お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 しまのやの企業情報

304415

株式会社 しまのや

“沖縄”ゆかりの健康補助食品通販会社。もろみ酢サプリメント売上でNo.1の『琉球醪酢』をはじめ、24アイテムを販売!

米酢の約264倍ものクエン酸、約80倍のアミノ酸が含まれる『琉球醪酢』が主力商品。累計売上1600万袋を突破!

“沖縄”ゆかりの健康補助食品や化粧品、服飾雑貨などの通信販売を手掛けている、株式会社しまのや。本店およびコールセンターは沖縄県那覇市、商品企画・マーケティング、管理部門は京都支店(京都市中京区)に置いている。

同社で一番の人気商品が『琉球醪酢』(りゅうきゅうもろみず)。沖縄の酒「泡盛」の副産物である酒粕から抽出した醪酢を濃縮し、ソフトカプセルに充填した粒状の健康補助食品だ。累計売上は1500万袋で、もろみ酢サプリメント売上でNo.1を誇る。

泡盛は、長粒種のタイ米を蒸したものに黒麹菌を散布して発酵させ、蒸留して造る。蒸留した時に残ったものが酒粕だ。発酵に黒麹菌を用いて造る酒は、泡盛だけといわれる。日本酒などは黄麹菌が用いられるが、高温の沖縄では腐敗してしまうという。黒麹菌で発酵させると非常に大量のクエン酸を生成し、腐敗を防ぐ効果があるために、沖縄では古くから用いられてきたのだ。

その酒粕にもクエン酸は大量に残っており、『琉球醪酢』には米酢の約264倍ものクエン酸が含まれている。さらに、体内では合成できないリジンやロイシン、バリンなどの必須アミノ酸や、アラニン、グリシン、プロリンなどのアミノ酸も、同じく『琉球醪酢』には米酢の約80倍と大量に含まれている。

クエン酸は、代謝サイクルをサポートして食べ物からエネルギーをつくることに有効な成分。アミノ酸は、体を構成するたんぱく質のもととなる栄養成分だ。いずれも、健康によい。

『琉球醪酢』のほかに、にんにくエキスを加えた『にんにく醪酢』や、しょうがエキスを加えた『しょうが醪酢』などもある。これらの主要顧客層は、50~60代女性。そこで同社では、年齢層を広げるとともに、次の柱の商材とすべく、目下『琉球すっぽんのコラーゲンゼリー』の拡販に力を入れている。

202679“沖縄”ゆかりの健康補助食品や化粧品、服飾雑貨などの通信販売を手掛けている同社。
202684主要顧客層は、50~60代女性。年齢層を広げるとともに、次の柱の商材とすべく、目下『琉球すっぽんのコラーゲンゼリー』の拡販に力を入れている。
202678

Webマーケティング・Web販売商品開発の強化が最大級の経営課題

同社は、現会長の中島眞樹雄氏によって2001年に設立された。京都で紙製品の事業を繁盛させた中島氏は、事業売却後に旅をした沖縄で醪酢に出合い、魅力を感じる。まだ50歳前という若さ、この醪酢で通販ビジネスを始めようと同社を設立したのだ。その際に、原材料の産地である“沖縄”には良好なブランドイメージがあると、京都人でありながら本社は沖縄に置き、「沖縄から笑顔と健康を届ける」というコンセプトを決めた。以来、コンセプトに適う商品ラインナップを徐々に広げ、統廃合を経て現在24アイテムを販売している。

ビジネスのスタイルとしては、通販専業としてテレビや新聞、雑誌などのマスメディアに広告を出稿し、注文を募るというもの。獲得した新規顧客は、お得な「定期コース」への誘導を図る。さらに、エンゲージメントを深めるため、沖縄や健康などの情報を掲載した冊子『ちゅらしま』や、独自のイラストレーションを掲載した絵ハガキなどをプレゼントしている。

「そういった、主要ターゲット層である50~60代女性向けのマーケティング施策はやり尽くしています。最近は、50~60代女性もネット検索やスマホで調べて商品を購入するようになりましたが、当社もWebマーケティングは行ってきています。しかし、施策を行うにあたり人材が足りておらず、補完の必要が大きくあります」と西村氏は説明する。一方、健康補助食品通販の世界も競争が激化しており、新しいマーケティング戦略によって新たな顧客層を獲得していく必要がある。通販につき、営業担当者がいるわけではないので、すべてはメディアを用いて行っていかなければならない。Webメディアにおけるマーケティング施策の強化は、目下の同社の最大級の経営課題だ。

「そこで、このほどWeb戦略として、WEB販促やWEBで売れる商品企画を、一緒に試行錯誤してくれる人材に加わっていただき、次の当社をつくる第一歩を踏み出そうと、この『Green』で募集することを決めたのです」。(西村氏)

販売戦略の土壌を、オフラインからオンラインにシフトするにあたり、新たな発想や実行力を持った、戦力を大いに期待している。

202676エンゲージメントを深めるため、沖縄や健康などの情報を掲載した冊子『ちゅらしま』や、独自のイラストレーションを掲載した絵ハガキなどをプレゼントしている。
279872沖縄ではテレビCM、ラジオ広告、空港看板、など実施している。
203894

オフィスは京都。本社のある沖縄との相互訪問などコミュニケーションは活発

同社では、2016年10月、中島眞樹雄氏の長男である中島真澄氏が2代目の社長に就任した。男性社員では最も若い真澄氏は、2012年に入社し経験を積んできた。
「先代は創業者のカリスマ社長でしたが、新社長は『同じようには振る舞えないし、自分なりのやり方を追求する』と、それまでのトップダウン式のマネジメントスタイルから、ボトムアップも取り入れるスタイルに大きく変わりました」と西村氏は話す。

まず、組織を商品企画・マーケティング部門、コールセンター部門、管理部門に再編。それぞれの部門長に権限を大幅に委譲した。経営層と部門長による会議体を新設し、緊密に事業を推進していく体制を構築。真澄氏は社長室はつくらず、オフィスの真ん中に席を設け、社員とのコミュニケーション機会を多く取るようにしている。
なお、コールセンターは沖縄、それ以外は京都と分かれているが、テレビ会議システムだけでなく一部のメンバーが相互の拠点に赴任して、両拠点間のコミュニケーション促進に一役買っている。

部長以上は業務で相互の拠点に行く機会は多いが、社員旅行の行き先として相互訪問し親睦を深める機会にもしている。また、各部門に親睦会の予算を割り当て、コミュニケーション促進を図っている。

人材育成においても、役職別など系統的な研修制度を導入し始めている。なお、女性社員が半数を占める同社では、産休から復帰したママ社員も少なくなく、子持ち女性であっても時短勤務などの対応で働きやすい環境がある。

202697女性社員が半数を占める同社では、産休から復帰したママ社員も少なくなく、子持ち女性であっても時短勤務などの対応で働きやすい環境がある。
255056コールセンターは沖縄、それ以外は京都と分かれている。今回は京都勤務のWebマーケティングを手がける責任者を求めている。
202678

株式会社 しまのやに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 しまのやに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 しまのや
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
製造・メーカー系 >  食料品・日用品・雑貨・文具
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 2000万円
代表者氏名 代表取締役 中島 真澄
事業内容 健康食品の企画・開発・販売
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 30人
本社所在地 本社:沖縄県那覇市宮城1-15-8
支店:京都府京都市中京区両替町通押小路下る金吹町457番地1
304415

株式会社 しまのや資本金2000万円従業員数30人

“沖縄”ゆかりの健康補助食品通販会社。もろみ酢サプリメント売上でNo.1の『琉球醪酢』をはじめ、24アイテムを販売!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×