お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ファインドスターの企業情報

102724

株式会社 ファインドスター

「プリントメディア ✕ ダイレクトマーケティング ✕ IT」によって新たなコミュニケーションのカタチを生み出す。国内屈指の起業家人材創出企業。

社会課題に事業機会を見出し、産業創出を継続する事業体を創る挑戦

世界でも類を見ない速度で少子高齢化と人口減少が進むにつれ、国内市場が縮小していることはご存知のとおりでしょう。また、Eコマースやクラウドといったデジタル領域を中心とした米国発の新産業が世界的な潮流となる一方で、かつて日本を牽引してきた産業はその国際競争力を失いつつあります。産業の新陳代謝にこれほどの違いが生じる原因は起業文化の有無にある、というのは大事な論点として検討するべきでしょう。

日本の経済活性化を実現するにあたり、起業文化の定着が肝要だと考えています。

現状では起業家という存在は縁遠く感じられることも事実ですから、まずは優れたロールモデルを多く創出する事が最優先の課題。そのため、ファインドスターグループでは「世界で一番、起業家とベンチャー起業を創出する」というビジョンを掲げています。成長産業として注目する「インターネット」「ダイレクトマーケティング」「Eコマース」にフォーカスする戦略をとり、これまですでに複数のグループ企業を立ち上げ、起業家人材の育成・創出の仕組み化も進めつつあります。

102809半期に一度総会を開催し、対象期間に特に活躍した社員をMVPや新人賞などで表彰します。

戦略的なグループ経営こそ、成長の好循環を生む原動力

ファインドスターは、起業成功率を圧倒的に高めるための戦略的グループ経営を行っています。その中でも特に有効に機能しているのが、グループ内での顧客プラットフォームの共有です。私たちは、Eコマース分野で取引のある約1000社から日々上げられる200件程の顧客課題や、新規顧客データをサーバに一元的に集積し、全グループ企業からアクセスできるシステムを構築しています。こうすることで誰もが事業機会をタイムリーに掴むことができ、実際に新規事業・企業創出にもつながっています。また、創業間もないグループ企業であっても既存顧客へのクロスセルが可能となるため、顧客開拓に腐心することなくスムーズな事業拡大が実現できています。さらに、新規事業・企業が新たな顧客にリーチすることで顧客プラットフォームが相乗効果的に増大し、まさにグループ全体での成長、ひいては起業家創出のための好循環が生まれています。
顧客基盤を拡充し事業機会を安定的に見出す仕組み化を進める一方で、社内での事業家育成にも注力しています。事業家として成長するには、何よりも体系化された「知識」と実務の場での「経験」を両輪として鍛錬する必要があります。この知識面の育成を目的とした「起業塾」は、6人が1チームとなって新規事業のフォーマットにのっとったプレゼンテーションを行い、経営陣とディスカッションするノウハウ共有の場で、すでに新事業の種となりうるプランも出てきています。また、事業家として大成するためには、0から1を生み出す事業創造のフェーズと、事業を1から10にスケールさせるフェーズを経験することが必要です。まだ企業体として未成熟なベンチャーにおいては、この二つのフェーズを経験する機会が必然的に訪れることを考えると、起業家を志望する人材にとってベンチャーは魅力的な環境だと言えるでしょう。

1028072014年5月には
「世界で一番起業家とベンチャー企業を創出する。」を発売し、Amazon『企業経営 一般関連書籍』カテゴリで1位を獲得しました!

リスクヘッジ手段としての「起業家」という選択肢

起業家は好んでリスクを取る人種だと思われる風潮がありますが、実はそれは思い違いです。実際、成功している起業家や経営者にはリスクを最小限にした堅実な経営、つまり「潰さない経営」を心がけている場合も多いのです。極端なリスクテイカーだけが起業家になっているわけではありません。そして現代においては、リスクを取りたくない人、安定志向の人ほど「起業」のスキルを習得すべきだと考えています。
20年後には1億を割ると言われるほど減少する国内人口、それと共に縮小する市場規模、すでに崩壊した終身雇用制、そして急激な社会変化とテクノロジーの進展によって、雇用・仕事を取り巻く状況はかつてなく不確実性を増しています。であればこそ、自らの力の及ばない会社という外部要因に依存しきりになることこそリスクであると考えるべきです。むしろ、安定を志向する人こそ、自ら事業や仕事を生み出せる能力を身につける必要があります。この点で「起業家」というあり方は、不確実性の高い状況に対する処理能力・耐性を上げられる、つまりリスクヘッジに長けた人材へと成長できるものだと言えるでしょう。

102805「BeSTAR」とは、皆が 星(=幸せ)になる(Be)ために明文化された、グループ理念と行動指針の総称として付けられました。星をモチーフにしたシンボルマークは、ファインドスターグループが2009年11月2日に掲げた20の行動指針を表現しています。
102812ファインドスター創業者 内藤 真一郎
1967年生まれ。1996年に創業。
2012年にはダイヤモンド経営者倶楽部特別表彰「マネジメント・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

社会課題を解決できる職業選択を

職業を選択するにあたっては、現状での向き不向きや「やりたいこと」といったもっともらしい価値観を一度は疑ってみた方がいいかもしれません。20年後には現在の5割ほどの仕事が技術革新によってコンピュータに取って代わられるという学術研究も存在するように、まだ想像すらされない新しい仕事が生まれてきます。そう考えると、現時点の情報だけで自分のキャリアパスを規定してしまうことはあまりにも危険でしょう。ビジネスの基本は社会課題の解決。ですから、仕事内容というよりは、仕事を通じて社会にどのような価値を提供できるか、という本質的な点に目を向けてほしいと思います。

102814代表取締役 渡邊 敦彦
1981年生まれ。2005年ファインドスター入社後、初のグループ会社となる株式会社ワンスターを2008年に創業。2013年にファインドスター取締役就任。2015年代表取締役社長に就任。
204095エントランス。
あなたがいらっしゃる事を楽しみにしています。
102726

株式会社 ファインドスターに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ファインドスターに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ファインドスター
業界 コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 6,500万円
売上(3年分)
2016年 6月 期
53億円
設立年月 1996年12月
代表者氏名 代表取締役 渡邊 敦彦
事業内容 ダイレクトマーケティング支援事業
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 164人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 〒101-0061 東京都千代田区三崎町1-4-17 東洋ビル11F
102724

株式会社 ファインドスター資本金6,500万円設立年月日1996年12月従業員数164人

「プリントメディア ✕ ダイレクトマーケティング ✕ IT」によって新たなコミュニケーションのカタチを生み出す。国内屈指の起業家人材創出企業。

この企業が募集している求人

Bnr sp354 11
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる