お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【バックエンドエンジニア】次世代の物流情報プラットフォームを一緒に創るバックエンドエンジニア募集!

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
222940

株式会社 Hacobu

モノの流れのインフラをつくることが使命

バックエンドエンジニア(2020/01/06)

【バックエンドエンジニア】次世代の物流情報プラットフォームを一緒に創るバックエンドエンジニア募集!

ロジスティクスは崩壊に向けて臨界点を迎えている

日本のトラック物流市場は13兆円の規模を誇る巨大な産業であり、経済の中枢を担う社会インフラだ。ITの進展により、あらゆるものの情報化が進んだとしても、モノの移動がなくなることはない。そしてモノの移動が滞ったとき、経済は停滞してしまう。しかし今、「ドライバー不足問題」「トラック待機時間問題」「再配達問題」など、ロジスティクスの問題を伝えるニュースが連日メディアを賑わせている。その原因は、ロジスティクスにおける仕組みの多くが、アナログな人海戦術で担われていることだ。そして、そのアナログな仕組みは、構造的な問題として社会が許容できないほどのコストになりつつある。ロジスティクスは崩壊に向けて臨界点を迎えていると言わざるを得ない。

Hacobuはこの社会問題を解決するために、「運ぶを最適化する」をビジョンに掲げて2015年6月に創業したスタートアップだ。「物流をテクノロジーで進化させ持続可能な社会を作ること。そのためのオープンプラットフォームを形成すること」をミッションとしてプロダクトの開発、提供をしてきた。

創業者であり、代表取締役を務める佐々木太郎氏は、これまでに3社のスタートアップ企業を経験した人物。ある乳業メーカーの子会社にコンサルタントとして出向いたことが、人生の転機になった。
「物流子会社が全国に10社ほどあったのですが、B to Bの物流の現場を間近で見て、めちゃくちゃ古く感じました。でも、物流は経済の肝なので、物の流れが滞ると回らなくなってしまう。この問題を何とかしないと、日本に大きな影響を及ぼす事態になってしまう、と。それで今回のビジネスアイデアを考えたんです」と佐々木氏はその経緯を振り返る。

Hacobuが提供しているサービスの名前は「MOVO(ムーボ)」。この名前は、move(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語であり、「運ぶを最適化する」というミッションが込められている。
MOVOは、統合的な物流管理ソリューションとして輸配送の課題を、テクノロジーを活用して解決することを目指し、トラックが手配しにくい問題(求車)、トラックの位置情報を把握できない問題(運行管理)、そして待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題(バース管理)等を解決するための機能を、IoTデバイスと連携したクラウド型のワンプラットフォーム上で提供している。

これらの機能がワンプラットフォームで、クラウド環境で使えるサービスは日本にはほかにない。そのユニークさからMOVOはロジスティクス業界で大きな注目を集め、2018年9月には、大和ハウス工業が開発する全ての物流施設に、Hacobuの開発したトラックの入場予約システムが順次導入されることが決定し、日経新聞などで報道された。

大きなビジョンを掲げ、社会課題を解決するべく動くとき、そこに大きな重力ができる。この領域では、「破壊的イノベーション」ではうまくいかない。既存のプレイヤーを巻き込みながら、事業をすすめることが肝要だ。それが、アスクルや大和ハウスなどの大手企業がHacobuをバックアップする理由であり、彼らを実際に巻き込んでいるHacobuの巻き込み力のすごさがわかる。創業から3年ほどにも関わらず、ロジスティクスにかかわる人の中でHacobuは大きな話題となっている。大手企業からのHacobuへの共同プロジェクトオファーはひっきりなしだ。「大手企業のロジスティクスに関するお悩みを伺いながらアイデアを提供し、最終的にオープンプラットフォームをつくることにご協力いただいているのです」と佐々木氏。コンサルティング会社をバックグラウンドにもつメンバーが多いことも、この事業モデルを可能にしている。

333184代表の佐々木
204106「MOVO(ムーボ)」と読んでください
257268

フラットな組織が最大の強み。驚異的なフットワークで、「10倍くらい社員がいるのかと思っていました」と言われるほどのプロダクティビティ

ビジネスは、「作って」「売る」の2つの活動からなる。「作る」部隊と「売る」部隊が密接に連携していることで、スピーディーな開発を可能にしているのがHacobuの特徴だ。チームの垣根なく、日々意見を交わし合いながら、最適なソリューションを全社員で追求している。

現在、Hacobuのメンバーは50名ほどで、以下の職種で互いに協力し合っている。

開発 (Tech)
- Backend Engineer:プロダクトの設計、実装など
- Frontend Engineer:プロダクトの設計、実装など
- QA (Quality Assurance):テスト設計、テスト実施など)
- designer:UI/UXデザイン

プロダクト
- Solution Architect:プロダクトオーナー

ビジネス
- MCS (Marketing & Commercial Sales):マーケティング、インサイドセールス、コマーシャル営業など
- CS ( Customer Success):ビジネスサポート、カスタマーサクセスなど

コーポレート
- Corporate design:人事、労務など
- Fin&Accounting:総務、財務、経理など

会社組織はフラットで、自由にアイデアを出すことができる。また、フットワークの軽さも特筆すべき点。例えば機能を追加しようと思ったときに、すぐ改良をするという姿勢は競合他社に比べて優位性が高い。実際に、そのスピード感に驚くクライアントが多数いるようで、追加機能の要望をする企業が後を絶たない。まさに「こういうサービスを求めていた!」と称賛されるビジネスモデルだ。


そして、順調に成長をしている最中、意外な反応を示しているのが、大手の物流会社である。一見競合に思われがちだが、彼らも同社のサービスに強い興味を示し、導入を希望するケースは多いという。その理由は、協力会社の存在にあるようだ。大手企業は大多数の中小企業と協力関係を結んでおり、Hacobuのサービスを推進することで、更なる効率化を図る狙いがある。


Hacobuは自社プロダクトを開発・販売しているので、開発チームはクラウドの基盤構築、Webアプリ開発まで、随時役割を分担しながら開発・運用を行っている。エンジニアにとっては、様々な技術領域の経験を積めることが魅力となっている。

257270大手GMSの関東地方向け主力物流拠点でも導入されている、トラック待機時間問題を解決し「待たない物流センター」を実現する「ムーボ・バース管理」ソリューション
222941運行管理IoTデバイス「ムーボ・スティック」
235188

Hacobuを突き動かす5つのValue

現在、Hacobuのメンバーは約50名。まだまだこれから組織を大きくしていくフェーズにある。男女・年齢問わず、様々なバックグラウンドを持った個性豊かなメンバーで力を合わせ、「運ぶを最適化する」というミッションを追いかけている。
そんな彼らは、"Hacobu Value"という5つの価値観を重視し、事業を進めている。

【Give it a try.】
とりあえずやってみる。やってみて初めて世界が見える。とりえあえずやってみてわかることは、考えてわかることの1000倍ある。
【Respect others.】
天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず。役職やポジションは、あくまでその人に与えられた役割だ。人の上下を定めたものではない。チームメンバー、取引先、顧客、あらゆる人を同じ人として尊敬する。尊大な態度をとるな、卑下するな。
【No boundaries.】
それは自分の仕事ではない、と思うのを恥ずかしいと思う。自分の仕事を制限するのは自分の能力だ。
能力が高い人は、それは自分の仕事ではない、とは決して言わない。それは自分の仕事ではない、というのは、自分は能力がありません、と言っているのと同じだ。
【Speed-focused.】
超速!超速!超速!100%の精度でも時間をかけて出しては意味がない。とりうる手段を超速で実行する。
【Get things done.】
目的を達成するためにとりうる手段はすべて講じる。そして、目的を完遂する。

Hacobuは、「まずやってみること」を創業時から大切にして来た。新しいサービス・プロダクトを市場に出していくとき、どれだけマーケット調査やヒアリングをしたとしても、本当にそのサービス・プロダクトが受け入れられるかはわからない。まずはローンチし、マーケットにあてながら、スピードを上げて改修をしていくことが大事だからである。
そして、「あらゆる人に尊敬の気持ちを持つこと」も重要なキーワードである。それが上司と部下ではない、フラットな関係性を築き、自由にアイデアを出すことを重視するカルチャーのベースになっている。
その結果メンバー全員が意見を“聞く”姿勢を持ち、違う価値観や意見があるメンバーが、臆することなく自由に発言することができるムードを醸成し、組織やプロダクトの成長に大きく寄与している。


ここまでのスケールを持った事業を展開している企業は、どのぐらいあるのだろうか。入社をすることは、大きな挑戦になるかもしれない。しかし、そんな大きなことを考えているメンバーと共に働くことで、自身の幅も広げられる可能性がある。その分、何事にも物応じせず、新しい環境に飛び込むことができる素質が必要になるが、数あるスタートアップ企業の中で、壮大なビジョンを掲げ、投資家や業界関係者からも熱い視線を浴び、古い体質の業界を変革していく事業を創ることに携われる機会は稀であろう。逆境をもチャンスに変え、世界に衝撃を与えることに興味を持っている人は、Hacobuのメンバーと新たなイノベーションに、チャレンジをしてみてはいかがだろうか。

3304692019年5月に移転したオフィス
222931女性社員も多く活躍しています
333185

株式会社 Hacobuの社員の声

Icon women1
30代後半
2017年06月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 
・お客様が抱えている課題に対するサービス提案&提供が出来ていると実感出来る

・社内(...続きを読む
Icon men1
20代後半
2018年02月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. まだ世の中にないものを作っていると実感できる時にやりがいを感じます。
また、扱っている技術領...続きを読む
Icon men2
30代前半
2018年01月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 新しいサービスを世に出すことができる。発展途上の分野であるため決まった正解はなく、新たな道を切...続きを読む

株式会社 Hacobuに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Hacobuに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Hacobu
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 約16億円(資本準備金含む)
設立年月 2015年06月
代表者氏名 代表取締役 佐々木 太郎
事業内容 物流向けアプリケーション及びハードウェアの開発・販売、貨物利用運送事業
主要株主 アーキタイプベンチャーズ株式会社、アスクル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、株式会社オージス総研、Sony Innovation Fund、大和ハウス工業株式会社、日本郵政キャピタル株式会社、日野自動車株式会社、Visionnaire Ventures、ベンチャーユナイテッド株式会社、三井不動産株式会社、YJキャピタル株式会社
従業員数 50人
本社所在地 〒108-0073
東京都港区三田3-12-17プレクスビルディング3F
222940

株式会社 Hacobu資本金約16億円(資本準備金含む)設立年月日2015年06月従業員数50人

モノの流れのインフラをつくることが使命

この企業が募集している求人

244182
一緒に最高の環境を作ってくれるコーポレートチーム・上場準備メンバー募集!
管理部(経理・総務・法務)

組織の急拡大に伴い管理部の一員として組織を共に創り、支えていただける方を募集します。 スタートアップのバックオフィスでは、経理、総務、法務等の枠を超えた対応が必要なケースも多く、敢えて管理部として一つの部門としています。 会社の体制を構築いただきながら、色々な知見をつけていく事が可能です。 【業務内容(未経験業務が含まれていても可)】 - 経理事務、決算業務 - 対外的な文書(...

244194
【攻めのカスタマーサクセス】IT×物流SaaS企業/資金調達16億円
カスタマーサクセス

Hacobuが提供するプラットフォーム「MOVO」は、常に進化し続けているサービスです。 どんどん新しい機能や改良が加えられていくなかで、「Hacobuのソリューション」と「課題を抱えている顧客」をつなぐ架け橋となり、課題が解決し喜ぶお客様の姿や、Hacobuが実現しようとしている世界が現実のものになっていく瞬間を、肌で感じていただくことができます! その中でお客様の潜在的な悩みや課...

244313
次世代物流情報プラットフォームの品質を上流から共に創るQAエンジニアを募集!
QAエンジニア(2020/05/11)

現在、ゼロから開発中である次世代の物流情報プラットフォーム、その開発にQAエンジニアとして携わっていただきます。 QAエンジニアはプロダクトの品質を保証する重要なポジションであり、品質に厳しい企業向けシステムを提供する我々にとってなくてはならない存在です。 品質を保証するための手段としてテストを実施していただくのはもちろんですが、品質の分析と改善提案、ビジネスサイドも含めた開発プ...

207378
【テックリード】次世代の物流情報プラットフォームを一緒に創るバックエンドエンジニア募集!
テックリード/バックエンドエンジニア(2020/06/19)

現在、開発中である次世代の物流情報プラットフォームの新規プロダクト開発にテックリード/バックエンドエンジニアとして携わっていただきます。 物流に精通したドメインエキスパートと協力して、アーキテクチャの設計や実装など、テックリードとして開発メンバーを引っ張っていただきます。 ビジネスサイドと開発サイドが一体となった体制でアジャイルに開発しているため、開発サイドからの提案など、常に最善を...

290310
物流を革新し、世の中を大きく変える!プロダクトオーナー募集!
プロダクトオーナー(2020/08/24)

プロダクトオーナーとして、プロダクトの成功に責任を持っていただきます。新規プロダクトを構想・企画したり、既存プロダクトの機能改良の方向性を定めるため、セールスチームや開発チームと密にコミュニケーションを取っていきます。セールスに同行しクライアントへのヒアリングや提案を行ったり、プロダクトのUI/UXについて開発チームと議論する等、現場に入り込んでいただく一方で、経営陣とのマイルストーン設定や...

294307
【Hacobu Strategies】物流を革新し、世の中を大きく変える!CSO直下で新規事業立ち上げメンバーを募集!
Hacobu Strategies(2020/08/24)

新規事業として、Hacobu Strategiesの立ち上げをCSO(Cheif Strategy Officer)の佐藤と行っていただきます。 物流×経営戦略×システムの3つの視点を持ちながら、これまで世の中に存在しなかった物流業界のビッグデータを活用し、独自のコンサルティングサービスを提供していきます。過去、物流の問題は現場レベルのイシューとみなされがちであったため、物流危機と言われる...

残り3求人をみる
After covid19 bottom
×
×