お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【データエンジニア】音楽アプリ"nana"に蓄積された膨大なデータを活用した機能を開発!

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
192998

株式会社 nana music

世界にたったひとつの「音楽SNS」。全世界を音楽でつなぐ夢の実現を目指す!

データエンジニア

【データエンジニア】音楽アプリ"nana"に蓄積された膨大なデータを活用した機能を開発!

有名アーティストも参加!インターネット上でコラボができる音楽SNS「nana」

音楽SNS「nana」は、音楽を通してユーザー同士がつながれるスマートフォン用アプリだ。使い方は簡単。アプリ内に表示される録音ボタンをタップし、歌を歌ったり楽器を演奏したりして録音。音量とエフェクトを調整、曲のタイトルやコメントを書いて投稿するだけ。しかもnanaは、ほかのユーザーが投稿した音源に合わせて、歌や演奏を録音して投稿できる。異なるユーザーが投稿した音源を一緒に再生することで、インターネット上で簡単にコラボができる仕組みとなっている。

2012年にリリースされたnanaは、Twitterを中心とした口コミでじわじわと広がり、2017年6月には400万ダウンロードを達成。3500万曲が投稿され、再生回数は12億回を超えている。

「現在、1日に6万曲の投稿があり、再生数も200万回を超えています。nanaの特徴の一つが、全ユーザーに対する投稿ユーザーの多さです。全体の37%が定期的に投稿しており、一度でも投稿した経験がある『投稿経験』で数えると、約7割が投稿したことがあるという結果が出ています。ユーザーの7割が18歳以下で、女性ユーザーが多いのもnanaの特徴です」。(取締役・櫟木明氏)

nanaが話題になる要因として、ネットとリアルの融合が挙げられる。nanaを通じてつながった人たちがライブハウスでライブを開催したり、nana内で映画やテレビに出演するシンガーや声優のオーディションが開催されたりする。オーディションに合格したユーザーのなかには、映画やテレビに出演しただけでなく、プロとして本格的にデビューしたシンガーや声優もいる。

有名アーティストがnana内でファンとコラボする企画も面白い。特に成功したケースとして櫟木氏は、人気シンガー「JUJU」が登場した企画をあげる。歌謡曲の名曲“ラヴ・イズ・オーヴァー”をnanaのユーザーが5人で歌い、JUJUが歌うサビまで繋げようという連歌企画。「連歌」とは、1フレーズずつリレー形式で歌い繋ぎ、曲を完成させるnana内で行われている遊びのことだ。

「nanaのユーザー層とJUJUさんのファン層が少し食い違っていたから、企画がスタートする際には少し危惧していました。ところが、企画をはじめてみれば、彼女の歌を知らなかった若い世代が彼女の存在を知り、結果としてJUJUさんのファン層を広げることができました。nanaが新しい出会いの場になった好例です」。(櫟木氏)

191224創業者兼代表取締役/CEO 文原 明臣氏
191225同社が手掛ける音楽SNS「nana」は、音楽を通してユーザー同士がつながれるスマートフォン用アプリだ。
191228

ユーザーが作り上げた多様な“nana文化”と、海外も狙える“独自性”が武器

純粋に音楽を楽しむユーザーはもちろん、それ以外にも、nanaの新しい楽しみ方がユーザーによって次々に生み出されているのも面白い。

例えば、「声面接」という遊びがnana内で流行っている。面接官役のユーザーがいろんなシチュエーションとセリフを指示、別のユーザーがそれに応えるという“大喜利感覚”の遊びだ。シチュエーションとセリフには、たくさんのバージョンがあり、一つのシチュエーションとセリフに応えるユーザーもたくさんいる。

「声面接のバージョンの一つに『演技力じゃがりこ面接』というのがあります。面接官役の女の子が投げかけてくる『うれしくて』『悲しくて』などのシチュエーションに対して、ユーザーがうれしいときをイメージして『じゃがりこ』と言い、悲しいときを思わせる調子で『じゃがりこ』と応えます。返答役のユーザーが発する言葉は、基本的に『じゃがりこ』だけ。『じゃがりこ』の語感の良さを生かした、一種の言葉あそびですね。このように、ユーザーがクリエイティビティを発揮して、nanaを通してどんどん面白い遊びを創造し“nana文化”とでも呼ぶべきものができあがりつつあります」。(櫟木氏)

そのほかにも、早口言葉を楽曲にしたものや、方言にスポットを当てた楽曲、セリフをひたすら朗読するものなど、nanaは音楽の領域を超えて「音」で遊び、つながるアプリに進化している。nanaでどんな遊びが生まれ広がっていくのかは、同社でも把握しきれないというぐらい、nanaは可能性の宝庫だ。

競合他社がほとんどいないのもnanaの強みだ。成功している類似のサービスとして、アメリカのカラオケ投稿アプリ「Sing! カラオケ」や、音声ファイル共有サービス「SoundCloud」を櫟木氏はあげるが、どちらもnanaとはターゲットや目的が異なる。その意味で言えば、nanaはやはりオンリーワンのサービス。だから、海外展開も本気で視野に入れられる。

「現在も3分の1が海外のユーザーで、113カ国の人が利用中です。アプリは7カ国語に対応していますが、海外向けのプロモーションは一切していません。その意味で言えば、今が本格的な海外進出の年です。アメリカでのユーザー獲得に向け、国境、人種、文化や宗教を越えて、世界中のミュージシャンがひとつの楽曲を歌い、奏で、つないでゆく音楽プロジェクト『Playing for Change』を運営するNPOとも提携しました」

アメリカ進出の地盤固めもバッチリ。東南アジアでの拠点開設のプロジェクトもスタートし、nana musicは、今まさに世界に打って出ようとしている。

191217
191215
191226

会社としてのステップアップを目指し、社員の成長をバックアップする制度を新設

nana musicは、2017年1月にDMM.comの傘下に入り、次なる成長へ向けて走り出した。直近の2カ月で従業員数が2倍になり、会社としての新たな組織作りも始めた。会社を成長の場にしてほしいと考えている同社では、社員が成長するためのバックアップ制度を次々と立ち上げている。櫟木氏のコメントを交えながら、その内容をいくつか見てみよう。

その1「成長支援制度」
本人が「成長するため」と宣言すれば、半期に5万円まで会社が費用を負担する制度。ライブのチケット代や楽器の購入費もOKという点が、音楽アプリを作っている会社らしい。
「世の中で何が起きているかを知っていないと、サービスに反映できません。だから社員には、いろんな経験をしてほしいです」。(櫟木氏)

その2「近距離手当制度」
オフィスから直線距離で3キロ以内なら、交通費を払わない代わりに、家賃補助として5万円支給する制度。通勤時間を短くできれば、従業員が仕事以外のいろんなことに時間を使え、ひいては、それが成長につながる。
「職場がある渋谷宇田川町はライブハウスが集まる音楽のメッカ。音楽が好きな人にとっては、この制度が入社の決め手になることもあるようです」。(櫟木氏)

その3「どこでもオフィス」
週に1回は出社せずにどこで仕事をしてもOKという制度。フレックスタイム制と合わせて、自由な働き方を提供するのも社員の成長支援の一つといえる。
「自宅で仕事をする人が多いようですが、金曜日にこの制度を利用して旅先で働き、土日をバカンスに充てるといった使い方もできると思います」

DMMグループ入りしたことで、キャッシュフローにも余裕が生まれ、攻めの姿勢でビジネスを展開できるようになったnana music。最後に同社CEOである文原明臣氏にご登場願い、nanaに込めた思いの丈を披露してもらおう!

「FacebookやTwitterも同じですが、当社の根底にあるのはインターネットに大きな価値を見出している点です。私たちは、インターネットの技術と、音楽という最高のコミュニケーション手段を使って、1カ国も欠けることなく全世界をつなげたいんです。15歳のときに一人でスティービー・ワンダーの曲を歌っていた私に、nanaがあれば人生が変わっていたと思います。スティービー・ワンダーが好きな同年代の友達なんて周囲にいませんでしたが、nanaがあれば巡り合って、私の人生はまったく別のものになっていたでしょう。nanaは人々の夢や願いをかなえられるポテンシャルがあるサービスなんです」。(代表取締役社長CEO・文原明臣氏)

191220
191212
191229

株式会社 nana musicに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 nana musicに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 nana music
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  放送(テレビ/ラジオ)・音楽・芸能
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
設立年月 2013年04月
代表者氏名 創業者兼代表取締役/CEO 文原 明臣
事業内容 音楽SNS"nana"の開発・運営
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社DMM.com
従業員数 40人
平均年齢 33.0歳
本社所在地 東京都渋谷区宇田川町14-13 宇田川町ビルディング5F
応募フォームへ
192998

株式会社 nana music資本金設立年月日2013年04月従業員数40人

世界にたったひとつの「音楽SNS」。全世界を音楽でつなぐ夢の実現を目指す!

この企業が募集している求人

191225
【iOSエンジニアリーダー候補】100ヶ国以上で展開!世界を夢中にさせる音楽アプリ「nana」を世に送り出しませんか?
iOSエンジニア

世界中で音楽セッション/コラボレーションを楽しめる音楽SNS"nana"のiOS開発チームを率いて、音楽SNS"nana"のアプリ開発を行って頂きます。日本発、世界のスタンダードとなるようなサービスを共に作ってみたい、という方をお待ちしております。どうぞお気軽にご連絡ください。 【具体的には】 ■iOSアプリ開発(Objective-C/Swift)及び開発チームのマネジメント ■...

191225
【サーバーサイドエンジニア】グローバルに展開!世界へ挑戦する音楽アプリのWebAPI(REST)を開発!
サーバーサイドエンジニア(Python)

世界中で音楽セッション/コラボレーションを楽しめる音楽SNS"nana"を 一緒に成長させてくれるサーバーサイドエンジニアを募集しています。 開発言語はPythonを利用していますが、普段お使いの言語がPythonでない方も大歓迎です。 【具体的には】 ■自社音楽SNS"nana"と通信するWebAPI(REST)の開発 ■Web版"nana"の開発

191213
【マーケティング】音楽SNS「nana」で、世界を音楽でつなごう!WEBマーケティング戦略立案~実行まで担当!
マーケティング

音楽SNS「nana」でサービスをグロースさせていくためのマーケティングを担当していただきます。 主として、日本国内のユーザー増を担当していただいて、各種マーケ施策の立案・実行、各種広告出稿管理、数値の管理などを担当していただきます。 【具体的には】 ■WEBマーケティング戦略立案 ■オンライン広告運用(リスティング運用やFacebook、Twitter等のディスプレイ広告運...

191225
【インフラエンジニア】世界級高負荷を支えるエンジニアを募集!
インフラエンジニア

世界中で音楽セッション/コラボレーションを楽しめる音楽SNS"nana"を 一緒に成長させてくれるインフラエンジニアを募集しています。 サービスと組織の拡大に伴い、開発の生産性向上、インフラの高負荷対策を行なうため、 開発チームと協力して環境構築・運用の中心を担っていただきます。 【具体的には】 ■AWS環境における負荷分散環境の設計、構築、運用 ■開発の生産性向上

残り2求人をみる
Bnr sp354 2
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる