お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 eヘルスケアの企業情報

368296

株式会社 eヘルスケア

年間1億人が利用する「病院なび」を通して、日本の医療が抱える課題を解決するヘルステックベンチャー企業

国内最大級の医療機関情報プラットフォームを通して向き合う、日本の医療課題とは

株式会社eヘルスケアは、日本最大級の医療機関検索サイト『病院なび』を中心に、医療機関と患者とのベストなマッチングを実現するため新しい事業に挑戦するヘルステックベンチャー企業だ。“医療機関をもっと身近に”をモットーに、ITテクノロジーを最大に活かし、日本の医療が抱える課題解決に取り組むことで、社会貢献の実現を目指している。

現在の主力事業は、日本最大級の医療機関検索サイト『病院なび』。全国各地の医療機関情報を集めた医療情報のプラットフォームだ。
『病院なび』には、全国23万件以上の病院や薬局が登録されており、月のユニークユーザー数が1,000万人を超える一大サービスとなっている。

『病院なび』の強みは、圧倒的な情報量の多さ。グループ会社である東邦薬品の営業担当者と協力しながら全国各地の医療機関を訪問し、20ページにもわたるアンケートを実施することで、担当医や病院内の写真、またその他「外国語対応」「オンライン診療が可能」「キッズスペースがある」といった実際に来院してみないと分からないような詳細な情報を掲載することができている。

ーーーーーーーーーeヘルスケアが向き合う、日本の医療が抱える課題とは

「少子高齢化」「医師不足」「医療の高コスト化」といった問題は、ニュースでもよく耳にする人もいるだろう。医療が抱える問題はいくつもあるが、年間40~50兆円ともいわれるお金=医療費の高騰が課題の根底に存在する。日本では、国民皆保険により手軽に医療へのアクセスすることができるようになった結果、今や世界で最も平均寿命が長い国となり、日本の医療が国民の健康を改善に成功しているといっても過言ではない。しかしながら一方で、結果として医療費の高騰が現在日本の深刻な課題となっている。

そこで同社では、患者のためとなる情報を誰でも簡単に取得できるようにすることで、この深刻な課題の解決に取り組んでいる。正しく適切な情報を誰でも手軽に入手することができれば、例えば一貫した同じ症状が続くにも関わらず複数の医療機関を受診してしまう「はしご受診」を防止し、医療費の高騰を抑制することができる。

「「病院なび」から充実した医療機関情報を提供することで、受診してみたら「何か違う気がする」といった感覚的な不一致による転院を防ぐことができます。もしくは、医療に掛かる前に、医療相談サービスを利用してもらう事で、正しい病院選びや診療科選びのアドバイスを貰ったり、受診後であってもセカンドオピニオンとして他の医師の意見を聞けるなど、患者さんが正しく、かつ安心して医療機関を利用することができます」(メディア&サービス部部長 石井仁士氏)

ーーーーーーーーー医療機関を利用する前の"入り口"としての役割

「病院なび」は医療機関を利用する前に"入り口"として情報を検索することができるプラットフォームだ。その利用ユーザーは、年間を通して延べ1億数千万人という数字になる。これは日本の人口にも匹敵するアクセス数だ。この「病院なび」のさらなる新規機能実装、その他新サービスを提供に力を入れることで、日本の医療課題解決に大きなインパクトを与えられるはずだ。

さらに世の中では、新型コロナウイルスの流行によって、医療を取り巻く環境が大きく変わろうとしている真っ最中。医療機関と患者とベストなマッチングを実現するために、今後ITが果たせる役割に大きな期待がかかっている。
「私たちは医療を受ける際の”入り口"に立つ者として、その後患者さんが間違った道筋を辿らぬ様、慎重にその"入り口"を構築していきたいという志を持って日々活動しています。」(石井氏)

ドラスティックに物事が動いてる今、日本が抱える課題の解決のために貢献できるほどやりがいを感じられる環境はないだろう。

127368日本最大級の医療機関検索サイト『病院なび』を運営する、株式会社eヘルスケア。
354816全国23万件以上の病院や薬局が登録されており、月のユニークユーザー数が1,000万人を超える一大サービスとなっている。
368302

健康管理を身近にサポートできる新機能を続々リリース。“AI”が患者の医療相談に答えるサービスも構想中

では、eヘルスケアが構想している日本の医療が抱える課題解決への貢献 = 新サービスとは具体的にどのようなものか。

ーーーーーーーーーiOSアプリ『family Dr.』をリリース。健康管理を身近にサポートを。

昨年1月に『病院なび』初の公式iOSアプリ『family Dr.』をリリース。『family Dr.』では、アプリを開くだけで最新の医院情報が分かり、家族がよく行く病院の情報をまとめて管理することが可能だ。簡単に病院の予約もできる。今後は「服薬のタイミングをお知らせするサービス」リリースを予定している。

これは薬の飲み忘れを防ぐことを目的したサービスだが、患者の健康管理をサポートの一つとして、薬の服用をお知らせすることで、病気の完治を促し悪化を防止することができるようになる。実は、ある調査では処方された薬の8割が何らかの理由で「飲み残し」となっていることもわかっている。この飲み残しを防止することで、結果として、医療費の抑制につながると考えている。

また「健康診断のお知らせサービス」も近日リリース予定だ。軽症、重病、急性、慢性に関わらず、病気になってから治療するよりも、健康を維持する方がコストが掛からないとも言われている。しかし、多くの自治体や企業では、社員やその家族に対する「健康診断」を受ける機会があるにも関わらず、その約3割の方は受診をしていない。定期的に受診を促すことで、病気にかかる患者数を減らし、結果として医療費の削減に貢献することを目指している。

その他、現在共同開発中の「オンライン診療」の仕組み化にも注力中だ。将来的には地域格差の是正や医師の空き時間を利用した、医療資源の適切な配分の実現ができることで、「医師不足」の課題解決にもチャレンジをしている。

ーーーーーーーーー独自のデータを活かした“AI”が患者の医療相談に答える

『病院なび』には膨大な数の医療機関情報をはじめ、医療コラム、患者さんがインターネット経由に直接医師に相談出来る「遠隔健康医療相談サービス」(以下、Q&A)等のコンテンツが多数蓄積されている。過去の膨大なQ&Aをデータベース化することで、将来的には“AI”が医療相談に答える新サービスの構築も視野に開発を進めている。

「当社に寄せられる質問の中で特に多いのが、『何科を受診すればいいのか』という質問です。また、特定の病気に対してどんな治療法があるのか知りたい、という質問も多く寄せられます。よくある質問に自動で回答できるようになれば、より多くの人がQ&Aを気軽に利用できますし、そこから『病院なび』本来の医療機関検索機能を使って、最適な医療機関へと
案内することも可能になります。眠っているデータをインタラクティブなコンテンツに変えることで、“調べる”だけでなく“相談できる”サイトを目指したいと思います」(石井氏)

年間でのべ一億人以上の患者さんが訪れる『病院なび』だからこそ、「何を、どうすればいいのかわからないと」いった多くの患者の不安や疑問を払拭する、患者に寄り添った独自のプラットフォームを構築することで、日本の医療費削減に、そして多くの患者さんの負担軽減に繋がるはずなのである。

チャレンジ精神とスピード感の高い環境で成長したい人材にとって、世の中のためになる社会貢献性が高い同社は、ワクワクする環境であることに間違いない。

368339模索している新規事業の一つは、過去のQ&Aをデータベース化し、AIが医療相談に答える新サービスを創造すること。『病院なび』に蓄積されたデータを頭脳とするAIが、バーチャル医師として患者の悩みや疑問に答えるイメージだ。
368314世の中では、新型コロナウイルスの流行によってオンライン診療を希望する患者の数も急増し、医療現場におけるIT活用の流れが、コロナ禍で一気に加速している状況だ。
355730

テクノロジーで社会貢献を手がけられる。エンジニアが常にワクワクできる環境。

同社の特色を語る上で欠かせないのが、社員の定着率の高さだ。10年前に30歳前後で入社した社員のほぼ全員が、同社で歳を重ねた結果、現在の平均年齢は約40歳となっている。事業をさらに発展させ、会社の将来を支えるためにも、今後は若手の人材採用に積極的に取り組む考えだ。

ーーーーーーーーーエンジニア自らが考え、企画実装を手掛ける環境

人材の動きが激しいと言われるIT業界の中で、同社が社員の心をつかみ続けている背景には、エンジニアが自分のスキルとアイデアを存分に発揮できる環境がある。同社では、エンジニア全員に大きな裁量が与えられていて、例えば新規事業を担当する場合には、全てのエンジニアメンバーが会議に参加し、企画の段階から、仕様の決定から実際のプログラミングまで全て自分の手で行っている。ユーザーのために自分が作りたいと思うシステムを、自分の手で思い通りに作り出せるということが、大きなやりがいになっているのだ。

月間のページビュー数が2,600万人を超える大規模なサイトを舞台に仕事ができるということも、魅力の一つになっている。『病院なび』の中に新たなサービスを追加すれば、公開と同時に驚くほど多くのアクセスが集まり、ユーザーのリアクションを即座に感じることができる。ユーザーの反応を見ながら次の対策を考えることで、より充実したサービスを生み出すことができるのだ。

「私達が求めているのは、誰かの指示通りに動くエンジニアではなく、どんなサービスを提供すれば役に立つか一生懸命に考えて、一緒にサービスを作り上げてくれる仲間です。『病院なび』は、ユーザーのニーズや医療を取り巻く環境の変化に合わせて、まだまだ進化します。常に新しいことに挑戦したい、技術を磨いて成長し続けたいと思っている方に、是非当社で活躍してほしいと思います」と、経営管理部部長の井上修氏は語る。

ーーーーーーーーー社員が安心して働き続けられる職場づくりにも注力

同社では、社員が安心して働き続けられる職場づくりにも力を入れている。グループ会社である東邦薬品の共済会に入っているので、大手企業並みに充実した福利厚生を受けることができる。例えば育休については、一般的な育児休暇制度に加えて、特別育児休暇といった独自の制度がある。子育て等の状況に応じてリモートワークを導入した例もあり、社員の生活の変化に関して理解が高く柔軟に対応できる環境だ。社員同士が互いの技術を尊敬しあい、何でも気軽に話し合えるアットホームな雰囲気も、魅力の一つとなっている。

医療機関の検索サイトとして大きく成長した『病院なび』は、蓄積されたデータをインタラクティブに活用し、ユーザーを最適な医療機関へと導くポータルサイトに進化を遂げようとしている。社会に貢献する意欲を持ち、サイトと共に成長できるエンジニアを、同社の仲間達は待っている。

127344月間のページビュー数が2,600万人を超える大規模なサイトを舞台に仕事ができるということも、魅力の一つになっている。
368318医療機関の検索サイトとして大きく成長した『病院なび』は、蓄積されたデータをインタラクティブに活用し、ユーザーを最適な医療機関へと導くポータルサイトに進化を遂げようとしている。
368303

株式会社 eヘルスケアに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 eヘルスケアに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 eヘルスケア
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 79,055,350円
売上(3年分)
2020年 3月 期 2019年 3月 期 2018年 3月 期
796百万円 703百万円 639百万円
設立年月 2004年04月
代表者氏名 代表取締役社長 尾関 賢二
事業内容 ■ 日本最大級の医療機関検索サイト『病院なび』の運営
『病院なび』には、全国23万件以上の病院や薬局が登録されており、月のユニークユーザー数が1,000万人を超える一大サービスとなっています。

【新規事業について】
■ 過去のQ&Aをデータベース化し、AIが医療相談に答える新サービスの開発
『病院なび』に蓄積された過去のQ&Aをデータベース化し、AIがバーチャル医師として患者の悩みや疑問に答えるという構想です。

■ 『病院なび』服薬のタイミングや健康診断のスケジュール管理ができる機能の開発
昨年11月には『病院なび』初の公式iOSアプリ『family Dr.』をリリースし、家族がよく行く病院の情報の一元管理が可能に。今後も健康管理を継続的にサポートできる、新たなサービスの提供に力を入れています。

世の中では、新型コロナウイルスの流行によってオンライン診療を希望する患者の数も急増し、医療現場におけるIT活用の流れが、コロナ禍で一気に加速している状況です。
マーケットの勢いに負けず、サービスの開発に力を貸してくれる仲間を大募集中です!
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 東邦ホールディングス株式会社
主要取引先 東邦ホールディングス株式会社
グーグル株式会社
株式会社リクルートメディカルキャリア
従業員数 32人
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町3-8 第二紀尾井町ビル1階
368296

株式会社 eヘルスケア資本金79,055,350円設立年月日2004年04月従業員数32人

年間1億人が利用する「病院なび」を通して、日本の医療が抱える課題を解決するヘルステックベンチャー企業

この企業が募集している求人

Dxsmall
×