お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 モンゴロイドの企業情報

300146

株式会社 モンゴロイド

ウェブ解析を起点に継続的に成果を生み出し続けるWebマーケティング会社

ウェブ解析技術を武器にWebマーケティングをワンストップで支援

株式会社モンゴロイドは、Webマーケティング支援事業とEC運用代行事業を2本柱とする大阪のベンチャー企業である。広告運用およびEC運用を担うマーケッター、アートディレクター、Webデザイナーを自社内に一通り揃え、クライアントが持つWebマーケティング上の課題解決に一気通貫で対応する。クライアントの業種業態、規模の大小は様々だが、関西のテレビ・ラジオでCMを流す中堅企業や、全国に店舗網を持つ大手上場企業など優良企業ばかりだ。

同社が得意とするのは、継続的に成果を出し続ける仕組み作りだ。ウェブ解析を起点とし、仮説検証を繰り返しながら、費用対効果の最大化を目指し、確実に効果を上げ続ける。

その強みを支えるのがWebサイトの改善、広告運用、EC運用など、全ての施策の根拠となる事実情報を抽出するためのウェブ解析技術だ。社員のほとんどがWACA 認定ウェブ解析士の有資格者であり、その中にはウェブ解析士マスター3名、上級ウェブ解析士2名も含んでいる。創業メンバーの代表取締役・笹川賢氏と専務取締役・岩河勇太氏は、ともにウェブ解析士マスターである。

「例えばWeb広告の成果を上げるには広告のランディング先であるWebサイトの改善が必要となります。WebサイトのUIやUXが悪ければ、いくら広告で集客しても購買や問い合わせなど、求める成果には至りません。成果に繋がるWebサイトにリニューアルするには、ウェブ解析を行い、Webサイトの改善点を明確化する必要があるのです。成果を重視するクライアント企業に仮説・検証の根拠を明確に示せることは、弊社の強みの1つです。一度成果が認められると、競合他社に乗り換えられるリスクは減り、取引は長期に及びます」(笹川氏)

もう1つ重要なのが、ブランディングのスキルだ。ウェブ解析を行い抽出したデータを分析し、具体的な施策を決めるために情報整理をした上で、クライアントの商品、サービスの競合に対する差別化ポイントを明確にするスキルである。こちらも専務である岩河氏がブランドマネージャー認定1級の有資格者だ。

「Web広告やEC運用がマーケティング活動の一環である以上、対象となる製品やサービス、あるいは企業そのもののマーケティング上における根本的な差別化ポイントが明確になっていなければ、継続的に成果を上げて行くことはできません。差別化ポイントが明確になっていない場合、例えば広告のご相談であっても、まずはコンサルティングを行い、ブランディングからスタートすることを提案しています」(岩河氏)

それをすることで広告の費用対効果は上がり、同社の広告代理店としての収益は落ちることとなるが、継続的な成果が見込まれるため、長期的な視野で見れば自社のメリットにも繋がる。

221706代表取締役 笹川 賢氏
ウェブ解析士マスターであり、同社を岩河氏とともに創業した。
221708専務取締役 岩河 勇太氏
ウェブ解析士マスターであるとともに、ブランドマネージャー認定1級の資格も持つ。
221713

目標はWebマーケティング業界におけるスタンダードのフレームワークを創る

広告販売で収益を上げる広告代理店や、施策の実行フェーズには関与しないコンサルタントとは一線を画した立ち位置でクライアントのビジネスに貢献するモンゴロイド社。その創業は2013年6月である。創業前、笹川氏と岩河氏は大阪市内の広告代理店に同僚として勤務していた。笹川氏は制作部門でWebディレクターを勤め、岩河氏は営業職に従事する中で、同じプロジェクトに参加する機会が多かったことが、起業のきっかけを作った。

前職時代の広告代理店のビジネスモデルはまさにWeb広告を販売することで手数料を得ることが主軸。ひしめく競合の中で、付加価値をつけるため、ウェブ解析でWebサイトの改善点を明確化した上でリニューアルし、準備を整えた上で集客するという流れを作ったものの、その本質的な価値には着目されず、ビジネスモデルの転換に至ることもなかった。また、広告代理店や制作会社、Webコンサルティング会社が、それぞれの立場で関わることで、一貫した施策が打てず、継続性のある成果に結び付かない状況にももどかしさがあった。

