お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 クラウドポートの企業情報

206162

株式会社 クラウドポート

[自社サービス開発]FinTech領域で急成長する金融型クラウドファンディングのスタートアップ<ソーシャルレンディング情報サイトとしてシェアNo.1>

金融商品を比較・検討できるWebサービスを展開

FinTechの領域で注目を集めているのが"ソーシャルレンディング"だ。これは、個人がネットを経由して企業に貸付できる小口投資のこと。クラウドファンディングと似たシステムのため、貸付型クラウドファンディングと呼ばれることもある。株式会社クラウドポートは、ソーシャルレンディングで投資したいユーザーに対し、提携企業の金融商品を比較、検討できるWebサービス『クラウドポート』を展開。国内でソーシャルレンディングの情報サービスを扱う企業としてはナンバーワンの存在となっている。

ソーシャルレンディングは、貸付のため基本的には元本が戻ってくるのも特徴の一つ。もちろんデフォルト(債務不履行)のリスクはゼロではないが、「2017年9月現在、過去3年間のデフォルトは0%。平均的な利回り7~8%。高いリターンで運営されている」と、同社代表取締役の藤田雄一郎氏は語る。

魅力的だが、未開拓の領域。藤田氏がソーシャルレンディングというフィールドにて情報サービスで起業しようとしたきっかけは、同社の前に、大手ソーシャルレンディングサービスを立ち上げたことにある。そのサービスは、2013年にスタートし、わずか2年半で80億円の資金を集めるまでに急成長した。このとき、藤田氏はソーシャルレンディングの大きな可能性を感じたという。

その一方で、マーケットのさらなる拡大に必要な課題も見えてきた。たとえば、当時の投資家は、情報を得る手段が、個人のブログや匿名掲示板といった玉石混交のソースしかなかった。「業界がもっと拡大するためには、正確で有益な情報を提供できる、いわゆる第三者機関となりうるものが必要」と藤田氏は考えるようになったという。

そんな折に出会ったのが、後に共同創業者取締役となる、プロダクトチームを率いる柴田陽氏だ。Webサービスのシリアルアントレプレナーとして国内外で数々の実績を残し、3つの企業を育てて売却した手腕の持ち主だった。そんな柴田氏が、アメリカで興味を持ったサービスが、藤田氏の構想しているものと一致したのである。2016年5月から2人で準備を進め、同年11月に株式会社クラウドポートを創業。2017年2月まずは比較サービスをリリースし、現在に至っている。

「正確で有益な情報を提供できる、第三者機関を目指す」という創業時の目標は、1年を待たずして実現した。同社は、投資家や業界に向けて『クラウドポートニュース』をポータルサイトで発信。業界の最新情報や、市場の概況などを伝えている。その信憑性は高く評価されており、最近は大手経済新聞にも、情報提供を求められるという。

今後は、クラウドファンディング業界を一段と活性化する新サービスを立ち上げていく予定。

205323代表取締役 藤田 雄一郎氏
ソーシャルレンディングの運営経験を生かし、同社を2016年に創業。過去に自分の会社を創業しバイアウトした経験を持つ。
205324共同創業者取締役 柴田 陽氏
2013年来店促進アプリ「スマポ」を楽天にバイアウト。日本交通のタクシー配車アプリ、バーコード価格比較アプリ「ショッピッ」など、数々のWebサービスを立ち上げた実績を有する。
206171

目指すは、国内ソーシャルレンディングのインフラ。新規サービスもリリース予定

同社のポータルサイトでは、ソーシャルレンディングの事業会社23社が提供するファンドについて、「利回り」「運用期間」「テーマ」「担保・保証」「ステータス」の項目でソートをかけ、横断的に比較することができる。タブを切り替えると、会社間の比較も可能だ。2017年9月21日現在、掲載ファンド数は7,642本にも上る。絞り込んだファンドから、直接事業会社の詳細ページや口座開設のページにリンクで飛ぶことも可能。投資家がファンドを購入すると、同社に対して事業会社から紹介料が支払われるという、成果報酬型のビジネスモデルとなっている。

同社がサービスを提供してから、様々な要因はあるが市場は大きく拡大している。同社が発表している市場規模推移で、月次のファンドの募集額を見てみると、同社が創業準備を始めた2016年6月期は50億円程度だった。しかし、創業した2016年11月以降はぐんぐん数字を伸ばしており、2017年6月期~8月期は、連続して150億円に迫る勢い。ファンド募集額の累計額は、2017年9月期には、2,000億円に届くと見られる。さらに藤田氏によると、ソーシャルレンディングが進んでいるアメリカや中国では、すでに累計10兆円規模とのこと。日本もこれからますます伸びていくと見込んでいる。

このような可能性のある市場に対して、同社はハイレベルなWebサービスを提供できる体制を整えている。柴田氏を筆頭としたエンジニアはもちろん、コンプライアンス、事業開発、UIデザインなどの分野で、スタートアップ実績のあるメンバーが集結。また、ユーザーである投資家の使い勝手の良さを追求。定期的に10人以上の投資家を招き、開発中のサービスのテストや評価を行い、生の声を取り入れているという。

このような開発体制のもと、現在、新サービスのリリースを控えている(2017年10月中旬予定)。ソーシャルレンディングに特化したポートフォリオ管理機能で、これもまた日本では先駆けのサービスとなる。これまで投資家は、各事業会社の管理ページで別々にファンドを管理していた。しかし、このポートフォリオ管理機能で、ひとまとめに扱うことができるという。ソーシャルレンディングにおいて、倒産リスクを回避するためには、分散投資がセオリー。それがこのサービスで容易になるため、さらに新規参入の投資家が増えると見込まれる。

「今、ソーシャルレンディングの投資家は、国内で数万人と言われています。その規模を拡大し、業界への貢献を目指しています。日常的に使えるサービスを提供し、いずれは国内ソーシャルレンディングのインフラになりたい」と藤田氏は目標を語っている。

205326エンジニアは全員がスタートアップ経験のある少数精鋭のメンバー。未踏認定クリエイターを含め、グローバル企業のコアとなるWebサービスの開発者も。
205475新規サービスのリリースに向けて、現在急ピッチで開発が進められている。
205328

リモートワークもOK!リフレッシュできるカフェスペースなど、メンバーの効率化を目指す

同社のメンバーの平均年齢は30歳前後。いずれも精鋭メンバーのため、社内にはプロフェッショナル同士の信頼に裏打ちされた自由さがある。藤田氏も、誰かが独裁的にリーダーシップを発揮するのではなく、それぞれの分野で専門性を発揮し、自立運営できるように、フラットな組織を目指しているという。

そのため、組織運営にも、メンバーのさまざまな意見や提案が反映されている。特に、今はスピードが重視されるスタートアップの時期。業務の効率化のために、最新のコミュニケーションツールの導入や、ムダな業務の徹底的な排除などを行い、日々、組織運営を洗練している。勤務時間も自己裁量に任せているが、メンバー全員が効率を重視。決められた時間でパフォーマンスを発揮し、夜遅くまで働くケースは少ない。

オフィス自体にも自由な雰囲気がある。一角にはオープンなカフェスペースがあるほか、デスクの島と島の間に、なんとトレーニングマシンを設置。いつでもリフレッシュできる環境となっている。「椅子としてバランスボールを持ち込んでも構いません。外のカフェでのリモートワークもOKです」と藤田氏。メンバーが働きやすくなり、業務効率が上がるなら、決まった型にはこだわらない姿勢である。

メンバー同士の関係も良好だ。ときおり、デスク越しに穏やかに談笑するメンバーの姿も見受けられた。また、「週に1度のランチは全員で外食する」というユニークなルールもある。それもメンバーの距離を縮めるために一役買っているようだ。

このように自由な雰囲気の中、大きな裁量を持ち、新しい事業分野に挑戦できること、それがメンバーのやりがいとなっているのは間違いない。「特にFinTechは、世の中的にも注目されている領域。メンバーは、『自分たちが大きなことをやってやるんだ』という期待感があると思います」と藤田氏は語る。

事業としては、今あるサービスに、先述したポートフォリオ管理機能が加わり、会社のコアサービスが固まるという。同社は、急速な成長スピードで、次のフェーズへと移行しようとしている。市場の伸びを見る限り、その躍進はしばらく留まりそうもない。

「フロンティアの市場開拓は、エキサイティングです。そして、スタートアップをつくるのもおもしろい。今の当社は、この2つを味わえる絶好のタイミング。こんな環境は、なかなかありません。同じ夢を持つ仲間をもっと増やし、一緒に頑張っていけたらと思います」と藤田氏。静かな口調とは裏腹に、熱い思いが言葉にこもっていた。

205329オフィス内に談笑できるカフェスペースも。気心が知れているので、集まれば会話も弾む。
205330さまざまな才能を持つメンバーが、新しい挑戦への期待感に胸を膨らませている。
205331

株式会社 クラウドポートに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 クラウドポートに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 クラウドポート
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
金融・保険系 >  その他金融・保険系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 5,485万円
設立年月 2016年11月
代表者氏名 代表取締役 藤田 雄一郎
事業内容 インターネットによる情報サービス業
従業員数 9人
平均年齢 30.0歳
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目6-11 花門ビル3F
206162

株式会社 クラウドポート資本金5,485万円設立年月日2016年11月従業員数9人

[自社サービス開発]FinTech領域で急成長する金融型クラウドファンディングのスタートアップ<ソーシャルレンディング情報サイトとしてシェアNo.1>

Bnr sp354 3
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×