お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ケーアイテクノロジーの企業情報

178124

株式会社 ケーアイテクノロジー

大手メーカーや著名研究機関が依頼!画像処理アルゴリズム開発の第一人者!

「動画から動いている人間だけを抽出したいが、どうすればいいか?」に応える!

画像処理に関するソリューションを提供している、エンジニア集団の株式会社ケーアイテクノロジー。

オリンパス、資生堂、シャープ、住友化学、積水化学、ソニー、大日本印刷、東芝、デンソー、ニコン、パナソニック、富士通、富士フイルム、三菱電機といった大手メーカーや東京大学、東北大学、宇宙科学研究所(JAXA)といった研究機関など、そうそうたる顔ぶれの研究開発者が相談を寄せているところから、同社の実力がうかがい知れるだろう。領域としては、車載機器、医療機器を中心に、検査装置、美容・化粧品、化学業界測定器、鉄道・道路、OA機器、建設業など広範に及んでいる。

同社が手がけるのは、画像処理のアルゴリズム開発およびハードウェア・ソフトウェアの開発。アルゴリズム開発は同社が最も得意とし、かつハード・ソフト開発にも繋がる根幹的サービスだ。
「例えば、お客様が『動画から動いている人間だけを抽出したいが、どうすればいいか?』といったご相談を持ち込んできます。それに対して、具体的な方法論を考え出すのがアルゴリズム開発です」と代表取締役の石井 均氏は説明する。

アルゴリズム開発は、顧客の課題解決策がまだ存在していないからこそ同社に依頼されてくる。同社にとっても未知のことが少なくない。受注しても、難易度の高さから納期に間に合わせるために倍の人員を要してしまうといったリスクがつきまとうことになる。
「そんな場合、当社では商談の段階で実際にある程度までソフトウェアを組んで見当をつけるところまでやります。やってみなければわからないからです。その上で、ある程度の見当をつけた提案書と見積もりを出して受注します。ここが当社の特徴的なところで、国内にここまでやれる競合は見当たりません」と石井氏は強調する。

これまで、「名刺プリンタ用写真データ処理手法」「地中金属画像化手法」「似顔絵ロボット用画像ベクトル化手法」「細胞抽出」「多チャンネル合成&自由変形手法」といった数々のアルゴリズムを開発してきた。ハードウェアでは、X線画質改善ボードからFFT組み込みボードまで幅広く対応している。また「試作段階なので予算を多く取れない」「アルゴリズム開発に手間取ったので、一からボードを開発するのはスケジュールが厳しい」といった声に応えるため、「Getterシリーズ」という自社ボード製品を用意。この自社製品は、同社の技術力をアピールする武器ともなっている。

178426画像処理に関するソリューションを提供している、エンジニア集団の同社。画像処理のアルゴリズム開発およびハードウェア・ソフトウェアの開発を手掛ける。
178127取締役社長 石井 均氏
178132

画像圧縮の世界標準規格づくりに、日本を代表して独自規格を開発・提案!

まず、「画像処理 **開発」で検索してみて下さい。
画像処理業界における弊社の評価の一面が見えると思います。

1996年8月に同社を設立した石井氏は、それまで大手OA機器メーカーの画像技術研究所で画像圧縮を専門とする研究者として勤めていた。結果的に「JPEG」が採用された世界標準規格づくりに、日本を代表して独自規格を開発・提案するといった大役も務めた。その後、研究所の研究成果を事業部における製品開発への活用促進プロジェクトのリーダーに就任。この時に、“試作”が両者のニーズとシーズを結合させる解であるとのヒントを得て、独立し同社を創業した。
「当初からアルゴリズム開発で食べていこうと思っていましたが、当時の日本企業には、キーテクノロジーであるアルゴリズム開発に外の力を活用するという発想が希薄でした。そんな風潮を変えたのは、リーマン・ショックとシリコンバレーのベンチャーブームです。世界の大手メーカーはみなベンチャーと組んで画期的な製品に結実させています。そういった動きから、徐々に『自社にないことは、ベンチャーであってもそれを持っているところと組もう』というムードに変わっていきました」

そして、現在では売り上げの95%ほどをアルゴリズム開発が占めている。以前、アルゴリズム開発だけでは売り上げが安定しないとハードウェアのファブレス生産に力を入れた時期もあったが、在庫や当該要員を抱えたことでキャッシュフローや利益率が悪化。その反省もあって、利益率が格段に高いアルゴリズム開発に徹しているという経緯がある。

また、前述のとおり手掛ける領域が広範なのは、一業界30%以下と決めているからだ。以前、携帯電話の画像処理チップの市場が急拡大した後一気に消失、そこに突っ込んでいた多くの企業も消えていったという盛衰を見ているからだ。さらに、同社の顧客は国内100%。「この世界では、日本語ですら悪意もないのにコミュニケーションに齟齬を来すこともある。それが外国語となるとなおさら。そこまでリスクを取る必要はない」(石井氏)という判断である。

これらのことから、同社の“堅実経営”ぶりがうかがえるだろう。同社は、アルゴリズム開発には、オープンソースや汎用ライブラリを一切使わない。という強みがある。開発工数は増えてしまうが、更なる高速化と言う要望にこたえるには、ブラックボックスが存在してはハード化などの手段が取れない為だ。また、自社内に技術が100%蓄積できない派遣や常駐には、一切応じていない。と石井氏は言う。

178146出展した展示会の様子
178142各自の業務状況は、毎週月曜日朝の定例会で共有している。その場では15分間の「コミュニケーションタイム」も設け、輪番制でメンバーが自由発表を行っている。
178130

人材採用を通じた風土づくりのテーマは“一人一芸”!

2017年2月現在、同社のメンバーは8名。全員がエンジニアである。営業担当者はおらず、100%、ホームページからの問い合わせ経由で受注。経理や人事給与などのバックオフィス業務はすべてアウトソーシングしている。

石井氏が人材採用を通じて風土づくりのテーマとしているのが、“一人一芸”。このことについて、次のように説明する。
「応募者の専門性が既存社員とカブる場合、既存社員よりそのスキルが高ければ採用しています。カブらないものであれば、一定の条件を満たせば採用しています。手掛ける領域も人材の得意分野も、できるだけ広範なものにしていきたいですね。コツコツやれる人も、ひらめき型の人も、どちらも必要です」

受注した新規案件は、「やりたい」というメンバーに最優先で振り分け、特に希望者がいない場合、当該案件に合う得意分野のメンバーに割り振っている。基本的に1人で1プロジェクトを担当。各自の業務状況は、毎週月曜日朝の定例会で共有している。その場では15分間の「コミュニケーションタイム」も設け、輪番制でメンバーが自由発表を行っている。隔週で会社全体の運営会議を行い、展示会への出展や求人、社内行事などを話し合っている。

「会議体はそれだけで、できるだけ業務に集中できるようにしています」(石井氏)
同社では、画像処理の未経験者でも採用している。画像処理は石井氏がいくらでも教えられるからだ。

「私はプロ向けの画像処理技術講座の講師も務めています。そこに出席させていますが、実習やQ&Aを通じて大いに鍛えられていますよ」
社内の親睦を深める機会としては、業務プロジェクトや展示会の打ち上げなどが3~4カ月に1回ほどのペースであるほか、不定期で社員旅行にも出かけている。

そんな同社が求める人材について、「好奇心や探求心、吸収力がある方」と石井氏。画像処理に少しでも興味があるという人にとって、画像処理の最先端を追求し続けている同社ほど魅力的な職場はないに違いない。

178143同社のメンバーは7名。全員がエンジニアである。営業担当者はおらず、100%、ホームページからの問い合わせ経由で受注。
178140受注した新規案件は、「やりたい」というメンバーに最優先で振り分け、特に希望者がいない場合、当該案件に合う得意分野のメンバーに割り振っている。基本的に1人で1プロジェクトを担当。
178133

株式会社 ケーアイテクノロジーに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ケーアイテクノロジーに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ケーアイテクノロジー
業界 製造・メーカー系 >  その他メーカー系
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
製造・メーカー系 >  電気・電子・機械・半導体
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 1,000万円
設立年月 1996年08月
代表者氏名 取締役社長 石井 均
事業内容 画像処理アルゴリズム開発
画像処理ソフトウェア開発
画像処理ハードウェア開発
画像処理コンサルタント業務
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 株式会社アドバンス アルプス電気株式会社 宇宙科学研究所
株式会社大林組 オムロン株式会社 オリンパス株式会社
金沢大学 株式会社北電子 京セラミタ株式会社
ザインエレクトロニクス株式会社 三洋電機株式会社 株式会社資生堂
シャープ株式会社 住友化学株式会社 セイコープレシジョン株式会社
積水化学工業株式会社 ソニー株式会社 ダイトエレクトロン株式会社
大日本印刷株式会社 東京ガス株式会社 東京大学
株式会社東芝 東芝テック株式会社 東北大学
株式会社デンソー 株式会社ニコン 株式会社ニデック
パイオニア株式会社 パナソニック株式会社 株式会社フォトロン
富士通株式会社 富士フイルム株式会社 放射線医学研究所
株式会社マクニカ 三重大学 三菱電機株式会社
株式会社メドレックス ヤンマー農機株式会社 株式会社リコー
ローム株式会社 株式会社ローレルインテリジェントシステムズ
従業員数 7人
本社所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目17番地2号
友泉新横浜ビル3階
178124

株式会社 ケーアイテクノロジー資本金1,000万円設立年月日1996年08月従業員数7人

大手メーカーや著名研究機関が依頼!画像処理アルゴリズム開発の第一人者!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 7
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×