お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 デイアライブの企業情報

172395

株式会社 デイアライブ

制作、広告、SNSなどWEB活用の課題に幅広く対応する京都のベンチャー企業

インバウンド産業で実績を築く、京都のWEBプロモーション会社

株式会社デイアライブは、京都に拠点を置くWEBプロモーション会社である。「インターネットの可能性をすべての人々に」をビジョンに掲げ、WEBサイトの制作をはじめ、スマートフォン最適化、FacebookやTwitter、インスタグラムなどのソーシャルメディアや動画メディアといったWEBサービスの活用支援、WEB広告やプレスリリース配信、ランディングページの制作、アクセス解析など、WEBに関する幅広いソリューションを提供している。

クライアントは大手から中小までの民間企業、芸能プロダクション、大学、自治体や公益法人など様々だ。
その中で現在、収益の核となっているのが京都市や京都府などの行政関連機関から受注する、インバウンドやMICE(多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントの総称。Meeting、Incentive Tour、Convention、Exhibition/Eventの頭文字を組み合わせた言葉)関連、留学生誘致などのプロモーション案件である。2013年に京都府案件の観光防災アプリの制作に携わって以降、WEBサイト構築・運用、Facebook広告配信、着実に実績を重ねている。

インバウンド、MICE、留学生の誘致といった案件の性質上、情報を発信する対象は海外中心であるため、多言語にも対応しており、インバウンド関連のサイト制作では日本語を除いた14言語、Facebook広告は20カ国を対象に配信した実績もある。また、海外での表示速度を上げるためにCDN(コンテンツデリバリネットワーク)の提案なども行っている。これらの実績により同社には現在、京都府、京都市以外の地域の行政機関からの引き合いも増えている。すでに具体的な提案に進んでいる案件もいくつかある。


代表取締役CEO・今西建太氏が語る。

「京都はもともと観光都市であり観光資源も豊富です。京都市事業を行う弊社が、その案件に関われることは非常に名誉なことです。今後は我々の培ってきたノウハウを他の地域にも活かし、結果を出す事にチャレンジしていきたいと思っています。」(今西氏)

一方、行政関連の業務以外でも、民間企業向けの案件、特に中小企業向けの案件では、クライアント企業のWEBプロモーション部門として貢献することを目指して取り組んできた。ただ、現在は、社員数9名とリソースが限られていることもあって、全ての要望に応えきれていない状況だ。これまでに蓄積したノウハウやナレッジを活かすためにも、人的なリソースの強化を図る必要がある。同社は、営業、ディレクター、デザイナーと幅広い職種の採用に積極に取り組みながら、より効率的な業務体制を確立する考えである。

193488「インターネットの可能性をすべての人々に」というビジョンを元に京都に拠点を置くWEBプロモーション会社である。
179026代表取締役CEO・今西氏

京都市事業の案件に関われることは非常に名誉なことです。引き続き京都に貢献しつつ、この経験を活かして他の地域にも拡大したいと考えています。
172396

企画提案、クリエイティブ、ネットワークを強みに業容を拡大

デイアライブ社の強みは、WEBに関する幅広い知識を背景とした企画提案力と、完全内製によるクリエイティブ力、さらに外部ネットワークとのリレーションシップである。設立は2011年7月。東日本大震災発生の直後という、国内経済が不安定な時期の設立ではあるが、この強みがフックとなって紹介や口コミでクライアントを増やしていった。プロポーザル入札の行政案件では、企画提案力やクリエイティブ力などが有効に働くことは言うまでもない。

これらの強みは、今西氏をはじめとする創業メンバーが、前職時代までに培ってきたものがベースとなっている。
今西氏は、大学卒業後、ソフトバンク社、はてな社を経て、27歳で起業に至っている。起業家の家系で生まれ育ち、高校生の時から起業を意識していた。ソフトバンク社の面接では、現在でいうところのIoTのアイデアを披露し、内定を勝ち取った。ソフトバンク社がVodafoneを買収しモバイル通信事業への参入を発表する直前の話だ。その後、システムやサービスの企画を経て、はてな社へ転職し社長室業務、マーケティング業務に携わった。

創業に加わったのは取締役CCO・村岡利紀氏と、取締役 COO・佐々木幸太郎氏である。今西氏、村岡氏、佐々木氏の3人は高校時代からの友人関係にあり、学生時代には将来ともに起業する夢を語り合っていた仲でもある。村岡氏は制作部門を、佐々木氏は営業・ディレクションをそれぞれ取り仕切る。村岡氏は、芸術家の家庭で育ちながら審美眼を育み、グラフィックデザインの分野で経験を積みながら情報デザインのノウハウを磨いてきた。同社の成果物のクリエイティブは、クライアントからの評価も高い。また、佐々木氏は広告代理店でトップセールスとして活躍し、マネジメント職も経験した後に、同社の創業期に合流している。

同社が掲げる「人類と社会の存続と発展に貢献する」という経営理念は、創業当時から掲げ、現在も組織を運営する上での軸となっている。

「100年は続く会社を育てたいと考えて起業しました。インターネットやITは、私たちが長年関わってきた分野であるだけではなく、今後しばらくは社会に貢献できる手段であり続けると考えています。価値の高いサービス、あるいはプロダクトを提供しなければ、100年間は続けられません。社会への貢献を通して対価を得る。そんな事業を展開していきたいと考えています」(今西氏)

今西氏の企画力、村岡氏のクリエイティブ力、佐々木氏の営業・ディレクション力、それぞれが持つ強みとネットワークを活かしながら実績を積み重ねてきた。創業当時のFacebookが国内ではさほど騒がれていない時期から、その可能性に着目していち早くクライアントのプロモーションでも積極活用し、成功を収めてきた。また、クライアントへのレスポンスのスピードなど、サービスクオリティの向上にも努めながら信頼を築いてきた。そして2013年には民間企業から行政案件へとマーケットを拡大し、2014年の春からは一般社員の採用を開始するに至ったのである。

122739同社の長所は企画提案力、クリエイティブ力、外部ネットワークのリレーションシップの3つ。
創業メンバーが前職時代培ってきたものがベースになっており、クライアント獲得につながっている。
172397Facebookの可能性にいち早く着目し、プロモーションで積極活用したり、社員それぞれが持つ強みとネットワークを活かすことで、成功を納めてきた。
123053

メディア事業もスタート。WEBの総合力が身に着く環境が魅力

現在同社では、代表である今西氏を除いて、営業・ディレクターチームが6名、制作が2名という構成で事業を展開している。1案件に対して1人のディレクターが営業からクライアントとの折衝、プランニング、制作のディレクション、外部協力スタッフとのコミュニケーションを担当している。今後は営業、ディレクション、制作とそれぞれの職種で補強を行い、チーム制で案件に取り組んでいく計画だ。制作部門も組織化して、制作案件に関しては制作部門のスタッフによる企画立案や提案を行える環境を作っていく。

人員を補強する上で最も重視するのは、価値観の共有が出来るかどうか。もちろん、適材適所で役割分担をしていくには、それなりに専門分野で経験を積み、実績を残してきた人物を採用したい考えはある。だが、組織の基盤作りを行う現段階では、価値観の共有を外したスキル優先の採用を行う予定はない。批評するだけではなくアウトプットする事、結果だけでなくプロセスを大事にする事、外部パートナーとは対等な立場で接する事など、10カ条の行動指針をまとめ、内定が決まった段階で提示して、共感を示した人材だけを採用している。

「最初に採用した女性社員の前職は、スーパーの食品売り場担当です。弊社ではプレゼン選考を行っていますが、そこで判断したいことは提案やプレゼンのスキルではありません。まず一生懸命考えて資料を作成してきたか、そして論理的な思考ができるかどうかです。彼女の場合は、まだ何もない状態の弊社で頑張るという決断をしたマインドの強さもあり、ポテンシャルがあると評価しました。今ではFacebookに関しては社内で最も詳しいと思えるほど成長しています」(今西氏)

現在の同社に参画する魅力は、今西氏らが蓄積したWEBプロモーションやマーケティングのノウハウ、スキルに触れながら総合力を磨いていけることだ。海外向けの情報発信を行う会社なので、英語力や異文化コミュニケーションに携わった経験を活かしながら活躍する道もある。チーム体制を構築するといっても、しばらくは少数体制であることに違いはなく、案件の全工程に当事者として携われることにもやりがいは持てるだろう。また、設立から間もない会社なので、制度らしい制度はないが、その分、会社の運営にも影響力を持ちながら成長していける醍醐味もある。

事業内容に関しては、長期的には受託のWEBプロモーション事業に留まらず、自社WEBメディアの展開も積極的に行いたい意向もあり、すでに2015年8月末、京都の外国人観光客の生の声を届ける映像メディア『Travelers’ Voice of Kyoto』を立ち上げた。これは行政関連のインバウンド案件を手掛けながら、外国人の生の声をそのまま発信することが難しいと感じたことがきっかけとなってスタートした。もともと自社が主体となった取り組みも視野に入れていたこともあり、民間企業として何が出来るかを模索して生まれた企画である。もちろん、すぐに収益に結びつくものではないが、このような取り組みを通してノウハウをためることも出来るし、外部へのアピールとしても使える。今後もこのような取り組みは継続したい考えだ。今回は今西氏が中心に取り組んだが、今後はポジションを問わず、全社員に積極的に関わって欲しいと期待を寄せる。

「私は社員に仕事は楽しくやって欲しいと考えています。楽という意味ではなく、苦難を乗り越えた時の喜びや達成感を味わって欲しいということです。本気でやりきれば、本気で苦しいし、本気で楽しいと考えています。人生の中で仕事をしている時間が最も長いので、その時間を本気でやり切りたいという人と一緒に、100年続く会社の土台を作って行きたいと考えています」(今西氏)

そうは言いながらも、残業時間は通常10~20時間/月と、一般的に見ても決して多いとは言えない。同社では時間内で集中して成果を上げて行くというメリハリのついた仕事の仕方がスタイルとして定着しているのだ。京都または関西という土地でやりがいのある仕事に取り組みたいという人なら、デイアライブ社への参画が重要な選択肢の1つとなるだろう。

193491採用では、ある分野で経験を積み、実績を残している人材を求めている一方で、価値観の共有ができるかどうかも重要視する。
195179事業内容は、受託のWebプロモーション事業だけでなく、自社Webメディアの展開も積極的に行いたい意向もある。
123052

株式会社 デイアライブに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 デイアライブに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 デイアライブ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 12,100,000円
設立年月 2011年07月
代表者氏名 代表取締役 今西 建太
事業内容 Webプロモーション事業
Webメディア事業
主要取引先 京都府
京都市
公益財団法人京都文化交流コンベンションビュ-ロー
公益財団法人大学コンソーシアム京都
徳島県
公益社団法人奈良市観光協会
一般社団法人長門市観光コンベンション協会
公益社団法人彦根観光協会
片品村振興公社株式会社
(敬称略、順不同)
従業員数 9人
平均年齢 27.8歳
本社所在地 京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403番地
172395

株式会社 デイアライブ資本金12,100,000円設立年月日2011年07月従業員数9人

制作、広告、SNSなどWEB活用の課題に幅広く対応する京都のベンチャー企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる