お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

シーオス 株式会社の企業情報

235559

シーオス 株式会社

ロボティクスやAI、機械学習等、最先端の技術研究を実施!"物流"に大変革を起こすスマート・デジタル ロジスティクス カンパニー!

物流分野のデジタル化を目指すスマート・デジタル ロジスティクス カンパニー!

世の中の様々なものがインターネットと接続され、数多くのセンサーによって日々膨大なデータが収集されている現在、物流分野もその例外ではなく、商品管理や倉庫管理、配送車両の走行データなどが蓄積されている。また2020年には、世界で45億のIoTがロジスティクスに接続・制御されるといわれている。しかし、データが秘めている価値を業務の効率化に十分活かせているかというと、“否”と言わざるを得ないのが現状だ。

そのような中、シーオス株式会社は、ロジスティクスのメインプレイヤーとして、アルゴリズムや業務系AI、ロボティクスといった先端技術を活用し、膨大なデータと接続・制御することで、ロジスティクスに変革をもたらしている。同社の最大の特長は、ロジスティクスの領域にデジタルネットワークをはじめとした先端技術を持ち込んだ点にある。

「これまで企業の物流活動は、倉庫やトラックなどのハードアセットと配車担当、ドライバー、倉庫作業者といった直接作業人材を保有・確保できるかどうかという規模の競争でした。また、ベテラン人材の経験や勘に頼ったオペレーションが広く通用している領域でもあります。しかし、インターネットの発展や、AI、自動運転、ドローンなど、新しい技術の誕生によって、ビジネスやワークスタイルが大きく変化してます。そのような中でロジスティクスの世界も例外ではありません。そこで私たちは、ハードからソフトウェア制御への変革を促す担い手――『スマート・デジタル ロジスティクス カンパニー』として、世界のすべてのロジスティクスをデジタル化させることを目指しています」(代表取締役社長・松島 聡 氏)

同社は、ロジスティクス領域で制御すべきリソースには、商品・在庫の「Goods」、拠点内すべての空間の「Spaces」、仕事の「Tasks」、車・鉄道・ドローンなど配送手段の「Transportation」の4つがあると考え、それぞれのリソースに特化したものと、それらを統合するダッシュボードの合計5つのアルゴリズムを開発。それらを元に、SaaS型クラウド・サービスやAPIとして提供している。

具体的には、商品個体情報と出荷状況など物流情報を制御する『DReC(ドレック)』、複数の拠点とその内部全ての空間を3次元制御する『OpSAS(オプサス)』、拠点内の人やロボットを制御する『Xble(キシブル)』、拠点間の配送を制御する『Quent(クエント)』だ。ロジスティクス4リソースのデータをビジュアライズしたダッシュボードが『Ective(エクティブ)』となり、素早い判断を支援する。

独自開発のアルゴリズムによって、ロジスティクスが大きく変わり、企業はこれまで以上に物流のフローに大きく改善がされるという。例えば、現状では東京近郊の各拠点にどれだけの在庫があるか情報が共有されていないがゆえに都内のお客様へわざわざ関西の倉庫から商品を配送したりすることもあるが、『DReC』を導入すれば、メーカーや倉庫、店舗、臨時スペースなど、さまざまな場所の在庫情報をシェアすることで、最短で、かつ効率的な配送ルートを指示してくれる。

また、日本を代表する企業のロジスティクスを診断、運用してきた過程で収集した4リソースの膨大なデータをもとにSEAOSロジスティクス・メソドロジー『12technologies』を考案。ロジスティクス診断やコンサルティング事業に活用している。

237624同社は、ロジスティクスの領域にデジタルネットワークをはじめとした先端技術を持ち込んだことが大きな特長だ。
152057代表取締役社長 松島 聡 氏
152583

ベテラン人材でしか成し得なかった指示出しをソフトウェアで実現!アルゴリズムや業務系AIを開発し、特許も申請!

同社は、元々医療流通事業からスタートしている。松島氏が、アンダーセンコンサルティング(現、アクセンチュア)でロジスティクスを扱うチームに所属していた際、医療機関やメーカー、ディーラーなどプレイヤーが多いうえに取引形態が複雑なものの、市場規模が大きい医療分野の将来性に気づいたからだった。
「業界の仕組みが複雑ということは、ソフトウェアで解決できる領域が大きいことでもありますからね」(松島氏)

そこでまずは取り扱いの複雑な医療機器や材料の提供に関して、システム開発から導入、業務を自社で一貫して行うことに。それによってマスタデータの共通化や受発注データの連携が可能となり、医療機関・メーカー・ディーラー間の取引をシームレスで効率的なものへとすることに成功した。その後、収集するデータの範囲や提供可能なソリューションの幅を拡大。現在では、メーカー、ディーラー、医療機関をつなぐロジスティクスにRFIDや画像処理技術などの最先端技術を活用したプラットフォームを提供し、経営改善や医療品質の向上をサポートするメディカルソリューション事業として継続している。

その一方で、早い段階から通信流通や自動車メーカー、製造業などへも参入し、医療業界で培ったノウハウを転換。さらに、異業種の経験を医療業界へ還元することを繰り返していく。
「そのサイクルの中で、ECやオムニチャネルなど、新しいビジネスを展開する先進企業のニーズに触れ、その課題解決に取り組むことで、技術力に磨きをかけていくことができたのだと思っています」(取締役 最高技術責任者・米里 直樹 氏)

それでは、同社の優位性とは何なのだろうか?松島氏は、「競合がいないことだ」という。「日本は、3Dカメラやレーダーなどセンサー技術のレベルが高い。倉庫内の在庫状況や商品状況、配送ルートの状況など、様々な情報を収集し、データ化することが可能です。しかし、せっかくのデータをAIにつなげる技術がないため、ほとんど活かせていません。私たちが開発しているのは、まさにこの両者をつなぐアルゴリズムであり、データを活かし最適な指示を出す業務系AIなのです。ここに本格的に着手している企業はほかにはありません」(松島氏)

データと業務系AIがつながることで、例えばドライバーと配送先担当者との相性を踏まえた配車など、これまでベテラン人材にしかできなかったきめ細かな指示出しが可能になるのだという。同社は、このような一歩も二歩も先を行くアルゴリズムや業務系AIを開発し、特許も申請している。

152059取締役 最高技術責任者・米里 直樹 氏
151746社内では、新技術に関する議論もされている。最先端の技術に取り組んでみたい方には、とてもエキサイティングな環境。
237631

国内外の優秀なエンジニアが最先端技術を研究!今後は世界展開へ!

前例のない技術に挑んでいるシーオスには、多様な人材が集まっている。前職でスーパーコンピュータの開発に携わった技術者や東大大学院出身の研究者、通信事業の責任者、外国籍のエンジニアなどが自身の知恵と発想を駆使して、新たな技術を生み出すことに力を注いでいる。

「国内外の優秀なエンジニアがそろったオフィスでは、ロボティクスや機械学習など、高度な技術を使ったソフトウェアが生み出されています。最先端のAIを使った研究なども行っており、新技術に取り組んでみたい方には、とてもエキサイティングな環境だと思いますよ。それに、考え、開発するだけでなく、ロジスティクスのアウトソーシング事業を行っている当社では、実際に現場で運用することができます。コンサルティング会社でも、お客様ととことん向き合うことはできますが、現場で検証した結果を次なる開発へつなげていくことはできません。この点は、技術者としての成長という意味でも、良い環境なのではないでしょうか」(米里氏)

また、「同社の視界は世界へと広がっている」のだと続ける。
「当社は本気で世界へ打って出ようとしています。それだけの戦略もシステムも持っています。単なるビジョンではなく、リアルなんです。その渦中に飛び込み、世界へ出る瞬間に当事者として居合わせるなど、そうそうできる経験ではありません」

また、社員に活躍してもらおうという意識が高い点も特長だ。社員同士意見を交わしやすいフラットな風土だ。また、ワークライフバランスを大切にする社員のために、フレックス制度を採用。近日中には、テレワークの体制も整えるという。
「社内は、一見しただけでは静かに見えますが、世の中を変えていく仕事に熱い思いを持ち、果敢に研究を重ねている人たちばかりです」(米里氏)

ロジスティクスというデジタル化が遅れている業界へ飛び込み、先端技術の研究・開発を通して、大きな変革を起こす――そこに面白さを感じ、挑戦したいと気を奮える人材を同社は求めている。

237632多様な人材が集まっている同社。具体的には、前職でスーパーコンピュータの開発に携わった技術者や東大大学院出身の研究者などが集結している。
151757クラブ活動の様子。バスケットボール部以外にも、サッカー・ゴルフ・サーフィン・トライアスロンの部活動も実施されている。
151758

シーオス 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、シーオス 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 シーオス 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
資本金 1億円
設立年月 2000年08月
代表者氏名 代表取締役社長 松島 聡
事業内容 ・コンサルティング・テクノロジー
 (ロジスティクス戦略コンサルティング、SI)
・プロダクトライセンス
 (アプリケーションソフトウェア・ロボット開発)
・オペレーションマネジメント
 (ロジスティクス設計・運用)

ロジスティクスの分野ではベテランの勘と経験で業務を動かしてきていた背景があり、まだまだアナログな紙と手作業の世界であり、デジタル化が遅れている分野です。SEAOSでは創業当初から、ロジスティクスのデジタル化に取り組んでおり、IT化や最先端の技術でさまざまな問題を解決してきました。
現在はAIやロボティクスといった先端技術を開発し、膨大なデータと接続・制御することで『物流分野』に変革をもたらすことに取り組んでいます。
従業員数 201人
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿1-18-18 東急不動産恵比寿ビル6F
235559

シーオス 株式会社資本金1億円設立年月日2000年08月従業員数201人

ロボティクスやAI、機械学習等、最先端の技術研究を実施!"物流"に大変革を起こすスマート・デジタル ロジスティクス カンパニー!

Bnr sp354 7
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×