お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 エグゼックの企業情報

245644

株式会社 エグゼック

街の写真館を元気に!インターネット写真販売システム「フォトストア」を提供!

教室や廊下に貼ってあった展示式の写真をWEBサイトで販売!煩雑だった納品までの業務を劇的に効率化!

--------
写真館向けのシステム「フォトストア」を自社開発しています。
--------
写真館がインターネットで写真を販売することができるシステム『フォトストア』を自社開発し提供しています。
学校写真(幼稚園写真)やスポーツ大会、イベント写真の販売に適しており、ほとんどの写真館は、展示式の写真販売より売上を伸ばしており、その上フォトストア利用で煩雑な業務を軽減することができます。フォトストアは業界 2 位グループの立ち位置になります。

--------
「フォトストア」が写真館、先生、家族に与える良い影響
--------
エグゼックの顧客は写真館になりますが、フォトストアの導入先は主には「学校」になります。そこで、写真館への影響、学校の先生への影響、そして写真を購入する家族への影響を記載してみます。

 (1)写真館への影響
 ・売上アップ
  ⇒撮影した写真を全て掲載でき、販売するタイミングも自由に決めることができる。
 ・業務効率アップ
  ⇒貼り出し用のサンプル作成、注文袋からの集計が不要になり、プリント写真の仕分
  けが楽になります。

 (2)学校の先生への影響
 ・集金の手間を削減することかでき、お金の管理から解放される
 ・貼り出し準備の手間を削減することができる

 (3)家族への影響
 ・好きな時間に写真を見ることかできる
 ・お子さんの写真が見つけやすくなる
 ・家族揃って写真を閲覧することかでき、一家団欒の機会を増やせる
 ・お子さんのよりいい写真を残してあげられる
 ※学校に写真が貼り出されたとしても足を運ぶことができないことも多いです。
 また、家族で一緒に写真を見ることにより友達の顔も把握できるだけ、好評です。

--------
「フォトストア」が生まれた背景
--------
エグゼックは自分たちのアイディアで開発する Web サービスを提供したいとの思いで設立されましたが、設立当初は Web の受託開発事業を行う傍ら、自社プロダクトを模索するところから始まった会社です。そんな中、ある写真館のお客様から、「ネット写真販売システムを開発したい」という依頼を受けました。

ただ要件を聞いていると、システム開発工数と提示金額が見合わず開発を見送ろうと思っていたのですが、写真館の現状を調べていると写真館の件数は現状、また業界最大手である企業の売上は80%減。また、世界最大手であるコダック社も経営危機に直面しているなど、古き良き業界がピンチになっていました。そこで代表の古田は「日本の古き良き写真の文化を守る」と奮起し、ご依頼を頂戴したお客様に対して、無料でこのシステムを開発する代わりに、このシステムをパッケージ化し他写真館に導入をさせてくれ、と依頼をして了承をいただき、開発したのがフォトストアになります。現在は 700 以上の写真館に導入されており、ユーザー満足度も業界随一になっています。

--------
このタイミングで「フォトストア」が脚光を浴びている理由
--------
写真館がネット販売することができるサービス、というのは昔からありそうなサービスモデルです。ただ、必然的にここ数年で盛り上がっているのがこの業界の特徴です。過去に遡って説明します。

1980〜2000 年頃までは「デジカメ」がそこまで流通していませんでした。当時、デジカメの価格は安いものでも 10 万円弱で、画素数は数十万画素程度でした。2000 年を過ぎた頃から、性能も高まり、価格も手頃となってデジカメが一般にも流通しはじめました。
2000〜2005 年頃、デジカメを使用することは一般化されている中、プロのカメラマン(写真館)がデジカメを使うというのはまだ極一部の少数の方だけでした。1つの理由は色の問題です。それまで主流であった「フィルム」撮影のほうが色に奥行きのある綺麗な写真を撮影できるというのが当時大方のプロのカメラマン(写真館)の意見でした。
2018 年の現時点ではもちろん性能も上がってきており、現在では一眼レフのデジカメで撮影した写真の画素数は 3000〜5000 万画素と言われています。2000 年当時と比較すると 100 倍程度になっています。

ただ、画素数が上がってきた今でも、フィルム撮影のほうが、「黒」の色調に「奥行き」が出ると言われているプロのカメラマン(写真館)もいらっしゃり、特に結婚式などで新郎新婦を撮影する際、新婦が黒いタキシードを着たりするので、その際はいまだにフィルム撮影をすることがあります。つまり、プロのカメラマンがフィルム撮影ではなくデジタル撮影に切り替えたのはここ 10年間の変化であり、エグゼックが 2006 年に設立されておりますので、このタイミングで市場が脚光を浴びているのはご理解いただけるのではないかと思っています。

--------
同市場の開拓余地は 300 億円以上です。
--------
エグゼックのフォトストアを使用しているのは写真館であり、写真館の取引先として最も市場規模が大きいのは学校法人になります。
 ・学校写真市場規模 :400〜450 億円
 ・現状のネット販売比率:20〜30%(80〜120 億円程度)
 ・市場開拓余地 :320〜370 億円
となります。
前述した通りフォトストアは「写真館」、「学校の先生」、「家族」にとっても良い影響があるサービスであり、ネット販売比率もグングン上がっていくと予想されます。

195573代表取締役社長 古田 貴也氏
195567インターネット写真販売システム「フォトストア」は、街の写真館や撮影業者が自由にカスタマイズできる“自社ブランド”の写真販売に特化したECサイトを持つことができるシステムだ。
245645

市場規模は約400億円、EC化率は10〜15%程度の中でリアル(展示販売)からデジタル化(EC)し、またリアルへ(写真が手元に)

--------
序々に市場規模を拡大しつつある写真館向けのシステム市場
--------
フォトストアのサービスを最も利用している一つとして、私立の幼稚園、保育園があります。

ご両親が子供の写真を残したい、と思うのは幼稚園、保育園の年代が中心です。ただ、共働きの昨今の世の中において、平日などに写真を幼稚園や保育園に足を運んで見にいくことはできず、PTA からネット販売システムを入れるように、という声が非常に多くなっています。導入している幼稚園、保育園については保護者様からの満足度も高くなっています。そして、幼稚園、保育園を卒業し、小学校に進学するわけですが、特に公立校の小学校、中学校、高校は写真のネット販売システムを導入していないケースはまだ多く、その場合に小学校に進学をした保護者様の方々がネット販売システムを導入するよう学校に直訴してくださっている状況です。

ですので、実際にサービスを利用した方々がポジティブスピーカーとして導入先を増やしてくださっている状況です。お客様がお客様をご紹介してくださることは他業界ではあるかと思うのですが、エグゼックのサービスの場合は、エンドユーザーである学校に通う子供の保護者様が、幼稚園、保育園⇒小学校⇒中学校⇒高校と必然的に進まれていくので、保護者様が PR してくださっているのはエグゼックにとっても追い風となっています。100%になるかどうかはわかりませんが、市場開拓余地は 300 億円程度ありますので、エグゼックも含め数社がその市場を狙っています。

--------
日本の古き良き写真館の業界を「守る」ことを最重要視しているエグゼック
--------
写真の市場規模が最も大きかったのは 1998〜2000 年頃になります。
当時写真業界の最大手企業である「富士フィルム」の売上は 1 兆円を超えており、写真館も日本に 15000〜20000 くらいあると言われていました。
1998 年のコンビニ数が 38000 程度だったことを考慮すると、コンビニの 1/2 くらいの数でしたので、写真館の多さがご理解いただけるかと思います。
ただ、2000 年以降にデジカメの普及などもあり富士フィルムの売上は 1 兆円から2000 億円に減少し、写真館も 20000 から 10000 くらいに減少をしています。理由はスマホにカメラが搭載されたこと、デジカメの普及になるのですが、市場規模もプレーヤーも少なくなってしまっている現状です。

エグゼックが設立されたのは 2006 年です。つまり市場規模が小さくなっているタイミングで設立されています。ここ最近設立されるベンチャー企業は一般的に「新たな産業を創る」、「新たな市場を開拓する」「成長が期待される市場で勝負する」というビジョンで設立されることが数多くあります。それは日本にも良い影響・価値を齎すことは間違いないのですが、「日本の古き良き文化を守る」、「ニッチな市場で自分たちの価値を高める」という視点でビジネスをしているのがエグゼックです。

法人企業にとって狙う市場やビジネスの形は様々ですが、新たな産業を創るだけがベンチャー企業ではありません。シュリンクしそうである市場でも、螺旋的発展の法則(ヘーゲルの弁証法)にあるように、多くのモノが消え、ただ一方で復活する。市場全体としては縮小傾向でも、部分部分を見れば必ず成長分野がある。その変化の中で発展していく場所はどこなのかを見ながら、新たな価値を作り出し提供する。
そして、日本の古き良き文化を少しだけバージョンアップさせて未来に繋がっていくように守っていく。最近は、そんな気概を持ったベンチャー企業も存在し、エグゼックはまさにこのタイプのベンチャー企業なのではと思います。

--------
リアルからデジタルへ、そしてリアルへ
--------
昨今、様々なものがデジタル化され便利な世の中になってきました。
 ・直接顔を合わさなくても LINE で連絡を取り合うことができる   
 ・直接足を運ばなくても Google Map でその場所を見ることができる
 ・音楽のフェスがライブ配信をされその雰囲気を体感することができるように
  なるかもしれない
などこの他にもデジタル化されたことは数千、数万とあるかと思います。

写真においても、現像⇒デジカメ撮影⇒スマホ撮影と、間違いなく便利になっているのですが、ただ写真を現像をして紙として手元に残しておく、というニーズはここ最近復活の兆しが見えつつあります。その一つの表れが、フジフイルム社が販売しているインスタントカメラ チェキがアジア各国、日本でも売上を大きく伸ばしていること。また、まだ記憶に新しい東日本大震災でも、紙焼きの写真の重要性が語られ、身近な出来事で言えば、スマホの紛失や保存しているハードディスクの故障で、一生懸命撮影した写真がすべて消えてなくなったなど、そんなたびに紙の良さに気づくことも多いのではないでしょうか。

皆さんのご両親の時代は間違いなくフィルム写真の文化であり「アルバム」に大量の写真があり、そのアルバムを見て過去の思い出に耽ったりする経験もお持ちかと思います。ただ、昨今にてスマホで写真を見ながら思い出に耽ることはあまり多くはないのではないでしょうか?

写真においては、「現像」にして手元に置いておく事が最も価値が高いものになるかもしれませんし、また「紙」で残しておくこと自体の価値も高いとエグゼックは思っています。また、この類のトレンドは写真以外の業界にもあり、東京駅の近くにパソナさんが「田んぼ」を作ったのも、またスノーピークという都心では感じることができないキャンプ事業を推進している企業が成長したりとか、人間が「リアル」な分野を欲して原点回帰するようなビジネス、空間が増えてきています。

様々な業界で、リアルからデジタル化(IT/ネット化)してきているかと思うのですが、逆に直近においてデジタルからリアルを求めている事例も多くなってきており、それが人間味があり、人間が大事にしなくてはならないことなのではないか、と思っています。

195574受託開発を続けながら写真館業界の展示会に出展するなどしてコツコツとユーザーを開拓していったという。
195566「フォトストア」の利用数は10年間で700事業者以上に広がった。
245647

社長や取締役の経歴と“ハイタッチ”の習慣などコミュニケーションを大切にする風土について

--------
代表、取締役のご経歴
--------
□代表 古田のキャリア
大学卒業後、SI 企業に就職し、システムエンジ ニアとして主に ERP システムの開発に従事しておりました。その後、コンサルティング企業に入社し新規開発の部長として主に IT 関連事業を担当。
その後、2005 年にエグ ゼ ックを創業。2006 年 法人化に伴いエグ ゼ ック 代表取
締役社長に就任。(現任)

□取締役の山中さんのキャリア
大学卒業後、機械系専門商社を経て 2000 年に株式会社ミスミに入社。
中国事業の立ち上げ に参画し、事業部門の営業組織の責任者を務めています。
その後 2008 年、株式会社エスクリに入社。上場準備プ ロジ ェクトに参画し、マザ
ーズ に上場。
同社にて経営企画 部長、事業開発部門の執行役員を歴任。
2014 年 エグ ゼ ック取締役に就任。(現任)

--------
社長との1対1の食事会や“ハイタッチ”の習慣などコミュニケーションを大切にする風土
--------
世の中の困りごとをITで解決することがミッションのエグゼック社はどんな便利なサービスも活用できなければ無意味であるという考えの元にカスタマーファーストでありカスタマーサポートを重視しております。そんな想いは一緒に働く仲間にも。
社内コミュニケーションを大切にしており、古田氏は週に1回、社員と1対1での食事会やチームメンバーとのランチ会を実施するなど、密にコミュニケーションをとっております。話す内容も様々で仕事のことからプライベートまで。キャンプやゴルフコンペ、誕生日会などもあり、社員同士も仲が良いです。

・ 毎週水曜日はノー残業DAY!
定時に上がれる人は、できるだけ定時に!遅くとも7時半には帰宅しています。メリハリある働き方ができます。

・チーム単位での食事会
月2回のペースで、「開発」「営業」「サポート」のそれぞれ同じチームのメンバーが集まって、社内でランチ会をしています。仕事以外のコミュニケーションで、和気あいあいとチーム力をつけています。

・ プライベートも充実
土・日・祝はしっかりお休み。年間休日123日、有給休暇も調整すれば長期取得可能。夏季休暇に有給をつけ、1週間休んで海外旅行に行く人も。

・「ハイタッチ」して帰ります
「ハイタッチ」は、当社の文化として根付いている挨拶。「今日もお疲れ様、また明日も頑張ろうね!」という気持ちでハイタッチします。はじめは照れくさいかもしれませんが、2〜3日で慣れます!

2456492017年7月現在、社員は14名。ユニークなのは、退社する際は全員と“ハイタッチ”する習慣があることだ。
195564風土づくりの施策として、古田氏が週1回、社員と1対1で食事の機会を持ち、じっくり話し合える時間をつくっているという。
195551

株式会社 エグゼックに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 エグゼックに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 エグゼック
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 1000万円
設立年月 2006年05月
代表者氏名 代表取締役社長 古田 貴也
事業内容 フォトストア(写真専用のインターネット販売システム)の開発・運営
ウェブシステム開発
システムコンサルティング
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 16人
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-14-17 渋谷SSビル3F
245644

株式会社 エグゼック資本金1000万円設立年月日2006年05月従業員数16人

街の写真館を元気に!インターネット写真販売システム「フォトストア」を提供!

この企業が募集している求人

215952
【若手歓迎!】成長中ベンチャー企業で自社プロダクトを担うウェブエンジニア募集!
Webエンジニア

お任せしたいのは、自社サービスである「フォトストア」の機能開発。また、その周辺に位置付く新サービスの開発。少し先には新規事業も見据えています。 自社プロダクトであるフォトストアは、直接のクライアントである写真館さま、またその先の個人のお客様の声が直接オフィスに届き、 そのお客様の声から得たニーズや、年に1回行う約10,000名からのアンケート結果などを元に、継続的に新規機能開発、...

257900
ユーザー数100万人以上の「フォトストア」の運営企業でサーバーサイドエンジニアを募集!
サーバーサイドエンジニア

◆業務内容 ・自社サービスである「フォトストア」のバージョンアップ ・新機能開発 ・周辺に位置付く新サービスの開発 ・新規事業開発など サーバーサイドエンジニアとして上記開発を担当していただきます。 ◆開発環境 言語      :PHP・ActionScript・JavaScript・HTML5+CSS3・SQL フレームワーク :自社フレームワーク・.NET...

257923
インフラからフロント、サーバーまで幅広く挑戦したいフルスタックエンジニアを募集!
フルスタックエンジニア

◆業務内容 ・自社サービスである「フォトストア」のバージョンアップ ・新機能開発 ・周辺に位置付く新サービスの開発 ・新規事業開発など フルスタックエンジニアとして幅広く担当していただきます。 ◆開発環境 言語      :PHP・ActionScript・JavaScript・HTML5+CSS3・SQL フレームワーク :自社フレームワーク・.NET Fr...

195575
【WEBデザイナ】累計利用者数100万人以上! 写真販売に特化した自社プロダクト!
Webデザイナー・コーダー

■ 写真館様向けに提供している自社サービス インターネット写真販売システム「フォトストア」のWEBデザインおよびコーディング ■ 今後新規で立ち上げるWEBサービスのWEBデザインおよびコーディング ■ デザインフォトのデザインテンプレートの作成(フォトショップ、イラストレータ) ■ その他これまでのご経験やスキルに合わせて自社サービスのパンフレットや営業提案資料などの作成についても携...

215951
自社プロダクト「フォトストア」提供。ベンチャー企業での顔認証開発エンジニア募集!
顔認証システムエンジニア

◆業務内容 ・顔認証機能の実装、機能追加 ・ロジックの精度・スピードの向上や、各種ユースケースに応じた条件設定 ・照合機能の改善 ・顔認証情報の高速検索のためのデータ構造・アルゴリズム考案・検証・実装 フォトストアをご利用頂いている写真館、そしてエンドユーザーである学校があるのですが、学校で遠足や運動会の写真をフォトストア上に掲載をした際に、バランス良く生徒さんを掲載する必...

残り2求人をみる
Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる