お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 レッジの企業情報

234862

株式会社 レッジ

ナショナルクライアントをはじめ実績多数!国内No.1のAI特化型メディアの運営をベースとする、AIコンサルティングで注目のベンチャーです!

AI領域で国内最大級のPV数を誇るメディア『Ledge.ai』、国内最大級のAI×ビジネスカンファレンス『THE AI』を運営

AI特化型Webメディア『Ledge.ai』を運営するメディア事業と、AI・MA・チャットボットなどのAIソリューションの企画・提案を行うコンサルティング事業を軸に展開する株式会社レッジ。
2017年10月に、急成長中のWeb制作会社である株式会社ビットエーからスピンアウトして設立された。

『Ledge.ai』は、もともと親会社であるビットエー社により『BITAデジマラボ』として運営されていたメディアだ。デジタルマーケティングに関わる新技術や手法、その活用事例を紹介・解説するほか、情報発信にとどまらず自らAIやチャットボットを開発するなど幅広い活動を行なってきた。現在では、AI領域で国内No.1のPV数を誇り、業界を牽引するメディアにまで成長している。

レッジでは、メディア運営を通して培ってきた情報やネットワークをもとに、AI・MA・チャットボットなどのテクノロジーを開発・提供するツールベンダーの垣根を超えた企画・設計・プロジェクトマネジメント・PRなどを実施。AIコンサルティング事業として、すでにナショナルクライアントをはじめ数多くの企業でのプロジェクト実績を積み重ねている。

2016年11月には、中部経済新聞『AI新聞記者』プロジェクトに開発協力し、AI記者によって生成された記事が新聞紙面にて公開。総務省主催の『異能vation』アワードにノミネートされるなど、大きな話題を呼んだ。
2017年5月には、同プロジェクトのエンジンをベースとし、機械学習を用いた『アイドルTwitterアカウント運用代行実証実験』で全体プロデュースとデータ設計部分などを担当している。

また、2017年6月にパナソニック、アニメイトなどと共同でリリースされた『動いて喋るアニメFAQ-bot:結(ゆい)』では、全体設計とプロデュースを担当。パナソニックが運営する会員制サイト『CLUB Panasonic』公式アプリ内から利用が可能な家電FAQ-botとして期間限定公開され、フルアニメーションで動く機械学習チャットボットが注目を集めた。

直近では、ウェブライダー社、SPJ社と共同でディープラーニング・機械学習を用いた文章校正の共同研究を開始。ウェブライダー社の提供する推敲・校閲支援クラウドツール『文賢』に機械学習・ディープラーニングなどの技術を活用し、文章校正業務の簡易化などを目指す同プロジェクトでは、レッジは誤字・脱字検出エンジンの開発を担当している。

レッジのコンサルチームには、一般社団法人日本ディレクション協会の会長や不動産メディアのプロデューサーなど多彩な人材が揃っている。メディアの方も、他社のメディアコンサルをしているメンバーや、自身でディープラーニングを実装できるメンバーなど、非常に優秀な人材によって運営されている。

AI関連のメディアが乱立するなか、専門的で正しい情報を発信できる人材、そして、メディア自体をグロースさせることができる人材が揃っている点は、メディア事業の大きな強みに違いない。
また、自社でメディアを運営しているからこそ、各ベンダーが保有する技術やプロジェクトにおける課題など、AIに関する最新の情報や事例が蓄積されていることは、そのまま同社のコンサルティング事業の強みにもつながっているという。

また同社は1/31に六本木アカデミーヒルズにて日本最大級のAIビジネスカンファレンス『THE AI 2018』も開催。Microsoft、SONYえをはじめとする錚々たる企業が登壇。500人以上が来場し、大成功をおさめた。今後も『THE AI』は、年に数回開催していく予定だ。

同社は、『Ledge.ai』『THE AI』という大きな2つの武器を軸に、AIのコンサルティング事業の方にもこれまで以上に注力していく方針だ。

217613AI特化型Webメディア『Ledge.ai』を運営。他にはAI・MA・チャットボットなどのAIソリューションの企画・提案を行うコンサルティング事業を軸に展開する。
217604代表取締役社長 橋本和樹氏
225876

蓄積された独自のノウハウを武器に、AIプロデュースで業界No.1を目指す!

2030年までに約15倍の市場規模にまで拡大することが見込まれるAI市場。様々な企業が興味を示し、投資する金額も伸びてきている。一方で、AIをビジネスに活用する際にどこから着手すればいいのか分からず足踏みしている企業が多いのも実情だ。

代表取締役社長の橋本和樹氏は次のように語る。
「AIという技術革新がこれからの世界を変えていく起点になると考え、世の中は大きな可能性を感じているはずです。ただ、企業の多様なニーズや課題に丸ごと応えられるようなプロダクトが存在しているわけでもなく、AIの実ビジネスへの具体的な活用方法が分からない企業が多いのが現状だと思います。

AIをビジネスに活かすには、導入や運用のコスト、それによって生まれる効果や成果、AIプロジェクトを推進するためのノウハウ、組むべきベンダーの実力や金額の妥当性などの情報が不可欠です。そういった情報は一般的に出回っているものではなく、容易に得られるものではありません。AI特化型のメディアを運営するなかで、ベンダーの選定をはじめAIプロジェクト全体をプロデュースできる企業の不足こそが業界の課題だと感じ、AIのコンサルティングに着目しました」。

AI特化のNo.1メディア『Ledge.ai』の運営、そして実際にAIプロジェクトを実施してきた経験から、最新の情報や独自のノウハウを豊富に蓄積している同社。今後、多くの企業のビジネスへのAI活用をサポートし、市場の拡大とともに大きく成長していくことが期待される。

「まずはコンサルティングの実績を積み重ね、AIのプロデュースで第一想起される企業を目指したい」と橋本氏は語る。そのために、AIを実ビジネスにどう結びつけるかだけではなく、日進月歩の技術の中身や、エンジニアリングそのものに対する理解を深めていくことも常に意識しているという。

「我々と同じようにAIコンサルティングのあり方を模索しているコンサルファームなども多いと思いますが、当社はメディア運営とコンサルティングの二軸で培ってきたノウハウをベースに、業界でも特異なポジションを確立できると考えています。この全くの新しい領域でNo.1を目指していきたいですね。結果として、例えば将来的に自社でプロダクトを開発し世界に展開していくなどといったことも夢物語ではなくなると思っています」。と橋本氏は力を込める。

234887AIという技術革新がこれからの世界を変えていく起点になると大きな可能性を感じている時代がきた。
234888オフィス内フリースペース
217593

事業や組織を一から作っていくことができる自由な環境も魅力。

AIプロジェクトを正しく回せる人材は、これからのAI需要に対して大きく不足すると言われている。世の中から求められる貴重な人材として成長できるチャンスがあることは、同社で働く大きな魅力の一つだろう。
一方、設立から間もないスタートアップで、自分たちの手で会社を作っていくことができる自由度の高さに魅力を感じてジョインしているメンバーも多いという。

「本来はこの規模のスタートアップでは細々とした業務も全て自分たちでこなさなければならないですが、その点では親会社であるビットエーの存在のおかげで、事業にしっかりと集中できる基盤があります。その環境の中で、新たなチャレンジと組織作りに取り組むことができる魅力は大きいと思いますね」。(橋本氏)

ビットエー社と同じフロアにオフィスを構えているレッジでは、社内の週一のディープラーニング勉強会のほか、ビットエー社のエンジニア主催のフロントエンドの勉強会なども活発に行なわれているという。また、宣伝会議の講師をしているメンバーも複数在籍しており、その内部勉強会のようなものも実施されている。もちろん、書籍の購入費やセミナー参加費の補助などの制度も整っているため、実務以外でも学ぶ機会は多い環境だ。

そんな同社の求める人物像は、豊かな想像力と柔軟性を持った人。また、今の自分のスキルや業務範囲に固執せずに、積極的に幅を広げていく気概のある人。

橋本氏は最後に次のようなメッセージをくれた。
「AIはできることの範囲が非常に広いため、実は一つの課題に対する解決策を考えるのがこれまで以上に難しい業界です。だからこそ、柔軟な発想や幅広い技術理解が大切になってきます。そういった意味で、自分の仕事を狭めるのではなく、未来を想像して自分のできることを広げていくマインドを持った方、また、そこに対する努力を惜しまない方にご参画いただきたいですね。
今後成長が約束されていると言っても過言ではないAI市場において特異なポジションにいるため、本当にチャンスしかない会社だと思っています。今後の会社の成長も肌で感じられるはずです。思う存分に自分の力を発揮したい方、業界を変えていきたいという野心のある方は、一度お話をしましょう!」

2018年1月に、レッジはビットエー社とともに新しいオフィスへと移転。多様なバックボーンを持った少数精鋭の若いメンバーたちとともに、新たなステージで活躍してみたいという方は、是非、同社に飛び込んでみてはいかがだろうか。

217596親会社のビットエーの協力のもと、事業にしっかりと集中できる基盤のもと挑戦できる環境。
219508社内の週一のディープラーニング勉強会のほか、ビットエー社のエンジニア主催のフロントエンドの勉強会なども活発に行なわれている。
217592

株式会社 レッジの社員の声

Icon men1
20代前半
2019年04月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. マーケティングの業務を先輩社員と協力しながら、試行錯誤していけることが今のやりがいです。この歳...続きを読む
Icon men2
20代前半
2018年04月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. メディアの立場を生かしてAIという最先端の情報に触れながら、ベンチャーならではの新たな仕掛けに...続きを読む
Icon men3
30代前半
2016年03月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 裁量権を持って働けるところ。まだまだ小さい会社ですが、周りを巻き込んで会社が大きくなっていく過...続きを読む

株式会社 レッジに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 レッジに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 レッジ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
設立年月 2017年10月
代表者氏名 橋本和樹
事業内容 ■AIに特化したメディア『Ledge.ai』運営
〜AIやチャットボットなど、マーケティングオートメーションなどAI特化の最新Tech系メディアを運営〜
AI領域では国内No.1級のPV数!
■「今のAI活用を共有する」ビジネスカンファレンス『THE AI』の運用
■AIプロジェクトのコンサルティング
従業員数 20人
本社所在地 東京都品川区西五反田2-30-4 BR五反田7F
234862

株式会社 レッジ資本金設立年月日2017年10月従業員数20人

ナショナルクライアントをはじめ実績多数!国内No.1のAI特化型メディアの運営をベースとする、AIコンサルティングで注目のベンチャーです!

この企業が募集している求人

234887
【エンジニア】AI業界のNo.1を目指す新会社!AI案件の開発に携わるメンバー募集!
エンジニア

2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 私たちLedgeは、AIを活用したいと考えている企業に、適切なAI開発ベンダーを紹介し企画やプロデュース・導入コンサルティングを行うスタートアップです。 国内有数のAI特化メディア「Ledge(旧名:BITAデジマラボ)」を運営...

217609
【エンジニア兼ライター】AI業界のNo.1を目指す新会社!開発から記事執筆まで、幅広くAIに携わるメンバー募集!
エンジニア兼ライター

2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 私たちLedgeは、AIを活用したいと考えている企業に、適切なAI開発ベンダーを紹介し企画やプロデュース・導入コンサルティングを行うスタートアップです。 国内有数のAI特化メディア「Ledge(旧名:BITAデジマラボ)」を運営して...

225874
【マーケター求む】AI業界のNo.1を目指す新会社!国内最大級のAIメディア&AIイベントという武器を使って弊社を大きくグロースさせるメンバーを募集しています!
イベントディレクター(マーケター)

2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 私たちLedgeは、AIを活用したいと考えている企業に、適切なAI開発ベンダーを紹介し企画やプロデュース・導入コンサルティングを行うスタートアップです。 国内有数のAI特化メディア「Ledge(旧名:BITAデジマラボ)」を運営して...

234887
【メディアディレクター】AI業界のNo.1を共に目指す新会社!自社AIメディア運用で事業のグロースを担うメンバー募集!
メディアディレクター

2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 私たちLedgeは、AIを活用したいと考えている企業に、適切なAI開発ベンダーを紹介し企画やプロデュース・導入コンサルティングを行うスタートアップです。 国内有数のAI特化メディア「Ledge(旧名:BITAデジマラボ)」を運営して...

217594
【AIコンサルタント】AI業界のNo.1を共に目指す新会社!リーダー候補を募集しています!
AIコンサルタント(リーダー)

【概要】 2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 レッジはAI特化No.1メディア「デジマラボ」の運用や、実際にAIプロジェクトを実施してきた経験から、情報やノウハウを豊富に持っています。そうしたノウハウを生かし、クライアントと共にAIプロジェクトを遂行することで「発想と実装の間...

254405
【ビジネスアシスタント】AI業界のNo.1を共に目指す新会社!幅広い事業をサポートするメンバー募集!
ビジネスアシスタント

【概要】 2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 レッジはAI特化No.1メディア「デジマラボ」の運用や、実際にAIプロジェクトを実施してきた経験から、情報やノウハウを豊富に持っています。そうしたノウハウを生かし、クライアントと共にAIプロジェクトを遂行することで「発想と実装の間...

234887
【マーケメンバー】AI業界のNo.1を共に目指す新会社!事業のグロースを先導していくメンバー募集!
マーケメンバー

2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 私たちLedgeは、AIを活用したいと考えている企業に、適切なAI開発ベンダーを紹介し企画やプロデュース・導入コンサルティングを行うスタートアップです。 国内有数のAI特化メディア「Ledge(旧名:BITAデジマラボ)」を運営して...

217595
【マネージャークラス】AIを活用した新ビジネスの企画・提案を行うコンサルタント募集!
AIコンサルタント(マネージャー)

2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 レッジはAI特化No.1メディア「デジマラボ」の運用や、実際にAIプロジェクトを実施してきた経験から、情報やノウハウを豊富に持っています。そうしたノウハウを生かし、クライアントと共にAIプロジェクトを遂行することで「発想と実装の間をつなぐ...

234887
【オープンポジション】AI業界のNo.1を共に目指す新会社!幅広い業務を担うメンバーを募集!
オープンポジション

2030年までに15倍の市場規模になるといわれているAI(人工知能)市場。 しかし需要に対して、担う人材は大きく不足することが明らかな状況です。 レッジはAI特化No.1メディア「デジマラボ」の運用や、実際にAIプロジェクトを実施してきた経験から、情報やノウハウを豊富に持っています。そうしたノウハウを生かし、クライアントと共にAIプロジェクトを遂行することで「発想と実装の間をつなぐ」こ...

残り6求人をみる
Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる