お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【エンジニアリングセールス】攻めと守りのスペシャリストを募集します!!

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
153134

株式会社 BONX

世界中の日常から業務の様々なシーンまで、クルー、チーム、ファミリーをつなぐ。

エンジニアリングセールス

【エンジニアリングセールス】攻めと守りのスペシャリストを募集します!!

これはもう導入するしかないなって、必然的に。

画期的なグループトークテクノロジー「BONX Grip」(ボンクス)をリリースしている、株式会社BONX。スノーボードやスキー、自転車、など、グループで楽しむアウトドアスポーツ/レジャーというシーンや、病院・ラグジュアリーブランド・小売店などビジネスシーンで活躍する、同時相互通話を可能とした新しいウェアラブルデバイスの開発に取り組んでいるベンチャーである。

「BONX Grip」は、スピーカーとマイクロフォンを内蔵した耳かけ式のウェアラブルデバイスと、スマートフォンのアプリで構成される。独自開発の音声データ通信システムと音声認識技術(VAD)の発話機能により、ハンズフリーでデバイスからの通信を開始して会話を始めることができる。デバイス間の通話はVoIPを用い、携帯電話のデータ通信を使ってやり取りする形式。したがって互いの距離関係なく、地球の裏側との同時通話も可能だ。

2016年11月に発売してから、スノーボードのみでなく、ファンライドやサバイバルゲームといったスポーツ/趣味のシーンで大反響を得た。
また、2018年4月にリリースした「BONX for BUSINESS」によりビジネス展開を始めた。ビジネスシーンにおける30人までのグループコミュニケーションを簡単に実現し、着々と導入企業を増やしている。

ある病院からは
「一刻を争う脳卒中診療において、治療時間の短縮につながっています」

ある住宅販売会社からは
「今まで繰り返しやっていたことが一回でみんなに伝わるので、本当に効率が上がりました。
これはもう導入するしかないなって、必然的に。」

航空会社では、
「サービス品質の向上と働きやすい環境を整え、お客様へのより一層の快適な空の旅をご提供すること」を期待されている。

こうしてあらゆるシーンで日々変化していく、コミュニケーションスタイル。
その先頭を我々「Team BONX」は走って行きたい。

327574飛行機・医療現場・ホテルなどビジネスシーンへ拡大
327580もちろんスノーボードやスキー、自転車業界でも根強いファンが増え続けている
153135

ツールではなく「コミュニケーション体験」を提供する。

 BONXの設立は2014年11月。当時は今以上に数の少なかったハードウェアスタートアップとしてスタートした。スノーボーダーである宮坂が「スノーボードをしながら話せるツールが欲しい」と考えたことが起業のきっかけ。「知らぬが仏だったからできた」と話すように、宮坂自身はエンジニアでもデザイナーでもなく、ハードウェアの開発に携わった経験はなかったという。

 最初のプロダクト「BONX」は設立から約1年をかけて開発。アプリを介して3G、4G、Wi-Fiなどのインターネットで接続ができ、最大10人までの同時相互通話を実現。ピタッと耳につく装着性、クリアな音質、IPX5の防水性能など、使いやすさとタフネス仕様を備えたコミュニケーションツールとして、注目を集めた。事実、2015年に実施したGREEN FUNDINGでのクラウドファンディングでは、支援総額が2500万円超。当時のIoTデバイスへの支援額としては最高金額を更新した。

 開発当時の苦労を宮坂はこう語る。「ハードは開発までに時間がかかり、すぐに収益を得られるわけではない。BONXのプロダクトはアプリとの連携が必須で、両方を並行して作る必要がある。トラブルが生じるとアプリとハードの両方をしらみ潰しで調べる必要があり、開発はとにかく大変だった。しかしそれをやるからこそ、高品質でユニークなものができ上がることも身を持って体験した」とこの1年間でハードウェアスタートアップとしての体制を築く。「開発のやり方を変えたのではなく、基本的には体制の強化。サーバーエンジニアやサウンドエンジニアなど、専門性の高い職種の人も数多く採用した」という。中には、BONXのコミュニケーションツールとして可能性に共感して、集まってくれたスタッフもいたとのこと。

 2017年の「BONX Grip」本格発売時には、ムラサキスポーツやビクトリアなど、スポーツ専門店で大々的に展開。スノーボードがメイン市場という特性をいかし、スキー場開発を手掛ける日本スキー場開発とコラボレーションして、プロモーションを実施するなど、ウインタースポーツ市場が大きな牽引役を果たした。
ウインタースポーツをきっかけにBtoC市場を拡大したBONXだが、並行してBtoB市場も開拓する。「スノーボードでの使用を想定したBONXは、とにかくタフネス仕様。スポーツでのシーンもあれば、業務用としての使用にも十分に耐えうる」と宮坂はBONXのメリットを強調する。

 すでにその品質が認められ、全日本空輸(ANA)のエアバスA380型機「FLYING HONU」内で、客室乗務員同士のコミュニケーションツールとして採用。機内のどこにいても場所を限定せず、複数の客室乗務員同士でコミュニケーションがとれているという。
さらに、室内外でコミュニケーションを取る必要がある病院の手術室や、複数人での同時相互通話が必要になる小売店など、導入先は順調に増えている。BtoB市場開拓には、大手企業との提携による部分が大きい。NTT東日本のアクセラレータープログラムに参加するなど、大手企業とのパイプづくりは積極的だ。

 2018年7月には、法人向け音声コミュニケーションシステム「BONX for BUSINESS」をリリース。2019年8月には、音声ソリューションによる業務効率化と働き方のアップデートする世界初のサービス「bonx.io(ボンクスアイオー)」の提供を開始した。
bonx.ioは、音声データをさまざまな利用シーンや要望に合わせて、活用することが可能となり、業務効率の改善につなげるもの。発話者ごとに音声パケットを分け、ID別に分類。個別認識ため、発話者ごとのテキスト内容を生成できる。「話すだけで業務日報をつくる」(宮坂)ことも可能だ。

3275912019年11月からGREEN FUNDINGでのクラウドファンディングにて、待望の新ハードウェア「BONX mini」の支援をスタート
327582「BONX mini」はよりスリムボディとなり、幅広いビジネスシーンにも馴染むデザイン
327693

What's BONX’s value

BONXには3つのValueがある。

ーーーーーーーーーー
「Make smile」
BONXの存在意義はユーザーを笑顔にすることだ。
チームBONXの一人一人がユーザーの笑顔を第一に考えて、
日々最高の仕事をしよう。
それが最後は自分の笑顔にもつながる。

「Talk easy」
BONXはコミュニケーションの会社なんだから、自分たちもたくさん話そう。
弱さを見せてもいい。
自ら進んで相談し、相談されたら担当やセクションの壁を超えて協力しよう。

「Fly high」
BONXでは、望む限りチャンスが与えられる。
自ら積極的にチャンスを掴んで、成長を求め続けよう。
一度きりの人生を楽しみ尽くそう。
ーーーーーーーーーー

社員のコミュニケーションや挑戦がユーザーの笑顔につながり、
めぐりめぐって自分の笑顔にたどり着きます。

我々「Team BONX」はこのValueをもとに、
ユーザーはもちろん、仲間、家族を大切に日々働いています。

327587そう、変わり者集団ということは間違いない
327584そのトップを走るのが代表の宮坂。どこに行くにもスケボーは手放すことはない。
327589

株式会社 BONXの社員の声

Icon men1
30代後半
2019年01月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 希少性の高い音声コミュニケーション開発ができること
自社内で開発した音声サーバーや音響ライブ...続きを読む
Icon men2
30代前半
2018年12月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 現職での一番のやりがいは、大きく分けて2つあると思います。
①:世の中を変えるポテンシャルの...続きを読む
Icon women1
30代前半
2019年04月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 自分の気になっていることや分野があればどんどん関わっていけるところです。
いろいろなことがオ...続きを読む

株式会社 BONXに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 BONXに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 BONX
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
製造・メーカー系 >  電気・電子・機械・半導体
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 1億円
設立年月 2014年11月
代表者氏名 代表取締役CEO 宮坂 貴大
事業内容 ・ウェアラブルデバイスの企画・開発・販売
・モバイルアプリケーションの企画・開発
・BONXに関連するサービスの受託開発
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 18人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 東京都世田谷区駒沢4-18-20 佐々木ビル3F
応募フォームへ
153134

株式会社 BONX資本金1億円設立年月日2014年11月従業員数18人

世界中の日常から業務の様々なシーンまで、クルー、チーム、ファミリーをつなぐ。

この企業が募集している求人

355260
【セールス】BONXの体験者を爆増させられるセールスの方、求む!!!
Sales

BBONXをもっと世の中に広め、エンドユーザー数を爆増させていくために、代理店及びエンドユーザーに対し、BONX for BUSINESSの法人営業を実施して頂くともに、セールスチームのマネージメントをしていただきます! また、販売戦略はCOO・マネジャーで立案しており、入社後は経営層とも意見を交わし合いながら、売上/事業拡大に向け、新規ニーズの獲得やターゲット市場の選定まで行って頂きます...

327584
【マーケティング】BONXをバズらせるマーケティング企画の方、求む!!!
マーケティング企画

シンプルにお伝えすると、BONXをもっと世の中に広めるため・ユーザー数を増やすために 企画をしていただくポジションになります。特に最近ではデジタルマーケティングでのリード獲得にももっと力を注ぎたいと思っているので、SNS広告に詳しい方も大歓迎です! 【具体的な業務内容】 ・販促プロモーション企画、運用、管理 ・デジタルメディアのプランニング業務 ・データ集計、分析 ・プロ...

355260
【CSS】BONXの顔としてお客様に寄り添うことができるCSS募集します!!
CSS(Customer Support&Success)

BONX for Businessを利用しているお客様から頂いたお問い合わせ対応はもちろんですが、ヒアリングの中でご要望に添えるようなご提案をするカスタマーサクセスの役割を担っています。「今の問題を解決するにはどうすれば良いか」から「これから一緒にどこへ向かっていくか」を提案していただく重要なポジションです。時には機能要望や改善を提案し、開発側との連携も必要とされます。 【具体的な業務...

327591
人類のコミュニケーションを変える!BONXがiOSアプリエンジニアを募集
iOSエンジニア

ヘッドセットであるBONX Grip、BONX miniとBLE接続しグループトークを実現するアプリの設計・開発を担当します。既存機能、UI/UXの改善だけでなく、新しい機能の企画・開発に携わることができます。B2CだけでなくB2B向けにも多種多様なカスタマイズが頻繁にお客様から求められます。

236926
BONXのソフトウェア開発をリードするVPoE候補を募集!
VPoE

革新的なコミュニケーションツール、BONXの技術的コアであるソフトウェア領域で開発チームを牽引していただけるVP of Engineering候補を募集します! BONXは元々アウトドアアクティビティ領域での音声コミュニケーションの革新から始まり、現在では業務向けグループコミュニケーションツール「BONX for BUSINESS」を展開しています。第5回「IoT Lab Select...

327583
【Ruby/RoR】少数精鋭!BONXを支えるバックエンドエンジニアを募集!
バックエンドエンジニア(Ruby/RoR)

BONX システムの要であるアプリケーションサーバの開発及び運用を担当していただきます。音声配信サーバとクライアントの制御や、ユーザ・チーム管理・課金管理等などのビジネスロジックなどサービスを成立させるための重要な機能が Ruby on Rails で実装されています。音声系インフラやクライアント等から常にアクセスされ続けるので、安定して大量のリクエストを裁ける堅牢なインフラを設計・開発でき...

327583
【Go】新しい働き方を変えるツール!?バックエンドエンジニアを募集!
バックエンドエンジニア(Go)

BONX が誇る高度な音声配信技術を支える音声処理・配信関連インフラの設計・開発及び運用を担当していただきます。音声系インフラは、遅延最小化と安定性の両立を求められるため、言語自体への深い知識だけではなく、AWSやネットワークなどの周辺分野にも基本的の知識と経験を求めます。

236926
SREとしてBONXのサービス基盤を作るエンジニアを募集!
SRE

BONXサービス群の安定した稼働を担保しながら、エンジニアチームの高速な開発サイクルを可能にするために、インフラ監視体制からリリースオペレーションまでの立案・実施を担当していただきます。また、SREチームの将来のリードとしてチーム立ち上げの準備をしていただき、高い SLO/SLA を目指していただきます。また、インフラの専門家として、他のバックエンドエンジニアが最適な構成を構築することに協力...

残り6求人をみる
After covid19 bottom
×
×