お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

セザックス 株式会社の企業情報

119989

セザックス 株式会社

お客様の要望をかなえるために変化し続けていく企業――総合印刷会社から情報価値創造企業へ

目指すは情報価値創造産業のリーディングカンパニー!お客様の要望をかなえるために進化し続ける。

印刷事業を軸に、システム開発・デザイン・マニュアル制作・プロモーション・イベントの企画運営など、多岐にわたる事業を展開しているセザックス株式会社。
1945年に小さな印章店として創業した同社はその後、お客様からの要望をきっかけに印刷事業をスタート。今では企画・制作から印刷・製本加工まで一貫したサービスを提供する総合印刷会社として、またデジタル時代のメディアカンパニーとして、70年の歴史に基づいた確かな実績を積み重ねている。

日本を代表する大企業を中心とした多くのお客様と直接取引し、強固な信頼関係を築き上げている同社。
同社が、印刷業にとどまらず、時代と企業のニーズに合わせて様々な領域にビジネスフィールドを拡大させてきた背景には、社是として掲げられている「お客様の要望をかなえる商品・サービスを創る」という基本姿勢がある。

営業本部・開発部副部長の芹沢英俊氏は次のように語る。
「印刷業は依頼されたものを提供する受注生産産業です。しかし当社が常に心がけているのは、『私たちの仕事は納品して終わりではない』ということです。たとえばお客様が発注されたものは『印刷物』であっても、本当に欲しているのはその印刷物による『成果』です。それを達成するためには、真のニーズを明確につかみ、お客様の発展につながる施策を提案することが重要だと考えています」
お客様にとってより良いサービスを追求することを大切にする同社。お客様のビジネスの発展に貢献すべく、印刷にとらわれないサービス・企画・体制を整えようと、常に新しい挑戦を続けている。

「印刷物の受注をきっかけに、展示会のブースデザインや設営、さらにはイベントの運営までご依頼いただくことも少なくありません。そこでも当社は待ちの姿勢でいるのではなく、さらにタブレットの活用やアプリの制作などを積極的にご提案し、あらゆる方面からのサービス提供を追求しています。大手広告代理店などと競合することもありますが、当社を選んでいただけるのは、印刷業を基盤としたこれまでの信頼関係があるからこそだと考えています」(芹沢氏)。

119893営業本部・開発部副部長 芹沢英俊氏

日本を代表する大手自動車メーカー、カメラメーカー、PCメーカーなど、大企業を中心とした多くのお客様と直接取引し、強固な信頼関係を築き上げている
119910気をつけているのは、「納品して終わりの仕事」にしないこと。あらゆるニーズに応えるため、印刷にとらわれないサービス・企画・体制を整えようと、常に新しい挑戦を続けている。
119921

デジタルマーケティングチームを新たに設立し、多様化するお客様のニーズに応える体制に

スマートフォンの普及などにともない多様化するお客様のニーズに、最新の技術と開発力で応えていくことも重要なミッションとして掲げる同社。そのミッションを達成すべく新しく立ち上げられたのが、開発部マルチメディア課のデジタルマーケティングチームだ。

マルチメディア課では主にWebサイトの制作やアプリの開発などを行っており、デジタルマーケティングチームは、サイト解析やWeb広告など、お客様のWeb全般のマーケティングを担当している。
「当社はベースが印刷会社なので、マーケティング専業の企業にはない独自のノウハウをもっています。これまでマニュアル・カタログ・広告・広報誌などの様々なコンテンツ制作に携わり、お客様のビジネスへの理解を深めてきました。新たなメディアを活用してお客様のビジネスをさらに発展させていくうえで、これまでの実績は大きな強みになると考えています」と語る芹沢氏。

さらに同社は多言語翻訳を得意としており、海外のビジネス事情に精通したスタッフも多く在籍しているという。
「海外展開をしているお客様のWebプロモーションに関しても最適なサポートをする体制が整っています。デジタルマーケティングチームでは、当社の強みを最大限に生かして、新しいことにどんどん挑戦していく予定です」(芹沢氏)。

そんな同社は、今、「情報価値創造産業のリーディングカンパニー」になることをビジョンとして掲げている。あらゆるメディアを通じてお客様が発信する情報の質を高め、新たな価値を創造することを目指し、「いつの時代もお客様の要望をかなえる商品・サービスを創り、世界から必要とされる存在になる」という思いを軸に、これからも「変わり続けていく」構えである。

119826ベースは印刷会社なので、マーケティング専業の企業にはない独自のノウハウをもつ。これまでマニュアル・カタログ・広告・広報誌などの様々なコンテンツ制作に携わり、お客様のビジネスへの理解を深めてきた
119830多言語翻訳を得意としており、海外のビジネス事情に精通したスタッフも多く在籍している
119916

セザックスの発展を支える「人本主義」――「人」を大切にすることこそがビジネスの本質

「人財こそがビジネスの本質」であり、企業独自の価値を生み出すものは「人」をおいてほかにないと考える同社。これが、同社の長い歴史のなかで脈々と受け継がれてきた「人本主義」という価値観だ。
ここ数年「人財」という言葉をうたい、社員を大切にしている企業が増えているが、人と人とのコミュニケーションを大切にする同社では、社員はもちろん、お客様・取引先から一度同社を訪れるだけの来客まで、関わる人すべてを大切にし、非常に丁寧に関係性を築き上げている。

「最近では安さと早さを売りにした印刷通販のサービスが普及しています。もちろんお客様はそういったサービスも活用されていますが、たとえば会社案内など、色や質にこだわりたい印刷物に関しては当社を選んでくださっています。営業担当者がお客様の希望を細かいところまでヒアリングできること、またヒアリングには技術者も同行するので、その場で具体的な提案ができるということも高く評価していただいています」と芹沢氏。「セザックスでなければ、この刷色は出せない」と指名を受けることも多いという。

印刷物のクオリティは、最新の設備と経験豊かなプロフェッショナルのスキルの融合から生み出される。
「当社は、印刷会社には珍しく都内に工場をもっており、最新鋭の設備もいち早く導入しているので、タイムラグなく質の高い制作物を手がけられます。設備投資をすれば効率は上がりますが、それだけではお客様のご要望をかなえることはできません。最も大事なのは、それらの機械を扱う『人』です」と語る芹沢氏。
お客様が本当に求めるものを引き出すことができる営業担当者、そしてそのニーズを形にできる技術者。一人ひとりのスペシャリストの高いスキルとチームワークが、同社の質の高いサービスの源泉となっているのだ。

デジタルマーケティングチームにおいても、サイト解析レポートをメールで提出して終わりにするのではなく、毎月必ずお客様のオフィスを訪問しているという。
「結果を数字でしっかりとお伝えすることも大事ですが、もっと重要なのはその先の成果を求め、かたちにすることだと考えています。お客様と面と向かってお話をすれば、新たなご要望も知ることができますし、担当者も『なんのために仕事をしているのか』という視点をもち続けることができます。その積み重ねによって、より強い信頼関係をつくることができ、社員一人ひとりも成長することができるのです」(芹沢氏)。

同社は、この「人本主義」に基づいた取り組みのひとつとして、お客様を工場見学に招いている。
「多くの場合、お客様が発注した大切な制作物がどのように作られているのかを見ることはできません。当社では、お客様に直接工場見学に来ていただき、全社一丸の対応でお迎えしています。特に新規のお客様からは当社のスタッフがどのような環境で、どのような思いで業務を行っているかを見て感動したという声をいただいております。『人の顔が見える』ということは、それだけ重要なことなのだと感じています」(芹沢氏)。

「これからは優れた人財に恵まれた企業だけが勝ち残っていく時代」だと断言する同社。
価格競争やお客様の奪い合いが激化するビジネス環境において、なによりも「人」を大切に考える同社の今後の成長が期待される。

119890「人財こそがビジネスの本質」であり、企業独自の価値を生み出すものは「人」をおいてほかにないと考える同社
119909デジタルマーケティングチームにおいても、サイト解析レポートをメールで提出して終わりにするのではなく、毎月必ずお客様のオフィスを訪問しているという。
119923

アイデアで世の中を変える!進化し続ける企業でスペシャリストとして成長していきたいメンバーを募集中!

では同社の「人本主義」の理念は、組織運営にはどのように生かされているのだろうか。
社員を「財産」ととらえている同社では、個人の成長やスキルアップにつながる研修やセミナーに積極的に参加できるスカラシップ制度を設けるなど、それぞれの個性を生かして専門性を高めることができる。
社内は非常に風通しがよく、困ったときはしっかりと周りが支えてくれる環境。社歴に関わらず自分の意見を自由に発言でき、常にわきあいあいとした雰囲気で、メンバー同士が家族のように仲が良いという。
「社員が100人を超えると途端に社長との距離が遠くなってしまう会社も多いかと思いますが、当社では代表自身もフットワークが軽く、現場担当者のために力を注ぐことを厭いません。現場担当者が上司や経営陣を巻き込んで仕事を進めていくというのも、当社ではごく普通の風景です」(芹沢氏)。

さらに同社は非常にユニークな社内制度をもつ。
たとえば「感動エピソード」という制度では、日々の業務にて感じた、目にした感動を社員がエピソードとして投稿し、最も投票が多かった人に感動エピソード大賞が贈られる。
また家族による職場参観や様々な表彰制度、セレモニーパーティーの開催など、社内イベントにも力を入れているという。

芹沢氏は、同社で働く魅力について次のように語る。
「やりたいことをやらせてもらえるところが最も大きな魅力だと思います。お客様のご要望をもとに、自分で考えたことをダイレクトに提案できる社風なので、自分のアイデアがかたちになり、成果に結びついたときの達成感は格別だと思います。アイデア勝負の職場なので、考えるのが好きな人は楽しんで仕事ができるはずです」

そんな同社の求める人物像は、自分で考え行動できる能動的な人。経験やスキルも大事だが、最も重要視しているのは人柄だという。
「当社では前例がないことにチャレンジすることも多いので、すべて自分たちで考えていかなければならないという難しさはありますが、その分やりきったときの喜びも大きいです。大手企業のコアとなる事業に関わる機会もあり、規模の大きなサービスに携わるチャンスにも恵まれています。自分のアイデアで世の中を変えてみたいという気概のある方のご参画を心よりお待ちしております」(芹沢氏)。

これまでの経験や個性を生かし、アイデアひとつで大きなことにチャレンジしてみたいという方は、会社の成長を支える人財として、同社の環境に飛び込んでみてはいかがだろうか。

119838個人の成長やスキルアップにつながる研修やセミナーに積極的に参加できるスカラシップ制度を設けている
119833やりたいことをやらせてもらえるところが最も大きな魅力。お客様のご要望をもとに、自分で考えたことをダイレクトに提案できる社風なので、自分のアイデアがかたちになり、成果に結びついたときの達成感は格別だ
119918

セザックス 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、セザックス 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 セザックス 株式会社
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  放送(テレビ/ラジオ)・音楽・芸能
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 184,910千円 
売上(3年分)
2015年 2月 期 2015年 2月 期
5,936百万円 5,936百万円
代表者氏名 代表取締役社長 馬場明彦
事業内容 ■デジタルマーケティング ■セールスプロモーション
■Web 制作 ■Web 広告 ■アプリ開発
■イベント ■企画 ■映像制作 
■マニュアル制作 ■翻訳 ■DTP・校正
■パッケージ・POP 制作 ■デザイン
■印刷(カタログ・ポスター・チラシ・商業印刷物)・製本
■人材派遣
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 268人
本社所在地 東京都大田区鵜の木2-9-7
119989

セザックス 株式会社資本金184,910千円 従業員数268人

お客様の要望をかなえるために変化し続けていく企業――総合印刷会社から情報価値創造企業へ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる