも大きな便益をもたらした。今、日本全国に空き家や空室が広がっていることが社会問題となっている。同社がその問題解消のキープレーヤーとして社会に貢献することは、間違いない。

226379不動産活用のためのスマートロックなどのIoT製品を開発。Airbnbなどの無人化を進める上で、『NinjaLock』は注目を浴びている。
2263832014年に設立されたばかりの同社であるが、三菱地所や住友商事などから7.5億円の出資を得、借り入れを含めてすでに9億円の資金を調達済み。
226372

チームプレーを最重視し、チームとして成果を上げることを目指す企業風土

2018年3月現在、同社の社員数は21名(うち女性6名)で、平均年齢32歳という若さだ。
同社におけるビジネスは、滝沢氏が描くグランドデザインや顧客の声などを基にタスクをつくり、プライオリティを決めプロジェクト化して進めている。成長一途のベンチャーとして滝沢氏が心を砕いているマネジメントポリシーは、仕事の質を高めて量を抑制することだ。滝沢氏は次のように言う。

「会社の仕事量は増える一方です。しかし、労働時間で評価することはしません。ですから、社内には『+-ではなく、×÷で仕事を考えてほしい』と話しています。2動いたら4倍、8倍と効用がアップしたり、業務量が4分の1になるといった仕事をしてほしい、と」。

チームプレーを最重視し、チームとして成果を上げることを目指す。評価もチーム単位で行い、個人単位でのインセンティブは支給していない。
「したがって、個々のメンバーを育てるのもチームで、思うように育たないメンバーがいる場合、その責任はチームにあるという考え方です」。(滝沢氏)

一方、全体で夕方から勉強会を開く機会も少なくない。営業担当もSQLについて学んだり、全員が滝沢氏から不動産業界の知識を教わったりしているという。

フレックスタイム制を導入しているが、メリハリをつけるためにも毎朝9時55分からをコアタイムとし、5分間の朝礼を行っている。1日のスイッチを入れるとともに、全員が顔を合わせる環境をつくることで、必要な時にパッと集まってSlackよりも速くアイデアの確認や意思疎通ができるからだ。子供の発熱など特別な事情の場合は除いて、リモートワークも原則的に認めていない。

月初には全体会議を開いて会社の状況を共有し、終了後は飲み会を行って親睦を深める。また、社員が自発的にフットサル部をつくり、休日に汗を流しているメンバーも少なくない。
そんな同社が求める人材は、ベンチャーである同社で働く意味を考えられる人。滝沢氏は次のように呼びかける。

「待遇のいい大手ではなく、当社で働くことに何を求めるのかを明確にできる人に来ていただきたいです。早くからプロジェクトを任されたいでも、成長を共有したいでも、ストックオプションが欲しいでも構いません。目的が腹落ちしていると、仕事が忙しくても迷うことなく突き進むことができるからです。エンジニアの場合は、自社サービスに深い愛情を持ち、率先して改良し続けられる方。そんな方のアプローチをお待ちしています!」

226378掛け算となるチームプレーを最重視し、チームとして成果を上げることを目指す。
226375あえてリモートワークを認めていない同社。全員が顔を合わせることで生まれる環境やアイデアを大事にしているからだ。
226374

株式会社 ライナフに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ライナフに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ライナフ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
不動産・建設系 >  不動産賃貸・仲介・管理
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 3億8756万円
設立年月 2014年11月
代表者氏名 代表取締役 滝沢 潔
事業内容 ■ 不動産管理向けシステムおよびアプリの開発、不動産活用サイトの運営
■ 不動産管理向けハードウェアの製造・販売

▼△- - - - - - - - - - - - - - -
『NinjaLock』
スマートフォンで開錠、施錠を可能にする工事不要、電源不要スマートロック。インターネット上でカギをシェアすることで、物理的なスペアキーは不要。自宅に、オフィスに、シェアハウスに使える、新しいドアロックシステム。

『NinjaEntrance』
既存エントランスに設置するだけで遠隔開錠が可能に。スマートフォンアプリケーションからも開錠することができ、こちらも大規模工事不要。
従業員数 32人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 8F
226371

株式会社 ライナフ資本金3億8756万円設立年月日2014年11月従業員数32人

IoTプロダクトとWebサービスの双方を持つ不動産テックベンチャー!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる