お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

フロントディール 株式会社の企業情報

220536

フロントディール 株式会社

創業3期目、通販・EC向けPRマーケティング支援で国内No.1へ、共に事業・組織をつくる醍醐味

他に類を見ない、ダイレクトマーケティング×PR×アライアンスで独自性を発揮

フロントディール株式会社は、通販・EC企業に特化したPRマーケティング支援を展開。同社の母体は、通販・EC企業を対象としたダイレクトマーケティングを支援する“ファインドスターグループ”であり、2016年の7月1日に、株式会社ファインドスターの執行役員であった前田裕氏によって設立された。

前田氏は2008年にファインドスターに入社して以来、主に営業畑で新規事業の経験から、メディア事業・広告代理事業に携わってきた。2013年に東京営業統括責任者に、2015年からは執行役員に就任。事業をスケールさせるミッションを背負って15億から50億までの事業フェーズを経験。その後組織も拡大を続ける中、2016年に0→1フェーズをやるべきと考え、起業を決意し同社を創業した。元々起業家志向が強く、ファンドスターに対する深い思い入れもあった同氏は、「1,000億の企業体を創りたい」という強い意思のもと、グループ会社としての設立に臨んだという。

現在同社は、主に通販支援実績1000社以上の実績を持つファインドスターグループの顧客に向け、売れるコンテンツづくり・PRによる情報拡散を軸とした、PRマーケティング支援サービスを提供している。クライアントの商品・サービスの魅力を高め、消費者が必要としていて購入したいと思う情報を届ける。これはいわゆるPRマーケティングサービスであるが、実はこのサービスを通販業界に特化して提供している企業は珍しいという。理由はシンプルで、通販は事業構造上、数値で示せるマーケティングに予算を投資するからであり、PR会社としては収益が上がりにくいため、積極的に通販業界に営業をしてこなかったからだ。

「ファインドスターが母体にあることが強みになっています。既に莫大な顧客DBが存在し、通販・EC企業のニーズを理解しているので、何に困っているのか?の集合値を汲み取り、解決できるサービスづくりを行いました。それが現在のPRマーケティングサービスに繋がっています」(前田氏)

この他、第3者によるコンテンツづくりを担う専門家・医師・著名人を1000名以上、SNSによる拡散力を持ったインフルエンサーを2500名以上、グループのネットワークとして抱えていることも他社の追随を許さないポイントとなっている。さらには、自由にインフルエンサーを検索・公募し、自社のPRに直接起用できるインフルエンサー・プラットフォーム『expaus』を開発した企業と業務提携していることも、同社が持つネットワークの強みを引き出す。

この独自性あるサービスは、プロモーション活動において、コストパフォーマンスがなかなか上がらない、差別化できるコンテンツがなかなか作れないといった通販・EC企業の課題を解決し、取引社数も順調に増加している。取引先は誰もが知るナショナルブランド企業から、EC専業の中小企業までさまざまだ。

281016代表取締役の前田 裕氏は、起業家マインドを持ち、バイタリティあふれる人物だ。
220544ファインドスターの本社オフィスの一角に、同社オフィスが設けられている。
281017

Vision2022=国内No.1に向けた挑戦は、これから本番を迎える

同社は設立3期目を迎えている。今期、同社はどのような展望を打ち立てているのか?前田氏に伺ったところ、大きな軸として二つが挙げられた。

一つ目は、PRマーケティング支援においては、現時点で通販企業がまだまだ活用しきれずにいるため、伸び代の大きなInstagramへの注力だ。Instagramをベースとしたインフルエンサー・プラットフォーム『expaus』のさらなる機能改善と導入を計画しており、まずは契約100社の目標を掲げている。

二つ目は、専門家による第3者コンテンツの強化だ。さまざまなジャンルの専門家による商品開発やSNS拡散を推し進め、通販向け専門家コンテンツでは圧倒的な実績づくりを目指している。

同社は “Vision2022”という、通販・ECに特化したPRマーケティング支援で国内No.1のポジションを築く中期ビジョンを掲げている。具体的な数字目標としては、売上30億円の支援規模、社員数55名の組織規模を想定している。今期はVision2022達成に向けた飛躍のスタートラインとして位置付けられている。

今後の展望を具現化するにあたり、同社の現状の課題はどこにあるのか?前田氏は、将来の幹部を担う人材の採用・育成だと断言する。創業フェーズであれば、トップ個人の力で突破できることもある。しかし、事業・組織をスケールさせるためには、トップも然り、経営人材の育成が不可欠だ。現在同社の人員体制は前田氏含め8名。前田氏以外は全員20代という若い組織である。

このことに関しては、若いメンバーを将来の幹部候補に据え、若い力で未来社会に必要とされる企業・組織づくりを目指すという前田氏の考えがあるとのこと。PRマーケティングの手法は、トレンドが目まぐるしく変化し、使われるインフラも進化する。Instagramでさえも、3年後も同じように使われているかは誰もわからない。そういった意味で、最先端の情報を柔軟にキャッチし即行動できるスピード感のある企業を創るために、若いメンバーによる柔軟な組織づくりは、必要不可欠だと言えるだろう。

同社は今後のさらなる飛躍に向け、次世代の人材採用・育成を強化している。これから入社する人に期待するものは、キャリアでもなく、スキルでもないそうだ。ただ一つ、同社の価値観に共感できることを重視しているとのこと。「前例がなくとも先陣をきって挑戦し、社会に新しい価値を提供することにワクワクできる人であれば、とても刺激的で成長できる環境を用意してます」と前田氏は語る。志高く共に高め合いながら、一緒に未来のメガベンチャーを創りたい。これが前田氏の切なる願いである。

220550企業の意思決定には、20代の若い社員のアイデアも積極的に反映している。
281018取引先の通販EC企業に対し、存分に企画・提案力を発揮することができるため、やりがいある仕事だ。
281019

過去の先人達に創っていただいた道はもう十分歩いた、次は若い私たちが未来へ続く道を創る番だ

創業して間もない組織だからこそ、裁量はどこの大手よりも成長ベンチャーよりも大きい。これは同社で働く上での魅力の一つだ。

「事業やサービスの立ち上げ業務はもちろん、戦略立案段階から参加することができます。意見やアイデアを出すのに、社歴や年齢はまったく関係ありません。業界未経験入社であっても、入社したその日から幹部候補として活躍することができます。更には創業メンバーですから、会社の文化を共に創っていけると言っても過言ではないでしょう」(前田氏)

半期に1度、前田氏を含め社員全員で経営合宿を行っており、親睦を深めると同時に、企業の戦略や組織づくりに関する議論を交わしているとのこと。また、皆で改めて価値観やビジョンを共有することで理解を深め、全員経営を実践しているようだ。

日々の業務においても、サービス改善やイベントのアイデアなどが活発に飛び交い、経営会議で議題として取り上げられている。もちろん良いアイデアであれば即決、即実行である。これまで「こんな機能を『expaus』で追加してみてはどうか?」「こんな有名人のイベントをやってみないか?」といったアイデアが次々と形になっている。

前田氏は、他社員7名と机を並べて一緒に仕事をしている。お互いのコミュニケーションも活発で、達成ランチや節目の飲み会などでざっくばらんに交流を図っているそうだ。こうした経営と現場の距離の近さが、スピード感あふれる意思決定に一役買っていると言える。

「入社したら即、僕の近くで働き、経営を肌で感じることができる。しかも、感じるだけではなく、実践で一緒に組織を築き上げる醍醐味が味わえる。僕もファインドスターに入社した時は30名程社員がいましたから、このような創業期に参加できるタイミングってなかなかないと思いますよ」(前田氏)

最後に、現場で活躍する3名の若手社員、そして今後仲間になるメンバーに対する期待を聞いてみた。すると「今は8名ですが、2022年に50名以上を掲げているように、これから企業を大きくしていきます。だから、成長した組織を引っ張っている未来の自分をイメージして成長していって欲しいです。ぜひとも組織の成長と個人の成長が加速度的に起こる醍醐味を味わってください」というメッセージが返ってきた。上昇志向のある方にとって、今が絶好の入社のタイミングであることは確実である。

216769代表と現場の距離は近く、話やすい雰囲気だ。
281038半期に一度の総会も若いメンバー中心に盛大に。
220555

フロントディール 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、フロントディール 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 フロントディール 株式会社
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  その他マスコミ・エンターテイメント・メディア系
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 500万円
売上(3年分)
2017年 6月 期 2018年 6月 期
6,000万 19,000万
設立年月 2016年07月
代表者氏名 前田 裕
事業内容 PRマーケティング支援事業
モデルキャスティング事業
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社ファインドスター100%
従業員数 8人
平均年齢 26.6歳
本社所在地 東京都千代田区三崎町1-4-17 東洋ビル11F
220536

フロントディール 株式会社資本金500万円設立年月日2016年07月従業員数8人

創業3期目、通販・EC向けPRマーケティング支援で国内No.1へ、共に事業・組織をつくる醍醐味

この企業が募集している求人

Bnr sp354 6
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×