「広告の販売手数料に依存するビジネスモデルには限界を感じていました。広告の増額を提案するにしても、エビデンスを示さずにいきなり提案するのと、コンサルティングを挟んで集客の準備を整えた上で提案するのとではクライアントが受ける印象が大きく変わります。そういった状況を背景に、自分たちでやった方が成果が出せるし、報酬についても自分たちで自由に決めることができると考え、岩河を誘って独立しました」(笹川氏)

ウェブ解析士やブランドマネージャーの資格を取得し、それらのスキルや技術をベースにクライアント企業の課題に応じ、データに裏付けされた提案をして成果を出すことで信頼を築き、毎年200%以上の伸び率で成長し続けてきた。

緻密なデータ分析をもとに戦略を構築し、クライアント企業の中のWebマーケティング部門として機能する同社のサービスは決して安価ではなく、クライアントは必然的にビジネスの成長が見込める企業が多くなる。その中には以前取引していた広告代理店に物足りなさをいだき、モンゴロイド社へ乗り換えた経緯を持つ企業が少なくない。あるクライアントは同社を「新しいスキルや技術の獲得に励み、自社の成長に合わせた提案をしてくれる」と評する。

そんな同社の経営理念は“世の中を、ここちよく、かっこよく”だ。クライアントの商品やサービスの本質的な価値を探り、選ばれる理由をつくり出すことで感動を与えることをミッションとするとともに、Webにとどまらない広い視野で、社会全体に影響を与えられる企業の実現を目指している。

「そのためのステップとして短期的に目指すのは、ロジカルに考え抜かれた売れる仕組みと、見栄えがきれいなデザインを両立できるWebマーケティングの支援会社です。そのために、我々が得意とするロジックの構築にさらに磨きをかけるとともに、クリエイティブ力の強化に取り組んでいます」(岩河氏)

そして長期的な目標として掲げるのは、これまでに蓄積したノウハウを、同社独自のWebマーケティングのフレームワークとして確立し、Webマーケティング業界のスタンダードとして定着させることだ。

「ウェブ解析士やブランドマネージャーなどの認定資格を取得する過程では、それぞれ母体となる協会が定めたカリキュラムを学びます。その中で必ず出てくるのが「3C」というフレームワークです。ただ、ウェブ解析とブランディングでは、それぞれ重心の置き方が異なります。現在はクライアントの課題に応じて、それぞれを使い分けていますが、いずれはモンゴロイドオリジナルのフレームワークにまとめ上げ、業界標準として多くのマーケッターに使ってもらえるようになればいいと考えています」(笹川氏)

300147「ウェブ解析」と「ブランディング」の2つの強みを融合し、顧客に本質的な価値を提供する。
300153「ここちよい環境」へのこだわりが打ち合わせスペースにも。コミュニケーションにかける時間は惜しまない。
300149

書籍費や資格取得費を会社が負担する制度あり。居心地の良いオフィスで着実に伸びるスキル。

現在(2020年1月)、モンゴロイド社は総勢22名。これまでは、笹川氏、岩河氏の元同僚など、お互いに信頼のおける知人らを中心にメンバーを集めてきたが、今後のビジョン達成と事業拡大に向け、これまで以上にスピーディな採用活動を行う計画だ。特に、平均年齢が30代半ばの同社では、10年先を見据えた若手人材の確保に注力する考えである。

同社で働く最大の魅力は居心地の良さだ。リファラル採用を軸に人を集めてきたこともあり、自然と良い意味での“ゆるさ”が出来上がった。仕事の中でぶつかり合うこともあるが、基本的にはコミュニケーション力とバランス感覚を備えた穏やかな性格の社員が多く、調和を乱すような人間関係は存在しない。一方では、学習意欲と目標に向かう際の集中力の高さを備えているため、メリハリの利いた働き方が実現している。

オフィス環境にもこだわる。木目調で統一したインテリアや、暖色系のライティングといった空間デザインは、クライアントなど外部からの見え方も意識はしているが、社員の通勤するモチベーションを維持することが一番の目的である。PCや机、椅子などは、可能な限り上質なものを採用する。さらに社内イベントも活発で、創業以来、韓国、香港、シンガポールなど海外への社員旅行を実施してきた実績もある。

一般公募による採用を開始する上で課題となるのが組織化だ。そのために全社員で行動指針の策定に取り組んだ。経営理念である「世の中を、ここちよく、かっこよく」に沿って、仕事への取り組み姿勢、プライベートとのバランス、社員同士のコミュニケーション、結果へのこだわりやチャレンジ、さらに成長の重要性、クライアントとの関係づくりなどをまとめている。

「弊社は設立以来、クライアント企業一社一社に合わせたオーダーメイドのビジネスを展開してきましたが、今後は弊社なりのセールスポイントを明確に打ち出したビジネスを展開していきたいと考えています。そのようなビジネスを一緒に作っていける人を求めています。従って現状で必要としているのは、言われたことをこなすのではなく、情報を集めたり、人と会ったり、自発的に動ける人材です。結果にこだわりながら、その結果に至る過程を楽しめる。そういう方に対して、好ましい環境を提供できるでしょう」(岩河氏)

経営者と一般社員の距離が近いため、対話をしながら自身がやりたいことを実現していくことができる。社員教育にも力を入れており、会社が指定する資格取得のみならず、各自が希望する研修の費用なども、全額会社が負担する。評価制度も刷新。数字の達成度と目標に向けた行動の2軸で評価することで、各自、偶然ではなく着実にスキルを伸ばせる環境も整備している。

現在、関西の広告代理店やWeb制作会社、あるいはWebコンサルティング会社などに在籍する中で、自身の夢やビジョンを実現できる場所を探している人にとって、モンゴロイド社は恰好の舞台となるだろう。

300150オフィスにはコーヒー豆と紅茶(茶葉)を数種類揃えている。ティータイムが始まることも。
300166オフィスの中には緑もあり、目に優しい環境だ。メンバーが働きやすい環境を整えている。
300152

株式会社 モンゴロイドに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 モンゴロイドに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 モンゴロイド
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 1000万円
設立年月 2013年06月
代表者氏名 代表取締役 笹川 賢
事業内容 経営理念は「世の中を、ここちよく、かっこよく」
これは、お客様やその先のユーザーだけでなく、自分たちへのメッセージでもあります。

「ここちよさ」「かっこよさ」を実現しているのは、他ならぬモンゴロイダー(当社のメンバー)ひとりひとりです。
モンゴロイダーの成長が、仕事の成果に直結しています。

取引先や仲間との関係、あるいは仕事場がここちよいものであるように、それでいて、ビシっと結果を出しちゃうかっこいい人たちであるように。
ここちよく、かっこいいプロジェクト、ここちよく、かっこいい会社、ここちよく、かっこいい社会を実現するため、日々の仕事に「こだわり」を持って向き合っている会社です。

■Webマーケティング支援
ブランディングやコンサルティングといった戦略面と、解析やデザイン、広告といった戦術面をつなぐことで「継続的な成果を出すための仕組み」を構築する支援を行なっています。
※ブランドマネージャー認定協会資格保持者が在籍(トレーナー1名、二級4名)

■Web解析
データ分析による課題の抽出および仮説の構築から、具体的な改善案の策定までを行なっています。
アクセスログの解析だけでなく、市場調査、競合調査など外部要因の分析も行います。
※ウェブ解析士資格保持者が在籍(マスター2名、上級2名)
※ウェブ解析士協会 関西支部長を歴任

■インターネット広告の運用
商材やサービスに適した広告プランの策定、適切な予算配分および年間計画の設計、広告の運用代行を行なっています。
Yahoo!、Google、indeedなど複数の媒体で広告代理業務の認定を受けています。

■Webサイトの企画・開発
ウェブ解析を軸に、サイト構造の設計、サイト構成の設計を行った上で、Webデザイン、コーディング、WPの導入やASPへの実装を行なっています。
商品やサービスの魅力が「伝わる」ことに重点をおいています。

■EC運営支援
クライアントのEC事業の成長をミッションとし「売れ続ける仕組み」を構築する支援を行っています。
楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングや自社ECサイトの運用代行・ディレクションだけでなく、EC事業戦略の策定、組織構築、コスト改善、商品企画、物流など、一歩踏み込んだ提案も行います。
従業員数 22人
本社所在地 大阪府大阪市北区堂島 2-2-23 白雲ビルヂング 1F
300146

株式会社 モンゴロイド資本金1000万円設立年月日2013年06月従業員数22人

ウェブ解析を起点に継続的に成果を生み出し続けるWebマーケティング会社

この企業が募集している求人

Dxsmall
×