お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 STANDARDの企業情報

221401

株式会社 STANDARD

AI人材の育成を加速させるAI_STANDARDを広め、AI人材不足という日本の産業課題解決に挑む

初学者から最短距離でAIエンジニアに!法人向けオンライン研修サービス「AI_STANDARD」を提供

ここ数年、急速にAIの注目が高まっている。ホビーやビジネスにおける導入事例も増えており、「AIによってなくなる職業は?」などといった話題がメディアで紹介されたりもしている。その一方で、AIエンジニア不足の深刻度は増すばかりだ。経済産業省の調査によると、データサイエンティストといった先端ITを担う人材不足は今後拡大していき、2020年には4万8000人にのぼると推計されている。「企業の発展や事業成長のために必要な人材だが、採用しようにも満足に出会うことすらできない」状態が今後も続くことになるわけだ。

「それなら、自社で育成できないものか……」
こんな声に応えるe-Learningが、株式会社STANDARDが提供している『AI_STANDARD』である。すでに30社ほどに採用され、興味を抱いている企業からの問い合わせも多い。その理由はこれまでの学習コンテンツと異なり、「AI学習で挫折するポイントを事前にカバーした構成・内容になっている」点だと代表取締役CEO・石井大智氏は語る。

「AIを勉強するとき挫折する大きな要因には、数式が難しい、いつ使うかわからない、質問できる人がいないという3つがあります。専門書を読んでも難解な説明ばかりで理解しにくいし、質問したいと思っても、適切な人は周りにいない。しかも、学んだ手法やアルゴリズムをどうやって実務へつながるのかもイメージしにくい……。これではモチベーションを維持できるわけがありません。そこで『AI_STANDARD』では、ディープラーニングや機械学習の専門家である東京女子大学情報処理センター研究員博士である浅川伸一先生に技術監修として参加いただき、実務で必要な最低限の知識を機械学習14章、深層学習7章にわたって網羅的に学べるように構成。また、数学の素養がなくても理解が進むよう、具体的な課題を想定し、それに対してどのような分析をしていくかというストーリーをたてて“問題解決手段を考える思考プロセス”を身に付けられる内容になっています。動画解説や図解も豊富で、わからないことがあれば、オンラインで質問することも可能です」

企業にとって必要なのは、AIの知識を持っているだけではなく、それを実務で活かすことのできる人材だ。このツボを押さえ、かつ2.2カ月という短い学習機関で基礎レベルのAIエンジニアを育成できることこそ、AI_STANDARDの大きな強みだ。

221929同社が提供する『AI_STANDARD』
初学者がAIを学習する過程で挫折するポイントを事前に押さえた教材を提供。
221416代表取締役CEO 石井 大智氏
大学在学中に同社を起業。東大人工知能開発学生団体HAITの元代表も務めた。
221402

学生には無償でAI_STANDARDを提供し、AI人材が不足している企業とのマッチングまで行う仕組みを構築

株式会社STANDARDは、「2020年までの3年間で1万人のAI人材を輩出する」ことをビジョンとして掲げている。その背景には、日本のAI人材供給がアメリカや中国に大きく遅れていることがある。総務省の統計によれば、日本のデータサイエンティスト供給はアメリカの7分の1、中国の5分の1程度しかない。このままでは産業の発展においても遅れをとることになりかねず、「日本の産業競争力を高めるためにはAI人材をはじめ、先端IT人材を多く世に送り出すことが急務だ」ともいえる。そのため、同社ではAI_STANDARDによって企業内人材の育成を促進するだけでなく、学生と企業とのマッチングにも力を入れている。

「当社設立のきっかけでもあり、現在も提携している東大人工知能開発学生団体HAIT(ハイト)にAI_STANDARDを無償で提供し、AI人材を育成。その上で『インターンマッチングイベント』を運営して、企業との接点創出にも力を入れています」(石井氏)

東大人工知能開発学生団体HAITには東大早慶大を中心に200名以上の学生が所属しており、AI_STANDARDを用いて基礎的な手法について学んだ後、企業のインターンに参加したり、データ分析コンペや競技プログラミングに挑戦したりしている。現状、企業との接点はインターンに限られているが、今後は、採用につながるイベントの開催も視野に入れているという。

「当社の経営理念は、『創造力を自由にする』です。創造力とは、世の中に価値を生み出すこと、自由とは理想と現実が一致している状態と定義しています。しかし現状は、ポテンシャルを秘めた学生や社会人の力を引き出す教育が整っていないため、多くの人材がその活躍の機会を失っています。理想と現実の間に、大きなギャップが存在しているわけです。そこで、そういった人たちに学ぶきっかけを与え、ポテンシャルが花開くのを教育の面から支援するだけでなく、教育から社会実装まで縦一本の仕組みを構築するのが私たちの役割だと考えています」(石井氏)

そのためには、AI_STANDARDの内容を今以上に磨いていく必要があるし、解説動画をさらに充実させ、理解を促進する仕掛けも増やしていかなければならない。また、営業体制の整備も急務だ。設立間もない同社には、これから取り組むべき課題が山積しているといえる。しかし、それ以上に日本産業における意義を感じながら事業を育てていく充実感を得られる環境がありそうだ。

221924東大の特任准教授の松尾豊氏を招いての講演など、外部の協力者の支援も多数あり。
221927大学生にAI_STANDARDを無償で提供し、育成したAI人材を社会に輩出することで、日本の産業の発展を後押しすることを目指す。
221406

経営理念、ビジョン、行動規範を共有・実践できる人とともに

現在、株式会社STANDARDは石井氏とCTOの鶴岡友也氏、COOを務める安田光希氏のほか、数人のサポートスタッフによって運営されている。いずれのメンバーも東大人工知能開発学生団体HAITに所属していた経験を持ち、理念やビジョン、行動規範を共有している。そのため、これから加わるメンバーに求めることも、「そこに共感し、実践できるかどうかの一点に尽きる」と石井氏は強調する。

「当社の行動規範は3つ。『圧倒的に勝たせる姿勢』と『科学に矛盾しない思考』、もう一つが『改善を積み重ねる行動』です。

1つ目の「勝たせる対象」には、顧客と組織と自分があります。経営においてすべての源泉となる売上も結局のところ顧客をどれだけ喜ばすことができたか、顧客にお金を払ってもいいと思っていただけたかによります。その喜びを大きくするために組織で行動することを選択し起業したのですから、組織を勝たせることが間接的に顧客を勝たせることにつながります。そして、勝たせる組織であるには、当然ながら最高のバリューを与えることのできる個人の集合体でなければなりません」

「科学に矛盾しない思考」とは、たとえば利益は売上から経費と税金を引いたものというように、ある指標が何によって構成されているのかを解き明かし、そこに理想を当てはめ、現状とのギャップを数値化して目標を設定する。さらに、培った知見を抱え込まず、たとえ自分がいなくても回るようにシステム化しようとする思考を指している。

2つ目の『改善を積み重ねる行動』は、成果を大きくするためのもっとも着実な方法であり、その実践には有言実行、迅速果断、周知徹底が欠かせないという。

「計画通りの実行なしに、評価と改善はあり得ません。今やるべきことを先延ばししたタスクは、成果と信頼を少しずつ損なっていくでしょう。また、自分が何をしているのか報告、連絡、相談、確認、提案を怠ると、仲間が安心して仕事に取り組むことができません。このように、理念やビジョン、行動規範を共有・互いに実践することが、株式会社STANDARDとしてのパフォーマンスを最大化するとともに、仕事を楽しいものにしてくれると思うのです。この考え方を共有できる人と一緒に、日本の先端IT人材輩出に力を注いでいきたいですね」(石井氏)

221410スキルはもちろん大事だが、理念やビジョンに共感し、共に努力したいという気持ちを持つ人と、ともにビジョンを達成したい。
221421COOの安田氏(左)、CTOの鶴岡氏(右)
両氏とも東大人工知能開発学生団体HAITでのメンバー経験を持つ。
221405

株式会社 STANDARDに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 STANDARDに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 STANDARD
業界 サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
設立年月 2017年08月
代表者氏名 代表取締役社長 石井 大智
事業内容 ■AI/データサイエンス社内研修事業
■学生インターンコンサルティング事業
従業員数 3人
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F
221401

株式会社 STANDARD資本金設立年月日2017年08月従業員数3人

AI人材の育成を加速させるAI_STANDARDを広め、AI人材不足という日本の産業課題解決に挑む

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる