お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Fun Japan Communicationsの企業情報

213997

株式会社 Fun Japan Communications

アジア地域最大規模の日本紹介サイト『Fun! Japan』を軸に展開するデジタルマーケティングで大注目のベンチャー

アジア地域最大級規模の『Fun! Japan』を軸に、インバウンドビジネスを強力にサポート。

台湾・ASEAN諸国の現地消費者へ日本の素晴らしさを紹介するWebメディア『Fun! Japan』の運営を軸に、アジア向けにデジタルマーケティング事業を展開する株式会社Fun Japan Communications。
現在、『Fun! Japan』はインドネシア・台湾・マレーシア・タイの4カ国で展開されており、サイト会員は約55万人(Facebookファンも430万人以上)と、日本紹介サイトとしてアジア地域最大級の規模を誇っている。

台湾やASEAN市場の将来性を見据えターゲットにする日本企業は急増しているが、民族・宗教・文化・所得などの多様性から現地消費者の生の声がつかみきれず、効果的なマーケティングが困難な現状もあるという。
そんななか、現地消費者との強固な関係性を築いている『Fun! Japan』。同社はその大規模な”日本好きコミュニティ”をプラットフォームとして、海外進出やインバウンドを推進する日本企業・自治体に対して市場調査やプロモーションサービスなどを提供し、数多くの実績を積み重ねている。

ゼネラル・マネジャーの石田和也氏は次のように語る。
「インバウンド、アウトバウンド、海外事業展開、越境ECなどは今後さらに拡大することが予想されますが、ビジネスを成功させるうえで現地消費者との“接点拡大”や継続的な“関係性構築”は多くの企業や自治体にとって大きな課題です。

『Fun! Japan』を通して現地消費者としっかりと接点を持ち、カスタマージャーニーに沿った形で調査・認知・購買促進・リピート化まで一連の施策を実施できる点が当社の強みだと考えています。また、当社に在籍するスタッフの約3割は外国籍で、さらにインドネシアやタイ・マレーシアなどに現地スタッフが駐在しており、現地消費者とのつながりを丁寧に深めています。ユーザーとの一体感を生み出すような現地フェスやイベントも開催しており、デジタルとリアルの両面から展開できる点も、お客様からご評価いただいているポイントではないでしょうか」

『Fun! Japan』というコミュニティを有し、東南アジアをターゲットとしたプロモーションから現地展開まで、リアルなアプローチも含めたトータルなデジタルマーケティングサービスを提供する同社。全国の自治体や企業からの注目度は非常に高く、案件は拡大し続けている。

214191台湾・ASEAN諸国の現地消費者へ日本の素晴らしさを紹介するWebメディア『Fun! Japan』の運営を軸に、アジア向けにデジタルマーケティング事業を展開する同社
213989ゼネラル・マネジャー 石田和也氏
214190

日本とアジアの架け橋となるべく、デジタルマーケティングの分野でNo.1を目指す!

Fun Japan Communicationsの設立は2016年10月。株式会社ジェイティービー・日本通運株式会社・株式会社三越伊勢丹ホールディングス・日本航空株式会社という各分野のトップランナー4社が共同出資して誕生したジョイントベンチャーである。
そんな同社が掲げるビジョンは、「日本企業や自治体とアジアの消費者との接点となり、日本とアジアの架け橋になる」こと。インバウンドビジネス・海外事業展開・自治体の地方創生のサポート、ひいては日本の成長と発展への貢献を目指している。

「もちろん、それは我々の力だけでは決して実現できません」と石田氏。同社は現在も広告・分析・翻訳など様々な分野の企業との業務提携を推進しているが、今後もサービスに幅を持たせよりユーザーエンゲージメントを高めるために、業種を問わず連携を進めていく方針だという。

石田氏は次のように語る。
「様々なパートナー企業様と連携しながら、デジタルマーケティングの分野でNo.1を目指し、海外展開やインバウンドビジネスを模索する企業から第一想起されるような会社へと成長していきたいです。
インバウンドに関して言えば、東京オリンピックが開催される2020年は一つのターニングポイントだと思いますが、我々はその先を見据えています。現在も、県単位あるいは市単位ごとにPRや集客のご依頼をいただいておりますが、2020年以降も永続的に自立・発展できるような体制をそれぞれのエリアで確立するところまで視野に入れた施策を実施しているところです。今後10年、50年、100年という長期的な視点で、日本がよりアジアに目を向けて発展していく基盤を作り上げるのが当社のミッションだと考えています」

同社は今後、『Fun! Japan』の展開国を香港・ベトナム・フィリピンへと拡大していくと同時に、サイト自体の強化やスマートフォンアプリの開発にも力を入れていく計画だ。さらには、国内外での位置情報を活用したリアルターゲティングや、AIを活用したレコメンド機能の実装なども検討しているという。今後の展開が非常に楽しみである。
サービスやコンテンツを拡充させ、集客力をより加速させていく構えの同社。現在、『Fan! Japan』をグロースさせるWebディレクターの参画を待ち望んでいるところだ。

213980今後はアジア展開、また位置情報を利用したリアルターゲティングなどを検討している。
213984同社のビジョンは「日本企業や自治体とアジアの消費者との接点となり、日本とアジアの架け橋になる」
213993

オープンなオフィスで外国籍のスタッフや各分野のプロフェッショナルが活躍!グローバルな環境が魅力。

同社では多くの外国籍スタッフが活躍しており、今後その割合は増えていく見込みだという。日本にいながらグローバルを肌で感じられる環境なのは間違いない。
また、オフィスはオープンな空間となっており、非常に自由な雰囲気がある。各職種のプロフェッショナルなメンバーたち、そして育った国や文化・言葉が異なるメンバーたちと密にコミュニケーションをとりながら知見を広げていくことができる魅力は大きいだろう。

プロダクト&アナリティクスDiv. Divマネージャーの西村元延氏は次のように語る。
「今の自分のスキルやビジネスマインドに自信があって、そこからもう一段階上のステージへと成長したいという意欲のある人にとっては、非常にチャンスの多い職場だと思います。各分野で一線級のメンバーがすぐ目の前で仕事に励んでいるので、いろいろと学ぶことも多いはずです。
当社を一つのステップにして独立を目指す方も大歓迎です。実際に当社のプロジェクトに携わったのちに起業したメンバーもいますし、5年で辞めると宣言して参画しているメンバーもいます。起業する前の助走期間として当社で経験を積み、本当に新しいビジネスに挑戦できるかどうかを考えてみるのもいいと思いますね」

様々な国籍・職種のメンバーが在籍しているので、コミュニケーション能力は同社で働くうえでの重要な要素になる。また、自ら広くアンテナを張り積極的に学んでいく姿勢も求められる。例えば技術者であってもグローバルレベルでのデジタルマーケティングの知見を深めるチャンスがあるからこそ、一つの領域に固執せずに広い視野で物事を考え仕事に取り組むことができる人が理想だという。

石田氏は最後に次のようなメッセージをくれた。
「設立から約1年の若い会社ですが、当社はASEAN諸国を対象としたデジタルマーケティングといういまだ確立されていない前人未到の領域に本気でチャレンジしています。そのためには、『Fun! Japan』のサイトをより高度なものにしていく必要があります。すでに多くの実績を重ねているサービスを、自分の手でより成長させていく魅力ややりがいは大きいはずです。
オフィスも開放的で、自由なアイデアが生まれやすい環境を作っています。もちろん、様々な国籍のスタッフが混在する異文化のなかで働くことも、他ではなかなか経験できないことだと思います。当社はこれから大きな飛躍を迎えるタイミングです。自由な環境のなかで、アジアの勢いをダイレクトに感じながら、思う存分に自分の実力を発揮したい方は、是非、当社にご参画ください!」

213976様々な国籍・職種のメンバーが在籍しているので、コミュニケーションをとても大事にしている同社
213987プロダクト&アナリティクスDiv. Divマネージャー 西村元延氏
213992

株式会社 Fun Japan Communicationsに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Fun Japan Communicationsに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Fun Japan Communications
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 15億円(払込資本金)
設立年月 2016年10月
代表者氏名 藤井 大輔
事業内容 ■ インターネット等のネットワークを利用した情報提供サービス事業
■ 有料広告掲載事業
■ 市場調査事業

私たちFun Japan Communicationsは、『日本企業や自治体とアジアの消費者との接点となり、日本とアジアの架け橋になること』をビジョンに掲げています。
2017年11月時点ではインドネシア・台湾・マレーシア・タイの4カ国を中心に、台湾・ASEANエリアにて日本紹介No.1サイトである「Fun! Japan」を運営しています。

- Fun! Japan Indonesia
- Fun! Japan Taiwan
- Fun! Japan Malasia
- Fun! Japan Thailand
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社ジェイティービー
日本通運株式会社
株式会社三越伊勢丹ホールディングス
日本航空株式会社
従業員数 35人
本社所在地 東京都港区芝公園1-6-7 ランドマークプラザ 7F
213997

株式会社 Fun Japan Communications資本金15億円(払込資本金)設立年月日2016年10月従業員数35人

アジア地域最大規模の日本紹介サイト『Fun! Japan』を軸に展開するデジタルマーケティングで大注目のベンチャー

この企業が募集している求人

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる