お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

Symmetry Dimensions Inc. (旧DVERSE Inc.)の企業情報

335310

Symmetry Dimensions Inc. (旧DVERSE Inc.)

xR技術を活用したデジタルツインの可視化で世界に挑戦するスタートアップ

VRをビジネスに

Symmetry Dimensions Inc.(シンメトリー・ディメンションズ ・インク)は、VR(ヴァーチャル・リアリティ)の研究・開発を専門に行う為に2014年に設立されたスタートアップです。テレビ局、映画製作会社、大手通信キャリアなど様々な企業とのコラボレーションを経て、建設(建築・土木)業界向けに、xR(VR・AR・MR)技術を活用したビジュアライゼーションツールを開発しています。

2017年2月にSTEAMプラットフォームで配信された「SYMMETRY alpha」は、世界で最も簡単で、高速かつ高品質なVRソフトウェアの1つとなりました。3D CADデータを何ら変換することなく直接インポートすることができ、直感的でリアリティのあるデザインレビューが可能となります。リリースから約3年が経過し、世界113カ国、13,900人以上のプロフェッショナルユーザに利用されており、実務の現場から様々なフィードバックを得ています。

同社は設立当初からグローバル市場に向けたビジネス展開を行っており、海外のイベント・展示会にも積極的に参加し、現地のパートナー企業との業務提携やエンドユーザとの交流も積極的に行っています。現在では建築、土木、都市インフラのプロジェクトに向けた潜在ニーズと戦略的パートナーシップの構築を進めており、それらの取り組みはデジタルツイン* の構築へ発展しています。

「SYMMETRY(シンメトリー)」のカスタマイズ開発及び、xRの新技術を用いた受託開発の2本柱を主力ビジネスとしています。

*)デジタルツイン
現実世界に存在する場所、物、事、人をデジタルデータ化し、サイバー空間上で現実と寸分違わない3D映像「デジタルツイン(デジタルの双子)」を構築することです。
弊社では現在、通信キャリアや大手建設会社とのPoC(実証実験)を開始しており、2023年までを目途に、テクノロジーの精緻化とソリューションを、2025年にはデジタルツイン・プラットフォームの構築を実現します。

196583◆SYMMETRY alpha
2017年2月よりVRゲームプラットフォームのSteamにて配信開始。20020年1月現在、利用者数は世界113か国、約13,900人と、ビジネス向けツールとしては異例のヒット製品となりました。
335314◆SYMMETRY 製品版
2018年10月より販売開始。上述のalpha をベースにつくられた、建設業のプロが使うデザインレビューツールです。
148141

建設業界(建築・土木)向けのVRとは?

そもそもなぜ今、建築・土木業界向けにVR製品を開発するのでしょうか?
その理由は、このレガシーな業界が抱える様々な課題に対して、xRテクノロジーがもたらすコミュニケーションの力が解決のカギになるからです。

ここ20年間、建設現場では業務の生産性が向上していないと言われています。つまり仕事のやり方が変わらず、その間に急激に進歩したPCやスマートフォン、データ通信等のテクノロジーの恩恵を受けてこなかったのです。その一方で、作業員の高齢化や人手不足、後継者不足が大きな課題となっています。これらの問題を解決する方法として、最新のテクノロジーを用いる試みが今、国内外で盛んに行われはじめています。例えば、ドローンの活用。従来の方法では何日もかかっていた広域での測量作業が、ドローンを用いた写真撮影や点群データの取得で、少人数でも短時間で行えるようになってきました。また、3次元CADに様々なモノの属性を持たせたBIM(Building Information Modeling)の手法も普及しつつあり、単に建てるだけではなく、建築物のライフサイクルにわたって維持・管理が可能になり、より多くの価値をユーザに提供できるようになる可能性を秘めています。

例えばVRはどうでしょうか?もちろん、大いに役立つと断言できます。
建築や土木の世界では、施主・設計士・現場監督・作業員・周辺住民等、様々なステークホルダー間での合意形成・意思伝達が必須となります。実際に建ってから「設計と違う」「イメージと違う」「こんなはずではなかった」では済まされないのです。従来は2次元のCAD図面やCGパース・ウォークスルー動画でのプレゼンや説明、作業指示が行われきましたが、情報の受け手に技術がなく、現場を想像して理解することが困難であったのです。その点、VRを用いることで仮想の現場に没入することができ、現実感を持ってすぐに判断を下すことが可能になります。つまりVR技術はデザインの手戻りを最小化し、作業工期の短縮、コストの削減、ミスの低減、顧客の満足感の向上が大いに期待できるのです。

また、SYMMETRYはコア技術としてのVRのみならず、エッジコンピューティングによる都市3Dデータの高速処理、AR/スマホなどと連動するマルチエクスペリエンス、3D CAD/点群/GIS/交通/エネルギー/気象等のデータを一元化処理するなど、様々なビジュアライズテクノロジーを包含します。それらの技術を実際の製品に組み入れて提供し、利用した現場からのフィードバックを得ることで、私たちはこれまでになかった新たなワークフロー・問題解決を実現し、より良い社会づくりに貢献します。

335239◆人口衛星データによるデジタルツインの更新
日本全土の地盤沈下や地盤隆起を無数の地点で計測し、ミリメートル単位でヒートマップ化したほか、周辺の工事による高層ビルの傾きまでが捉えられ、垂直方向にヒートマップ化されています。
335236◆デモンストレーション
メキシコ、グアダラハラ市で撮影された点群データ(19億点)をVR及びデスクトップPCで動作します。
(2019年9月18日,NTTドコモ及びSymmetry Dimensions共同発表)
196611

様々なタレントが活躍できる組織体制

Symmetry Dimensions Inc.は、業務システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど、各ジャンルで豊富な経験を持つプロフェッショナル集団です。各自が専門領域を持ち寄り、卓越した個によるチームを創っていくのがCEO沼倉の方針です。

資本構成的にはいわゆる「スタートアップ」で、ベンチャーキャピタルや個人投資家からの投資が運営資金の主体となります。2016年6月2日には、500 Startups・株式会社コロプラネクスト・KLab Venture Partners株式会社等から103万9000ドル、2017年5月31日にはさらに株式会社凸版印刷から100万ドルの資金調達を行っており。累計調達額は622万USドル (約6億7千万円)にも及びます。これらの資金によりSYMMETRYをはじめとした「デジタルツイン」の要素技術開発およびカスタマイズの販売体制を大幅に強化する方針です。

今回、SYMMETRY製品開発にかかわるエンジニア体制の拡充もさることながら、SYMMETRYをベースにした協業パートナーとの独自ソリューションの開発要員、海外向けの企画営業、代理店販売およびユーザ向けサポート要員、将来に向けた基盤技術の研究・開発を行う研究職等の人材募集も行います。

同社では、風通しのよい社風を維持できるように、週次・月次で定例会議を開催し、各自のバックグラウンドや得意分野、興味のある分野についてチーム横断で発表を行ってディスカッションしたり、一緒に創作活動を行ったりする取り組み進めています。

また、社員の能力向上、技術習得をサポートする制度も完備しています。福利厚生としての書籍購入補助や社外セミナー参加費補助等、社員の学びたいという気持ちに対して手厚く支援を行います。また、エンジニア職は週に1度エンジニア勉強会を開催し、技術書の輪読会やxRコンテンツの体験会等、直接の担当業務以外の最新技術動向を共有し、広い視野を持ったエンジニアを育成する取り組みを行っています。

213998◆エンジニア勉強会
ディスカッションの様子
196586◆ワークショップ
建築デザイナーの気持ちになってLEGOで建造物を作ることも
196589

Symmetry Dimensions Inc. (旧DVERSE Inc.)に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、Symmetry Dimensions Inc. (旧DVERSE Inc.)に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 Symmetry Dimensions Inc. (旧DVERSE Inc.)
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
不動産・建設系 >  建築・土木・設計
企業の特徴
  • 外資系
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 622万USドル (約6億7千万円)
設立年月 2014年10月
代表者氏名 代表取締役 沼倉 正吾
事業内容 XR(VR/AR/MR)技術、デジタルツイン・システムの開発
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 沼倉正吾
BonAngels Pacemaker Fund
Viling Venture Partners株式会社
アドウェイズ株式会社
500 Startups Japan
Colopl VR Fund
KLab Ventures
川田尚吾
株式会社ウィルグループ
スローガン株式会社
凸版印刷株式会社
株式会社ティー・ワイ・オー
株式会社Psychic VR Lab
株式会社タケウチ建設
従業員数 12人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 東京都渋谷区代々木3-45-2 西参道Kハウス4F
335310

Symmetry Dimensions Inc. (旧DVERSE Inc.)資本金622万USドル (約6億7千万円)設立年月日2014年10月従業員数12人

xR技術を活用したデジタルツインの可視化で世界に挑戦するスタートアップ

この企業が募集している求人

213998
【XR開発エンジニアリングマネージャー】開発チーム立ち上げから社内外チームのマネジメント業務をお任せ
エンジニアリングマネージャー

SYMMETRY のカスタマイズ開発、xR技術を活用した受託開発において、複数の開発ラインを束ねてリードしていただきます。プロジェクトとメンバーのマネジメントを兼任することで、チームとしてのパフォーマンスを最大化させるための仕組みづくりと推進をお任せします。いわゆる管理職ではなく、あくまでテックリードとしてご活躍いただきます。

335239
【CAD/BIM/測量ソフトウェアエンジニア】大規模な設計・土木工事のデータを解析するための基盤を実装
CAD/BIM/測量ソフトウェアエンジニア

SYMMETRY の基盤技術研究として大規模な設計、土木工事に関わるデータを解析するための基盤の実装を行います。 人工衛星からのレーダースキャンデータ、建築現場のカメラ、LiDARデータなどのデータがAIで分析できるよう、機械学習エンジニアと連携しつつ基盤の設計、実装を行います。 ※土木関係の測量エンジニア(測量技師)の求人ではございませんので、該当する方のご応募はお控えください。

335232
【データアーキテクト】ビッグデータ分野での経験を活かすインフラ/データベースエンジニア
データアーキテクト

SYMMETRY の基盤技術研究として大規模な設計、土木工事に関わるデータを効率よく格納する基盤を実装する作業を担当します。 人工衛星からの地球規模の点群データと、建築図面データ、工事現場に設置されたセンサーのデータ等を一つの空間で取り扱うことで、デジタルツイン*を実現するインフラを構築していただきます。 *)デジタルツイン 現実世界に存在する場所、物、事、人をデジタルデータ化し、...

335238
【仮想化エンジニア】3DCGアプリケーションのストリーミングサービスを5G/クラウド/エッジコンピューティング基盤で実装する
仮想化エンジニア

SYMMETRY の基盤技術として高品位かつ低遅延な3Dグラフィクスアプリケーションのストリーミングサービスをクラウドまたはエッジコンピューティング基盤で提供するインフラを設計、実装していただきます。 このサービスはStadiaやGeforce Nowのように簡単な操作でSYMMETRYのサービスを高性能な仮想マシン上で動かし、ストリーミングの形で様々なデバイスで利用可能とすることを目指す...

231212
【3DCGエンジニア】技術で社会問題を解決するシニアグラフィックスエンジニア
3DCGエンジニア

SYMMETRY の基盤技術研究として、ビジュアルを向上させるグラフィックスプログラミングを行っていただきます。 建築、土木分野のリアルタイムレンダリング・画像処理・点群処理技術開発・センシング、およびその応用システムに関する設計、実装、最適化を担当します。

204599
【Unityエンジニア】xR(VR/AR/MR)開発デバイスエンジニア
Unity開発デバイスエンジニア

HoloLens/HoloLens2アプリ、Magic Leap Oneアプリ、VRコンテンツ、ARKit/ARCoreを使ったアプリといった、xR(VR/AR/MR)コンテンツの開発やアプリケーションの開発等、Unityを使用した幅広いアプリケーション開発を行います。

335239
【AIエンジニア】サービスやビジネスへの応用で社会問題を解決する機械学習エンジニア
機械学習エンジニア

SYMMETRY の基盤技術研究として大規模な設計、土木工事に関わるデータを分析し、デジタルツイン*を実現するための有用なデータを見出します。 人工衛星からのレーダースキャンデータ、建築現場のカメラ、LiDARデータの分析を担当していただきます。 *)デジタルツイン 現実世界に存在する場所、物、事、人をデジタルデータ化し、サイバー空間上で現実と寸分違わない3D映像「デジタルツイン(...

217022
【Unityエンジニア】xR(VR/AR/MR)開発フロントエンジニア(シニアレベル)
Unityエンジニア

主にUnity/C#を用いて、VRクライアントアプリケーションの開発を行います。3D CADをVR空間内で表示したり、編集したりする各種ツールを開発します。

残り5求人をみる
After covid19 bottom
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×