お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ゴーリストの企業情報

364367

株式会社 ゴーリスト

独自のビッグデータ収集&分析技術で人材市場シェアNo.1サービスを展開

実力と「笑い」を兼ね備えた創業者が放つ、人材市場のIT化

株式会社ゴーリストは、「世界中のビッグデータを、必要な人に、必要な形で、必要な時に」をスローガンに掲げ、人材市場でサービスを展開するベンチャー企業だ。

年功序列や終身雇用など、いわゆる日本的な労働環境に変化が起きて久しい昨今、働き方は多様化し、転職や労働形態の変更など、人材の流動性が増している。一方で、企業側の人材を確保するための競争も激しさを増しており、人材募集の広告費を増やしたり、人材紹介会社に依頼をしたり、自社でリクルーティング活動を行ったりと、様々な策を講じている。売り手も買い手も、双方の活動が活発化するにつれて、人材市場は、人やカネだけでなく、多くの情報(=データ)が行き交う一大マーケットへと成長を遂げている。

大概のモノやサービスにおいては、ある一定の商流の元に市場が形成され、その商流に従ってデータが蓄積されていくので、市場環境や競合分析をするためのデータベースの整備や活用というものは、市場の拡大とともに進んでいくことになる。しかし、人材市場は市場参加者が多岐にわたり、その商流も一定でないため、データはあちこちに散らばり、分析しようにもなかなかそれがかなわない。そのような、あちこちに散らばる多量のデータ、いわゆる「ビッグデータ」を集約し、企業が利用したい形で提供しているのが、同社である。

人材業界に特化したサービスを事業として、2011年11月に創業したゴーリスト。同社の代表取締役である加藤 龍氏が、新卒で飛び込んだ人材業界で培った知識やノウハウを元に、いつかは起業したいという想いを形にした会社だ。

同氏は1999年に、当時5人の人材系企業に初代新卒として入社。販売系派遣、営業系人材紹介を始めとした4つの事業を次々と立ち上げて、たった6年でグループ会社の代表取締役に就任。さらに2008年には、別のグループ会社で、求人メディア事業を始め3つの事業を立ち上げている、新規事業立ち上げのプロだ。その彼が、10年近く人材業界にいて感じたのが、ITやWeb活用の遅れであった。時を同じくして、システム開発会社の経営コンサルティングを担当し、「IT 技術をもっと活用して 人材業界をよりよくできるのではないか」と考えるようになり、創業するに至った。

人材業界の中で常に新たな道を切り開いてきた同氏だが、学生時代はバスケットとお笑い(漫才)に明け暮れていたとのこと。「人生はネタ」をモットーに、実力に「笑い」というエッセンスを足して、同社を人材市場で唯一無二の会社へと成長させている。

363245
363252
363253

ビジネスの根幹は、どの市場にも応用可能なビッグデータの収集&分析技術

日々のニュースなどでもよく耳にするようになった「ビッグデータ」であるが、IT用語辞典によると、単に量が多いだけでなく、様々な種類・形式が含まれる非構造化データ・非定型的データとされている。さらにそのようなデータ群を記録・保管して即座に解析することで、ビジネスや社会に有用な知見を得たり、これまでにないような新たな仕組みやシステムを産み出す可能性が高まるとも明記されており、まさにその「可能性」を現実のものにしているのがゴーリストである。

同社は、「世界中のビッグデータを、必要な人に、必要な形で、必要な時に」をスローガンに掲げ、独自で開発したクロールエンジンとデータマイニングの技術を使って、「求人」と「不動産」という、一見全く異なる領域でサービスを展開している。

同社の主力サービスの一つである「HRogリスト」は、国内の主要な求人媒体全てからデータを取得し、それらの膨大なデータを使いやすい形のリストにして提供するサービスで、人材業界大手企業を中心に、業界シェアNo.1の企業リストサービスとなっている。また、求人媒体をユーザーが自由に集計・分析できるクラウドサービス「HRogチャート」や、人材業界のニュースを厳選して提供するキュレーションメディア「HRog」の運営など、ビッグデータを様々なアウトプットで提供することで、ビジネスを拡大している。

ビッグデータを活用したサービスに特化することで、活用するための技術開発を進めてきた同社。その技術は一つの業界にとどまらず、あらゆる業界に応用可能となりうるという意味で、ビジネス拡大のチャンスはおおいに広がっている。直近、社員数は微増という状態が続いているにもかかわらず、前年比2倍近い売上高成長を実現するという、ある意味とても効率のよい成長モデルを築くことに成功している。

364165
363257
364164

どこに行っても通用する「プロフェッショナル」を育てながら、事業を拡大

社名の由来は、Goalと「〇〇の専門家、〇〇主義者」を表すistを組み合わせた造語。「常にGoalを持つことは重要」という加藤氏本人の考えと、「個と組織をGoalまで導く専門家(=プロフェッショナルチーム)」という会社のミッションが詰まった名前である。

組織をプロフェッショナルチームで構成すると、一つ一つの活動が属人的になり、情報やスキルが共有されず、どこかで立ち行かなくなる、と言うことが起こる可能性を秘めている。そのような事態を回避し、会社全体が成長するために、社員ひとりひとりがプロフェッショナルとして個の力を発揮する一方、チームとしてのシナジーを生むため、価値観の共有や、相互理解を大事にしている同社。会社のミッション/ビジョン/バリューを定義し、働き方の指針とすると共に、これらの考え方に共感してくれる人材を採用できるよう、ホームページの中でもきちんと明示している。また、「手を挙げた人がやる」「結果は神様しかわからない」など、ユニークなスローガンを掲げ、個人のパッションや、結果だけでなくプロセスも大事にしてくれるところも興味深い。実際、一人の社員のパッションから大阪支社が立ち上げられるなど、ビッグプロジェクトのリーダーを掴み取るチャンスもある。

一方で、やる気のある人、実力のある人を集めて終わり、ということではなく、「プロフェッショナル=どこに行っても通用する人材」 と定義しているだけあって、ロジカルシンキングなどのベーシックなビジネススキルだけでなく、エンジニアリングやマーケティング、デザインなど幅広いスキルを身につけるためのオリジナルの研修制度や環境を用意してくれているところも特徴的だ。

メンバーの特色として、いい意味で「人に雇われたくない人」ということをあげている同社。それぞれプロフェッショナルとして個の力を発揮する一方、チームとしてのシナジーを生む為、価値観の共有や相互理解を促すようにしている。今後は、レバレッジしやすい既存サービスの事業内容と、社内業務のシステム化/自動化推進により、運用等の業務量をできる限り低く抑え、更に多くの新規サービスや新規事業の立ち上げを推進していくとのことで、ますますの成長が期待できる会社である。

183252
364166
363262

株式会社 ゴーリストに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ゴーリストに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ゴーリスト
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 1000万円
設立年月 2011年01月
代表者氏名 加藤 龍
事業内容 ◆人材業界向け事業
求人情報を元にした人材業界向けの企業リスト、調査・分析サービス、採用支援ツール、データクレンジングサービスの提供、人材業界向けシステムの受託開発、人材業界向けメディアの運営

◆ITソリューション事業
AI開発、UXデザインに特化したシステムの受託開発

◆人材紹介事業
外国人採用メディアの運用、人材紹介、およびスカウトサービスの提供
(有料職業紹介 厚生労働大臣許可番号 13-ユ-309640)
従業員数 43人
平均年齢 28.3歳
本社所在地 東京都千代田区神田須田町1‐18 アーバンスクエア神田ビル4階
364367

株式会社 ゴーリスト資本金1000万円設立年月日2011年01月従業員数43人

独自のビッグデータ収集&分析技術で人材市場シェアNo.1サービスを展開

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×