お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ワールドジェイビーの企業情報

152901

株式会社 ワールドジェイビー

製品に絶対の自信あり。ITの力で販売強化へ。総合美容品メーカーの挑戦!

ありとあらゆるサロン用品が揃う自社ECサイト『7エステ(セブンエステ)』

株式会社ワールドジェイビーは、エステ、ネイル、まつげエクステ、理容・美容などのサロン用品や化粧品の製造販売メーカーだ。サロンにある施術用のベッド、スツール、ワゴンなどの備品からタオル、シーツ、使い捨て用品などの消耗品、美容機器やスキンケア化粧品、ジェルネイル、まつげエクステのパーツなどの大きなものから小さなものまで、およそサロンにあるものは全て製造していると思ってもらえばいいだろう。

販売に関しては、「業界と規模はまったく違いますが、オフィスに必要なものをすべて揃えて届けるアスクルさんのようなイメージです」。こう話すのは同社常務の前田 郷樹氏だ。確かに、同社のECサイト『7エステ(セブンエステ)』をのぞいてみると、そのバラエティ豊かな製品群に圧倒される。『7エステ(セブンエステ)』の制作と運営を担っているWeb制作部の今村成氏は、「アイテム種類でいうと、10000種類ほどにもなるでしょうか」と話す。しかも同社の強みは、これらの9割方を自社で製造しているということだ。正確には製造は委託先の工場に依頼しているが、製品の企画、開発から物流、販売、サポートまでをすべて自前で行っている。

同社の創業は2000年3月。代表取締役社長の金 祥民氏が創業した。韓国出身の金氏は、創業当時は日本に暮らす韓国人向けに、美容関係の商材を輸入して通信販売していた。ちょうど韓国の美容製品が注目を集めていた時期でもあり、次第に日本の美容業界向けへと販路を広げ、商材の製造を拡大するようになった。こうして、徐々に当初の韓国色は薄まり、総合美容専門メーカーへ発展していった。

成り立ちがそのような経緯であるため、販路は、カウンセリングやデモンストレーションを伴う訪問販売が主流の高額なサロン化粧品のメーカーなどとは異なる。カタログ通信販売から始まり、次第にECサイトへとシフトして現在の形になった。ECで気軽に頼め、しかも何でもそろうという利便性は同社の大きな強みであり、今や業界ではすっかり名の知れた存在となっている。現在、売上の8割はエステティックサロンやリラクゼーションサロン向けの製品で、残りの2割は美容院、ネイルサロン、まつげエクステサロン業界向け製品だ。商品販売を行うECだけでなく、その技術やノウハウを活かせるBtoBサイト構築も制作中で、積極的に周辺サービスへと横展開を進めている。

152903同社のECサイト『7エステ(セブンエステ)』は、約10000種のサロン用品を取り扱っている。
152918常務 前田 郷樹氏
152915

他社に類を見ないバラエティ豊かな製品とECサイト。
海外展開もスタート!

改めて見てみると、業界にあって、ワールドジェイビーは独自の立ち位置にある会社だ。まず、サロンを丸ごと作れるようなありとあらゆる製品を製造するメーカーは他にない。他は、例えば化粧品メーカー、美容機器メーカー、ジェルネイルメーカーなどと、分野ごとに特化して製品を展開するメーカーである。しかも、ワールドジェイビーはそれらをECで販売する。「他社は、Webサイトはありますが商品のPR用サイトで、買うには電話で問い合わせて訪問を受けるスタイルが主流です」と前田氏。一方、ワールドジェイビーはショールームとして東京と大阪に実店舗を構えているものの(近々、福岡にもオープン予定)、あくまでも主流はECだ。それは利便性に加えて、販売にかかるコストを抑え、高品質な製品を低価格で提供するという強みにもなっている。

同社製品の売上の8割を占めるエステティック業界は、世間では、テレビCMを打っているような大手のチェーン展開するサロンのイメージが強いが、業界の大半を占めるのは、1店から数店を展開する小規模なサロンだ。ワールドジェイビーがターゲットとするのも、このような規模のサロン。製品販売のほか、美容家を講師に招いて、最新の施術方法などを教える『7エステ講習会』、サロンを開きたい人向けの開業支援や経営コンサルティングなど、物販のほか、トータルにサロンをサポートするサービスを展開する。

そして、そんなユニークな同社が次の展開として視野に入れているのが、海外市場だ。既に中国語版と韓国語版のECサイトもオープン。両国は、現在は主に製造拠点として進出し、数々の現地工場と取引しているが、いずれはマーケットとしても有望と考えている。「ECサイトはトライアルで、本格的なものではありません、現在は、代理店を募って販路を開拓し、現地での足場を築くことを考えています」と前田氏。ECサイトは、ある程度その国に根付いてからという戦略の下、今はまず、中国、韓国、アメリカ、ヨーロッパと積極的に展示会などに出展し、ネットワークを築いている。そのような活動を進めながら、同社の高品質で低価格の商品の知名度を高め、いずれ越境ECを大々的に展開していく考えだ。

152922Web制作部 今村 成 氏
152904ショールーム的に東京と大阪に実店舗を構えている。
152916

今後は「作る」だけでなく「売る」に注力。
ITの力×モノづくりの融合へ。

ところが、そんなワールドジェイビーにも弱点がある。マーケティングと販売だ。同業他社と異なりECサイトを積極活用しているのは確かだが、現状は、一通りはやっているものの、「もっとやりようがあるはず」、「もっとできるはず」というもどかしい状況にあるのだ。

「当社は企画し、海外の工場を開拓し、製造するという一連の『作る側』には長けていますが、『売る側』がまだまだです。ECサイトも、テクノロジーを駆使してもっとアピールし、潜在的なユーザーにリーチできるような工夫が必要です。その辺りをブラッシュアップしてくれる人材を求めています」。前田氏は言う。製品には自信がある。スピーディーに製造し、届けることもできる。「売る」というピースをもっと強化したいのだ。

だが別の見方をすると、この仕事にチャレンジしようという人にとっては、やりがいや手応えは十二分にあるという状況でもある。自信のある製品を、それも数千点に上る製品を、自らの創意工夫で売っていくのだ。様々な施策を立案し、実行し、運用・チェックし、改良するというPDCAをいくつも並行して進め、売上に直結する臨場感や手応えを得ながら、常に前へ前へと進んでいく。しかもスピーディーに。今が完成形ではないだけに、力を発揮する余地は極めて大きいだろう。

ワンフロアの社内には企画や営業、サポートといったすべての部署があり、部署を横断したミーティングも多い。作ったものをどう売っていくか、みんなで知恵を絞り、実現していく一体感も魅力だ。ちなみに社内は中国、韓国出身者も多い。公用語は日本語ながら、中国語や韓国語も飛び交い、何ともいえない活気に満ちている。多様性を地で行く会社だけに、日本的な残業文化とも一線を画す。時間管理を重視する社長の方針もあり、遅くとも19時には帰ることが定着している。

そんな同社が唯一、夜を徹する勢いで総動員で働くのが展示会の前だ。約10万点数の製品をピックアップし、搬入し、会場に展示する。大変だが、そこにはお祭り的な一体感と高揚感もあるという。今後、さらにECに注力するとはいえ、同社のベースに脈々と流れるのは、このように実際にモノを作り、それをユーザーの手に届けるというリアルな感覚だ。Web制作の今村氏も「モノ作りの実感とスピード感が魅力です。競争も激しいなか、次々と世に製品を打ち出していく。パッと決めてすぐに動きます。そこを意気に感じる人が当社に向いているでしょう」と話す。

良き製品を、今、技術の力で広めようとしているワールドジェイビー。やれること、やるべきことはたくさんある。やりがいは大きく、モノ作りの一角を担う充実感も得られる会社だ。

152925作ったものをどう売っていくか、みんなで知恵を絞り、実現していく一体感も魅力だ。
153033ワンフロアの社内には企画や営業、サポートといったすべての部署があり、部署を横断したミーティングも多い。
153035

株式会社 ワールドジェイビーに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ワールドジェイビーに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ワールドジェイビー
業界 製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
商社(卸売)・流通・小売り系 >  総合商社・専門商社
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 2,000万円
売上(3年分)
2016年 2月 期 2015年 2月 期 2014年 2月 期
29億円 26億円 25億円
設立年月 2000年03月
代表者氏名 代表取締役社長 金 祥民
事業内容 エステ・ネイル・まつげエクステ・理美容などの業務用サロン用品や化粧品の製造販売メーカー
(化粧品製造業許可 12CZ200204 化粧品製造販売業許可 12C0X10064)
業務用サロン用品・化粧品の輸出入業
インターネット・カタログでの通信販売業・サービス業
ストア・サロン店舗での販売・サービス業
展示会・営業活動を利用した卸売業
主要取引先 <エステ>
全国エステサロン、株式会社ボディーワークホールディングス、株式会社不二ビューティ、株式会社トーマスインターナショナル、株式会社岡本商会
<ネイル>
全国ネイルサロン、株式会社ネイルパートナー、株式会社ネイルラボ、株式会社シンワコーポレーション、海外代理店
<まつげ>
全国アイラッシュサロン、株式会社OMGホールディングス、株式会社ケイトオブ東京、海外代理店
<理美容>
全国理美容サロン、株式会社リッツ、株式会社トーマスインターナショナル、株式会社マスダ増、その他ディーラー
従業員数 118人
平均年齢 36.0歳
本社所在地 東京都台東区台東4-27-5 秀和御徒町ビル3F
152901

株式会社 ワールドジェイビー資本金2,000万円設立年月日2000年03月従業員数118人

製品に絶対の自信あり。ITの力で販売強化へ。総合美容品メーカーの挑戦!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる